【特定機密保護法案】この法案は現職の帰化日本人の排除に繋がることが分かる これからは日本人だけで運営される日本政府 考えるだけで恐ろしいとは思わないのか?

353: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 00:08:47.53 ID:iNE2ne8m0

自分は反対派が胡散臭いのしかいないからこの法案が良いのは肌で感じるんだけど
テレビに洗脳されかれない親族に簡単に的確に何がヤバイのか説明するテンプレ
誰か作ってー。


357: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 00:17:02.62 ID:tMS3bxQn0

特定秘密保護法案が提出された背景にはアメリカのPRISMほかスノーデン氏がバラした盗聴システムの存在もあると思うけどな


364: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 00:33:23.38 ID:dUOhNKE80

適正評価を受けそうな人が身近にいるけど、スパイ防止法の前に情報漏えいを防ぐ土台が必要だった。
国家公務員でマスコミや業者に情報を漏らすやつが多すぎるから、今まではどうにもならんかった。
漏らすやつは在日や帰化人だけじゃなく、金に困ってるやつやハニートラップに陥るやつとか、
日本人でもたくさんいる。

そういうやつらを適正評価ではじいて事実上出世コースから外すことにより、組織の幹部は日本人の
信頼できるやつだけになる。これからその選別が進むので時間がたつほど効果が出てくる。
スパイ防止やテロ防止の観点で言えば、あらゆる省庁に特定秘密が存在し、職員の適正評価をかける
ことになる。たとえば昨年話題になった農水省の中国人スパイ事件とか、防衛・外交とは関係なさそうな
省庁にまで効果が及ぶよ。


365: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 00:34:03.65 ID:kjxPTWouO

>>353
オウム真理教に家宅捜索が行われる直前、警察内部にいたと思われる信者から捜査情報が漏れ、地下鉄サリンテロを防ぐ事が出来なかった。
それが警視庁長官狙撃にも繋がった(誰かが住所や警備態勢を漏らしたから)
起きてからではなく、起きないようにする為に必要な法案の一つ(まだ足りないっす)と説明してる。

反日左翼がもたらした危険な実例を交えればいいんでは?


391: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 09:59:16.53 ID:dUOhNKE80

こいつの本音がこの法案の絶大な効果を物語ってるよw

ID:l7pxfUWB0
http://hissi.org/read.php/newsplus/20131207/bDdweGZVV0Iw.html

【東京新聞】特定秘密保護法案の適正評価 「家族の国籍 なぜ調査?」と在日韓国人二世の女性★2

537 :名無しさん@13周年[]:2013/12/07(土) 00:29:08.75 ID:l7pxfUWB0
元韓国人が外務省で働くなんて今では当たり前なのに
時代錯誤も考え直すべき
在日が今まで築き上げてきた地位や名声をこの法案によって無に成りかねない
努力した人間には対価を与えるのは当たり前なのに
それらを剥奪する恐れすらある
日本人が韓国にやって来て仕事上に日本人だからという理由で迫害を受けたらどう思うだろうか?
国籍は個人情報でありタトゥー同様タブーである

551 :名無しさん@13周年[]:2013/12/07(土) 01:08:48.80 ID:l7pxfUWB0
>>539
機密に関わる役職に日本国籍指定されている以上
この法案は現職の帰化日本人の排除に繋がることが分かる
よって流出以前に適応されるのはわかりきっている
これからは日本人だけで運営される日本政府
考えるだけで恐ろしいとは思わないのか?外国人の考え方すら排除する思想は危険だ


392: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 10:04:06.26 ID:7xOXadE40

いつも思うが、なぜ朝鮮人は墓穴を掘るような真似をして自爆するのだろう。
その御蔭で除鮮が進んでいるが、こんな奴らの脅しに屈してきた戦後の日本も大概だよ。


393: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 10:11:48.82 ID:y2CKGOTO0

>>391
実際に、韓国に行った日本人が日本人という理由で迫害を受けてるのに
何を今更…


394: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 10:14:10.49 ID:G9MHP6Oj0

>>392
朝鮮人の脅しと言うよりも米国の意向。


396: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 10:24:57.24 ID:ASgJBiuZ0

178 名前:名無しさん@13周年 :2013/12/07(土) 02:48:04.15 ID:4ikhb9W20
アメリカ「知る権利とかほざいて機密ばらす馬鹿多すぎ、ここらで一旦締めようや」
イギリス「賛成」
フランス「まあ、当然やろな」
日本「じゃあウチも・・・」

この程度の話でナチスがどうのこうの言ってた左翼のバカどもw


399: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 10:55:52.86 ID:KfkUlHMz0

>>394
ヤクザも在日の力も日本の統治に必要なくなったってことなんだろうな
まぁ確かに最近はアメリカが関係改善の意思を出してるのに、自分達の保身のために
韓国北朝鮮や中国、ロシアを叩く在日右翼とか
日本とアメリカの国益を考えた意見にまで噛み付いたり、アメリカの意向に添うどころか
国益に反するようなことが目立ってたしね

これからは日本人が日本人の意志で日米同盟深めてけばいいんだよ


401: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 11:31:57.01 ID:c2s+hXLC0

>>399
初代駄菓子屋が言ってた
「敷島の闇が敷島に還る」の意味がじわじわ分かってくるな。


402: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 11:37:59.73 ID:KfkUlHMz0

もっと言えば今回の件は「踏み絵」だったのかもな
だから草加は見て見ぬフリをした
代理統治において宗主国の意向は絶対であって、それに反する者はパージされるって
権力に近ければ感じ取れたんじゃないの
今特権に与ってたって、おとなしくしてれば死ぬまで今の身分は大丈夫なんだろうし

早く日本も普通の国に戻ってもらいたいね 弱体化工作なんてもうたくさんだ


403: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 12:17:58.36 ID:4B34WsWq0

>>402
世界的に見れば、中国と韓国・北朝鮮の品定めがこの10年間行われてたように思う。
  中国は工場として日本を置き換え出来るか。
  韓国は先進国として文化・スポーツで日本を置き換え出来るか。
  北朝鮮は軍事独裁政権をやめて、朝鮮戦争を終結できるか。

そして、いずれも悉く増長し、反日キャンペーンを行い、民族・領土問題をぶり返し、世界に悪影響を与えた。
サッカーやフィギュアでは八百長、慰安婦像を勝手に建てたり、反日デモで日本大使館襲ったり、テポドンを発射し、
核兵器実験をおこなった。 朝鮮人政党・日本民主党に日本の舵取りをさせたのも失敗した。


判断がどこであったのかは解からないが、尖閣問題、東日本大震災、福島原発事故、竹島への韓国大統領上陸、
天皇侮辱発言などで、結局この3国を生かすより日本を生かした方が良いって結論が出たんだと思う。


404: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 12:47:47.09 ID:/DSuRAhb0

>>391
>これからは日本人だけで運営される日本政府
>考えるだけで恐ろしいとは思わないのか?外国人の考え方すら排除する思想は危険だ

基地外?
「外国人で運営される日本政府」の方が百万倍恐ろしいわ。


405: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 12:55:02.18 ID:KfkUlHMz0

>>403
東アジアの共同体による地域統治は不可能と判断したんだろうね

そういう視点で言えば、イランでも戦争が起こるっていわれてたし
民主化ができていない地域で戦争による民主化や世界の経済成長を模索する動きが
あるんだよね その場所として東アジアが選ばれたように感じるんだよな
恐らくそういう品定めで、このまま放置して現住民に任せても世界にとって
利益になる結果にはならないって判断されたんだと思う
内戦が起こってそれに国際社会が介入する形になるんだろうけど

ヤクザを締め上げ、帰化人への情報統制なんて戦争への準備としか思えないよ

やっぱり世界規模でのその国の「ノルマ」ってあるんだろうな 経済成長にしろ地域の安全保障にしろ
100億に迫る人口を世界で食わしていくにはいろいろ大変なんだろうねえ


414: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 14:02:10.12 ID:YrtwzmR40

戦争のない世界なんてありえないんだろうな。一番強いものが各国から信任を得て平和的に軍を以て統治するしかないのだろう。
所詮人間も本能で縄張り争いする動物。本能を消すことはできないし。
国境や県境や市境を無くすことも不可能。
平和ガー、右翼ガー、軍靴の音ガー、って言ってるやつに限って隣の家との境界線をはみ出さんばかりに区切ってたりするw


415: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 14:04:05.16 ID:Zzl03fEC0

>>404
分かりたくは無いんだが、>>391の考えはこうだと思う。
1.日本人は非人道的民族
2.非人道的民族のみで運営された政府は必ず非人道的活動を行う。
3.日本人のみで運営された政府は必ず非人道的活動を行う。
てな三段論法が出来上がっている物だと思われる。


416: 415 2013/12/07(土) 14:04:58.99 ID:Zzl03fEC0

>>415の訂正
>>391じゃなく、>>391の引用元のレスだな。


419: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 14:12:33.82 ID:E0iEa0ieO

1.日本人はウリ達にとっては非人道的民族
2.ウリ達にとっての非人道的民族のみで運営された政府は必ずウリ達に非人道的活動を行う。
3.日本人のみで運営された政府は必ずウリ達に非人道的活動を行う。


423: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 15:19:15.10 ID:TpsppCSI0

中共や朝鮮に尻尾振って崇めて大人しくしてれば
よしよしと頭撫でてくれて何も失わずに済んで
戦争しなくて済むと思ってるのがサヨク脳なんだろうね


424: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 15:21:13.35 ID:4B34WsWq0

>>423
中華秩序の属国根性・・・・あれ?隣の国の人みたいだw


426: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 15:23:36.01 ID:/DSuRAhb0

左翼は戦争が大好き。
必ず戦争を起こす。
アメリカについていえば民主党大統領の時に軍事行動を起こす。


427: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 15:37:16.19 ID:4B34WsWq0

>>426
左翼の戦争は宗教戦争にも似て、理念の戦いだから始末に終えない。
いわば、「俺の言う事が正しい!」 を賭けた殴り合い。
どちらかがぐうの音も言えなくなるまで殴り倒す。 泥仕合必至。

いわゆる右派の戦争とは「経済行為の延長」だから、儲からない戦いはやらない。
だから、通商破壊とか領土拡張とかは行うが、相手の国土を焼け野原にする事は無い。(将来の開拓市場だから)
つまり、経済的に終戦のタイミングが決まってしまう。
こっちの方がわかりやすい。


428: 本当にあった怖い名無し 2013/12/07(土) 15:39:59.06 ID:2SvDcVDt0

前から思ってたけど右翼は左翼に比べて好戦的って大嘘だよねー



関連記事





人気ブログランキングへ


[ 2013/12/07 22:26 ] 国防 工作員 | TB(0) | CM(50)

105895 :名無しさん@2ch:2013/12/07(土) 22:32:10 ID:-

言ってる事の意味がわからない。どの国でも政府はその国の人だけで運営するものだろう…
[ 2013/12/07 22:32 ] /-[ 編集 ]
105896 :名無しさん@2ch:2013/12/07(土) 23:04:31 ID:-

この法案が役所の除鮮に多少効果があるとして
マスゴミの除鮮には効果あるのだろうか?
[ 2013/12/07 23:04 ] /-[ 編集 ]
105898 :名無しさん@2ch:2013/12/07(土) 23:46:29 ID:-

キチガイじみた反対を見てると効果あるんじゃないかな?
今まで垂れ流せたのが今回の成立で喋った方もだけど、
「不正に唆したり脅かしたりしたら」ダメだし
受け取った側も確か処罰対象になり得るから。
それだけじゃなくて重要情報を扱う人の適正評価もやるし議員にも罰則が及ぶ。

しかし法案成立より法案の反対派の必死さに恐怖するというか、テロを起こしそうな緊迫感を感じる。
旧社会系の議員はほとんど闇専従してるんじゃないかって気がしてきた。
「地位は議員、だけど本業は(工作)活動家です」みたいな。
んで、職員のオルグをやったりとか議員の外遊と称して情報の持ち出しとか。
(岡崎トミコが喜々と朝鮮のデモにいたりするのもほんの氷山の一角かも?)
想像つかないような巨大な「なにか」をしている、そんな発狂具合だよ。
[ 2013/12/07 23:46 ] /-[ 編集 ]
105900 :名無しさん@2ch:2013/12/08(日) 00:02:00 ID:-

右翼は保守やから寧ろ戦争が起きない事を必死に維持するよ
国体とか諸々も維持するから外圧には抵抗しようという意見も多いがね
左翼は革命なので、寧ろ戦争が起きないと困る
[ 2013/12/08 00:02 ] /-[ 編集 ]
105907 :名無しさん@2ch:2013/12/08(日) 02:32:59 ID:-

日本民族には原罪ガーのシューキョーのご仁かな。
[ 2013/12/08 02:32 ] /-[ 編集 ]
105908 :べる:2013/12/08(日) 02:34:21 ID:-

明治維新もサヨクだしね
維新派も京を焼き討ちにして天皇陛下を攫おうとかただただ過激派もいたわけだし
[ 2013/12/08 02:34 ] /-[ 編集 ]
105913 :名無しさん@2ch:2013/12/08(日) 06:54:32 ID:-

>105900

左翼の根本は他者の否定だよ
負け犬の恨みごとだね
おまえ(ら)が気に食わない、これが根源的な行動原理
だから平気で暴力をふるうし、滅ぼすまで戦争する
政府が気に食わなければ、革命したり、テロをしたり…(やることは一緒ですがw)
理性ではなく、感情が根本だからダブスタにも疑問を持たない、裏切りなんて朝飯前、ルール無視は当たり前
[ 2013/12/08 06:54 ] /-[ 編集 ]
105915 :名無しさん:2013/12/08(日) 09:00:06 ID:-

そういや、日本で右翼とされる連中が保守だったことはないね
あの二二六事件も、起こした連中の主張は基本的に改革だわなあ

>105908
>維新派も京を焼き討ちにして天皇陛下を攫おうとかただただ過激派もいたわけだし
さすがにそれはヨタの類で、過激派中の過激派が思い付きで言ってはみたが、どう考えても無理なので速攻で没にされた案だったみたい
まあ、新撰組にとってはものすごく都合のいい主張だったので、池田屋の連中がそんな謀略をめぐらしていたと発表されたわけだけど
[ 2013/12/08 09:00 ] /-[ 編集 ]
105923 :Android774:2013/12/08(日) 11:08:19 ID:Wm5Douik

>日本人だけで運営される日本政府 考えるだけで恐ろしいとは思わないのか?

じゃあ今はどんだけ成りすましが入ってんのかよ!ってことですね。
さっさと駆除して欲しい。
[ 2013/12/08 11:08 ] /Wm5Douik[ 編集 ]
105928 :名無しさん@2ch:2013/12/08(日) 12:18:57 ID:-

この法案が本当に帰化した支那、朝鮮人の公務員の排除に繋がるのであれば、この法案を嫌がる日本人なんて居ないだろ。

もっと言うなら、法曹界やマスゴミにも適応してくれれば良いけどな。
[ 2013/12/08 12:18 ] /-[ 編集 ]
105941 :名無しさん@ニュース2ch:2013/12/08(日) 15:24:29 ID:-

もちろんそのものずばり敵国条項を充実させる事ができれば
それに越した事は無い。無関係な外国人も多くいるわけだし。
けどここまで食い込まれては色々難しいんじゃないのか?政治的には。
米の調査でも完全排除となると不可能に近いと出ていた筈。
出来る範囲でやるしかないと思う。時代も味方してくれる。
[ 2013/12/08 15:24 ] /-[ 編集 ]
105954 :『背乗り』は遺伝子検査をすれば特定出来ます。「差別ガー」「人権侵害ガー」等と反対する者が『背乗り』です。:2013/12/08(日) 21:50:07 ID:-
現在、日本の国会議員になっている『なりすまし敵性外国人(朝鮮人/志那人等)』には二種類有ります。

日本に潜入し、日本国民と称して国会議員になっている『なりすまし敵性外国人(朝鮮人/志那人等)』には二種類有ります。
①『帰化人』(陳(福山)哲郎等)②『背乗り』(小沢、菅(韓)等)の二種です。
『背乗り』も、今はもう何世代目かになっていますが、菅(韓)等を見ていてもわかるように、何世代経とうが半島由来の火病遺伝子は健在です。
帰化人は記録が残りますが、『背乗り』は、それ自体が『犯罪』ですので、記録は全く当てに出来ません。最近では、尼崎のなりすまし朝鮮人による大量殺人事件(氷山の一角)がありましたが、あれを見てもわかるように『本物の日本人の戸籍を乗っ取っている』からです。つまり『戸籍自体は本物』なのです。尼崎のように本物さんを殺してすり替わったり、一番多いと思われるのが、戦後スグの混乱期に乗じて背乗りした朝鮮人です。泥棒市等で『死んだ/行方不明の日本人の戸籍』が売り買いされ、非常に多くの朝鮮人が背乗りしました。ちょうど小沢や菅(韓)の親に当たる世代です。(小沢のお父さんは朝鮮進駐軍の偉いさんでした。お母さんは朝鮮人売春婦の女衒屋(ぜげんや)でした。)
日本の国会議員になっているなりすまし朝鮮人は、帰化人より遥かに『背乗り(二世、三世)』の方が多いかと思われます。キチガイやヤクザなのか思われていたアレの正体は、実は『なりすまし朝鮮人』だったのです。
[ 2013/12/08 21:50 ] /-[ 編集 ]
105957 :名無しさん@2ch:2013/12/08(日) 23:24:22 ID:-

第二次大戦でも、日本の参戦を煽ってたのはバカヒですし
[ 2013/12/08 23:24 ] /-[ 編集 ]
105970 :名無しさん@2ch:2013/12/09(月) 07:14:20 ID:-

この間、ラジオで聞いたこと↓

少し先の話だが、阿部は憲法改正する前の国民投票を
本来は、憲法改正できるのは3分の2以上の賛成が必要なのに
2分の1以上に、ゆるめたいとの意思があるとラジオが言ってた。
憲法改正されれば、徴兵制・・・危険。

この法案は、その第一歩。
[ 2013/12/09 07:14 ] /-[ 編集 ]
105973 : :2013/12/09(月) 11:38:46 ID:y9lgmRhA
 

唯一最大の懸念は、ブサヨの主張するところの法案の穴を
もし万一また政権変わったら確実にフル悪用されるということ
そういうことができないような改正はぜひとも必要だが
その段になるとあいつら、法律自体を無くさないなら聞く耳持たないとかほざいて応じなさそうなんだよな
だがその場合マスコミはどう歪めて報道する気かねえ
[ 2013/12/09 11:38 ] /y9lgmRhA[ 編集 ]
105982 :名無しさん@2ch:2013/12/09(月) 19:14:56 ID:-

政権交代をしていなくても穴は危険ですよね。
外国勢力派閥が強くなった場合や外国勢力に与野党共に近しい場合。

野党は途中までは良いのに、結論がおかしい事が良くあります。
懸念を指摘された部分は改正して欲しいです。
もちろん、それ以外のところから目を逸らす狙いがある、場合もあります。

野党が指摘していた中に、情報を集めるのも、それを審査?するのも公務員だが、有効に働くのか、と言う事。
組織を守るために不正とまではいかないまでも、良くは無い事をしないだろうか?
両方ともチャイナに親しく成りすぎたら、そのまま通過しますね。

チャイナの防空識別圏設定問題で最後の最後にひっくり返した米国。
過信はいけませんよ。
[ 2013/12/09 19:14 ] /-[ 編集 ]
105983 :名無しさん@2ch:2013/12/09(月) 19:34:23 ID:-

>憲法改正されれば、徴兵制・・・危険。
>この法案は、その第一歩。
都バスの車内で中高生の集団がこんな話をして「だから今回、俺は自民には絶対に投票しない」と断言してたのを思い出すな~。
ひょっとしてアレは在日の朝鮮学校生だったんだろうかな?

徴兵制主張してるのは世界的に左翼だけ。
欧米で徴兵制廃止は右派政権が実施して、社会党や共産党は徴兵制導入を未だに主張している。
大体、大量徴兵して大兵力を編成しても(一発)核を落とされたら一瞬で兵力が溶けてしまうご時世に徴兵制なんてものはナンセンスの極み。
そんなものを導入しようものなら自衛隊が猛反対するのは目に見えている。

「徴兵制ガー!!」なんぞ寝言にすらならないという。


保護法に関して思うことがあるとすれば、売国政府が誕生してしまった時に、sengoku38のような緊急避難的な行為が出来なくなってはいけないのではないかということくらいしかない。
[ 2013/12/09 19:34 ] /-[ 編集 ]
105990 : :2013/12/09(月) 23:46:40 ID:y9lgmRhA

既にもう支持率下がってる選挙選挙!と言わんばかりだなまだ過半数以上支持なのに
悪用させろさせろ!と正直に吐けよもう
[ 2013/12/09 23:46 ] /y9lgmRhA[ 編集 ]
106123 :名無しさん@2ch:2013/12/16(月) 11:25:59 ID:-

日本の政治に外国人が関わる?
寝言は寝てから言ってくれませんか
[ 2013/12/16 11:25 ] /-[ 編集 ]
106258 :名無しさん@2ch:2013/12/22(日) 14:08:23 ID:-

マスゴミと言いたい気持ちはわかるが
アメリカのように、衆議院と参議院が5分と5分で国会で会議されるのが理想だと思う。
今の日本は、そうじゃない。
いつの時代も、法律は作る側にとって都合の良いように作られている。
今までも、国民は国に搾り取られてきた。
政治の動きに目が離せない状態。つくずく、選挙は大切だと痛感した。
[ 2013/12/22 14:08 ] /-[ 編集 ]
106665 :名無しさん@2ch:2014/01/01(水) 09:44:08 ID:-

他スレより↓
ある番組で、裁判長にすら、秘密指定された具体的な内容が公開されないと言ってた。
もしこれが本当なら三権分立が崩壊することになる。
特定秘密保護法に賛成している連中はこのことをどう思ってるんだ?

安倍さんは右の傾きが、かなり強い。
三権分立を崩すのは、やめてほしい。
結局、国民が国に搾り取られるだけだし、今まででも、そう。

中国との関係でも、悪化したくない。どこの国とだろうが平和が一番。

[ 2014/01/01 09:44 ] /-[ 編集 ]
106668 :名無しさん@2ch:2014/01/01(水) 12:50:18 ID:-

CK乙!
いいがかりをつけてくるだけの暴力団と良い関係になんかなってたまるか。

(CK=Chugoku Kankoku or China Korea)
[ 2014/01/01 12:50 ] /-[ 編集 ]
106677 :名無しさん@ニュース2ちゃん:2014/01/01(水) 16:58:27 ID:-

他ならぬ裁判長その人を含め、法曹界こそくさい匂いがぷんぷんしてますからねえ…
一般国民も違和感を感じるほどに、昨年は変な判決が目白押しでしたから。
そこに秘密を開示するような穴は、いくら三権分立を盾にしたところで
作れないんじゃないですか?
[ 2014/01/01 16:58 ] /-[ 編集 ]
106710 :名無しの日本人:2014/01/02(木) 13:47:49 ID:-

>憲法改正する前の国民投票を
>本来は、憲法改正できるのは3分の2以上の賛成が必要なのに
>2分の1以上に、ゆるめたいとの意思があるとラジオが言ってた。

中学からやり直したら?

2/3必要なのは国会に於いてのこと。
国民投票では過半数おk。
これは、憲法それ自体にしっかり明記されていること。
つまり憲法改訂を経ずして「国民投票を」そうしようとしてるって話を喧伝するってのは、

・もう忘れちゃってる人を意図的に騙そうという悪意
・もう忘れちゃってても、そのことに対して話そうとするならちょっと
 再確認すれば良いものを、それすらしない怠惰さのまま何かの主張/活動が
 出来てるつもりの気持ち良さだけを求めるお前の卑しさ

あんたとそのラジオ番組の連中が、日本の学習要領に準拠してないチョンなのか、特定日本人(ブサヨ)なのかは知らんけど、上のどちらかっつーことですね。
[ 2014/01/02 13:47 ] /-[ 編集 ]
106887 :名無しさん@2ch:2014/01/05(日) 09:04:48 ID:-

いつの時代も法律はつくる側にとって都合の良いように作られている。
国は弱者・国民を保護しない。
国が弱者から搾り取り、奪い取った益は国益とは言えない。
裏の理不尽さを知れば、国民も怒りを感じ出すはず。

少なくともイメージだけで選挙で選ばないように努めるためには国民がもっと、政治に関心をもって選挙に臨むべきだと痛感した。
その国民の一人ひとりの思いが世の中を変えていく。

今の日本は巨大与党になりすぎてる。
参議院と衆議院が5分と5分の力で会議がなされるのが本当は理想。
[ 2014/01/05 09:04 ] /-[ 編集 ]
106889 :名無しさん@2ch:2014/01/05(日) 09:30:01 ID:-

>中国との関係でも、悪化したくない。どこの国とだろうが平和が一番。
向こうが悪化させたい時はどーすんの?
身体を売って歓心を買うとでも?
日本が戦争を放棄しても、戦争が日本を放棄してくれるはずがない。

>今の日本は巨大与党になりすぎてる。
自民党が衆参両院で90%パーセント以上の議席を取ったら
間違いなく自民党は分裂するだろうね。
自由党と民主党に分かれてそれぞれ45%ずつ取って
維新政党新風あたりが10%取ればベストだと思う。
新風が自由と民主両党の間を行ったり来たりして連立政権のキャスティングボートを握るのが理想だな。
[ 2014/01/05 09:30 ] /-[ 編集 ]
106906 :名無しさん@2ch:2014/01/05(日) 20:22:14 ID:-

  他スレより↓
いくらでも、イカサマは出来る制度にしておきながら、不正は絶対ないんで買ってくださーいと言って誰が信じるのだろうか。
いくらでもガチガチの利権と既得権益にからみまくってる制度にしておきながら、不都合なことは言及せず、国益のため、公益のために存置しなければならないと言って誰が信じるのであろうか。
国民に開示するのが不都合な国益、公益とは関係ない秘密を、指定出来る危険性をもった法律が出来たが、絶対そのような運用はありえない、信じてくださいと言われたって誰が信じるのであろうか。

これらの都合の良い制度、体制自体がもはや、国民に対する侮辱なのではないでしょうか。信じてもらいたいなら、最初からそのような制度や体制は作らないことが、最低でも必要である。
ただでさえ、今までの政治家や官僚、その他公的機関に従事する方々は、我々の信頼を裏切り、もはや信用するに値する人物を探すのに大変だと言うのに。
[ 2014/01/05 20:22 ] /-[ 編集 ]
107012 :名無しさん@2ch:2014/01/07(火) 10:02:01 ID:-

マスコミはゴミだけど政治家もゴミだからマスコミの反対しているものは正しいなんてお花畑な思考はオレにはできない。
本当に守るべき情報を守れるような法律が必要なのは事実なのだから
恣意的な運用ができないようにしっかり煮詰めればいいのにそれをしないで進めているんじゃあね。
そんなことしないですよ^^って政治家の言葉を鵜呑みにできるほど日本は理想の国ではない。
内容見て自分で判断しないとダメだよ。
マスコミが反対してる→じゃあ正解だ、なんて恥ずかしい思考をしてちゃいけない・・・とおっしゃってる方がいました。
[ 2014/01/07 10:02 ] /-[ 編集 ]
107015 :名無しさん@2ch:2014/01/07(火) 12:26:25 ID:aIcUnOeo

魔法少女プリティベルでイタカさんが言っていた「一般常識」に沿った政治をする政治家自体、絶滅危惧種というか片っ端から消されているというか(懐柔・脅迫などによる転向や政治的・生物学的に○されたりして)

「国家目的」とは民の生存と発展
より「具合のいい」社会を構築する事
国家とは原始時代の「群れ」の延長だ
それ以前から「群れ」の「目的」は変わっていない
(1%や消費税増税派は、ここら辺をガン無視するから「ど」の字さんとかに嫌われる)

「正しい」とは目的に対し前提から結果まで破綻がない事
「間違っている」とはそれがどこかで破綻している事
火を消すのが「目的」なら水をかけるのが「正しく」ガソリンをかけるのは「間違い」
放火が「目的」ならその逆だ
(プリベルの作者は共産主義や新自由主義なんかの主義思想に染まった人を「間違い」から目をそらして自己正当化するカルト宗教信者として非常に嫌い、漫画の中でこき下ろしている。そのせいでそれが鼻につくと読者やアンチに叩かれているんだが)

「信じる」とは「わからない物」を、こうであると勝手に決め付ける事
人の本心は分からないが「一定以上良心的である」と信じなければ社会が成り立たない
故に「信じる」という行為は社会そのもののために重要であり、信用と信頼はそれゆえ重い
逆に「信じて騙された」では済まない公のことに関しては何事をも「信じて」はいけない
最大限把握し理解し、その上で「判断」せねばならない
(昨年総理を信じすぎて増税を防げなかった俺たちには耳に痛いお言葉。基本、政治家=売国奴であり、その言葉は消費税増税などの全否定せねばならないもの以外は全部嘘だと疑ってかかった方が良さそう。
無論特定機密保護法も、うまくいけば心強いことこの上ないが、人権擁護法案クラスの大悪法として運用されるケースも想定して、対抗手段を考える必要があるかも)

エロ漫画家(プリベルは一般紙漫画だが、作者はエロ漫画のほうが本職)ですら正常に把握しているこの常識、一体政界のスタンダードになる日は来るのやら……
マトモな人ほど死にやすそうな世界だからなあ……中川財務大臣みたいに。
[ 2014/01/07 12:26 ] /aIcUnOeo[ 編集 ]
107020 :名無しさん@2ch:2014/01/07(火) 13:15:31 ID:-

他板から↓
日本人の国民性が問題でもある。賛成とも反対ともいえない、もしくはわからないか、どっちだっていいと思ってる無関心層もいるのも事実。
また、反対て思ってても、自己主張すらしない国民は結構な数いるであろう。知り合いでもいるし。
私が常々、日本人は民主主義とはほど遠い民族と思ってる所以である。
為政者にとっては、権力者にとっては、いかに自分の好きなようにやってこれたか、思いどおりにやりやすい、搾取しやすい国民だったと思うのは至極当然だろうよ。

散々、今まで国民を馬鹿にしてるような都合の良い制度を成立させたのも、所詮、日本国民なんて主義主張もない、馬鹿な愚かなとるに足りないイエスなのかノーなのか、生きてるのか死んでるのかわからない奴隷のような民族と思ってるから容赦なく良心の呵責もなく都合の良い体制を作れるんじゃないんだろうか。
無関心層と一緒に巻き添えをくらって、日本丸沈没はごめんである。行政や政治、身の回りに少しは関心を持つべきだとは思う。
日本人の国民性が為政者を傲慢にさせ、なめられる原因だと思う。
[ 2014/01/07 13:15 ] /-[ 編集 ]
107121 :名無しさん@2ch:2014/01/10(金) 08:03:29 ID:-

他スレから↓
特定秘密保護法がないと外国、特に米国から重要な情報を得られないと理由がよく言われる。そうかも知れない。
 しかしそれは本当に日本の安全に必要な情報が得られなくなるということなのか。
もしそれが本当なら特定秘密保護法がなかった今までの日本は安全でなかったはずではないか。
 ところが日本は米国より安全だった。米国はひどいテロにもあい、世界各地で戦争を繰り返してきた。
日本は米国はもちろん英仏やスペインに比べてもテロによる被害は少なく、戦争も一度もしなかった。
米英ではイラクやアフガンからの帰還兵に精神を病む者が多く自殺率の高さも問題になっている。
 特定秘密保護法なしで日本が諸外国より安全だったのが現実なのに、なぜ米国などから何のためか目的不明の重要な情報が得られないことがそれほど問題なのか。
そもそも日本の安全に関わる情報を米国が日本に伝えぬはずがない。
 日本には在日米軍基地があり、日本は米国の世界戦略にとって最重要とも言える国である。
 日本の安全が脅かされたら米国自身が困る。
だから特定秘密保護法がなかった今までも、米国は日本に、日本の安全に関わる情報を伝えなかったはずがない。
 特定秘密保護法は日本の安全のためというより米国のためであろう。(続く)
[ 2014/01/10 08:03 ] /-[ 編集 ]
107122 :名無しさん@2ch:2014/01/10(金) 08:05:05 ID:-

他スレから↓
秘密保護法が本当に日本の安全のためというのなら、まずは戦後68年間の平和の実績がなにゆえかを分析し、基本的にその路線を踏襲し、その上でどんな問題点があるから秘密保護法が必要なのかを国民に丁寧に説明すべきだろう。
  
ところが安倍政権は成立を急ぐばかり。国民の納得など無用とした。臨時国会は経済対策中心の国会になるかのように言われていたが、実際にはNSC法案、秘密保護法案中心の国会になった。
 
 国民に丁寧に説明しようと思うなら、会期の短い臨時国会に法案を提出すること自体が不見識。
会期の長い通常国会に法案提出するのが本道であろう。
 臨時国会に提出し、しかも会期内成立を強引に進めたのは初めから国民に丁寧に説明する気などなかったということ。
というより、もともと国民のための法案ではないのだろう。
 
 パブリックコメントでは賛成は13%、反対は77%。地方公聴会でも反対論や慎重論が多かった。
審議時間を長くして丁寧に説明などしたら、かえって国民の反対論が増えてしまうと恐れたのだろう。
あいまいな条文がどんな結果をもたらすかを知る日本弁護士連合会、法律学者は反対したのに意見を聞こうとしなかった。
 
 取材の実態を知る田原総一郎ら現場ジャーナリストが、国民へ必要な情報が伝わらなくなる恐れがあると反対した意見も無視した。日本外国特派員協会の反対もあった。
 国際機関や外国のメディアからも自由と民主主義の原則に反するとの懸念が出たが馬耳東風。
 国民に反対が多くても無視。       国民の信任を得ずして日本の安全のためと言う。
「信なくば立たず」という格言がある。         為政者が肝に銘ずべき格言である。
 国民の信を得ずして日本の安全とはなんぞや。     安倍首相の道徳性が問われる。
[ 2014/01/10 08:05 ] /-[ 編集 ]
107123 :名無しさん@2ch:2014/01/10(金) 08:06:57 ID:-

 他スレから↓
日本は伝統的に情報隠蔽国家である。必要な秘密保護の法律はすでにある。
 優先すべきは情報公開の伝統を築くこと。
重要な情報が隠されれば、国民は偏った情報で政権に世論誘導され、国民主権は空洞化する。
日露戦争で活躍し、その後、第一次大戦の欧州の惨禍を見て反戦思想に転じた水野広徳という元軍人がいた。

彼は日米戦争に反対して『打開か破滅か、興亡の此一戦』という本を著したが発禁処分となった。
 そして政府が国民に協力させた日中戦争が泥沼化すると、国民は反米英宣伝に煽動され、当時の指導者は責任追及や強硬派によるテロを恐れて中国からの撤兵による対米戦争回避の決断ができなくなってしまった。

情報公開の徹底による健全な世論の形成は国策を大きく誤らないために不可欠である。
戦前の情報統制のほか、日本の政府と軍部は終戦時に大量の公文書を焼却してしまった。

 戦犯訴追逃れのためだが歴史検証を妨害する重大犯罪である。
 情報公開法施行前にも役所では公文書が廃棄された。
廃棄してしまえば情報公開を免れるからである。防衛省の秘密は秘密のまま、ほぼすべてが廃棄されている。 沖縄密約は米国の公文書公開で明らかになり日本でも存在を認める証言が出たが、当時の安倍官房長官は否定した。
 
 のちに民主党政権が密約の存在を確認した。
実は日本では文書記録に残さない秘密も多い。歴史の検証は歴史に学ぶために不可欠である。
 
 特性秘密保護法なしで戦後68年間の安全保障に成功した日本に必要なのは、情報公開の伝統を築くことである。
[ 2014/01/10 08:06 ] /-[ 編集 ]
107124 :名無しさん@2ch:2014/01/10(金) 08:10:44 ID:-

他スレから↓
 法律には強制力がある。法律は国会答弁を無視してひとり歩きを始める。
賛成者が思っているような運用はまずなされない。思わぬ結果を招くこともある。
国会答弁など裁判の証拠として採用されない。
あいまいな条文は官憲による恣意的運用を招く。
 戦前の治安維持法では逮捕された者の大部分が有罪にまでいたらなかったとのことだが、法律を盾に捜査・逮捕できること自体に威嚇効果がある。
今の日本でも同じ。先進国には珍しく、日本では有罪を認めない者を長期拘留できる。
 だから釈放してもらうために有罪を認めてしまい、冤罪に泣く者が多い。
私の知人の父親も汚職容疑で3週間拘留された。家族が泣いていると嘘を言われて自白を迫られたとのこと。 ビラ配りで数十日拘留された例もある。通信傍受法の運用実態も国民に知らされていない。
今後あいまいな法律を盾に恣意的捜査や逮捕が今まで以上に公然化しよう。
家宅捜索されれはパソコンの内容など簡単にコピーされる。
有罪にならなくても威嚇効果は絶大である。警察国家化が進むことになる。
一般人には関係ないという人がいる。そうだろう。
 しかし威嚇効果によって不正の内部告発や深く食い込む取材が萎縮すれば、役人や権力者に都合の悪い情報は暴かれなくなり、国民は情報操作によって権力者に有利な偏った情報を信じるようになる。
 真実は闇に隠れる。
そして健全な世論は形成されなくなり、国策の間違いを早く修正させることができなくなる。
これは自由と民主主義を奉ずる民主国家の普遍的価値を否定するものである。
 国民主権の空洞化を防ぐには特定秘密保護法を空洞化させるほかない。
米国・オーストラリア・韓国が閣僚を派遣して中国と外交・安保協議をしているのに、中国とのパイプなき対決路線に舵を切った政権が、国内では中国流の情報統制、警察国家化を進めるとは、安倍政権は倒錯した政権と言わざるを得ない。
[ 2014/01/10 08:10 ] /-[ 編集 ]
107125 :名無しさん@2ch:2014/01/10(金) 08:12:10 ID:-

他スレから↓
特定秘密保護法について読売新聞6日「編集手帳」は「国民の安全を守る」趣旨とする。
これは間違い。なぜか。
 戦後68年間、日本は特定秘密保護法がなかったが、米国、中国、韓国、ロシアより安全であった。
それらの国は皆、戦争をしたが日本は戦争をしなかった。
テロの被害も少なかった。
 
 日本は、軍機保護法、治安維持法のあった戦前よりも、特定秘密保護法のない戦後の方が安全だった。
これが現実。読売は現実を無視した空想で論じている。
 特定秘密保護法がないと米国は日本の安全に関わる情報を伝えないのか。そんなことはない。
 日本の安全が損なわれれば米国が困る。日本には在日米軍がいる。

 横須賀を母港とする第七艦隊はインド洋までカバーしイラクやアフガンの戦争で重要な役割を担った。
日本は米国の世界戦略にとって最重要ともいえる国である。
今までもこれからも、日本の安全に関わる情報を米国が日本に伝えないということはありえない。
 読売「編集手帳」の「国民の安全のため」が現実を無視した空想論と断じるゆえんである。

 特定秘密保護法は日本の安全のためというより、米国の利益のためであろう。
 米国の要求に便乗して、安倍政権が広く情報統制の網をかける法律にしたというのが実態だろう。
読売「編集手帳」は、特定秘密保護法が良法となるも悪法となるも政治家次第のように書いているが、悪法となりうるあいまいな条文の法案は「出し直せ」と批判するのが筋。政治家も情報を隠蔽する。
 
沖縄密約は米国の公文書公開で明らかになり、日本でも証言する者が出たが、当時の安倍官房長官は否定した。のちに民主党政権が密約の存在を確認した。
 あいまいな条文は都合のよいように解釈され悪用される。

 日本では有罪を認めなければ長期拘留されている。最終的に無罪になっても法律を盾に捜査・逮捕できれば、内部告発や深く食い込む取材者への威嚇効果は大きい。
[ 2014/01/10 08:12 ] /-[ 編集 ]
107126 :名無しさん@2ch:2014/01/10(金) 08:13:30 ID:-

他スレから↓
特定秘密保護法が日本の安全に関係ないことは明らか。
今までの現実も今後も同じ。米国の世界戦略にとって日本の基地は不可欠。
 日本の安全に必要な情報は伝えないわけにいかない。
在日米軍基地が機能するには日本の国力・親米感情全体が必要。日本ほどインフラが整い物資補給にも修理にも将兵・家族の快適生活にも適した国はない。
 日本人の安全が損なわれるなら、基地反対運動が広がり米国の世界戦略がダメージを受ける。
特定秘密保護法は日本の安全のためでなく米国の世界戦略に日本をもっと利用したいがためと考えるゆえんである。
 安倍政権はそれに便乗して、情報統制が可能な法案にした。
憲法改変を中核とした国家改造計画を推進するためであろう。
単純化していえば、中国流の情報統制国家に向かう。
特定秘密保護法も中国の国家政権転覆煽動罪も一般の人を巻き込むわけではない。
しかし、厳しい批判勢力が国民に情報を広めるのを封じることを可能にする。
 すでに情報統制は始まっている。
田原総一郎ら8人のジャーナリストが特定秘密保護法案反対の記者会見をしたとき、TBS、テレビ朝日、テレビ東京のキャスターは参加したが、NHK、日本テレビ、フジテレビのキャスターは参加しなかった。
 田原らの説明によると、自分も反対で参加したいが社内事情で名前を出すことができないという者がいたとのこと。
 個人の立場でジャーナリストが意見表明をすること自体はばかられる風潮は情報統制の始まりではないのか。
 中国のジャーナリストさえ社外では個人で発信するというのに、日本では個人の発信を自粛させられていると聞く。
また、日本では大手メディアの社長や幹部が首相と会食をする。
欧米の大手メディアのトップは政権トップとの接触を自制すると聞く。
読売新聞は新社屋の完成パーティーに安倍首相を招いた。これで厳しい権力監視ができるのか。
「李下に冠を正さず」の見識がない。
[ 2014/01/10 08:13 ] /-[ 編集 ]
107127 :名無しさん@2ch:2014/01/10(金) 08:14:54 ID:-

他スレから↓
特定秘密保護法が日本の安全のために必要と安倍首相は言うが、ではなぜその法律なしで戦後68年間の日本が安全であったのかの説明は全くない。
 説明がないのも無理はない。日本の安全に特定秘密保護法など不要なのだから。
その代わりに観念的な宣伝は多い。日本はスパイ天国との宣伝もある。真偽は不明。
 しかし日本は安全であった。「日本の安全のため」が目的ならスパイ天国論など法律制定の理由にならぬ。情報自体が自己目的ではなかろう。
 また、14日のテレビ東京「ニュース新書」でキャスターは次のように述べた。
 米国の当事者に「米国からの情報が日本側で漏れたことがあるか」と尋ねたら「ない」との答えだったと。

ますます特定秘密保護法の必要性などない。
尖閣問題での緊張を安倍首相は利用しているようだが、これもおかしい。
従来の自民党政権では中国との間に問題が起きても、対立を深めないよう賢明な対処をしてきた。
また、中国の要人との個人的信頼関係に基づくパイプも利用してきた。
大人の保守政治家というものは主義主張を超えて人間としての信頼関係を築く度量がある。
「お友だち」ばかり重用する狭量な人物には無理だろうが。
安全保障とは戦争回避である。相手が悪いから戦争も仕方ないでは指導者の資格はない。
疑心暗鬼に陥り対話のパイプも築けぬでは話にならない。
中国とパイプなき軍事対決路線に走る中でも、インドは国防相が、オーストラリアは外相が、韓国は大統領が訪中して対話をしている。
 万一、尖閣で日中が戦争して日本が勝っても、それで解決にはならない。
また、尖閣は戦争をして断固守るが、北方四島や竹島は奪還戦争しないというのは、いかなる理屈をこねた論理なのか。
 辺境の無人島での戦争など愚かで国民の利益にならぬ。
最後は国際司法裁判所裁定に委ねるとの平和攻勢で、中国の武力行使の名分はなくせる。
中国を責任ある大国に導くという従来の路線に立ち戻るべき。
[ 2014/01/10 08:14 ] /-[ 編集 ]
107128 :名無しさん@2ch:2014/01/10(金) 08:16:08 ID:-

他スレから↓
特定秘密保護法なしで戦後68年間の日本の安全があったのに、なぜ今後は必要なのかの具体性のある説明は何もない。
 日本側で重要な情報が漏れたことはないと米国の当事者も言う。
実際に情報が漏れて日本の安全が脅かされた事実もない。
現実を無視した観念論は疑うべき。安倍政権の安保政策も日本の安全を従来より不安定にしている。
 中国が悪いと言って対話なき軍拡競争をして何を目指すのか。
相手が悪いから戦争も辞せずでは太平洋戦争と同じ。
指導者の資格はない。一国の意志を貫徹できる国などどこにもない。
貫徹しようとすれば戦争しかない。
 英国BBCは、日中の相互不信による地域の軍拡競争を懸念する報道をしている。
もし尖閣で地域戦争をして日本が勝ってもそれで終わるわけではない。
11月に自衛隊3万4千人を動員して離島奪還訓練をしたが、一体何を目指す訓練なのかまともな報道や議論もない。
 使われた税金は猪瀬の5千万円よりはるかに多かろう。民主国家なら是非の議論なく巨費を使うのはおかしい。中国の軍備の透明性を要求するのと同時に、尖閣戦略も透明化すべき。
 北方四島や竹島はそのままで尖閣だけは中国との戦争をするという戦略なのか。断固守るとは、核攻撃も覚悟するとのことか。
 小泉元首相は、戦前に満州から撤退しなかったため日中全面戦争や太平洋戦争になったのだから、原発も撤退の決断をせよと主張する。満州は生命線ではなかったと。
 尖閣も死活的利益などない。
BBCが指摘するように、外から見れば尖閣ごときで対立を深めるなど愚か。
無駄な軍事費増は庶民が損する。戦争になれば戦費も庶民が支払う。
従来の自民党政権は中国とのパイプを持ち対話で緊張を緩和した。
他国も中国と対話をしている。その路線に戻るべき。
できないなら日本の安全のため政権交代すべき。
特定秘密保護法で日本が安全になる根拠などない。 国と国民の信頼関係を無視しては安全の基盤を損なう。
[ 2014/01/10 08:16 ] /-[ 編集 ]
107129 :名無しさん@2ch:2014/01/10(金) 08:17:37 ID:-

他スレから
「政府と国民が対立しているという観点から報道するばかりのメディア」との批判は不見識。
メディアによる権力監視は民主国家の根本原理。民主国家は自然に維持されるわけではない。
戦前のドイツはヒトラーが首相になった直後の全権委任法により、民主国家から強権統制国家に転落した。
戦前の日本も、普通選挙法と政党政治により民主化に進んだが、テロや政党の堕落や国民の政治不信の末に翼賛国家に転落して破局の戦争に向かった。
 今の民主政治も国民の不断の努力なしには維持できない。
それにはメディアの権力監視機能が不可欠。
特定秘密保護法はメディアが真実を取材するのに重大な脅威になる。
不正を内部告発する者も、深く取材する記者も、法律を盾に逮捕され長期拘留される恐れが増すから。
「その他」の多いあいまいな条文の恣意的解釈で捜査・逮捕できる。
有罪にならなくてもパソコンを押収すれば取材源はすぐわかる。
取材に応じて内部告発する者は激減する。
国民は権力者や役人の不正を知ることができなくなり、権力者の情報操作によって世論誘導される。
 そして実質的に国民主権は崩壊する。
その危機を感じたゆえ、民主国家の普遍的価値を重んじる報道機関は法案に反対した。
厳しい政府批判が大手メディアから消えるとき、民主国家は終焉している。
政府が批判を謙虚に受け止め国民の信を得るよう努力するのが民主国家。
「信なくば立たず」である。昨日のNHKニュースは来年度の経済見通しの政府発表を報じただけ。
これでは中国国営放送とあまり変わらない。
今日の日経新聞は、「成長率『目標』の色濃く」、「民間とは予想に差」と政府発表の垂れ流しでなく、それとは違った独自の取材に基づく見解を示している。
この批判精神こそ民主国家を機能させる根本。安倍首相はNHK経営委員に「お友達」ばかり送りこむなど情報統制を目論む。 今こそ権力監視がメディアと国民に必要。
[ 2014/01/10 08:17 ] /-[ 編集 ]
107130 :名無しさん@2ch:2014/01/10(金) 08:18:50 ID:-

他スレから
第7章罰則の第24条にある「その他」とは、列挙した例以外のその他の「特定秘密を保有する者の管理を害する行為」を指しているにすぎない。
第23条には「特定秘密の取扱いの業務に従事する者がその業務により知得した特定秘密を漏らしたときは、十年以下の懲役に処し、┄」と書かれている。
特定秘密の範囲があいまいな条文では、権力者や役人の不正を内部告発する者を威嚇する効果を持つ。
日本では内部告発者が十分に保護されていない。
2004年、海上自衛隊の護衛艦「たちかぜ」の一等海士が自殺した。
日常的ないじめが原因であることがわかり、裁判所は国と主犯格の元隊員に賠償を命じた。
この裁判で、遺族が自衛隊の調査報告書を提出するよう求めると、国側は、国の安全に関わる機密だと反対し、東京高裁で提出が認められるまで1年半かかった。
海自は、護衛艦乗員のアンケートで暴行と自殺の関係は検証されなかったと公表した。
遺族はこの調査結果の情報公開請求をしたが、海自は「アンケートは破棄した」として応じなかった。
その後、法務室の三等海佐が資料の中にアンケートが存在することに気づいた。
三佐は裁判担当官にアンケート公表を訴えたが「今さら出せない」と言われた。
思い悩んだあげく、三佐は東京高裁に「国は嘘の説明をした」とする陳述書を提出した。
その後になって、海上幕僚長は「誤った説明をした」と認め謝罪した。
三佐の陳述書提出後、ある上司は「そんなことをするなら海自をやめるべきだ」と言った。
海自は三佐が文書のコピーを持ち出したことなどを問題視し、規律違反の疑いで審理することを通知した。
三佐は東京高裁で証人として「国民に嘘をついてはいけないという信念で告発した」と話した。
「内部通報者を守らなければ、組織はどんどん劣化していくだけだ」とも言う。

終戦時の政府・軍部の公文書焼却のように、日本には情報隠蔽体質がある。
[ 2014/01/10 08:18 ] /-[ 編集 ]
107131 :名無しさん@2ch:2014/01/10(金) 08:20:02 ID:-

他スレから
法律は国民を縛る。
民主国家では、権力者が新しい法律を作りたいなら、国民の疑念に答える義務がある。
法律のどこがおかしいのかと国民に答えを求めるのは話が逆。
他の法律との比較が必要と思うなら、その理由を説明するのも権力者側の責任。
そもそも特定秘密保護法は不要。「
日本の安全のため」との理由付けは破綻している。
戦後68年間の平和の現実が証明している。今後も同じ。
在日米軍基地の維持に日本の安全は不可欠。
重要な情報が日本側で漏れたことはないとの証言があるし、現実に米国からの情報が漏れて日本の安全が損なわれたことはない。
特定秘密保護法で日本が米国の世界戦略と一体化すれば、逆に日本の安全を危うくする恐れがある。
安倍政権は、戦後の知恵の実績を無視して、日本の安全に逆行する政策をとってきた。
対中戦略も戦争不可避論なのか不透明で危うい。
第3条による特定秘密の指定は「その漏えいが我が国の安全保障に著しい支障を与えるおそれがあるため、特に秘匿することが必要であるもの」となっている。どこがあいまいでないのか。「基準を作って公開」というのは、第6章雑則の第18条2項のことか。
これは特定秘密指定の運用基準について有識者に意見を聞くというだけにすぎない。決定は閣議。
 しかも安倍首相はNHK経営委員に有識者として「お友達」ばかり送った。
「情報の公開」というのも列挙した例の一つにすぎず、情報公開を進める法律ではない。
特定秘密保護法では従来の秘密のうちから特定秘密を指定するから秘密は減らない。
特定秘密の漏洩の罰則は重くなる。なぜ一歩前進なのか。
 法律は一人歩きする。
国会審議や首相や自民党の説明は裁判の証拠として採用されない。
世論の監視がゆるめば、いつでも情報統制・言論弾圧の道具になりうる。
戦前の治安維持法で、北海道綴方教育連盟事件のように拡大解釈された歴史がある。
[ 2014/01/10 08:20 ] /-[ 編集 ]
107132 :名無しさん@2ch:2014/01/10(金) 08:21:18 ID:-

他スレから
特定秘密の指定の第3条に「別表に掲げる事項に関する情報」とある。
別表は「自衛隊の運用又はこれに関する見積り若しくは計画若しくは研究」、「防衛力の整備に関する見積り若しくは計画又は研究」などが列挙されている。
やはりあいまいではないか。空自に「航空自衛隊基本ドクトリン」なる隊員向け指導書の表現が専守防衛を逸脱しかねないとのことだが、特定秘密になれば国会審議を通じた統制もできない。
研究も、国会の監視なく勝手に進められかねない。
運用がよければ前進する面もありうるが、全体的には危険性の方が大きい。
政権交代で、安倍官房長官が否認した沖縄密約を民主党政権が確認した例はある。
しかし情報操作がしやすくなれば政権交代も起こりにくくなる。
また、警察官僚が首相をも欺く法案にしたとも言われる。
今までも官僚はころころ代わる首相や大臣に情報をきちんと伝えなかったと言われる。
政権交代で明るみになるとは言えない。
警察は法律を盾に恣意的解釈で捜査・逮捕できる。
北海道綴方教育連盟事件も貧困に関しての児童作文を体制変革のためと拡大解釈して逮捕できた。
今回の法律も逮捕すれば資料を押収しパソコンの記録を取れる。日本では3週間以上の長期拘留もできる。
有罪にならなくても威嚇効果は十分。内部告発者は確実に減る。
治安維持法も有罪になった者は少ない。今回、この法律だけ取り出すのは間違い。
安倍政権が独善・強権で進める国家改造計画の一環と見るべき。
現代版の富国強兵路線だが、中国と同じ土俵で軍事対決するのは日本・中国・世界の利益にならない。
日本は中国より優位な、技術・文化・環境および温和な社会で勝負し、中国国民をも味方にすべき。
他国は対話しているのに、対話なき軍事対決路線は日本の安全にマイナス。
改憲機運盛り上げ優先など愚か。
[ 2014/01/10 08:21 ] /-[ 編集 ]
107134 :名無しさん@2ch:2014/01/10(金) 10:05:19 ID:-

「他スレから」の人は該当スレのurlとコメント番号を明記すべきじゃないの。
正直、どっかのブサヨブログからの「無 断 転 載」じゃないかと疑ってるんだが。

それにこの内容…ここに来てる人なら鼻で嗤っちゃうレベルだよ…
立て読みかな?と思ったけど違うみたいだし…
[ 2014/01/10 10:05 ] /-[ 編集 ]
107135 :名無しさん@2ch:2014/01/10(金) 11:24:56 ID:-

糞長おじさんの主張は結局

>現代版の富国強兵路線だが、中国と同じ土俵で軍事対決するのは日本・中国・世界の利益にならない。
>日本は中国より優位な、技術・文化・環境および温和な社会で勝負し、中国国民をも味方にすべき。
>他国は対話しているのに、対話なき軍事対決路線は日本の安全にマイナス。
改憲機運盛り上げ優先など愚か。

温和なウイグルやチベットの人たちをおまえらがどう扱ったか思い出せ馬鹿シナチク。
[ 2014/01/10 11:24 ] /-[ 編集 ]
107195 :名無しさん@2ch:2014/01/11(土) 17:21:43 ID:-

あれ?
107136 嗤いごとじゃないよ~と書き込んでた人のコメントが消されてる。
[ 2014/01/11 17:21 ] /-[ 編集 ]
107229 :名無しの日本人:2014/01/11(土) 23:51:30 ID:OARS9n6I

ゴメソ、感情的にかまけて書いてしまっていたので、不適切だと思って削除しています。
107015の人の返信を書こうとして、話がそれてしまったんです。
107136で書いた米の共産化がシナーへのアシストになると思う根拠は、大陸は環境によってイデオロギーと政体成り立っている側面もあるため、基本的に革新を促進しません。相手への配慮が力を与えるので、革新がほしいときは、相手を消費させ、自分の利とするときだけで、ニダーはこのことにより物を作ることをやめてしまった。
百済は上の高句麗には、ある範囲の農作物の供出で、土地の空白地帯を作ることにより、略奪や争いを防ぐと同時に友好関係を作り、日本とは仏教や大陸の航路、大陸に近い知識や金属系の技術で繋がりと、対大陸の同盟と同時に、任那における日本軍が新羅の相手、微妙な国際情勢をうまくこなしていたコスイ国です。
この時代、宮廷の遊びで使われたサイコロが出土しているから、文化もあったと思われます。
嘘と泥棒は多かったそうですが、まともだったんですよ、国として。
大陸は、人が多すぎるため助け合うよりも、集団生活の中、出し抜く方が効率が良いため平等が成立しません。己の利権のため民主主義が概念が成り立つ環境でもなく、利己主義のため、売れればよいの名のもと資本主義も成り立ちません。なぜこのようなことになるかと言えば、そもそも、共産主義は上と下をつなぐ調整者を必要としないため、民衆は烏合の衆であることが求められ、知識人が全てを独占する状態です。
上が利己主義ならば、当然下も約束なんぞ守っていたら生きていけず、毒米村でもわかるように、誤魔化して、責任をどこかに押し付けることが第一となるんですよ。生き残るために。
約束は出し抜くためにする。シナーの残虐は九族滅殺で刑もバリエーション豊富。しかし、高級役人が太鼓にされても学ばない。
新自由主義側は、慰安婦問題でニダーに出し抜かれそうになったんだけど、これが、これから高度化し、規模がシャレにならないものになると思えばいいですよ。うんざりすることを自ら認めながら運営する。今は維持する働きがあるものを消費することで成り立っていたことを、いやというほど味わうと思いますよ。
必ず共和側のアメリカに貢献する思想を持つ者に頼ろうとするはずです。
その前に色々あるのですよ。やらなければならないことが。
明治維新は、和魂洋才は、清でも同じような考えが起こっており、日本も協力関係を築こうとしていた。
しかし、出来なかった。それまで培った習慣を危機に側面しても捨てられなかった。
この後、西洋の侵略に対し、2千年ぶりに墨家が見直されようとしたこと。墨家は秦以降、胃袋と言われた大陸思想からこつ然と消え去ります。墨家は城を守ることから当然、技術集団であり、合理主義的であり、戦闘指導能力を有していました。
[ 2014/01/11 23:51 ] /OARS9n6I[ 編集 ]
107231 :名無しさん@2ch:2014/01/12(日) 00:16:28 ID:-

107229 
アメリカの共産化?
[ 2014/01/12 00:16 ] /-[ 編集 ]
107266 :名無しさん@2ch:2014/01/12(日) 14:11:20 ID:-

  ヤフー知恵袋

ネトウヨはネット右翼の略語です。略語というよりスラングですね。
実質、蔑称で使われてると思います。ブサヨというのは、左翼の事ですね。「ブ」の語源が
何か分かりませんが、同じく蔑称です。
日本では、ある政治的立場に立ってモノを言うと、こうした「レッテル貼り」で相手を罵ることが
一般化しています。戦後、マスコミを賑わせた事件の中に、右翼左翼どちらも
汚名を被った経緯があり、その拭いきれない汚名を議論の相手になすりつけ、
論者の人格を貶めることで相手を不利にしようという心理が働いています。

その「汚名」とは戦後より、昭和の時代から形作られてきました。以下の通りです。

右翼(本来は保守、自由、保守主義)
=利権ヤクザ、暴力団、似非右翼、街宣車、談合、児玉誉士夫 笹川良一
左翼(本来は革新、平等、社会主義)
=学生運動、連合赤軍、内ゲバ、中核革マル、よど号、浅間山荘、ピース缶爆弾
(なぜ右・左、なのかは国会の与野党の議席の位置関係です。これは検索で簡単にでてきますよ)

どうです?オドロオドロしいでしょう?
戦後、日本のマスコミは様々な事件を、このようなキーワードと共に報道してきました。
日本人にとってイデオロギー=危険なもの、いかがわしいもの、という刷りこみが為され、
今の若い世代まで、ネット上の書き込みの聞きかじりなどで伝染しています。

こういった経緯があるので、政治、思想的な議論が起こり、それが建設的な
意図を持ちうるとしても、まず相手を論破するよりも、右翼・左翼、の
「レッテル貼り」によって論敵を貶め、世間の冷ややかな目が浴びせられるように
誘導しようとすることがわりと有効でした。

現在では例えば、『原発問題』が典型的です。
東日本大震災によって引き起こされた原発事故問題。
一年前には誰もが有り得ないと思っていた事態。そんなことがあれば、国民がパニックになり、
逃げ惑うに間違いないと思われていた事故。
これによって噴出した議論は今や以下のような有様です。

・原発推進派=右翼、自民寄り、保守、既得利権寄り、親米昂じて反中、反韓
・反原発派=左翼、民主寄り、市民運動、革新、在日利権寄り、親中親韓、売国

などとなります。これらのレッテル貼りは昭和20年代から始まっており、なぜ
こういう事態になったか、あるいは何者かが主導的にこういう世論を作り上げたのか、
という議論は常に盛んに行われています。

ひとつ、確実に言えることは、日本で政治的発言や議論を起こそうとすると、
こういうレッテル貼りがかなりの威力を持ってきたということです。その為、日本は
言論の自由はあっても無きが如き有様です。その証拠に、知恵袋でも某巨大掲示板でも、
レッテル貼りに対しレッテル貼りの応酬が信じられないくらいにヒドイですよね。
この風潮は、風潮というには余りに根強く、日本の弱体化に
一役も二役も買っているいることは見えますでしょうか?
95年のwindows95発表時、ネット社会が爆発的に始まったとき、現在のような
何か言うとネトウヨ、何か言うとブサヨと相手を罵りあう若者(と中高年)がこれほど
蔓延するとは誰が予想したでしょうか?(いや、予想し確信していた人もいるでしょうね)
シナチョン、似非ウヨ、政治ゴロ、アカ、犬、工作員・・・
しかし、こんな幼稚な口喧嘩が実際に効力を発揮してるのが、疑いもなく
まぎれもない日本の現状です。悲しいですよね・・・

ただ、国民、市民がモノを言いにくい、主張しにくい状況は、国を支配する側に
利する部分が非常に大きい事は知っておいてください。支配する側にとって、
一番怖いのは国民、民衆です。これが一体となって団結すれば、どれほど強固な権力も
あっという間に滅ぶのは、歴史が証明してますね。
では、日本を戦後、ずっと支配しているのは誰でしょうか。
皇室、政府与党、総理大臣、彼らは確かに強い力と影響力を持っていますが、果たして
日本にとって、(国民を除いて)最も強い力でしょうか。もっと強い力がありませんか?
そういう事を考えると・・・日本人同士、レッテル貼りをしていがみ合ってることが非常に愚かで、
下らないことに思えてきませんか?
現状はとても嘆かわしいものですが、今の惨状を踏み台にして、必ず日本人の思想、
自由な発言、が大きな力を持つに違いない、と私は思っています。

[ 2014/01/12 14:11 ] /-[ 編集 ]
107292 :名無しさん@2ch:2014/01/12(日) 20:59:09 ID:OARS9n6I

>107238
企業による政治や、特定の社会への介入。両者の基盤が金銭的なもの依存すると、環境が競争の集中により多様性が否定されやすい。誰かの都合で何かが決まること。
民主主義の否定がされやすい。というよりも、普遍性のみを取り入れることにより、土地における習慣を含めた人間の営みへの介入、これによりまず、独自の福祉の習慣がやられる。
普遍価値による無意識の多様性の否定。
優先される人材が決まることにより、習慣が持ち込めるのが上層にしかなくなるため、外患を招きやすい。
優先された人員の価値観が基準のため、一般生活者の実態を把握できず、かえってを圧迫を招きやすい。
一般大衆の意見は統一見解を求められるので、封殺する方へ舵を切りやすい。
ほかもろもろ。
調整の否定が共産主義の本質、名前に騙されたらいけないのです。
[ 2014/01/12 20:59 ] /OARS9n6I[ 編集 ]
107391 :名無しさん@2ch:2014/01/14(火) 17:38:28 ID:-

>>426
左翼は戦争が大好き。
>これ、逆。反対のことを言ってる。
 
[ 2014/01/14 17:38 ] /-[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2nnlove.blog114.fc2.com/tb.php/9014-aec5d0ee


スポンサーリンク