日中戦争も日本の侵略戦争ではないとはっきり言い返せるように理論武装は今後保守には必要になってくると思う。

692: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 01:20:01.62 ID:cVeW34Dc0

戦争観について
太平洋戦争というか大東亜戦争は侵略戦争と言われるが、戦後教育はそれで
一貫して行われてきた。
大東亜戦争を日中戦争と日米戦争に分けて考えてみると、
日米戦争は断じて侵略戦争ではないと主張する保守でも日中戦争は侵略戦争
だったとトーンダウンする者は多い。
日中戦争も日本の侵略戦争ではなかったよ。
日本のサヨクと中国は日本の侵略戦争を激しく攻撃する。
日中戦争も日本の侵略戦争ではないとはっきり言い返せるように理論武装は
今後保守には必要になってくると思う。


693: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 01:30:41.80 ID:lLrUBMrc0

侵略戦争ではない。
しかし、他人の国に軍隊送り込んで
都市を破壊し、人を殺した。
これを指して迷惑をかけたという。
もっとも、挑発を懲らしめなければ
さらに被害が嵩んだことも必定。
最大の悪は、アメリカが支那幻想に酔って
ゴロツキどもに力を貸したことであり、
これは今だに続いている。
もっとも、そろそろ打ち止めになるらしいが。


694: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 01:36:40.20 ID:8Tq7uwTA0

>>692
そもそもの話、「侵略戦争」って概念が戦後左翼史観の産物なのだから、どの戦争が「侵略戦争」で
どの戦争が「防衛戦争」だったかなんて議論自体が無意味だと思うな。

当時の支那大陸って、アジアに足掛かりのある全ての列強が狙っていた地域で、未だどこの列強の
勢力圏にも組み込まれていなかった土地なのだから、少なくとも列強視点では「侵略戦争」では
ありえない訳だよね。ただ、皿に残されたパイの最後の一切れみたいなもんで、最初に手を出して
独り占め狙った奴が袋叩きに遭うってだけの話で。

中国はあくまでも大きなパイの一切れに過ぎずプレイヤーではないのだから、何かを言う権利すら無い
ってのが当時の国際ルール。それを戦後の視点から批判するのは、アレキサンダー大王の「侵略戦争」
や「軍国主義」を糾弾するが如く不毛な行為だと思う。


695: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 01:57:57.59 ID:UkI8cc1e0

>>693
都市を破壊したのも人を殺したのも支那の軍なんですがね。
それ以上に支那事変の原因となった事件の数々を見ていれば、支那共産党のクズっぷりと日本がなぜ大陸なんぞに出兵しなくてはならなかったかがわかるはず。
廬溝橋事件に廊坊事件に通州事件。言い逃れなどできるはずもない。
日本軍はこれっぽっちも悪くない。支那の居留民を見捨て、虐殺されるのを見ていろというほうがイカレてるぜ。
日本軍が悪いとか言ってる奴は、不勉強か支那の手先かのどちらかだ。


697: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 02:02:40.09 ID:4yCzduV10

もうじき半島で起こるであろう惨劇も、心を鬼にして
決して自衛隊を動かしてはなりませんなあ








人気ブログランキングへ




698: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 02:06:12.46 ID:MUCVvsXc0

>>693
うろ覚えだけど、そもそも日本が大陸に進出したのは日露戦争が発端で
日露戦争に勝利して、満州が割譲され
いわゆる「満鉄利権」が手に入り、日本の資本が投入され
その保護役として軍隊が行った・・・ってことじゃなかったっけ?

開戦のきっかけになった「支那事変」だけど
開戦宣言をしない「事変」は、落としどころをつけられない難しさがあると聞くね
ざくっと判りやすいのだと、この辺かな

第11週2話支那事変〜泥沼の日本【CGS倉山満】
http://www.youtube.com/watch?v=PA-dNAa8hi0



699: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 02:08:55.87 ID:uIY0iUot0

国民党軍にうまうま利用されて深みに嵌った。コントロールが効かない状態で
文民政府の意向ぶっちぎって紛争を拡大させた。
憲法解釈を盾に文民政府を機能不全に追い込んだ。
これは悪いと思う


700: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 02:12:52.17 ID:rjT3xdIG0

勉強になるなぁ。こういう議論や歴史認識のすり合わせって
嬉々とした顔をして批判しかしないテレビや新聞よりもすごく有意義だよなぁ


701: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 02:18:50.46 ID:4yCzduV10

>>698
日露戦争も日本からすれば防衛戦争だよ

露西亜は太平洋進出を狙っていた
当然のことその前に立ちはだかる日本侵略が視野に入っていた


703: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 02:32:55.39 ID:UkI8cc1e0

>>698
「事変」の落としどころは決して難しくない。
全員殺すか処刑すれば終わり。正当な戦争じゃないんでただのテロ鎮圧と同じ、ルールに則る必要がないからだ。
もちろん相手も同じことで、支那はルール無用の最低最悪の方法をとってきた。
日本軍は優しすぎたんだ。欧米流に奴らを皆殺しにしておけば後腐れなかっただろうにな。

そんなだから支那人どもとその手先は「日中戦争」なんて言い方して、宣戦布告した正当な戦争のように見せかけてるんだよ。
本当は「支那事変」が正しいんだって周囲に広めてやったほうがいいな。


704: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 02:50:07.00 ID:MUCVvsXc0

かなり長いけど、とにかく話が面白い宮脇淳子さんの動画
CGSやAJERのも、いいんだけど

さくらじ#21 宮脇淳子と語る真実の中国史
http://www.youtube.com/watch?v=SEuE0sDu_dc


さくらじ#31 宮脇淳子再び登場!
http://www.youtube.com/watch?v=tUY_Siu-BFk


さくらじ#41 宮脇淳子が語り尽くす!中国講座
http://www.youtube.com/watch?v=IiJ2iF-zHlc


さくらじ#64 宮脇淳子はこうやって歴史と格闘しているのだ
http://www.youtube.com/watch?v=gjDWiGCWpp8&list=PLB243AFF9301EBED6



【宮脇淳子】『真実の中国史を知って日本の未来を開こう!』
http://www.youtube.com/watch?v=4RGkGasjIyQ&feature=youtu.be


http://www.youtube.com/watch?v=OjgvWs7VscA


http://www.youtube.com/watch?v=r6nbH9dWTvk


http://www.youtube.com/watch?v=kWDw6RXS9uc



705: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 02:54:02.72 ID:uIY0iUot0

>>703
その欧米流皆殺しができる相手だったかどうかなんだけど

なにしろ便衣兵を使う内戦状態の三つどもえ。そこに地方軍閥の私兵がいる
それこそ共産党軍ばりの三光作戦になってしまうよ
治安が悪くなったところから居留民を引き揚げさせて、満州国だけに注力すれば
まだ何とかなったんじゃ、って思う


706: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 05:54:05.70 ID:N0rQ1pFOO

なんだかんだ言って満州事変以来手を広げ過ぎた感はある。
幾ら大陸の国民党から共産党軍に至るまで日本より弱くて、それらの個々の戦闘に勝っていても
戦線があっちこっちに発生し、徐々にこちらが蛸足状態で間に合わなくなってしまったしな。
そもそもが満州事変が対欧米戦争の為の地盤作りというのが。
対欧米の視点自体は良いとしても「世界最終戦争」などと宗教地味た理由から対欧米戦争という論だから、これは余りにも無茶苦茶だよ。個人の宗教的心情で戦略を講じ、祖国を引きずり込むのは立派に下衆だろう。
これに基づいて満州事変起こした奴らと当時の国民党軍らは、正に日本に仇なした外道だったとしか思えん。
もちろん欧米列強も許し難いド腐れ外道にゃ変わりないが、あの事変から日本の外交政策は縛りが一層増えて柔軟な策が出来にくくなったのを思えば
あれさえなくば、もうちょっと大陸と環太平洋の利権での対アメリカ政策もあったろうになと。


707: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 06:24:40.55 ID:vJQMnw0q0



714: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 09:49:37.21 ID:cVeW34Dc0

この本おすすめ
ちょと高価だけどそのだけの内容はある。

大東亜戦争への道
中村 粲 著


716: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 10:47:14.63 ID:cVeW34Dc0

ヒットラーの名誉回復
サヨクはヒットラーを悪の代名詞のように使う。
ファシズムの申し子のように言う。
ヒットラーは極悪人ではなかったよ。
ドイツにとっては第一次世界大戦戦後の重く理不尽な賠償に苦しむ国を救った恩人ではないか?
ヒトラーはユダヤ人の民族浄化などをを企てたことはない。
サヨクのいいがかりである。
ホロコーストなどなかった。
ガス室は存在しても使われなかった。
ユダヤのプロパガンダに騙されてはいけない。
こう言うと歴史修正主義者とレッテルを貼って口を封じようとするが
そんなワンパターンの攻撃にひるんではならない。
ヒットラーの再評価は第二次世界大戦の再評価につながる。
歴史を捏造しているのは誰かということをそろそろ気づかせる時にきている。


717: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 11:01:48.07 ID:FoTdZrkc0

スローガン
     世界国家はつぎのことを必要とす
諸民族混淆
種族汚辱=その結果-
     世界の粥状態
     世界ジャーナリズム
     世界文学
     世界株式市場
     世界文化
     世界共通語
即ち、一人の主のもとでの世界
     一押しで世界の主へ
世界革命とは
     全地球を世界株式市場とその紳士どもの
     つまりユダヤの下に強制的に屈服させること

ヴェルナー・マーザー編「ヒトラー自身のヒトラー」所収のアドルフ・ヒトラーの自筆メモより


719: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 11:18:36.70 ID:cVeW34Dc0

>>717
ヒトラーはグローバリストだった・・・

自筆メモとやらは信用できるのか?(笑い)

自分はそこまで陰謀論に深入りする気はないね。
自分は必ずしも陰謀論を否定するものではないが
そこに行き着くには筋道が必要となってくる。
いきなり陰謀論を提示してもわけわかめになるのがおちだ。
絡まった歴史の糸はすこしずつほどいてゆくのが実的的な態度だ。


729: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 12:39:53.11 ID:4tEBCWWi0

>>692
満州事変が支那侵略の鍵だな
柳条湖事件が関東軍のやらせかどうかが日本が支那侵略したかどうかの焦点
支那事変自体は、支那人から仕掛けてきた戦闘だとはっきりしてるからな

その柳条湖事件も本当は関東軍のやらせじゃなかったらしいから、日本は満州を侵略はしてない

もう直ぐチベットやウイグルが独立するけど、当時の満州は、満州族が漢民族の軍閥に搾取されて
チベットウイグルと同じ様な構図だった事がこれからの一般的な歴史認識に成る筈だから
日本のあの戦争は全面的に正義の戦争だって事に成ると思うよ

多分満州も独立するからね

その時、満州国は必ず正史に成る筈だ。チベットが戦前独立国なのが正史の様にね


746: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 14:58:38.29 ID:dnrZJKS30

>>694
現在の中国の領土をひとまとめで植民地にしていた国が無かっただけで既に欧米列強の分割植民地だったと言う事実は
スルーですか?
no title


だから日本も列強の仲間入りをして中国を植民地にしてもOKだったとは言わないし、勿論植民地にしていない
上の地図を見れば分かるように、北京以北の満州をロシアが既に支配していた
一方イギリスは上海から西域を、フランスはインドシナ領に続く中国南部を支配していた
問題はロシアがこのまま南下を続けると、いずれイギリスと植民地を巡って戦争になることが目に見えていたわけだ

一応ロシアは自国領土から地続きで兵を送り込めるのに対し、イギリスは本国から兵を送り込まなければいけない
当然莫大な戦費を要するし、兵士の被害も想像を絶する規模になるだろうと
そこでイギリスは考えたわけだ、日本に代理戦争をやらせればいいと
ロシアがこのまま南下を進めると、何れ日本を攻めてくるぞ!
というシナリオを書いて、日本に大陸へ軍隊を送るように仕向ける

中国には列強が直接管理していない空白地域があった、それが清国の勢力圏として残っていた地域だ
日本はあくまでもロシアの南下を防御するという目的で大陸に進出した
だから清国が政治的にも経済的にも軍事的にも近代化に舵を取り、日本と同盟を結べば衝突する理由はなかった
ところが腐敗しきった王朝は東アジアの情勢をいまだに受け入れることが出来ず、政権抗争に明け暮れていた

日本は本土防衛のために軍隊を送り込んだわけだが、欧米列強にどれだけ領土を蝕まれてもヘラヘラしていた
清国はなぜか日本に対しては噛みついたわけだ、でやむなく日本軍は清国を終わらせた
日本は莫大な戦費と軍人の命を犠牲にしてロシアを打ち破り、ロシアを撤退させ、満州に満州帝国を建国し
清国の後継者を王に就かせて、極東の防衛のための同盟国を作った

まず日清戦争は存在したが中国を侵略するための戦争ではない
半分日本の支配下となった満州は、当時ロシアが植民地として支配していた土地であって
清国のものでもなければ、戦後生まれた中国のものでもない
しかも独立国として満州帝国を建国させ、清国の後継者を王に就かせているわけで、日本の植民地でもない




関連記事
[ 2013/10/14 17:47 ] 特ア 中国 | TB(0) | CM(10)

103246 :名無しの日本人:2013/10/14(月) 18:32:12 ID:-

日本は現在の中国共産党と戦っていない。
戦ったのは蒋介石率いる国民党。
毛沢東は日本に対して「昔のことは気にするな。むしろ感謝している・・・」みたいなことを言っていたように記憶する。
だから、毛沢東・周恩来時代は反日殆ど無かったように思う。
日本と蒋介石が戦って弱ったおかげで毛沢東の共産党が弱くても勝ったわけだ。
http://tinyurl.com/38rkdm
[ 2013/10/14 18:32 ] /-[ 編集 ]
103248 :名無しさん@2ch:2013/10/14(月) 20:00:19 ID:CISG.8fo

日本は中国を侵略していないというのは俺も同意見なんだけど、
じゃあ侵略していない理由を明確にまとめて説明しているかというと
この記事中でもされてないんだよね。
「XX事件は何々の陰謀だったから日本は悪くない」という言説があったら
一気に左翼に押し切られるし、一般人にも胡散臭さ撒き散らすだけ。

人によって侵略戦争じゃない理由がコロコロ変わってたりするのも弱い理由。
もっとかっちりテンプレート作って、侵略戦争じゃない理由をまとめたほうがいいよ。

俺は、清の後継国は中華民国だが、中華民国の支配域は非常に狭く、
大部分の領域は国家に帰属せず、軍閥や野盗や列強が分割支配していたのだから
そこを武力で取っても侵略には当たらないという解釈。
力で負けたほうが悪い時代に、力を使って何が悪いという立場。
[ 2013/10/14 20:00 ] /CISG.8fo[ 編集 ]
103250 :名無しさん@2ch:2013/10/14(月) 20:18:15 ID:-

毛沢東がやったのは国民党の手柄を横取りと、武力放棄してた地域への進攻だから…。あとは識者の虐殺?
国民党が大陸の覇権を握っていたのだとしても、結果は同じかも。奴らの行く先では識者は虐殺される。(台湾での美麗島事件)

識者を虐殺するなら、欧米による植民地下にあるのと何が違うのって話。
中華人民共和国は中国共産党のための植民地でしょ。
[ 2013/10/14 20:18 ] /-[ 編集 ]
103252 :名無しさん@2ch:2013/10/14(月) 20:30:09 ID:-

706
>欧米列強も許し難いド腐れ外道

ラス・カサス『インディアスの破壊についての簡潔な報告』(岩波文庫、1976)
に500年前の「ド腐れ外道」ぶりが書いてある
[ 2013/10/14 20:30 ] /-[ 編集 ]
103264 :名無し:2013/10/14(月) 22:18:03 ID:-
言語・民族・習俗もバ~ラバラ

 清朝が亡んだあとのシナは、主権独立国家の要件と権利を保持していたのか?
 自称「我こそは清朝の後継であり、漢族の代表である」という輩はごまんといたが、そんなのを相手にしていたら収拾がつかなくなる。

 一度、誅獄凶惨党の古参たちに歴史年表を見せながら、各年ごとの日本の行動に対してコメントをしてもらいたいものだ。
 たぶんシナ全土から通商権も、条約で取り決めた居留権も放棄して日本人は完全撤退・不干渉を貫くべきだったとのたまう筈だ。

 ならば、反日暴動が荒れ狂い尖閣諸島で揉めている現在を鑑みれば、
債権をすべて放棄して日中国交断絶するのが「正しい歴史認識」ということになる。
 現在の凶惨党ですら自らの口から国交断絶を宣言できないのに、過去の有象無象の泡沫政府にそんなことを言える訳が無い。

 凶惨党後の誅獄はどうなるのだろうか?
 歴史上はじめて言語統一を成し遂げたことになっているが、これはそれ以前の言語・民族・習俗集団への「侵略」行為だったのではないか?
 やがて、独立宣言をした地域から「健全に発展すれば超大国になれたのに、誅獄の支配で停滞したニダアル!謝罪汁、賠償汁」と叫ぶところも出てくることだろう。 
[ 2013/10/14 22:18 ] /-[ 編集 ]
103275 :名無しさん@2ch:2013/10/14(月) 23:36:11 ID:-

中国は全ての有色人種の裏切り者だ!


アジアの盟主の如く振る舞うが、この国と国民がアジア全域を始め、全ての有色人種達の為に白人と闘っている姿を見たことがない。
全て自分達の利益拡大の為だ。

先の大戦中、せめて清国が日本と協力してアジアを助ける道を選んでいたら、世界はもっと違う姿を見せていたかもしれないだろうに、中国はアジア最大の裏切り者国家だよ。
[ 2013/10/14 23:36 ] /-[ 編集 ]
103293 :べる:2013/10/15(火) 02:26:12 ID:-

裏切り者というか元々そういう国だし

自分がトップであるという思い込みで玉座に胡坐をかいている醜く肥えたブタそのものであり、傲慢高慢はだはだしく、共に手を取り合うというより、仲間も蹴落として美味しい思いをしようという国だし
だからみんなでアジアを助けようと主張する日本は、既得利益や名誉を邪魔する者でしかなく目の上のたんこぶなので協調する気も無く、できれば利用して美味しい思いをしたいわけだし
で、そんな感じで調子に乗った時は国の崩壊なわけで、それをなぞるように悠久繰り返している何の学びもない愚か者
[ 2013/10/15 02:26 ] /-[ 編集 ]
103300 :名無しさん@2ch:2013/10/15(火) 03:42:01 ID:-

まー先の大戦の英霊たちの名誉回復のほうが先かな。
その方がより大東亜戦争の再評価につながるし、
回復したいという気持ちとしても強いものがあるし、
知識的にも私たち現役世代に役立つことが多いだろうし、
次世代にはちゃんと社会(小学校ね)や歴史の授業で教えることができるようになる。
ヒトラーの名誉回復うんぬんに反対してるわけではなく、順序のお話ね。念のため。
[ 2013/10/15 03:42 ] /-[ 編集 ]
103301 :名無しさん@2ch:2013/10/15(火) 03:49:11 ID:-

侵略=悪?自分の食い扶持と身を守る事は、生物の絶対善じゃないのかね。負けたら死ぬしかないんだし。
で、当時の日本はそういうポジションにいたんでしょ?
侵略だからダメーってさ、戦って死んだ人達を、言葉遊びみたいなので平成の戦ってない俺達がどうこういうのって、どうなんだろうね。
[ 2013/10/15 03:49 ] /-[ 編集 ]
103333 :名無しさん@ニュース2ch:2013/10/15(火) 20:03:58 ID:2NKnmN5w

そんな理屈が通るならベトナム戦争もフランス・アメリカの防衛戦争だ。

ベトナムが悪かって?一枚上手だっただけ。
[ 2013/10/15 20:03 ] /2NKnmN5w[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2nnlove.blog114.fc2.com/tb.php/8876-fe73fe82


スポンサーリンク