「ど」の字:日本は本当に愚鈍なお人好し国家か?

世界の共通語は英語だよ。 日本語なんて要らなくなる。
http://2nnlove.blog114.fc2.com/blog-entry-8801.html


101943 :「ど」の字:2013/09/22(日) 08:30:49 ID:/rKlrZ.I
覇権を失いつつある英語。

 英語が国際的に広く使われるのは、直近に覇権を握った国家が英国と米国である事に因ります。
(それ以前は蘭語であり、さらにそれ以前はスペイン・ポルトガル語が覇を競っていました)

 現在の英語は、国際共通語と言われるだけの実力を失いつつあります。
 英米が実業(製造業)で力を失った点が大きいのですが、米英が国内を治められていない点も大きいです。
 アメリカでは、英語が通用しない地域が増えています。間も無く英語は米国内最大語圏ではなくなります。
 中・韓・スペイン・ポルトガル語圏が移民流入により増え、教育制度の失敗がこれに輪をかけています。
 このまま推移すると、英語はかつてのラテン語のように上流階級のみの使う独占物になりかねません。
 現状を気付いている人間が居るのか、また対策を考えている人間が居るのかは、自分には分かりません。
 しかしこれは危険です。現状は英語文化圏の危機的状況と言っても良いでしょう。

 ★

 で。
 一方、散々自国の「進歩的文化人」とやらに貶されている、日本語の現状はどうかと言うと。
 日本の製品(特に詳しい使用法説明が求められる資本財や文化財)に乗って、世界に広まっています。
 現代日本語は翻訳(と時短)に特化した人工言語で、知っていると得する言語になりつつあります。
 世界中の文書で日本語に訳されないものは、まず存在しないからです。
(以前言及しましたが、「翻訳業」なる職業集団が生計を立て得る専業で存在する言語は日本語のみです)
 使用者数自体も、世界人口十傑である日本人全て(ここが極めて重要。ここを取りこぼすと言語使用者の数と質双方が削れていきます)が日本語を解するため、世界の母語話者数で上位十位に入っています。これが電脳空間になるとさらに顕著で、2013年現在のインターネット上における言語使用者数は、英・中国・スペイン語に次ぐ第四位に入っています。
 つい最近では日本語ブログが英語ブログを抜いて世界一の数になったというニュースもありました。
 これは、日本語を使いインターネットに接続して積極的に情報発信出来る教育力と財力と意志を持つ人間の数が、英語を使ってそれをする人数を上回ったという事実を示しています。

 ★

 言語こそは、国力による勢威の伸縮から逃れられない最たる物の一つです。
 日本語の勢力は製造業の隆盛で伸びていますが、以前から日本文化に乗って盛んだったとも言えます。
 現在の世界に生きる者として気にすべきは、英語の勢力衰退かと思われます。
「世界の共通語は英語だよ。日本語なんて要らなくなる。」だなどと現実から目を逸らしてホルホルしている場合では無いのです。

 そういえば。
 他国を持ち上げると同時に日本を貶す言動、朝鮮人の言説の特徴ですね。

 ★

 もし日本がまかり間違って覇権国家となったなら、日本語が世界の共通語になってしまうのでしょうが。
 日本語は習得に非常な時間の掛かる言語であり、覇権国家の言語として相応しいものではありません。
(人生の最初から日本語圏の中に居ない限り、ネイティブスピーカーまで習熟するのはかなり難しいです。
 新聞を読む程度なら3年……世界の言語の中では例外的長さです……の真剣な勉学で良いですが)
 世界の初等・中等教育機関が日本語習得体制を整えるに要する手間と時間と金……気が遠くなります。
 何らかの教育方法革命(睡眠学習とか脳内へのデータダイレクトインストールのようなSF的革命)でも無い限り、日本語を積極的に世界に広めることは考えない方が良さそうです。



101944 :名無しさん:2013/09/22(日) 10:12:16 ID:-

>>101943
結局それを加速しているのは、新自由主義だと思うのです。
新自由主義に加えて、拝金主義です。
要するに、儲かればいい。自分とこのモノが売れればいい。
これだけが至上命題で、あとはコミュニティがどうなろうが知ったこっちゃないのです。
自分の属するコミュニティさえその扱いですから、他人のコミュニティならなおさらです。
そりゃ、失敗しますわな。もとより直面した問題に興味がないんだから。

一つだけ訂正を求めたいのは、オランダ語が国際的に通用した時期はない、と言うことです。
鎖国した日本において、窓口はオランダ(と清)にのみ開かれていたので、主要外国語として認識されていたというだけのきわめて特殊な事例です。
スペイン語の浸透自体は、おっしゃる通りスペインの新大陸入植のまさに覇権の結果です。


101945 :名無しさん@2ch:2013/09/22(日) 10:44:56 ID:-

>朝鮮人は朝鮮語を捨て、英語を使った方がよいと思う。
>英語も日本語の文章の中に取り込んだら、後はアラビア語を取り入れてコーランとか中東の書物が読めるような流行が来るかも知れない
>英語を取り入れる事は即日本語否定にはならない
>漢字だった中国から取り入れて日本語の文法の中に溶け込んだんだから、英語もそうなるよ
外国語を受け容れるということは外国の精神構造を受け容れるということ。
映画バトルフィールドアースが駄作だと言われているが、あれを製作した連中は良くものを見ていると思う。
作中において、サイクロ人の言語を通じてすべてを学ぶしかない地球人のその後の運命には暗澹たるものを予感した。

・朝鮮語には対等の関係を表す概念がない
・英語は基本ゲルマン系統の言語だから、対等の概念で言語が構成されている
兄弟とか姉妹とか言わずにただ単にシスター、ブラザーだし。

世界中の言語を日本語に取り入れたら日本語が世界言語になって日本人は世界民族になるな……
なぜかは知らないが世界大統領に類似したものを感じる。


101947 :名無しさん@2ch:2013/09/22(日) 11:01:28 ID:-

>>101943
>(以前言及しましたが、「翻訳業」なる職業集団が生計を立て得る専業で存在する言語は日本語のみです)
横浜の港湾荷役の藤木企業の社長が常々言っている、「港を波止場と呼ぶのは、海を通って外国から入ってくる悪い波を止めるのが港の役目だからだ。」ではないですが、
外国語学習者には盲目的に流入してくる外来語に対して、日本語を防衛するための防波堤となる使命があると思います。
そういう意識を持たずに「英語できる自分、かっこいい!!」とか思っているような学習者であれば「ニガー」としかいいようがないなと。
松本道弘のように外国語学習の真の目的は国防であると認識する人間は今のところそれほど多くない……

>もし日本がまかり間違って覇権国家となったなら、日本語が世界の共通語になってしまうのでしょうが。
そうなったらたぶん、日本語がピジン言語化するんだろうなぁ……
想像するだけでも厭。


101948 :名無しさん@2ch:2013/09/22(日) 11:18:26 ID:-

>「イケメン」くらい定着してたらいいのでは。
マスコミ=電通の背後にいるのが朝鮮人だというのを無視すればね。
ここがオカルト板由来だから書く――
朝鮮人は戦後ずっと日本に呪術を仕掛けてきている。
たぶんおそらくは「ウリたちにとって居心地の良い日本になるように、日本をテラフォーミングならぬウリフォーミングするニダ!!」ということなんだろう。
戦後日本でマスコミが流行らせた言葉や概念にはすべてそういう魔術的な悪意ある毒が仕込まれていると疑うべきだろう。

「きもい」の元になったのは「きもちわるい」で、これが現在の意味で使われるようになったのは、
ガンダムの中でプルとかのニュータイプやら強化人間やらがハマーンを見て「きもちわるい」とか言ってたあたりから。
そんで、当時のアニオタが真似して使い出し、バラエティあたりでお笑い芸人が使うようになって大流行の流れではなかったかな。

宇宙戦艦ヤマトの主人公は大人だが、ガンダムではいつも子供が主人公。
左翼は子供が敵と戦う話を作るのが好きだという。
ナウシカにしてもガンダムにしてもそうだし、少年兵を常套手段とするのも共産ゲリラ。




101951 :ななしさん:2013/09/22(日) 14:43:15 ID:-

世界の共通語は英語であり、英語を知っていることは何より重要なことだ。明治の人々はそれをきちんとわかっており、大量の留学者を海外へと派遣した、ただ絵画を学んだりする目的のためであっても。

しかし母国語と言うのは、最大の文化であり文化のよりどころである。
英語を重要視して母国語を軽視するのはそれこそ本末転倒と言わざるをえない。両方を理解して初めて国際社会で通用する人材となれる。


101955 :名無しさん@2ch:2013/09/22(日) 17:14:57 ID:-
ちなみに

実は今のローマ法王フランシスコも英語が「発音がちゃんとできない」んだそーで、ほとんど使っていません。
英語圏じゃないイエズス会員なので一応必修なので、読み書きは大丈夫かもしれませんが。
本人は通訳がいれば問題ないってことで、ブラジルに行ったときに
ポルトガル語を使った以外はイタリア語とスペイン語で通していますね。


101962 :「ど」の字:2013/09/22(日) 19:32:13 ID:/rKlrZ.I
馬鹿には説得の言葉が通じない……。

>>101944さん
>もとより直面した問題に興味がないんだから。
 現代の世界が抱える問題の根源はここなんですよねえ。
 何故自分の属する共同体とそこに暮らす人間に、興味関心が向けられないのでしょうか?
 その精神構造を解きほぐして改善が出来なければ、彼らによって世界が食い潰されます。
(改善できなければ、食い潰される前に新自由経済主義者たちを「除去」せねばなりません)

 我欲のみの拝金主義者と言えど、巡り巡って自分の行いが自分に返ることは分かろうものを。
 赤字神氏は、新自由経済主義者たちの先を見ない行動をはっきり「頭悪い」と批判しています。
 自分も全く赤字神氏と意見を同じくしています。拝金主義者は中長期的には損をするのです。

 日本的商売が「三方良し」を理想の商売として掲げるのは、慈善的側面ではありません。
 中長期の利益を最大化するにはその方法が最も良いと理解しての、利を重んじての判断です。
 共に経済成長して信頼を深め合い、さらに大きい商売をしようという、成長も重視した行動です。

 自分が中韓の他者を貶め安売り逃げる商法を批判するのは、経済成長を阻害するからです。
 彼らは他者の信頼を横取りして損をさせ、市場の信頼性を損ねます。
 信頼を失った市場は資金の回転速度が鈍り、経済活動がデフレスパイラルを描いてしまいます。

 現在の世界経済が総デフレ状態に陥っている理由は、新自由経済主義者とその尻馬に乗った中韓がこれまでの人類社会が培った市場の信頼性を食い潰しているからです。
(正確には、新自由経済主義が中韓を利用することで、中韓の拝金主義をも覚醒させたのですが)
 現在の欧米庶民は、新自由経済主義者と中韓によって生活を圧迫されている状態です。
 このまま推移すれば、生活を脅かされた欧米庶民は欧米各国に対する反乱を強いられるでしょう。
 その際、日本は世界経済の敵を見誤らないよう、どちらに立つか賢明に対処せねばなりません。
 最も良いのは、日本が現在の世界経済を扱う「1%」を叱り飛ばして行動を改善させることですが。
 非キリスト(ユダヤ)教国家日本が何を言っても彼らは聞きませんので、現実的ではありません。
 残念ながら、現在の世界における「1%」と「99%」との間の武力抗争は、避けられないでしょう。
 この武力抗争を利用して、外から財を奪取しようと動く国家が生まれないことを祈ります。
 経済的・軍事的実力を持った国が、韓国のように狂い出したら世界史的一大事です。

(続きます)


101968 :「ど」の字:2013/09/22(日) 20:21:25 ID:/rKlrZ.I
日本は本当に愚鈍なお人好し国家か?

>オランダ語が国際的に通用した時期はない、と言うことです。
 まがりなりにも世界史上初の覇権国家だったので、その分考慮する必要があるとは思います。
 まあ財を成した主因はニッチ産業(漁業と保存食)だったこともあり、最盛期は短かったですが。
(と言うか、徳川幕府はオランダの経済的覇権に金銀の輸出で一枚噛んでいます。
 オランダの日本からの貿易額の盛衰は、そのままオランダの経済覇権の盛衰と一致します)
 福沢諭吉が蘭語を学んでから外国に行き、覇権がオランダからイギリスに移っていたことを知って驚き、学んだ語学が時代遅れになっていたことを嘆いた話がありましたね。

 ★

>>101945さん
>世界中の言語を日本語に取り入れたら、日本語が世界言語になって日本人は世界民族になるな
 日本語は、外から取り入れるのは簡単なのですが外に持ち出すのは難しい言語なんですよ。
 明治期の人々がやったような根幹を変革する改革無い限り、世界的言語にはならないと思います。
(ここまで言語としての骨格が固まった今となっては、そんな抜本的改革は不可能でしょう)

>>101948さん
>朝鮮人は戦後ずっと日本に呪術を仕掛けてきている。
 呪術と言うより、彼らなりの利と理に拠る自己生存のための仕掛けなのでしょうが。
 ただ、朝鮮人の利と理は独り善がりかつ非論理的なので、呪術のように見えてしまうだけです。
>ガンダムではいつも子供が主人公。
『機動戦士ガンダム』は、ディストピア的世界観の中で苦闘する人々を描いた物語です。
(世界人口の半数が一週間で死滅し、グリプス戦争当時の平均寿命は20歳前後に衰退しています)
 物語中のあの時代は、歴史家に「黒歴史(無かったことにしたい歴史)」とまで罵倒されています。
 原作者は少年兵が戦場に出ることが何を意味するか、分かっていたと思いますよ。
 ナウシカにしても、原作の漫画には若年兵を出さざるを得ない悲哀がきっちり描かれています。

>>ななしさん(#101951)
 今日は比較的まともな方の「ななしさん」ですかね? ただし。
>ただ絵画を学んだりする目的のためであっても。
 断片的な目的のために留学者を送ったと思うところが、あなた方の浅はかなところですが。
 日本は大量の留学生や技術者を送り出しては情報を収集し、慎重にそれを繋ぎ合わせました。
 そうして欧米社会の強みと弱みを正確に分析し、経済的反撃に繋いだのです。

 ★

 当時最新の兵略(フリードリヒ大王が実現した支堯点旋回斜線陣戦術)を経済に応用した伊藤博文により、圧倒的資金力だったはずの欧米は日本近海の海運利権を奪われます。
 物流を何より先に奪い返すこの行動は、伊藤博文が後の物流革命を予測していたことを物語ります。
 後継政権も鉄道や港湾を外資流入を局限して整備しているので、その持続する意志は明らかです。

 明治期日本の政策的な切れ味は、本当に世界史に特筆されるべき特異現象です。
 その特異性は、独裁官カミルス時代の共和制ローマに匹敵します。
 しかし、近年のことであるにもかかわらず、当時の日本は全くと言って良いほど研究されていません。
 現代に至るまで日本政府によって慎重かつ強力に全容が隠され続けているからだと、自分は考えています。


 日本外交を精査した際にも思ったことですが。
 この国の何処が「お花畑のお人好し国家」なのでしょうか?
 断片的にそういう部分を見せているのは、むしろ日本の本質を隠す目晦ましなのではないかとすら自分は疑っています。

関連記事





人気ブログランキングへ


[ 2013/09/22 23:08 ] コメントまとめ | TB(0) | CM(25)

102008 :べる:2013/09/23(月) 00:50:29 ID:-

そのお人よしに経済で外堀を埋められつつあるのがが色々と取り込まれているのが現状なんだよね

気付いたらカールスバーグもハイネケンもバドワイザーも北京ビールも、キリンやアサヒ
アメリカンスタンダードもリクシルが買収

仲良くしましょうと笑顔で手を差し出し、手を取らざるをえない状況を作るのが日本の外交
[ 2013/09/23 00:50 ] /-[ 編集 ]
102014 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 01:14:03 ID:-

英語は覚えることも比較的少ないと思うし、このまま英語が使えると助かるんだけどなぁ
[ 2013/09/23 01:14 ] /-[ 編集 ]
102020 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 01:24:24 ID:-

ブラジル在留邦人ですが、サンパウロ州・アマゾナス州の公教育で
日本語が採用される動きがあるそうです。まさに日系移民100年を越
える歴史的背景がある日本文化の流入(サンパウロ)と、日本式製
造業(アマゾナス)の影響によるものでしょう。
[ 2013/09/23 01:24 ] /-[ 編集 ]
102022 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 02:23:32 ID:-

数千万人以上の国で「一国一言語」なのは日本と韓国だけだそうです。
日本以外の国が国をまとめるのがいかに難しいことなのか・・・。
[ 2013/09/23 02:23 ] /-[ 編集 ]
102024 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 02:41:43 ID:-
今後はスポットが当たるでしょうね

>しかし、近年のことであるにもかかわらず、当時の日本は全くと言って良いほど研究されていません。
>現代に至るまで日本政府によって慎重かつ強力に全容が隠され続けているからだと、自分は考えています。

サヨクに教育を牛耳られていた日本では、明治政府と江戸幕府は弱小で狡猾で民衆を省みない存在にされていたからでしょう。
なにせ人権関係の研修では未だに「同和問題は江戸幕府の支配体制のせいで発生し、明治政府のがその施策を継承したから解決していない」とか言っちゃうくらいです。
細菌の発見と防疫学の発達の時期を考えろよ…とツッコミを入れながら聞いていました。
[ 2013/09/23 02:41 ] /-[ 編集 ]
102026 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 02:48:36 ID:-

日本語って圧倒的な表現力を持つおかげで
速記とか色々な言葉作れそうやね
トロン作ろうか
[ 2013/09/23 02:48 ] /-[ 編集 ]
102027 :ななしさん:2013/09/23(月) 03:09:19 ID:-
日本語は世界で通用する言語とはならない

日本語は世界で通用する言語とはならない。
英語を世界共通語にしたのはイギリスの植民地主義だ。もしスペインがイギリスに勝って植民地を広げていたなら、スペイン語が世界共通語になっていただろうね。

じゃあなぜ日本語が広まらないと言えるのか。
日本人は朝鮮ですら朝鮮語を教え、フィリピンに行ってはタガログ語を母語に復活させようとしたんだ。
日本人がなぜそうしようとしたかすら、まともに理解していない人が居るようだけどね。

なんでもWGIPとやらに見えるふしぎな人もいるようだけど、私から見てもヤマトとかガンダムとか、十分右翼的だと思うんだけどねぇ。
戦争物とかヒーロー物とかがふしぎな力により作れなくなり、結局萌えアニメばっかりになったおかしな現状はどうかと思うけど。
(宮崎駿ですら右翼扱いかよって思うが。赤旗に書いてるほど赤いのにw)

新自由主義は「持てる物」と「持たざるもの」の抗争であり、持たざるものによる革命により解決されるという思想は共産主義そのものなので私は支持しません。
私は民主主義がきちんと機能するならばもうすこし賢い形で解決されうるものだと理解しています。

日本人は集団ですごい力を発揮する。個人主義を採らない教育のおかげだと思うけど。生得的能力とか、優生思想は信じてないので。その力が戦争に向けられることが無くなったのは、世界のためにいいことだったと思うんだけどね。
残念ながらそういう時代が終わりつつあるのは認めるにしても。
[ 2013/09/23 03:09 ] /-[ 編集 ]
102029 :アーイガシ:2013/09/23(月) 03:33:19 ID:-

皮肉なのかガチなのか「日本は外交の天才」と言ってた人が居ましたなw(山本七平だったかしら?)
多分日本人自身が天性の深謀遠慮に気付いて無いんでしょう。 
本人達は場当たり受け身でしのいでるつもりなのに、気が付けば結果上手いこと成就してたみたいな(^o^;
←特に明治前後の舵取り見てるとそんな気がします‥後の大東亜戦争も然り。 

天才と言うべきか天然と言うべきかw(*^□^*)ξ
[ 2013/09/23 03:33 ] /-[ 編集 ]
102033 :名無し:2013/09/23(月) 04:56:12 ID:-

今の学校教育の現状を、さっぱり良く出来ないところでしょうね。
子供の頃に身に付けた価値観は大きく人生を左右しますよ。
米国の半分の授業時間で付いていけなかった生徒は落ちこぼれるとか、日本の公立学校は生徒にだけ厳しいわ。
GDPを増やしたいのなら、逆をやれば良いんだから簡単でしょ。
[ 2013/09/23 04:56 ] /-[ 編集 ]
102035 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 05:47:01 ID:-
日本語は世界で通用する言語と”なってはならない”

理由としては「移民反対だから」と先に述べさせて頂きます。

言霊信仰ではないですが、日本語を習得できなければ、日本人の思考は身に付かない。
それは100歩譲ってあったとしても、逆に直した
日本語を習得できれば、日本人の思考になる・・・・?
これは100%ありえないと言えますし、現地の文化や社会を軽視・馬鹿にしすぎです。


言語とは各民族が持ちうる壁です。防壁です。
異なる価値観・倫理観を持ち合う人間同士は、完全な共生はできません。必要なのは住み分けです。
言語の壁は、その大きな助けになります。無いならば、社会は他の価値観・倫理観の行動に晒されます。
だから、朝鮮半島から出稼ぎにくる犯罪組織よりも、日本で生まれ育ち日本語を話せる在日の方が、
社会構造に根深く、深刻に強烈に多大な悪影響を与えているのです。

たとえ、100%日本語を習得した移民が来たとしても、彼らが日本の社会に完全に溶け込むことはありません。
逆に、彼らを取り込むために日本の社会が変節してしまいます。
身近で具体的な例を挙げるなら、戦前の日本や台湾では、外出の際、家に鍵はかけませんでした。
今はどうですか?

経団連の進める移民政策が実現すれば、確実に日本の社会は激変します。
日本の社会を守りながらやるためには、日本社会と隔絶した形で労働してもらうしかありません。
しかし、それはいわゆる奴隷となんら変わりはないのではないかと感じてしまいます。

>>102027 ななしさん
日本の特撮物・アニメに関しては、このブログがかなり興味深く掘り下げています。
http://takenami1967.blog64.fc2.com/

70年代ごろの特撮・アニメって日本をボコボコにする目的の組織(ショッカーなど)が、いくつも作り上げられたわけですが、
直近で日本中を焼け野原にした”アメリカ”と重ならせてはいけない事情があったわけで。
日本を守る組織も(ウルトラ警備隊など)いくつも作られますが
それが”日本軍”や”自衛隊”と重ならせてはいけない事情があったわけで。

そこから歪な工程を踏みながら、現代ではそういったもやのような特殊な事情はかなりなりを潜めたようには感じます。
言われてみれば、不自然な枷が確かにはめられていた時代があったのは間違いないです。
[ 2013/09/23 05:47 ] /-[ 編集 ]
102037 :「ど」の字:2013/09/23(月) 07:59:27 ID:/rKlrZ.I
古代ローマと日本の蛮族対策。

>>102024さん
 戦後の占領行政を、ひいては欧米を正当化したい勢力が、日本研究に蓋をした面もあります。
 この部分では日本と欧米の思惑が一致したため、故意に疎かになっています。
 ああ、あと深く考えようとしない「進歩的文化人」「電波芸者」「工作員」にも都合が良かったです。

 日本研究は、日本が誰にも否定できない不動の覇権を握る時まで、日の光は当たらないでしょうね。
 最も日本研究が盛んなのは米国ですが、自己正当化が思想の根底にあり全く真相に届いていません。
 自分ならこのテーマを語れば上下巻の本を書き上げる自信がありますが。

>>ななしさん(#102027)
 ここでは最上級レベルのななしさんが出没しているようですね。
>じゃあなぜ日本語が広まらないと言えるのか。
>日本人は朝鮮ですら朝鮮語を教え、フィリピンに行ってはタガログ語を母語に復活させようとしたんだ。 
 日本人のやっていたのは、蛮族の民族大移動を阻止するために彼らの国が自立する手助けです。
 古代ローマの例がつとに有名ですが、日本国内にも坂上田村麻呂という凄みのある例があります。
(坂上田村麻呂は武人として知られていますが実態は官僚で、専門分野はインフラ整備と文化広報です。
「自分を不敗の地に置き相手の敗地を衝く」まさに『孫子』の説く戦い方を得意とし、難戦はしていません。
 インフラ整備と進んだ農業、そして死生観の確固とした宗教を伝播された東北は、以後安定します)

 古代ローマ以後の欧米はついにこの方法論を確立出来ていないことを思えば、日本はまだマシです。
 自分が欧米指導者層は揃いも揃って馬鹿なのかと疑うのは、この歴史に学ばない点にも因ります。
 彼ら「1%」は、自己の短期的利益と中長期的利益のバランスすら取れていません。
 間も無く彼らは本格的に体勢を崩して転倒するでしょう。それを側で見るのは怖いので嫌ですね。
 日本の制度を欧米化し、同様のレントシーキングで財を得ようとする日本経団連は、狂っています。
 一体何が悲しくて、欧米「1%」の破滅に付き合わねばならないのでしょうか?
 日本経団連を説得して考え方を変えさせるか、彼らを排除するかしなければなりません。

>>102033さん
>今の学校教育の現状を、さっぱり良く出来ないところでしょうね。
 その他世界の全てにも言えることですが、日本を良く変えるため手を入れるべきはまず初等教育です。
 現代日本は現代世界を見渡せば最善ではあると断言しますが、それでも手直しは幾らでも要ります。
 先ずは教師の教育制度・評価制度の改革。そして組織に巣食う反日的人材と工作員のパージです。

 考え方が固まっていない子供たちに毒を流し込む反日思想教師の罪、万死に値します。
 彼らに対しては罷免で済ます事無く、日本所払いの刑に処しその影響を絶つべきだと考えています。

 その道のりの遠さに目が眩みそうになりますが。
 麻薬と暴力に汚染されてしまったアメリカの小学校を改革するよりは、まだしも簡単だと思います。
 千里の道も一歩からと言います。まずは声を上げ政治に声を届けることから始めましょう。
(それにしても、アメリカは今後一体どう国を保つつもりなのでしょうか?本当に本当に心配になります)
[ 2013/09/23 07:59 ] //rKlrZ.I[ 編集 ]
102038 :名無しさん@ニュース2ch:2013/09/23(月) 08:44:47 ID:-

スポイルしようとする意思は感じるけど出元がわからないとね・・
それと金融マフィアの力はちょっと想像を絶する物がある。正面突破はドンキホーテより愚かだ。
[ 2013/09/23 08:44 ] /-[ 編集 ]
102041 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 09:16:06 ID:-

無敵艦隊を撃破した英国がそのまま覇権国家になったと思っている人が非常に多いが、
実際はオランダを蹴落とすのに約100年かかっているんだよね。


[ 2013/09/23 09:16 ] /-[ 編集 ]
102047 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 10:43:39 ID:-

日本人の子供達への日本語の学習が、おろそかにされている事が心配です。
[ 2013/09/23 10:43 ] /-[ 編集 ]
102048 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 11:01:17 ID:-

連邦政府に革命を仕掛けて敗北するジオンの側に感情移入できるように描いてんだから、個人的には十分「左翼的」だと思いますけどね、ガンダム。
作り手の世代というのもあるでしょうけど。
ニュータイプ論だってコスモポリタン思想のSF的拡大判でしょ。
そういや革命勢力ジオンを叩きのめす白い悪魔のシールドは機動隊がモチーフですってね。

特撮に関して言えば、昨今の仮面ライダーが改造人間じゃないのは、悪の組織による改造手術という設定によって、医療関係者に対する負のイメージがついたり、手術を受ける子供たちがいらぬ恐怖心を抱いたりする事への「配慮」らしいですよ。

手足に障害を持つ子供たちのコンプレックスに対する「配慮」も必要なんだとか。昨今のライダーが必殺技を使うとき、必ず「不思議アイテム」のサポートがあるのは、身体能力そのもの由来の成分を減らすための演出なんだそうで。

10人以上のライダーが登場する作品には「一人くらい車椅子のライダーを」って要望が寄せられたらしいですね。ソースは白倉伸一郎の「ヒーローと正義」という新書本。子供向け番組も大変ですねえ。
[ 2013/09/23 11:01 ] /-[ 編集 ]
102051 :アーイガシ:2013/09/23(月) 13:01:30 ID:-
誠は利を凌ぐ

>悪の組織による改造手術

↑それまさに戦後日本Σ( ̄□ ̄;)
今思えば、やっぱ戦後のヒーロー物は作り手が戦前戦中派だっただけにそーゆー思惑込めてたんでしょーな(´ω`)
 
そりゃそーと、「ど」の字さんの日本研究上下巻本読みてぇ~~~!!←ネット上で構わんからw(^^ゞ
[ 2013/09/23 13:01 ] /-[ 編集 ]
102054 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 13:38:29 ID:-

昔はアニメ業界って左翼多かったんじゃないかな。ていうか演劇関係ってそういうの多いイメージ(偏見)。
ルパン三世で次元大介の声やってた人は日本共産党に入ってるし、宮崎駿が組合活動やってんだから続く人も多少はいただろう。
ガンダムのキャラクターデザインやってた人も確か左翼よりの人だったと思う。

宇宙戦艦ヤマトなんかは反米親露のイメージで作ってたんじゃないかと思うよ。
放射能汚染された地球を救うためにスターシャって人からコスモクリーナー貰いに行くんでしょ。
「スターシャ」ってロシアで一般的に使われる女性の愛称だし、放射能とヤマトつったら敵はアメリカでしょ普通にイメージすれば。
ヤマトって戦艦が前面に出てる割に韓国も北朝鮮も、日本国内の市民団体も文句言ってるのほとんど聞いたことないし。
表だって言わないけど、そういうふうに受け止められてるんじゃないかなあ。実際はどうか知らんけど。

そういや、オウム真理教もコスモクリーナーがどうのと言ってたような。偶然かな?
[ 2013/09/23 13:38 ] /-[ 編集 ]
102055 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 14:00:16 ID:-

>>悪の組織による改造手術
>
>↑それまさに戦後日本Σ( ̄□ ̄;)

原作漫画版では、ショッカーの正体は日本政府そのものだったというオチだったと聞いたような気がします。
実際読んでないんで違うかもしれませんが。

孤独なヒーローが戦う相手は巨大であればあるほど主人公の凄さとか悲劇性が高まるという関係から、
最終的に「敵は国家だった」という展開自体はままあります。

でも、現実の世界にもたまに国家相手にケンカ吹っかけてヒーローになっちゃう人いますよね。
代表的なのはキューバのゲバラおじさんとか、あと毛沢東とか。
共産主義ってのも団結をよく謳うわりに個的なヒーローをよく掲げますよね。スターリンとかもそう。
まあ単独でスゴい戦果出した軍人が英雄視されるケースもよくあるので、左翼側には限りませんが。
なんというか、ヒーローとしてイメージする共通のものが普遍的にあるんでしょうかね。洋の東西や思想の左右問わず。
[ 2013/09/23 14:00 ] /-[ 編集 ]
102056 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 14:41:58 ID:-

江戸末期、明治初期の人たちは本当によく頑張ったと思う。福沢諭吉とか遣欧使節団で通訳したの20代半ばの頃だったとか。
とはいえ危機感もってやってたのは日本側だけじゃなく、ロシアの南下政策を警戒してた英国側も必死だったみたいだけど。
当時英国を訪れた日本の使節団が、兵器工場を案内してもらって詳細なメモを取らせてもらったって話がどっかにあった。今じゃ考えられない。
いつか起きるだろうロシアとの戦争、というかクリミアでもうやったけど、まあ今後のことを考えて日本には英国側に立ってもらいたいという思惑はあったと思う。
いわゆるお雇い外国人もスコットランドから鉄鋼関係の人とかが来てたみたいだし。

でも日本の側も前代未聞の構造変化の中、相当試行錯誤してたのは間違いない。丘蒸気を莫大な金払って敷設したのは正しかったと思うし。
面白いのは、徳川幕府に出向してたフランスの軍人が、幕府側が負けた後も何人か日本にとどまって明治政府にアドバイスしてたって話。
大半はすぐ帰ったけど、英国寄りの明治政府に協力したのよフランス軍人が数人。当時の日本は外国人からすると結構危険だったと思うが、なんでそこまでって不思議に思う。
色んな人の頑張りや偶然、思惑や好意なんかが重なって、当時の日本は少しずつ動いてたんだと思うと歴史ってなかなか面白い。学校でも教えりゃいいのになあ。
[ 2013/09/23 14:41 ] /-[ 編集 ]
102057 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 14:52:28 ID:-

アニメや芸術関係に左が多いのはある意味当然でしょう。
今ある現実、何事もない当たり前の事が素晴らしいと気づいて現状の維持を願い、
社会の一員となって貢献していこう、などと考える人ばかりでは、
芸術的な才能の爆発や野心、何か新しく画期的なものや個性的なものは生まれにくい。
堅実に、慎ましく、という美徳とは違うところにある。
ただ皮肉なことに、社会が安定し成熟しているからこそ、芸術家の野心や独創に凡百の大衆が金と時間を投じてくれる余地があるわけで、若いうちはともかく地位を築いてもなおその幸運に気づかない老いた中二病患者は困り者です。
[ 2013/09/23 14:52 ] /-[ 編集 ]
102058 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 15:31:36 ID:-

今回の「ど」の字氏のエントリ、面白いですね。
色々考えるところがありました。

日本はやはり、お人よし国家だと思います。
だからといって氏の見解に反対なわけではなく、お人よし「だからこそ」そのような日本語の拡散が起き得たのかなと思うわけです。

○通や地上波のような異文化ゴリ押し手法では、やはり受け手にとっては嫌気がさすこともあります。

そうではなく、日本の一般人が、好きで、趣味で、仕事で、磨き、練り上げていった製品やコンテンツと共に付属テキストや音声として日本語が広まっていく。
英語も付いているでしょうが、「元言語で楽しみたい!」と思ってもらえてるのがなんともね。らしいというか。

なんか元気でてきましたw
[ 2013/09/23 15:31 ] /-[ 編集 ]
102060 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 15:49:44 ID:mQop/nM.
自分のなわばり内で生きよう

102035さんの意見に同意です。
これからの日本は、脱グローバル化していこうとしているのだから
日本が「覇権国家」になる必要はないし、
外国に住む外国人が日本語を使って生きる必要性などないと思います。(そもそも無理でしょうね)

時々、「世界の日本化が始まる、道義大国・日本はその役割を担っている」と
いう説がありますが、こういう理論を信じてしまうと
「いい人で居たい」欲望を刺激されて、
他国に援助ばかりして疲弊する、お人好しの国になってしまうと思います。

異国物を取り入れすぎて増えた衣食住のバリエーションが多少減ろうと構わないから、
それぞれの風土に合った言語を使って、自分達のテリトリー内で暮らしましょうや・・
[ 2013/09/23 15:49 ] /mQop/nM.[ 編集 ]
102062 :名無しさん@2ch:2013/09/23(月) 16:04:36 ID:-

>>102057

ところが、いわゆる「正義のヒーロー」はみんなの平和、つまり「現状の維持」の為に戦うんですよね。

明確な目的意識を持って行動しているのは、ほとんどが悪の組織側だったりするわけです。
それでは、悪の組織が無くなってしまったら、正義のヒーローはいったい何をするのか。
何もしません。平和を取り戻すために戦ってたんだから、平和な状態なるすることはないのです。
最終回でだいたいあてのない旅にでてしまいます。

当時の日本の現実の敵ってソ連だったんですよね。ソ連が日本に攻めてくる。当時としては生々しいですね。
左翼はソ連側だから、日本の敵。そして、その敵から日本を守っていた「ヒーロー」は誰か。

自衛隊と日米安保です。

リアリティを出すと、現実のヒーローたちを子供たちに気づかれてしまう。
だから、「悪役としての悪の組織」と戦う「正義のヒーロー」。悪役ありきの正義のヒーローが量産されてんですかね。

本来の原作者や製作者たちにはそういう意図はないでしょうが、
ウルトラマンはTBSで、仮面ライダーは毎日放送ですからね。
ゆっくりと悪影響を与えられた感は否めませんね。
[ 2013/09/23 16:04 ] /-[ 編集 ]
102117 :ななしさん:2013/09/24(火) 01:36:02 ID:-

>連邦政府に革命を仕掛けて敗北するジオンの側に感情移入できるように描いてんだから、個人的には十分「左翼的」だと思いますけどね、ガンダム。

高度成長期のアニメはわりと歪みがあって面白いのよ。
たとえばガンダムとか、主人公は連邦側で、はじめは連邦側の視点から見るんだけど、その当時はよく考えれば実際上から下まで腐敗しまくった連邦に比べて、スペースノイドの自由を主張するジオンの方が実は主張は正しく見える。しかしきちんと大人になると、連邦のほうが正しいとわかる。
結局目的によって手段は正当化されないって理解できるからね。

太平洋戦争と日本の戦い、そしてアメリカとソビエトの冷戦、資本主義と共産主義、そういった帰結があって理想郷を描かなかったこれらのアニメが生まれたんだと思うよ。
アメリカのように善悪2元論に終始することなく。
[ 2013/09/24 01:36 ] /-[ 編集 ]
102128 :名無しさん:2013/09/24(火) 05:06:32 ID:-

機動戦士ガンダムは宇宙戦艦ヤマトのアンチテーゼを描くために作られたと、聞いたことがあるけど違うんですか?
[ 2013/09/24 05:06 ] /-[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2nnlove.blog114.fc2.com/tb.php/8810-9a105bdc


スポンサーリンク