朝鮮戦争ってなんで起きたの?

322: Trader@Live! 2013/09/12(木) 21:07:43.98 ID:T0GMIgDv

ちょっと質問(´・ω・`)

朝鮮戦争で南北が戦っている時に、韓国は北との戦い止めて
日本に戦争仕掛けようとした。
米軍はそれを防ぎつつ北と戦うはめになり、結局ぐだぐだになり
停戦にもちこむはめになったってほんとなの?


329: Trader@Live! 2013/09/12(木) 21:20:37.54 ID:/GtLwKpG

>>322
戦ってるというか睨み合ってる最中に対馬九州を窺って軍を南下させる
今がチャンスと北軍が空き地に侵攻し怒濤の勢いで半島ほぼ制圧
韓国軍に任せて撤退していた国連軍(米軍)が再投入され戦線を押し戻す

こんな流れだった気がする


330: Trader@Live! 2013/09/12(木) 21:22:04.59 ID:Z8h7Hv1J

>>322 日本を攻めようとして南に軍勢を集結したら
北から共産勢力が攻めてきて朝鮮戦争になった
とか聞いたことあるけど本当かどうかわからん。


331: Trader@Live! 2013/09/12(木) 21:26:27.68 ID:I3DXIYJI

>>330 南北戦争は、来たチョンの工作員にのって、反日に動いたら、攻め込まれた。
南朝鮮の反日反米は、来たチョンの工作の結果 うまいよねぇ


332: Trader@Live! 2013/09/12(木) 21:27:53.28 ID:BZaNuWMi

>>329
で、そのgdgdの過程で南・李承晩と北・金日成共々軍の指揮権を投げ出して、今に至るw


336: Trader@Live! 2013/09/12(木) 21:32:39.22 ID:DnLNU/ky

中世の身内戦争でももう少しメリハリがあるわな
あいつら、日本がそこにあって国連軍がそこにいるから今まで延命できたって知らねえんじゃね


337: Trader@Live! 2013/09/12(木) 21:33:29.76 ID:b2SFXEfz

>>322
大嘘
北に追い詰められてこのままでは日本に逃げ込むしかないって状態になったけど
米軍上陸作戦が成功して北は大幅に戦線をさげたってだけです

日本に戦争を仕掛けるも何もあの当時の韓国に海軍力はありませんから
日本海を越える手段がありません


338: Trader@Live! 2013/09/12(木) 21:37:06.24 ID:DnLNU/ky

>>337
あれ、あのガセネタってむしろ韓国側の国民が信じてるとかじゃなかったか?


342: Trader@Live! 2013/09/12(木) 21:40:47.78 ID:b2SFXEfz

>>338
俺の勝手な妄想だけど北にペコンペコンにされた韓国の防衛構想の言い訳として
誰かが勝ってに新聞か何かに書いて広まったんじゃないかな
書いたヤツは軍部擁護のつもりでいたんじゃないかと


347: Trader@Live! 2013/09/12(木) 21:58:45.26 ID:T0GMIgDv

みなさんありがとう。
その可能性無きにしも非ずってことで。
ネットも最近2chのまとめサイトが上に来て調べにくくなったね。
ちょっと本も読んでみます。


353: Trader@Live! 2013/09/12(木) 22:08:28.33 ID:cOK0AyPS

>>322

在日義勇兵(日本からの密出国扱い)が韓国に入って、
日本語を話す兵隊がたくさんいるという情報が司令部に流れた時に、
北と戦争するのを一時中断してでも、日本兵を殲滅するという方針が
あったらしい。
しかし、日本語を話すのは朝鮮語を話せない在日義勇兵とわかり、
とりあえず停戦の流れは止まる。
実際、北でも、中国軍も日本兵の参戦情報が流れて、かなりビビってた
という。
蜜出国扱いにも関わらず、戦勝国民という態度で日本に戻って来た在日
義勇兵の一部は、そのまま居座ることに成功したのと、入国禁止処分を受けて
再度南朝鮮に戻ったのがいる。
義勇兵募集があった時、数百人集まったという情報を新聞では掲載してたけど、
実際は数名しか集まらなかったという。


355: Trader@Live! 2013/09/12(木) 22:09:55.36 ID:C0TYTCs7

>>322
少し違う。
韓国が日本に攻めようとしたら、手薄と見た北朝鮮が分割統治の国境線を越えてきて戦争が始まった。


376: Trader@Live! 2013/09/12(木) 23:36:31.13 ID:T0GMIgDv

>>355
知ってるか知らないかで韓国に対する見方が大きく変わりますし、
朝鮮戦争のこともよく知っておく必要ありますね。
勉強しなおします(`・ω・´)


383: Trader@Live! 2013/09/13(金) 00:25:10.94 ID:N8M9QmX/

>>376
現在の問題の半分以上はイスンマンが原因だと思いますよ。
反日、政敵暗殺、反共にかこつけた住民虐殺、
国際規約無視、などなど。

彼が少しでもマトモだったら、こんなことにはなってない。


387: Trader@Live! 2013/09/13(金) 00:42:56.12 ID:KFL7XsXO

>>383

主因はマッカーサーなんですよ。
マッカーサーラインというのを引いて、日本の漁船の締め出しをした。
戦前であれば、鮭をアラスカ、カナダまで取りに行っていたのに、
そこには入らないと日本に宣言するように強制してきた。
そのマッカーサーラインに重ねて李承晩ラインというのを勝手に設定。
日本漁船をいじめることについては見て見ぬふりをしたのがGHQ。
戦前の漁業利権は北米で締め出され、ベーリング海でも締め出された。
海軍の船があればこそ、戦前は漁業利権を守ることができた。
電波にしろ、航空便にしろ、アメリカが優先的に奪っていった利権に
関してはマスゴミが報道しない自由で国民に知られるのを防いでいる。




関連記事





人気ブログランキングへ


[ 2013/09/14 21:19 ] 特ア 北朝鮮 | TB(0) | CM(24)

101608 :名無しさん@2ch:2013/09/14(土) 10:08:56 ID:-

亡命政府を作るから九州よこせとか言ってきたんだっけ。
もとは日本総督府に既得権益を取り上げられて逆恨みした両班、
銀英伝で言う旧大貴族みたいなもん。
あれよりも品性も知性もないがアメリカは利用しようと後押しして
あまりの阿呆さに泥沼。
昭和帝や日本国民の態度を、自分たちの指導のお陰と勘違いしたから
朝鮮でも中東でも失敗する。
いい加減、パラダイムシフトして東京裁判史観の見直しして
日本に幾つかの点についてだけでもごめんなさいする方が
アメリカは楽になれると思うんだが。
[ 2013/09/14 10:08 ] /-[ 編集 ]
101611 :名無しさん@2ch:2013/09/14(土) 10:45:24 ID:-

戦争には絶対負けちゃいけない
この60数年で学んだのはそれだな
[ 2013/09/14 10:45 ] /-[ 編集 ]
101615 :アーイガシ:2013/09/14(土) 11:44:50 ID:-

>自分達の指導のお蔭と勘違い 

↑アメは今だに「我々が日本を民主化させたのだ!!キリッ」って本気で思ってそーで痛々しいですな。
元に戻っただけなのに‥(苦笑)
そういや以前テレビでキッシンジャーがそんな勘違いしてるの見たっけ。 
彼が「米占領後の日本は議会で物事を決める様になった。 物事は議会で決めるのが一番いい」
‥などとドヤ顔でのたまってて腹立ったが、隣に座ってた石破がそれに対し何ら反論せんのを見て更に腹立ったのを思い出したww(~ヘ~;)
[ 2013/09/14 11:44 ] /-[ 編集 ]
101616 :名無しさん@2ch:2013/09/14(土) 11:50:20 ID:-

リショウバンは半島出身、アメリカ領ハワイ育ち。
アメの、大戦に向けた戦前反日プロパガンダたっぷり吸い込んだ輩でふよ。
[ 2013/09/14 11:50 ] /-[ 編集 ]
101618 :名無しさん@2ch:2013/09/14(土) 12:06:56 ID:-

>101608
アメリカは韓国同様プライドが邪魔して自分の失敗を認めたくないんですよ
失敗を認めないから何度でも同じ失敗繰り返すし、それは将来に渡って続く
アメリカ自身が国益よりもプライドの方を優先する判断してるんだから、将来的に韓国同様落ちぶれてもそれはアメリカの自己責任だわな
[ 2013/09/14 12:06 ] /-[ 編集 ]
101619 :名無し:2013/09/14(土) 12:20:22 ID:-
名無し

戦後北朝鮮に潜伏していた旧帝国陸軍の中野学校出身のスパイ活動が功を奏して北朝鮮が南朝鮮に侵入したに違いないと私は思っているのだが・・・。何のためにかって?余興・余韻かな・・・。
[ 2013/09/14 12:20 ] /-[ 編集 ]
101621 :名無しさん:2013/09/14(土) 13:53:41 ID:-

そもそも戦争終結後「アメリカの指導よろしきを得て」民主化なり自由なりになった国ってものがあるのなら、例示してほしい
無論、日本は抜きで
[ 2013/09/14 13:53 ] /-[ 編集 ]
101622 :名無しさん@2ch:2013/09/14(土) 16:14:46 ID:-

日本抜きってか、日本は戦前も民主主義だったよ。
[ 2013/09/14 16:14 ] /-[ 編集 ]
101626 :名無しさん@2ch:2013/09/14(土) 17:07:23 ID:BsqUATt6

戦中だって議会の決定で東条首相が引責辞任しているわけで。
そもそもアメリカが言うように成功事例として日本を出したいのなら、
彼らはまず次の二点を説明してから引き合いに出さなくてはならないはず。

・戦前に比べて戦後の日米関係はどの程度「優遇」だったのか
→19世紀から近代までの間を比較して、米国の関与で産業が育ったのか、それともイギリスを追って台頭した米独、それを支えた自由貿易が戦間期にブロック経済化したことで日本のそれが妨げられただけなのか
→要約すれば、日本の発展にアメリカが乗っかって相互に甘い夢を見ていただけなのかどうか
→付け加えるならば、上記の結果から本当にアメリカの行動は必要だったのか

・戦後アメリカがとった対日利権は当時の価値で幾らで、提供した利益に対する比率はどうか
→戦前の日本と比べた戦後において喪失した資産とその流出先を明示
→戦前から戦後までの日本からの技術料支払先と総額、国別比率、契約通りの年数払った割合を示し
→戦後におけるアメリカからの支援を同様に貨幣価値に換算して比較

これだけやって初めてどの程度アメリカの関与があるかがわかるのではないか。
そもそも、戦後になって初めて文明化した国が戦前にどうやって戦艦と航空機を作ったのか。
なぜそのような国で曲がりなりにも国産の近代兵器が全て揃っていて議会まであったのか。
なぜいかなる文明国でも成し得なかったほど秩序ある復員が可能だったのか。

アメリカはいいかげんに過去の現実を見て今の現実にけじめをつけ整理するべきだと思う。
勿論、日本の近代化へのアメリカからの関与が定量的に見て決定的であったならば、
筆者としても受け入れるに吝かではないし、アメリカにとっては良い結果だろう。
[ 2013/09/14 17:07 ] /BsqUATt6[ 編集 ]
101627 :名無しの壺さん:2013/09/14(土) 17:19:42 ID:-
 

朝鮮は 人類の恥です。
アメリカに言わせれば「人になり損ねた糞喰い猿」です。
憐れみを持って生かされはしていても、人間に対抗できたためしはありません。
トラの威を借りて鬼畜非道を行う事はあっても、戦って勝利した経験が一度たりともありません。
よってヨーロッパに言わせれば「負けに負けたり千年間」です。
これは…本当に例を見ない どうしようもないものです。
現在、アメリカとロシアの双方がそれぞれを占領統治していましたが、ほぼ完全に撤退しました。
彼ら双方にとっても、その前の中国と同じく「朝鮮」でしかなかった事が原因です。
「人になりそこなった黄色い猿がいるだけの土地」「コリアンには関わらないほうがいい」それぞれの政府高官の台詞です。
そう、イエローモンキーとはKoreanの事でした。日本は大昔から白人にとっても白人に並ぶ者「名誉白人(ぜんぜん名誉じゃないですが?)」なので、朝鮮人が戦中戦後に 日本に擦り付けて回っただけなのでしょうね。 まぁ、無理でしょうが。必ずばれるんだし。
彼らは、他国と独力で戦った試しもないのです。 壊走というか敗走というか どこのどの軍と戦っても無尽の野を行くがごとくで逃げ回ります。
なので、北朝鮮が戦おうと前線を押し出しても、、、逃げて逃げて日本海側にぎゅっっとかたまる。 そういう性質のものですから。。。
普通に「ロシアの朝鮮が」戦うぞーって進んだら、アメリカの朝鮮になる前だった南は朝鮮らしく 日本海側の半島の端にぎゅっと逃げ固まりました。
秀吉が攻めた時には 明側にぎゅっと…逃げ固まったので やっぱり性質でしょうね。
で、南が「アメリカの朝鮮」になると 拮抗して今の状態です。 あはは 誇大妄想とはよく言ったものです いや 誇大妄想狂でしょうか。
工作員がいた? 日本に逃げ込むために対馬と戦う? 日本に攻め込むために南に軍を集中? いやいや…すごい言いようですねw
誰か騙された人間がいるのでしょうかね?
[ 2013/09/14 17:19 ] /-[ 編集 ]
101630 :名無しさん@2ch:2013/09/14(土) 18:26:38 ID:-

>>101619
中野学校じゃなくて関東軍や満鉄の関係者かと、南北朝鮮を作り上げた黒幕。
[ 2013/09/14 18:26 ] /-[ 編集 ]
101633 :名無しさん@2ch:2013/09/14(土) 20:08:54 ID:-

普段ROM専の俺なんかがコメントするのおこがましい気がするんですが。
こんな話でも良かったら↓
李承晩と朝鮮半島の歴史
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1347.html
で、李承晩は元はエロ本売ってたテロリストで当時皇太子だった昭和天皇を関東大震災の時に暗殺しようとしましたね。
関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実 とかにも記述がありますが。
韓国を救った金錫源将軍の子孫は金錫源将軍が靖国神社に参拝して、
「自分の息子は戦死した。
それは軍人として本望である。
本人も満足しているであろう。」
て言ったから子孫は新日罪で皆殺しですかね。
日本の教育を受けた韓国の軍人がいなかったら韓国なんて国無いと思いますけど。
[ 2013/09/14 20:08 ] /-[ 編集 ]
101634 :101633:2013/09/14(土) 20:13:30 ID:-

すんません新日罪でしたorz
[ 2013/09/14 20:13 ] /-[ 編集 ]
101635 :101633:2013/09/14(土) 20:16:43 ID:-

何回もすんません親日罪でしたorz
[ 2013/09/14 20:16 ] /-[ 編集 ]
101636 :名無しさん@2ch:2013/09/14(土) 20:28:04 ID:-

終戦時の詔(みことのり・お言葉)で。
このまま戦争を続けて、兵器開発を進めるばかりでは日本も世界も滅びゆく。

昭和の聖上は原爆開発に反対して、研究を止めさせている。
日本は歴史が長いだけに戦争の経験も国内では沢山ある。
平家物語・太平記はもとより戦記物語は一般人に娯楽として数百年に渡り語られ続けた緩やかな歴史教育。

新兵器が将来に禍根になると聖上は判断なされた。
新兵器の被害者である敗者日本は、しかし加害者の勝利のトラウマからは自由なのです。

話は変わるが、日本の風営法。
グレーな法律だが、風俗店は性行の擬似的行為を提供する場であって、売春は違法。
これにより、風俗店のルールを理解しえない外国人客は法律に基づいて排除できる。

某サンダースホームが現在は一般的な児童保護施設として活動している所からも育てられない外国人の子供を産む母親がいない。

占領下の悲しみを時間を経て、法律で戦ったのが風営法だとしたら。

借金の利率と闇金で慰安婦量産し性奴隷を海外輸出する非人道国家は日本から何年遅れた時代を生きているのでしょうか?
[ 2013/09/14 20:28 ] /-[ 編集 ]
101641 :名無しさん@2ch:2013/09/14(土) 22:22:59 ID:-

今の反日も南にゃメリットないからね~
北の工作なのかもよ
[ 2013/09/14 22:22 ] /-[ 編集 ]
101657 :べる:2013/09/14(土) 23:35:03 ID:-

アメリカが賛否を問わず映画にしたがらない戦争だしなぁ
長編小説で上下間が発売されたのにはちょっと驚いたわw
[ 2013/09/14 23:35 ] /-[ 編集 ]
101663 :名無しさん@2ch:2013/09/15(日) 00:00:38 ID:-

アメリカも戦争のための思想統制が未だに抜けきってない国だからね。
プロパガンダを本気で信じちゃった人間しか政権中枢にいないからどんどん迷走してるけど、自業自得としか言いようがない。
このままだと思想統制を行うと国が傾くっていうサンプルになりそう。
[ 2013/09/15 00:00 ] /-[ 編集 ]
101671 :名無しさん@2ch:2013/09/15(日) 02:03:18 ID:-

あの戦争って、アチソンのウッカリさんが誘い受けしたからかと思ってた。

当時イルソンが知り合いに電話かけて、
「いいよね…?いいんだよね?南下しちゃっても…?
だってアメリカ来ないんでしょ?来ないんでしょ?!
今超手震えてるわーマジ滾るわー!」
的なことを言ったって部分を何かで読んで、そこだけ覚えてる。
[ 2013/09/15 02:03 ] /-[ 編集 ]
101675 :「ど」の字:2013/09/15(日) 07:05:37 ID:/rKlrZ.I
日本は今のアメリカをどう見ているでしょうか?

>>アーイガシさん
>彼が「米占領後の日本は議会で物事を決める様になった。 物事は議会で決めるのが一番いい」
>‥などとドヤ顔でのたまってて腹立ったが、隣に座ってた石破がそれに対し何ら反論せん
 石破氏の心、自分には手に取るように分かりますよ。
 その時心を過ぎったのは、「駄目だこいつら、何を忠告しても無駄だ」という諦念だったのでは?
 自分は、日本の政治家はある意味アメリカに対して諦めていると感じています。

 現実に上手く行っていない状況を認識しても、自分たちのやり方を変えられない。
 やり方を変えることは、自分(キリスト教、白人、そして欧米各国)の嘘を認めることになりますから。
 認められず改められず、まさに業に足を取られて破滅の底に沈みつつあるのです。
「過ちて改めざる、是を過ちと謂う(孔子)」……業を持つ存在にとって、重い言葉です。

>>コメント101663さん
>アメリカも戦争のための思想統制が未だに抜けきってない国だからね。
 WW2で、劇的に変わっていますからね。
 それまでは、常備軍の効用に対して否定的で、軽武装の製造業立国をしていたのですが。
 市場と資源を武力で獲得することを覚えて、WW2以降は国庫の負担になる重武装をするようになった。
 現在、連邦政府予算の60%近くが軍事関連予算です(次点の医療関係と教育関係が7%でしたっけ?)。
 軍事需要によって経済を回す体制は、アメリカ庶民の生活に大きな歪みを生み出してしまいました。

>>101636さん
>昭和の聖上は原爆開発に反対して、研究を止めさせている。
 これについては、むしろ原爆の威力を目の当たりにしたことが日本にとって大きいでしょうね。
 あれこそは、日本人に戦争の時代が終わったことを雄弁に説得しました。
 あの威力を振り回して国と国が戦ったら、世界が滅びます。
 大東亜・太平洋戦争以後の日本は、植民地獲得による国益伸張を潔く諦め、製造業立国へ移行します。
 当初は既に遥か先を進んでいた欧米の技術に追いつくのは、理想と言うより妄想暴論だったのですが。
 欧米が進歩を緩めたため、20世紀中に追い抜いてしまいました。
 日本を製造業として立国しようとした人々も、まさかこれほど早く成果が出るとは思っていなかったでしょう。

 戦争は物量を動かす物流で決まると日本に教えたアメリカは、今や自分で車が作れないまでに衰えました。
 現在のアメリカを見て、果たして日本の政治家たちはアメリカを尊敬し続けることが出来ているでしょうか?
[ 2013/09/15 07:05 ] //rKlrZ.I[ 編集 ]
101728 :101663:2013/09/16(月) 02:42:08 ID:-

常備軍に切り替えたのにミニットマンの頃の銃の所持を止めなかったから、犯罪の凶悪化が起きているというのもしわ寄せの一つでしょうか。

日本もそうですが、アメリカも時代の転換期にあるのでしょうね。
いかにもアメリカ人らしいアメリカ人であった小ブッシュの後に、アメリカ人らしくないアメリカ人オバマというのが象徴と思えます。
[ 2013/09/16 02:42 ] /-[ 編集 ]
101732 :「ど」の字:2013/09/16(月) 07:21:54 ID:/rKlrZ.I
韓国の「英断」。

>>101728さん
 アメリカは意識して軍人の精神的箍を外しています。
 リスクを呑み込んでの判断だったのでしょう。アメリカ最大の失政の一つだと自分は思っていますが。
(アメリカ経済を歪めるFRBの設置と、NAFTAによるメキシコ経済破壊による麻薬蔓延に並ぶ大失政です。
 本当なら、太平洋戦争で日本を完膚無きまでに潰して勢力の空白を作ったこともこの大失政に並びます。
 この世界史に残る大失政を一人でフォローしたマッカーサーの功績については、先述しました)
 これ以降、アメリカ連邦政府は政策的矛盾を庶民に押し付けることが常態化していきます。

 アメリカの復員兵が正常に社会復帰できない現象は、ベトナム戦争で大規模に顕在化しています。
 戦場から社会に戻されるまでの時間的猶予が、物流の発達で極めて短時間になったのです。
 加えて、個々の軍人をばらばらに戻すようになり、喪失の痛みに共感する隣人も無く戻されていきました。
(これは、ベトナムで指揮を執った際、兵士たちの結束を破壊した上層部の無能にも因ります)
 戻った元の社会で、アメリカ復員兵はサヨク反戦主義者の心無い差別に苦しめられていきます。
 その社会問題を活写したのが、映画『一人だけの軍隊(邦語訳『ランボー』)』です。

 日本が敗戦によって失ったものは数限りなくありますが、数少ない慰めは復員兵を正常に復員し得た事です。
 空襲で痛めつけられた社会は、敗戦の復員兵の痛みを共感し暖かく包み込む社会を維持出来ました。
 普通に敗戦した国ではこうは行きません。敗戦した復員兵と敗戦で不利益を受けた社会はいがみ合います。
(これは、世界史上稀なカリスマの持ち主でもある昭和帝の存在も一因ですが)

 ★

>日本もそうですが、アメリカも時代の転換期にあるのでしょうね。
 日本は急速に最盛期(日本が見るアメリカ最盛期とは1944年のそれです)アメリカに染まっていきましたが。
 それと時を同じくして、アメリカは急速に日本が仰ぎ見た1944年の自己の姿から離れていっています。
 時代の転換点はあの戦争の直前直後にあったものであり、現在はそれが顕在化してきたに過ぎません。
 日本は後戻りしようが無く、また後戻りする意味もありませんが(手直し程度で十分です)。
 アメリカも後戻りしようが無くなっています。こちらは早く新しい社会的規範を作らないと爆縮して滅びそうです。

 この自国社会の危機的状況を、どれだけのアメリカ指導者層が把握していることでしょうか。
 この点において、自分は悲観的です。
 アメリカ指導者層は、全く事態の深刻さを把握していません。事態を把握認識しようとすらしていません。
 孫子の言う「彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆うし」の言葉通り、大変な危機にあると言えます。

 日本のアメリカへの懸念は、その他各国も共有していることでしょう。
 各国共、図体は大きいが力の使い方が下手なこの大国の扱いに苦慮しています。
 その中でも極端な反応をしているのが韓国で、韓国はアメリカから離れて共産中国に接近しています。
 共産中国への接近自体は愚挙ですが、アメリカから離れるという政策的決定には一定の理があります。
 共産中国とアメリカ、自分はどう考えても共産中国の方が先に自壊すると見ていますが。
 これが逆なら、韓国の決断はある意味「英断」になると言えます。国益を考えればやはり愚挙ですが。
 また、もし韓国の思惑通りになるなら、韓国はまた周辺諸国を侵して多大な迷惑を掛けるでしょう。
 その際真っ先に槍玉に挙げられるのは日本です。たまったものではありません。
 自分としては、韓国の予想が外れてくれるのを祈るのみです。
[ 2013/09/16 07:21 ] //rKlrZ.I[ 編集 ]
101745 :アーイガシ:2013/09/16(月) 11:24:03 ID:-

>日本を完膚無きまでに潰して勢力の空白をつくった‥大失政

↑よく当時の米民主党政権はアカに侵食されてたと聞きますが、一方共和党は対日戦大反対で、戦後その共和党から大統領になったアイゼンハワーが岸首相とゴルフ楽しんでる最中に「我々は戦う相手を間違えた」と謝ってたそーですなw(苦笑)
アカの防波堤を潰したらこーなるのはバカでも分かる事なのに、未だに分かってない認めたくないバカが米政府内の何割占めてるんでしょーかね(呆) 
結局日米共にアカに翻弄され続けた百年だったとしか思えん‥
[ 2013/09/16 11:24 ] /-[ 編集 ]
101756 :「ど」の字:2013/09/16(月) 15:39:16 ID:/rKlrZ.I
お前が言うな!

>>アーイガシさん
>アイゼンハワー大統領が岸首相とゴルフ楽しんでる最中に「我々は戦う相手を間違えた」と謝ってた

 ……この戦争犯罪人には、 「お前が言うな!」 と面罵してやりたい気分になります。
 この人は政治嫌いで有名で、大統領選に立つまでは投票した事が無いという逸話の持ち主です。
 ドイツで行政機関を破壊してドイツ人を飢えさせ、イギリスの物流を詰まらせてイギリス人を飢えさせる。
 戦う相手を間違えたと言いながら、同時に軍産複合体を米国内で育ててその力を利用して政治を執る。
 結果、自身が退任する頃には、軍産複合体は如何なる勢力にも制御不能の怪物になってしまいました。

 その後のアメリカの衰退と世界の現在にまで至る混乱に、アイゼンハワー氏は大きな責任があります。
 岸首相も、反省の無いこの人にはものを言われたくなかったでしょう。心から御同情申し上げます。

 何よりも気分を暗くするのは、未だにアメリカは自己の過去の為政を検証も反省もしてしないところで……。
 検証と反省が無いから改善も無く、アメリカはこのまま沼の底に沈んでいくことが予測出来てしまいます。
 日本はアメリカが完全に沈むまでは共に在るべきですが、沈んだ後の事は良く考えておく必要があります。
 アメリカが沈んだ後もしがみ付いているようでは、アメリカと心中することになってしまいますので。
(韓国のように離れるのが早過ぎては、また別の破滅に巻き込まれてしまいますから論外ですが)
[ 2013/09/16 15:39 ] //rKlrZ.I[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2nnlove.blog114.fc2.com/tb.php/8785-355bc0ee


スポンサーリンク