アメリカで黒人の身体能力が高くなった理由は 奴隷貿易・奴隷制度で何代にも渡り身体の弱い黒人が淘汰され続けたせい?

331: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 18:23:04.33 ID:0Qvt1M4O0

平昌オリンピックの公式ポスター
no title


半島デカすぎ(笑い)
日本にかぶさっとる。


332: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 18:25:21.95 ID:UeBntokF0

>>331
「イルボソから資金も資材も毟り取りまくるニダ」
というメッセージですね、わか(ry


333: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 18:25:41.34 ID:hHIDV/4A0

なんか南北の朝鮮が統一されとる


346: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 19:40:15.06 ID:vMhw++wk0

>>331
ちょww
日本が消えてるやん

これは抗議していいレベル
「日本は参加するなという意思表明」と受け取り、一切の援助無しでいいんでね?


349: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 19:57:53.14 ID:xAWesBLD0

>>331
オリンピックのポスターなのに、ウリナラマンセー主観の捏造地図デザインw
1人2人が精神病んでてこんなポスターつくったならまだしも
これが公式ポスターに採用ですと? 組織全体狂ってる。

世界各国から人が集まってくる祭典を開く資格皆無。
朝鮮人のモラルは、まじめにNGでしょ。
国際社会の足をひっぱるだけ。

一刻も早く 国まるごと精神病院に隔離しないと。
(結構まじめな話)


351: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 20:10:18.34 ID:xAWesBLD0

ペットの犬の話しで恐縮なのだけど、
品種改良を数百年続けてきた結果、チワワからダックスフンド、ドーベルマンまで
ぱっとみ同じ種(交配が可能な種)とはとても思えないほどのバラエティーが生まれた。

しかも大切なのは外見だけでなく、
知能も重大な差異が出てしまったことが
研究で明らかになっている。
(顔に布を被せる実験やら鏡に自分の姿を映して自分と認識できるか等
の綿密な実験レポートが出ている。)

ちなみに一番あまたがよいのがプードルで
一番あまたが悪いのがビーグルなのだそうな…


で、ここからがやばい部分なのだけど、
人間という種についても人種・民族によって同様の無視できない差異がみられる
というレポートが最近になって何本も出るようになっているんだわ。


352: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 20:13:27.47 ID:AhW4yYOy0

そらそうだろうな
環境が全然違うのにどの人種もIQ一緒だったらむしろ怖いわ


353: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 20:24:17.43 ID:xAWesBLD0

朝鮮半島で半万年過ごしてきた朝鮮民族っていうのは、総体として他の人類と
同じように扱ってはならない別の存在になってしまってるんじゃないか?
と折にふれて感じるんだわ。
(交配は間違いなく可能だから種は同じなんだけどね)

品種改良を何代か繰り返すと、集団として驚くほどの差がでてしまう例としては、
有名なところでは、北米の黒人。

黒人はスポーツの能力が高いんだと思っている人がいるかもしれないけど、
ふるさとアフリカを見るとわかるけど、必ずしもそうじゃない。

アメリカで黒人の身体能力が高くなった理由は
奴隷貿易・奴隷制度で何代にも渡り身体の弱い黒人が淘汰され続けたせいなのは誰の目にも明白なんだけど、
触れてはならないタブーの1つとされている。

これ言うと、
人種差別主義者とかネオナチとか人権団体が怒り狂うことになるんだけど、
厳然たる事実なわけ。


全米知能テストの人種間差異の研究結果を地味に発表しただけの
米国の女性研究者も、命はないぞレベルの脅迫連日受け続けたっていうし...
なんだかな~。


354: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 20:30:51.80 ID:/Rok/SLD0

>>353
アメリカ支配層のアイルランド系移民はジャガイモ飢饉でアイルランドに住んでられなくてアメリカへ渡ってきたのがはじまりで
ある意味そういう過程での淘汰を経たからこその強さがあるのかも


355: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 20:43:16.74 ID:g3iYeJks0

>>353
犬見れば解るけど、犬ってチワワも土佐犬も同じ種だからね
交配だって出来て子孫も残せるけど、あれが化石で発見されたら最早同種として認識出来るか怪しいレベル

チョンは代々気違いだけが生き残れた環境な訳で
火病ってのは、あれは多分ヒビょる人間程半島では生き残れた

つまり、朝鮮人はマジモンで気違い程生存能力が高くてその遺伝子が凝縮されてる可能性が有る

誹謗中傷とかじゃなくて、マジで遺伝的に欠陥と呼べるものが存在してる可能性が有るぞ


356: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 20:47:42.10 ID:g3iYeJks0

>>353
ああ、知能はマジで差が有るだろうな
少なくとも冬は越冬の準備しなけりゃ死ぬしか無い地域と
そこら辺あるってれば一年中くいもんが有る地域で

アホが生き残れる確率が段違いなのは明白な訳で

その上殺し合いが激しい地域でもアホが真っ先に殺される訳で

欧州と東アジアで知能指数が高めなのは偶然じゃないだろうな


357: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 21:02:39.02 ID:wBB2oNN10

>>356
半島の場合は強い者に事大する能力に特化することで生存したみたいだけどねw


358: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 21:06:26.50 ID:uOeSR/uC0

>奴隷貿易・奴隷制度で何代にも渡り身体の弱い黒人が淘汰され続けたせいなのは誰の目にも明白なんだけど、

この前提はどうかと思うなあ
そもそもアメの黒人が全般的に出身地の黒人より身体能力が高いのか?
もしそうだとして、食べ物や環境・教育の差などの他の要件の複合的なものの結果ということはないのか?
スポーツが強くなるかどうかは、身体能力そのものより、施設があるかどうかやスポーツだけで生活していけるかどうかなど、
社会的な環境にも大きく左右されると考える
スポーツで興行が成り立ちやすい先進国が全般的に強い理由も、その辺にあると考える
朝鮮人の場合は血で考えることもできるかもしれないけど、その引き合いにアメの黒人を出すのは、適切じゃないと思う


359: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 21:12:55.89 ID:fYl7UT1j0

スポーツ的な意味での身体能力の高さと、酷使に耐える身体の頑丈さっていうのは、能力として別物だと思うよ。


360: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 21:22:58.33 ID:xAWesBLD0

ま、たしかに奴隷制のせいでアメリカの黒人の身体能力が全体的にあがったっていう認められている
レポートは1つも見当たらないし、似たようなことを本に書いた書籍も、酷評されてるのがほとんどだから
「誰の目にも明白」という表現は適切じゃないですね。

この部分は、わたくしの個人的意見程度に格下げで。


365: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 22:11:39.78 ID:0Qvt1M4O0

南北アメリカの黒人は短距離が強く、アフリカの黒人は中・長距離が強い感じ。


366: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 22:24:39.86 ID:oG/98n0T0

>>349
自分もそう思ってる
世界中にそう思ってる人多いと思う
日本人は多分言い出せないし、言うと叩かれる
どこか別の国で声をあげてくれないかと
ドイツとか


367: 本当にあった怖い名無し 2013/09/11(水) 22:25:58.80 ID:qldwJq6g0

>>351
ビーグル飼いとして言わせてもらう。
「人間の命令に忠実に従う」という観点から犬の頭の良さを評価すると
確かにビーグルは下から数えた方が早いが、
空港の検疫犬、害虫探知犬、タレント犬などで働くビーグルもいるくらいなので知能自体はけして低くはない。

ビーグルに限らず、「人が命令するより犬自身に判断させた方が良い」という状況で使役されてきた犬種は、
この手のテストだと頭が悪いと評価されがちだが、使いようで能力を生かす事も可能。

つまり、人種による差はあっても適材適所であれば能力は伸ばせるという事で、
かの国も中国様の属国になればもっと活躍出来るはず_____



関連記事





人気ブログランキングへ


[ 2013/09/12 21:54 ] 日記 | TB(0) | CM(25)

101534 :名無し:2013/09/12(木) 22:55:54 ID:-

奴隷として新大陸に連れて行かれた黒人達。お船の中は劣悪な環境だった。荷物のように棚に寝かされ詰められて、糞尿も垂れ流し。
お船の中でも沢山の黒人が死んでいった。
そんな酷い中で生き残り、過酷な肉体労働をさせられてきた黒人の子孫なら、筋肉もそれなりについててもおかしくはないとおもうけど。
[ 2013/09/12 22:55 ] /-[ 編集 ]
101537 :名無し:2013/09/12(木) 23:05:14 ID:-
日本人は植物の品種改良は好きだったが...。

 日本人は植物の品種改良にはとても熱心だったが、動物は尾長鶏くらいしか
人為の介入を好まなかった。
 犬なぞは狩猟犬の素質がある個体はマタギが引き取り、ボンクラは里山の
村落の共有物となった。
 結果、日本犬全般は一部の例外を除けば古代犬の特徴を強く引継いでいる。
 猫は江戸期に発現した短尾種が、温厚な性格で一時は関東・東北圏を席巻し
英国にも嫁いだが、東西の交流の拡大と感染症で絶滅の危機にある。

 生物の最大の目的は「生命を継ぐ」ことにある。どんなに優秀なパフォー
マンスを持っていても、免疫系がショボイとあっという間に淘汰される。
 アメリカへ渡った黒人の多くは感染症の試練を勝ち抜いたエリートである。
 確かなことはそれだけで、人間の持つ多くの可能性を有した普通の黒人が
新天地で民族の混交が進んだと解するのが正しいかと。
 それは、大航海時代を経た多くの現生人類、特に日本人には生存不可能な
生態系で生命を繋いできた中国・朝鮮族にも言えることだと思う。
 真の強者は決して驕ってはいけない。
[ 2013/09/12 23:05 ] /-[ 編集 ]
101540 :名無しさん@2ch:2013/09/12(木) 23:35:58 ID:-

そういえば縄文人が激減したのは、戦ではなく大陸から持ち込まれた結核が原因だったような…
[ 2013/09/12 23:35 ] /-[ 編集 ]
101543 :名無しさん@2ch:2013/09/12(木) 23:50:38 ID:-

単純な身体能力に関してはアフリカもアメリカもそれほど違いはないと思うぞ。
ただアメリカは施設的な面で圧倒的に優遇されてるからスポーツでの結果はその部分だろうと。

ちなみに同じアフリカ人でも西側と東側では大きく特徴が違う
例えばこの前サッカーで日本と戦ったガーナとかナイジェリアは大柄でスプリント能力に優れた特徴があって(西側)
その一方でケニアとかエチオピアは小柄で持久走などに優れた特徴を持ってる(東側)

ちなみにアメリカに多いのはスプリントに優れた大柄な方
これは奴隷貿易の航路とかと深い関係がある。
だからアメリカには長距離走に強い黒人見かけないでしょ?
[ 2013/09/12 23:50 ] /-[ 編集 ]
101544 :名無しさん@2ch:2013/09/12(木) 23:55:18 ID:-

黒人奴隷はそこまで虐待されてたわけじゃない
「家畜」とされていただけで、家畜は大事に扱うもんだよ
家畜だからこそ人間と同じになるなって言う「差別」を受けるんだけど

これは奴隷を持たなかった日本人には全く理解出来ないんだけどね
[ 2013/09/12 23:55 ] /-[ 編集 ]
101547 :名無しさん@2ch:2013/09/13(金) 00:44:36 ID:-

距離の強さって単に環境的な要因が大きいだろ。
[ 2013/09/13 00:44 ] /-[ 編集 ]
101548 :べる:2013/09/13(金) 00:45:29 ID:-

否定はしないしむしろ同意の部分が多いけれど、評価項目と評価メジャーを明確にしないとナチスと同じ暴走した思想になっちゃうよね
すべてのものはバランスがあって優劣はあって上位互換とかは確実にあるんだけれど、適者生存みたいなものがあって、それがその地域や文化で最適だったりもする

韓国人は一方的に劣等というわけではない
例えばウ●コを生活の糧とできる
これはもうハンパないスペックだ
このまま食料を持たさずに宇宙に放り投げても人道的に大丈夫そうではないか
食糧自給できるんだし

他にも人を騙かすのに長けているとか、強●によって繁殖を試みる繁殖力、種族を超えて韓国人を生み出す脅威のDNA、9cmにもめげない鋼の精神力、無駄な自尊心、強きを助け弱きをくじく逆ライオンハート
まだまだあるがこの聞いただけでお付き合いを避けたくなるスペックは、マイナス性向で優秀と言わざるをえない
[ 2013/09/13 00:45 ] /-[ 編集 ]
101557 :名無しさん@2ch:2013/09/13(金) 03:09:24 ID:-

つかさ、アメリカ人っていろいろと混血してるからね
黒人も同様で、これを純血種的に見たところで意味ないだろ
ハイブリッドだらけなんだから、特別に優れたのも多数出てくるだろうて
そこにさらにエリート養成もしてるんだから、人類のスペックを超えるようなのが出てきたところでなんの不思議もないだろ

むしろ日本人のほうが不思議すぎだろ
大したエリート養成なんてしてないのに、オリンピックからノーベル賞まで通用しちゃう人材が出てきちゃうんだぞ
[ 2013/09/13 03:09 ] /-[ 編集 ]
101559 :名無しさん@2ch:2013/09/13(金) 04:01:46 ID:-

人間の能力は人種、血統、帰依する神への信仰と5000日程度の努力とそれを補完する諸制度で概ね決まる
才能は神の贈り物というのが西洋の考えらしいから信仰は重要な要素かも?
日本人の農耕は海外の農奴の子孫さんたちと違い平和かつ文化的であったので知能もそういう駄犬や雑種とは違うのは必然
[ 2013/09/13 04:01 ] /-[ 編集 ]
101562 :名無しさん@ふたば:2013/09/13(金) 05:50:03 ID:-

このネタってバキでもやってた。
そういえば、混血・黒人が結構多く、景気の良いブラジルも
オリンピックでのメダル獲得数が増えてきている気がします。

アメリカ大陸は、特に中南米は白色・黄色・黒色の
混血の坩堝だと思います。
こういうの良くないかも知れませんが、
中南米のスポーツ選手を見て、白人か黄人か黒人か
正直、分からない人がいます。
でも、その人自身が凄い事には変わりは無いのですけど。
外面だけしか見てませんが、進化というか、歴史というか、
何というか、凄いというか、興味深いです。

日本も北海道方面から特定アジア方面から琉球方面から
ポリネシア方面からの人達が混血しまくっているのだろうなと
勝手に思っています。
[ 2013/09/13 05:50 ] /-[ 編集 ]
101567 :名無しさん@2ch:2013/09/13(金) 09:24:25 ID:-

>101534
え?工場勤務の過酷な労働者はみんなオリンピック級のアスリートになれるの?

…いやいや、ないですよそんなん。
[ 2013/09/13 09:24 ] /-[ 編集 ]
101568 :名無しさん@2ch:2013/09/13(金) 11:03:22 ID:-

血液型診断とか進化論を否定するのも同じ理由なんだな
遺伝的要素で差が出るのは現実にあるのに、それを認めると都合が悪いから無視したり叩いて潰す
植物も動物も交配と淘汰による品種改良で100年しない内に形を変えるんだから、人間も交配と淘汰を繰り返せば特定の分野に優れた人種を作り出す事は十分可能
[ 2013/09/13 11:03 ] /-[ 編集 ]
101570 :名無し:2013/09/13(金) 12:37:23 ID:-

あまりその手のものは気にしない方が良いのではないか?
今一ピンとこないというのもあるが。

ある天才音楽家「天才も大人になればただの人」というのがあった。
まあ天才だからといって天才になれるかはまた別問題だからね。
子供のときに天才扱いしすぎると、周りの大人が才能を潰してしまうそうです。
参考までに話半分で。

[ 2013/09/13 12:37 ] /-[ 編集 ]
101572 :名無しさん@2ch:2013/09/13(金) 13:20:42 ID:-

犬・猫・馬・牛・豚といった哺乳類が品種改良で明確な変化が起きるのだから、人だけは関係ないっていうのはありえないよな。
古今東西の権力者たちが「血」にこだわってたのが解る気がする。
[ 2013/09/13 13:20 ] /-[ 編集 ]
101576 :名無しさん@2ch:2013/09/13(金) 14:09:59 ID:-

母親の才能が遺伝するってのは、聞いたことがある。
母親がスポーツ選手の方が、子供の運動神経が
伸びやすいとか何とかw
[ 2013/09/13 14:09 ] /-[ 編集 ]
101577 :    :2013/09/13(金) 14:53:11 ID:-

かならずしも優秀だから残るんではないよ。
「その状況や環境に適応できる」ものが多く残り、
残りやすいから「さらにそのように適応して」変化していくんだよ。
条件が違うので、優劣のことではないんだよ。
あと、短期間ではおこらないので、何十世代での変化で見るんだよ。

(犬などのペットは世代サイクルが早いし、
とりわけブリーダーが特に意識的に選別して育てていくから、
比較的早期に、変化を観察しやすいけども。)

アフリカ出身の方の運動能力が相対的に高いのは、
そもそもアフリカの環境で長年培ってきたものだよ。
アメリカに渡って数世代のうちでは、そんなに大きくは変わらない。
種目に差があるのは、たんに
「経済的・環境的に、その種目に接する機会を得たかどうか」
が大きい。
[ 2013/09/13 14:53 ] /-[ 編集 ]
101578 :名無しさん@2ch:2013/09/13(金) 14:55:24 ID:-

http://happism.cyzowoman.com/2013/03/post_1979.html

じゃあ日本人の中にもこういうの始め、色んなのがいるというのは認めるか?
そいつらも中韓は嫌って排除したりするんだけどな。
記事の人は関係ないけどな。
[ 2013/09/13 14:55 ] /-[ 編集 ]
101580 :名無しさん@2ch:2013/09/13(金) 16:14:55 ID:-

なんとなくで根拠もなしに優生論的な話に行っちゃうのは、ちと危険すぎやしないかい?
[ 2013/09/13 16:14 ] /-[ 編集 ]
101585 :名無し:2013/09/13(金) 21:30:31 ID:-

 山芋やサトイモは、南方起源のタロイモやキャッサバの近縁種でG20の国で
こんなものを栽培してまで食っているのは日本くらいである。
 コンニャクやゴボウに至っては、食文化として栽培してまで旨そうに食って
いるのは世界中で日本くらいだろう。
 近年は途上国でも日本向けに栽培されるようになったが、トン汁にすると
旨いんだよな。(中国・韓国人はこの美味しさを知らない)

 近代文明により人類の食文化に訪れた最大の変化は、古代人が望むべくも
なかった「即効性ある栄養素」である。
 三大栄養素である糖質・蛋白質・脂質でみれば、内蔵に負担をかけずに高
濃度栄養素を手軽に摂ることができるようになった。
 しかし、濃厚な栄養は激しい運動をする人にとっては、最大のパフォーマ
ンスを発揮するが、働かない人間にはメタボの糧にしかならない。
 高濃度な栄養にレスポンスする身体でなければ、退嬰的な結果しか生まない。
 現在、頭脳が優秀な人間は古代の食糧事情でも優秀とは限らない。身体能力
の高い人も同様である。

 現在、世界中で栽培されている小麦の7割は、日本人が下肥を与えながら
500年以上選別してきた肥料反応性の高い品種がベースとなっている。
 (ヨーロッパの在来種に現代農業並みの肥料を与えたら、根腐れをおこして
しまいまともに結実しない。)
 アメリカ型農業が永久に健在であれば、高濃度栄養素に特化した人類だけに
なっても問題ない。
 
 トン汁を美味いと感じる私のDNAは現在思案中といったところか。


[ 2013/09/13 21:30 ] /-[ 編集 ]
101586 :名無しさん@2ch:2013/09/13(金) 22:49:23 ID:-

自然科学の教育を徹底しないとこうなるわけか
高校レベルの生物学の知識すら持ち合わせていない人が多すぎる
[ 2013/09/13 22:49 ] /-[ 編集 ]
101591 :名無しさん:2013/09/14(土) 03:07:58 ID:-

高校で生物の授業って受けてないわ
[ 2013/09/14 03:07 ] /-[ 編集 ]
101610 :名無しさん@2ch:2013/09/14(土) 10:37:19 ID:-

疫病や過酷な環境に耐えられるという事と
筋力に優れているという事は何も関係ない
病害虫に強い蜜柑とおいしい蜜柑とは関係の無いように

人間が意図的に品種改良されているというのなら話は別だが
[ 2013/09/14 10:37 ] /-[ 編集 ]
101614 :名無し:2013/09/14(土) 11:37:36 ID:-

 ねぇ、知っている?マッチョは風邪に弱いんだって...。
[ 2013/09/14 11:37 ] /-[ 編集 ]
101683 :名無しさん@ニュース2ch:2013/09/15(日) 09:32:02 ID:-

ひとつ確かな事は米式の食糧事情になったりしたら日本人は糖尿で大変な事になるという事だな。
黒人に付いては頑健さと運の良さは必要だったんだろうな、と言う気はする。方向性みたいなものからはどうしたって逃れられないだろう。環境と言う物は人間形成の要の一つになり得る物だし。
[ 2013/09/15 09:32 ] /-[ 編集 ]
101688 :名無しさん@2ch:2013/09/15(日) 12:28:31 ID:-

>「その状況や環境に適応できる」ものが多く残り、
生物学の基本鉄則は優勝劣敗や弱肉強食ではなく適者生存だということの意味をよく理解していない人間が多いのは事実。
自分の手前勝手な理屈で「○○は優れている」と考えてる人間の如何に多いことか。
[ 2013/09/15 12:28 ] /-[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2nnlove.blog114.fc2.com/tb.php/8778-1f25e6e5


スポンサーリンク