ジャギ様:シェール革命後の世界は水と人材を求めて迷走する

自由と繁栄の弧、再び
http://2nnlove.blog114.fc2.com/blog-entry-7907.html


86704 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 21:36:22 ID:-
金だけじゃないね
対偽湯
プー大帝からすれば、オバマとは比較外で信用できる相手が安倍内閣


86740 :名無しさん :2013/01/01(火) 04:15:55 ID:-
中国とロシアが合意して、中国資金でパイプラインをつなげる工事の最終段階でなんらかの意見の相違によって袂を分かつ。
なんて事は無いんだろうな、中国と上手く商売が出来る人材は、おそろしあとも上手く出来るんでしょうか?


86757 :名無しさん@2ch:2013/01/01(火) 11:55:47 ID:-
プーさんが日本人移民と日本経済力を欲しがっているのはガチ。
震災の時、避難民の受け入れ表明が桁違いに、普通にロシア内に地方自治体作れるレベルで。

86761 :名無しさん@2ch:2013/01/01(火) 13:48:04 ID:-
プーの所はシナに人口侵略されてるから弛緩材として日本人が欲しいんだろうな…


86766 :名無しさん@2ch:2013/01/01(火) 17:17:35 ID:-
ツァーリのとこは中国人だけでなくチュルク系ムスリムの人口圧もあるぜよ。


86769 :名無しさん@2ch:2013/01/01(火) 17:39:59 ID:-
日本人欲しいと思ってザパニーズが来たらプーがっかりWWW


86825 :名無しさん@2ch:2013/01/02(水) 14:01:34 ID:LefzsH/I
2chが書き込み規制で書き込めないみたいなので、
>自由と繁栄の弧、再び
これで日本にとっての安全保障上の四大不安定要因を、
すべて半永久的にに除去することができるんだよなぁ。


86860 : :2013/01/03(木) 00:29:15 ID:-
ソ連の頃からロシア好きだけど
モスクワやレニングラードならともかく
ロシアの北東部の移民なんて
ぜっっっっっっっっっっっっっっったいお断り(AA略

まぁ、私なんか呼ばれないと思うけど(´・ω・`)


86889 :ジャギ様:2013/01/03(木) 08:35:50 ID:-
シェール革命後の世界は水と人材を求めて迷走する

 シェール革命後、アメリカは中東原油のためにドル幣をする必要が数年
後に無くなる。
 しかし、この採掘法は原油と同量の真水を使い、数十倍の地下水を汚染
する禁断の技術であるとしだいに認知されつつある。
 ガスや原油を採掘した後も精製にベラボウな水を蕩尽する。野放図に30
年も採掘を続ければ最大の輸出品である農産物の自給すらアメリカは諦め
なくてはならない。

 実はシナや恐ロシアの足元には世界最大規模のシェールガスが埋蔵され
ているが、本気で採掘したら農工業用水はおろか飲み水までオワンコして
しまうので手を出せない。
 特アが自前の大型石油精製施設が無いのも、港湾の貧弱さだけが原因で
はない。(でかい図体して精製後の有毒ガスや重金属を「産廃転じて資源
に活用」する技術や産業の裾野が無いのが痛い。)
 そこで、露支の当局者が目を向けるのは永久氷土を抱えるシベリア大地
を水源にした大規模天然ガス開発だが、オホーツクの漁場を壊滅させても
連中には、太平洋の油井が手に入らない以上この一手しか欠食児童を救う
方途が無い。

 そこで日本であるが、シベリアを潰しても外貨が欲しいロシアと水とエ
ネルギーを渇望するシナの間に入って商いをするマズーな立ち位置となる。
 ロシアが「真心同盟」を結べる相手であるか、ロシアと中国の間に巨大
な帝国があれば話は別だが、何気に悪手な予感しかしない。
 日本には環境負荷を最低限に抑え、資源を無駄なく分配する技術はある
が、連中は千年の繁栄を産み出す問題解決法は眼中になく、ひたすら浮利
を求めて奈落の底に向かうことしか考えていない。
 露支は必ずエネルギー問題でタッグを組む。日本は関わるべきではない。


86931 :名無しさん@2ch:2013/01/03(木) 16:32:09 ID:-
>>ジャギ様
以前より常々、貴殿のコメントに感銘を受け多くを学ばせて頂いております。

一方に気象・地質・資源、もう一方に社会・政治・産業を配置し、両者を学問・知識・技術を媒介に取り持つ、壮大かつ整然とした視点や考察が素晴しいです。
拝読させて頂くことで、大変有益な脳への刺激、情報の整理となっております。
(以上は自分の独断による解釈ですので的外れでしたらすみません)

これから数十年のエネルギーのメインは恐らく非在来型化石燃料が最有力なのでしょう。しかし問題だらけで特に水資源の浪費と水質汚染がネックになるのですね。
ロシア中国は高確率でシベリアの水で大陸中のシェールガス採掘に励み、その結果ユーラシア大陸でアルプスヒマラヤ造山帯以北を完全に不毛の地にしかねませんな。
あと大陸の大開発は、偽湯仏独トルコサウジ華僑の資本とムスリムや中国人のマンパワーで行えばいいと思います。
我が国が関わる余地は無いと思います。



関連記事





人気ブログランキングへ


[ 2013/01/05 13:28 ] コメントまとめ | TB(0) | CM(22)

87102 :名無しさん@2ch:2013/01/05(土) 17:18:30 ID:-

放っておけば勝手に炎の中で踊り続ける露支。

露はプー帝がどう足掻いても核兵器の更新すら儘ならない時が訪れる。
でも決して情けを掛けずに、終戦時にシベリアに抑留され命を落とした日本人のこと、日本が見えるや否や海へと飛び込んだ大勢の日本女性達、帰国後も洗脳が解けず日本共産党に死ぬまでコキ遣われる人達(これは現在進行形)のことを思い出しましょう。
サハリン開発で駆り出された日本企業が開発後はイチャモン付けられ一切の権益を得られず全てを独占した卑怯な露。
露が支と結託する時は自分の尻に火がついた時だよ。

まさかシェールガスが米国の終焉を飾るアイテムになるとはね。
かつて原住民から奪った土地。その土地が穢れ水と食料すら確保できず内戦になる。
米国人に知り合いがいる方は北米の水源地に移住する準備を提案しておいた方がいい。
散々言われてきた「奪ったものはいずれ奪われる」時が近付いている。

シェールガスは石盤を叩き割るのだが、この石盤こそが地震の時にクッションの役割を果たす。
既に地震は小規模ながら数百回に及ぶとのこと。
やっちゃったね。
[ 2013/01/05 17:18 ] /-[ 編集 ]
87103 :名無しさん@2ch:2013/01/05(土) 17:39:18 ID:-

>でも決して情けを掛けずに、終戦時にシベリアに抑留され命を落とした日本人のこと、日本が見えるや否や海へと飛び込んだ大勢の日本女性達、帰国後も洗脳が解けず日本共産党に死ぬまでコ
>キ遣われる人達(これは現在進行形)のことを思い出しましょう。
>サハリン開発で駆り出された日本企業が開発後はイチャモン付けられ一切の権益を得られず全てを独占した卑怯な露。

それやったのは旧ソ連でしょ、つまりコミュニスト、共産ユダヤ
[ 2013/01/05 17:39 ] /-[ 編集 ]
87115 :名無しさん@2ch:2013/01/05(土) 20:00:46 ID:-

サハリン開発を強奪したのはプー帝でしょ。結局は真っ当な取引の出来る独裁者ではないんだよ。残念なことに。
[ 2013/01/05 20:00 ] /-[ 編集 ]
87116 :名無しさん@2ch:2013/01/05(土) 20:36:34 ID:-

あと何十年したら、オラガガ帯水帯?も枯渇するだろうしね。
そのときがヤバイんじゃないかな。
[ 2013/01/05 20:36 ] /-[ 編集 ]
87118 :名無しさん@2ch:2013/01/05(土) 22:31:52 ID:-

素人が横合いから失礼ながら…
シェールオイル・ガスの採掘方法って、なんとなく焼き畑以下の自滅的な手法に思えるんだよなぁ…
地盤のクッション性を壊すのもそうだし、そのあとで水を高圧浸透させるのもどうかと思うんだよな…
ガイアがなんたらじゃねぇけど、地面を苛めてるようで、しっぺ返しがデカそうだゎ。
[ 2013/01/05 22:31 ] /-[ 編集 ]
87119 :名無しさん@2ch:2013/01/05(土) 22:56:48 ID:-

ロシア中国がシベリアの水資源を求めるのに対して、アメリカカナダはアラスカ~カナディアンロッキー~ローレンシア楯状地~グリーンランドの水資源を求めることになるだろうな。
あとユーラシアではムスリムと中国人のマンパワーが投入され、北米ではヒスパニックと黒人のマンパワーが投入され、そのまま人口侵略だな。
[ 2013/01/05 22:56 ] /-[ 編集 ]
87120 :名無しさん@2ch:2013/01/05(土) 23:10:36 ID:.6ktWdU2

>87118
ありゃ枯渇後の採掘方法だからなー。石油、ガスはどんどんエネルギー収支が悪化してる。
もはや自噴もせず、液体として汲み上げられる量も減り...ときてるから深海に手を出してみたり岩盤割ってみたりオイルサンドを蒸してみたり...最後の一滴を舐めとるような話さ。

だから自動車、冷暖房も含めてさっさと電化してエネルギー源を水力や原子力に転換しなきゃならんのに(ry
[ 2013/01/05 23:10 ] /.6ktWdU2[ 編集 ]
87123 :名無しさん@2ch:2013/01/06(日) 00:44:33 ID:-

ウランやらも限られた資源には違いないから、出来るだけ早いうちに海藻か同等の循環可能なエネルギー源だけで全ての活動を行えるようにする必要がある。

エアコンの暖房も室外機の置かれた場所が氷点下では機能しないから、手っ取り早く室内を温めるなら化石燃料を使う暖房機器の方が有効なので、寒い地域では特に、電源供給元となる原発以外にも、化石燃料の枯渇に備えて、それに相当する使い勝手の良いエネルギー源が生活する上でも農業生産ほかでも不可欠になる。

海藻だけで電源供給と燃料の両方を担わせる場合、日本中のアチコチに火力発電所を新設しなければならないが、この手の施設は震災瓦礫の焼却処分すら拒むような輩が完全排除出来ない限り、既存の老朽化した火力発電所の建て替えすら叶わない。
[ 2013/01/06 00:44 ] /-[ 編集 ]
87124 :名無しさん@2ch:2013/01/06(日) 00:49:36 ID:-

〉87120
だぁねぇ、あのやり方には無理を感じるよ。
個人的には東北大のマグネシウム発電がどーにかなんないかと期待してるんだ。
電気取り出したら、太陽光(熱)で還元し再利用。それなんてシズマドライブ?って感じ。
あと三菱の企業広告で見た衛星による発電をマイクロ波で地上転送…あれってどうなったのかなぁ。
石油はもう諦めて、次のエネルギーを見るべきだと思う。原子力は廃棄物処理技術の確立が先か、次世代エネルギーの確立が先か…
[ 2013/01/06 00:49 ] /-[ 編集 ]
87131 :名無しさん@2ch:2013/01/06(日) 02:14:19 ID:.6ktWdU2

>87124
太陽光なら鉄と水を熱反応させて分解してその水素で火力発電とかの方が俺は有望だと思う。
変動少ないしエネルギー集めるのも鏡だけなので太陽電池に比べたら桁違いに安いし。
要するに太陽熱のダメなところを解決してみたって奴で。
太陽光をマトモに使うには集めなきゃならんのだ。

それと、石油にはもう一つ用途があるから余計にね。
空気から爆薬や肥料を作るようになったけど、エチレンはまだ作ってないからね。
※エチレンはいろんな反応の元になる物質なのでエチレンを用意できれば割といろいろできる。

>87123
あちこちに小型炉おいて、排熱を海に捨てる代わりに地域に供給、放熱とかするといいんじゃないか?
ウランに限りがあるってったって、ウランの推定埋蔵量80年に増殖炉による延長の50〜100倍をかけて400〜800年。トリウムも使ってさらに800〜8000年分はある。
80年が増殖炉込みの数字だとしたって1000年分くらいはあるよ。

さすがにこれだけ時間があればもっといい何かができて必要なくなるだろう。
その意味では原子力によるエネルギー供給が容易でないってのは、むしろ僥倖かも知れんぞ?
[ 2013/01/06 02:14 ] /.6ktWdU2[ 編集 ]
87132 :名無しさん@2ch:2013/01/06(日) 02:14:26 ID:rpt0jLpI

石油と同じ成分の油を作れるといわれる
オーランチオキトリウムという「藻」は
かなり期待できると思う
あと風力レンズを応用して発電能力を高めた風力発電も
十分に使えるんじゃないか?
[ 2013/01/06 02:14 ] /rpt0jLpI[ 編集 ]
87135 :名無しさん@2ch:2013/01/06(日) 03:06:15 ID:-

>あと風力レンズを応用して発電能力を高めた風力発電

無理、根本の解決になってない
安定電力が得られるわけじゃないでしょ
ピーク時にと思ったって、夏の暑い盛りのときはたいてい風が弱いか殆ど無いでしょ
[ 2013/01/06 03:06 ] /-[ 編集 ]
87141 :名無しさん@2ch:2013/01/06(日) 05:33:03 ID:-

>あと風力レンズを応用して発電能力を高めた風力発電

雷と台風に弱いという弱点が弱点が克服されない限り
日本の気候ではメンテ代と修理費がかさむだけな気がします。

とりあえず日本海連合にメタハイ頑張ってもらって、
資源輸出国を目指してほしいとこですね。
新藤義孝議員も閣僚入りしてますし。
[ 2013/01/06 05:33 ] /-[ 編集 ]
87144 :名無しさん@2ch:2013/01/06(日) 08:30:53 ID:fknBQs8Y

メタハイはエネルギー密度が割かし低いっぽいのが難点。
シェールガスの土壌汚染のヤバさについては言うまでも無し。

発電技術自体、地熱と火力と水力と原子力以外は原理的に実用に耐えないのも相まって
じりじりと追い詰められつつあるのが現状ですね。

>>87131さん
根本的な問題ですが、その方法でも太陽光を集めるのに必要な広大な土地を用意せねばならない所が厳しそうですね。
太陽光自体は大したエネルギー密度を持たないので効率をいかにあげようがたかが知れていますし。
[ 2013/01/06 08:30 ] /fknBQs8Y[ 編集 ]
87151 :名無しさん@2ch:2013/01/06(日) 11:59:44 ID:LefzsH/I

>86931
感銘を受けたのならそこから先を考えなきゃ。

シェールガスの件がここまで危険なものだとは思わなかったので衝撃を受けたのは事実だけど…
下手すると原発以上にやヴぁい代物のような気が…

大雑把に分けて二つの可能性があると思う。

・シェールガス採掘の悪影響が日本の真水資源に何らの悪影響も及ぼさないケース
 このケースでは最悪の場合、汚染されていない真水資源を求めて、全世界vs日本という対立構造になる。
 核の恫喝によって、日本は自国の真水資源を米欧露中などに無条件で差し出さなければならなくなるなど。

・シェールガス採掘の悪影響が日本の真水資源を汚染してしまうケース
 これは言わずもがなのグローバル汚染で人類滅亡シナリオ。

・・・否が応でも関わらざるおえないような?
逆に考えて、日本が一切関知せずとも日本の安全があらゆる意味で確保できるケースってどういうものになるんだろう?
[ 2013/01/06 11:59 ] /LefzsH/I[ 編集 ]
87160 :名無しさん@2ch:2013/01/06(日) 14:48:09 ID:-

>>87151
日本の水資源はまず無事。
距離がすごく離れてるし、海挟んでるから。
核の恫喝やってももし撃ったら水が汚染されるだけで終わり。

汚染された水を何とかするために日本の持つ浄水技術や脱塩技術プラント狙う可能性のほうが大きいと思う。
こっちの場合は攻撃すると水資源が取れなくなるので安全が期待できる。
打ったら手に入らなくなるのは同じ。
もし狙われても狙うやつに対して禁輸するだけで終了できるというお手軽仕様。
かかわらざるを得ないのは確かだけど、どうしようもないというわけでもない。
[ 2013/01/06 14:48 ] /-[ 編集 ]
87168 :名無しさん@2ch:2013/01/06(日) 17:32:24 ID:.6ktWdU2

>87132 :名無しさん@2ch:2013/01/06(日) 02:14:26 ID:rpt0jLpI
風力に関しては言わずもがな。

オーランチオキトリウムはエネルギー源には全然足りないよ。「原料」が少なすぎる。
「それで作った油のカロリー<原料のカロリー」なんだから発電用途なら原理的には原料をそのまま使うほうがいい。
水分や不純物を除去するコストよりオーランチオキトリウムに食わせる分が少なければ十分ペイするだろうけど。

しかし、石油が枯渇したら江戸時代みたいにウンコが高く売れるようになるのかねぇ...水道局の仕事が変わりそうだ。
[ 2013/01/06 17:32 ] /.6ktWdU2[ 編集 ]
87207 :名無しさん@2ch:2013/01/06(日) 23:54:18 ID:-

>汚染された水を何とかするために日本の持つ浄水技術や脱塩技術プラント狙う可能性のほうが大きいと思う。

福岡市の売国市長がシナの公務員を招いて無料で公開するって言ってたね。
[ 2013/01/06 23:54 ] /-[ 編集 ]
87208 :名無しさん@2ch:2013/01/06(日) 23:54:51 ID:-

>汚染された水を何とかするために日本の持つ浄水技術や脱塩技術プラント狙う可能性のほうが大きいと思う。

福●市の売国市長がシナの公務員を招いて無料で公開するって言ってたね。
[ 2013/01/06 23:54 ] /-[ 編集 ]
87223 :名無しさん@2ch:2013/01/07(月) 04:15:22 ID:-

※87151
日本国内における『汚染されていない真水資源』とやらの実体がなんなのかを考えてみた方が良いんじゃないの?

仮想水として考えられる物を3つばかし挙げて考えてみようか。

1.直接的に飲む水:文字通り清潔清浄な飲料水。
 最終的な形態:河川水や地下水を水源とする水道水。
 起源:日本領土への降雨。
 どうすれば収奪できるのか?:
  →海の向こうから日本の国土を侵略する必要があるが、得た水をそのまま自国領に持って帰るのは極めて非効率。

2.間接的に飲む水:食糧生産に必要な水。原水の清潔さのハードルは①よりも低い。
 最終的な形態:食糧(農作物)。
 起源:生産地の河川水や地下水。日本は農作物の輸入が多いので、外国領土への降雨がその起源となるものが多い。
  →「外国が日本から収奪する」と言うより、「外国同士で収奪合戦を始めるせいで日本の取り分が無くなる」と言うのが正しい。
 どうすれば収奪できるのか?:
  →日本から直接収奪するには、海の向こうから日本の国土を侵略して耕地を奪い取り、日本産の農作物を自国領に
   持ち帰らなければならないが、そもそも日本の耕地面積は米中露の3~4%程度しかなく、収穫量もたかが知れているので、
   犠牲の割に得るものが小さすぎる。

3.飲まない水:生活用水や工業用水。原水の清潔さのハードルは②よりも低い。
 最終的な形態:水道水や工業製品。
 起源:1と同じ。
 どうすれば収奪できるのか?:
  →海の向こうから日本の国土を侵略して工業地帯をまるっと割譲させるとかする必要がある。
   安くない犠牲を払うなら工業地帯の1つ位は奪いたいところだが、生産設備が戦災で壊滅したら元も子もないし、
   主要都市を核攻撃でもしようものなら工業地帯を動かす技術者が居なくなるので、これも却下。

そんなわけで、水資源の観点から言えば『日本が収奪される側に回る』という心配はしなくて良い。
むしろ『(2の)収奪競争で敗退する』事こそが悪夢だ。
収奪競争で敗退したくないなら、『世界が日本を必要とするように仕向ける』とか、『食糧の国際市場において世界一の高値を払ってでも食糧を買いつづけられるようにする為の外貨獲得手段を構築する』といったことを行わなければならない。
その点、日本の製造業はすっっっっっごく上手くやってるね。
[ 2013/01/07 04:15 ] /-[ 編集 ]
88446 :ジャギ様:2013/01/27(日) 03:17:58 ID:-
メタンガス文明への流れは止められないが

 液化メタンガスLNGは、通常の軍用燃料の2倍以上のエネルギー密度を持ちジェットエンジン
との相性も良い。
 しかし、世界の軍用船舶・航空機・輸送車両は液ガスへの転換には消極的だ。
 最大の理由は、タンクからガスが漏えいした際の対応策が未解決なためで、原発分の発電量を
LNGで補うことは、日本の人口密集地にヒロシマ型核数100発分のエネルギーを敷き詰める
ことと同義だということを理解できていない人は多い。(ガスタンクの半径数キロの人命と不動
産価格に関心が無い人の意見だ。)
 高度成長期を支えてきた湾岸コンビナート施設も老朽化し、日本は新たな都市デザイン・工業
立国モデルを築く時期が来ているが、ガスタンクの津波や活断層リスクと対策まで考えていたら、
どこにも工場を造れなくなってしまう。
 いずれ日本の技術者は液ガスタンクの破壊を自力で修復し、ガスの流出を止める多重構造の
容器を開発すると思われるが、震災時のように周囲が火の海では対応は難しい。

 自然エネルギーから、定格電流を安定的に産み出せるという意見にも賛同できない状況で、
原発分の最低電力を何で産み出せばいいのかと問われれば。

 「人工地熱発電」の研究をするべきと答える。
 同位体元素(自然放射能)のβ崩壊により、周辺の地盤や地下水が加熱されたものが「天然
温泉」だが、この原理を同位体密度を高めて行うのが「人口地熱発電」だ。
 45億年前から続く「地球の発熱システム」なので、別に新たな「核のゴミ」を増やす
訳でもなく、標高1600m以上の山間部での放射冷却(地球の熱交換システム)を有効活用
すれば環境負荷も少ない。
 列島の山脈部は国立公園も多く人口が少ないので原発ほど立地に困らないが、臨界核反応の
数万分の1の発熱量なので数万倍の同位体が必要になること。効率よく熱エネルギーを集積・
放熱させるためには幾つかのブレイクスルーが必要であることなど欠点はある。 
 しかし、熱音響システムやスターリングエンジンを組み合わせれば「汲めども尽きぬ電源」
が生まれる可能性がある。
 
 いずれ、素性のいい核のゴミもこの方法で「有効活用」されると思われるが、脱原発・廃炉
を叫ぶ団体はこのくらいのソリューションの提もして欲しいものである。
[ 2013/01/27 03:17 ] /-[ 編集 ]
89042 :名無しさん@2ch:2013/02/05(火) 07:26:08 ID:-

設備投資をしても良いほど、巷に溢れる「シェールガス革命」は信頼出来る情報なのかを
もう一度きちんと調べてみて欲しい。
シェールガスの埋蔵量が2012年に下方修正されたという情報もある。
米国で従来型ガスのガスピークは2010年であったと言う話もある。
シェールガス開発への投資が減っていると言う話もある。
ガスの価格が下がり過ぎているからと、、、。
本当に日本は米国からガスを購入出来るのか、予定をして投資をしてしまって良いのか。
米国は日本へ輸出が出来るほどガスを生産出来るのか。
それはどれくらいの値段でいつまでの期間なら確実なのか。

石炭の可採年数が10年の間に半分に減ったそうです。
ガスはどうなのか、原油はどうなのか。
原子力や自然エネルギーの開発速度はそれを補えるのか。

長期的な需要を考えるのならば、しっかりと情報を精査して欲しい。
[ 2013/02/05 07:26 ] /-[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2nnlove.blog114.fc2.com/tb.php/7932-4c41f557


スポンサーリンク