昨年12月8日朝(開戦記念日)、石川県金沢市の石川護国神社で、22歳の金沢大生が切腹自決

652 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/12/29(土) 21:57:07.36 ID:QXx63ZNZ0
昨年12月8日朝(開戦記念日)、石川県金沢市の石川護国神社で、22歳の金沢大生が切腹自決
(民主党政権が終わって報道規制が解かれやっと報道されました。)

Sさんはナイフで腹を十字に切った後、自ら頸(けい)動脈を切って自決したものと判明した。
この日は小雨が降っており、国旗を濡らさないようにビニールに包んだものと思われた。

(p)http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121229/crm12122907340000-n1.htm



654 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/12/29(土) 22:07:19.34 (p)ID:+8EPNLJ10(6)
>>652
>Sさん
せめてもう一年生きていれば…

(記事より)
 彼が切腹した場所は、護国神社の境内でも奥まったところにある清水澄博士顕彰之碑の前であった。
清水博士は慶応4年、金沢市の出身、東京帝大出身の憲法学者で、大正天皇、昭和天皇に憲法を講義したこともあった。
その後、枢密顧問官などをへて、昭和21年から最後の枢密院議長を務めた。
戦後の新憲法施行に反対し、施行の年の昭和22年9月25日、
「幽界より国体護持と皇室安泰、今上陛下の御在位を祈願す」との自決の辞を残し、
静岡県の熱海の海岸で投身自殺をした。その後、出身地の石川護国神社境内に顕彰之碑が建てられた。
(中略)
 この事件は大学生の単なる自殺事件として処理され、地元メディア以外はほとんど報道されなかった。
だが、平成生まれの青年が、日本の安全保障政策に絶望して、切腹という手段で死を選んだ意味は決して小さくない。
 小雨降る中、暗い神社の境内で、靴を脱いで正座し、
人知れず十字に切腹して頸動脈を切るというのは、なまなかな覚悟ではできない。
これは国家、政府、国民に対する諫死(かんし)であり、憤死でもあろう。一周忌に当たり、あえて記した。

655 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/12/29(土) 22:14:54.47 (p)ID:3gpPY0MR0(9)
民主党の安全保障政策に絶望したということか・・・


660 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/12/29(土) 22:32:06.75 (p)ID:b3pTEj0b0(11)
>>652
昨年の話か
他でもない、俺の地元のことだわ…
今年の新年もその護国神社に行ったが、まさかそんなことがあったとは今まで知らなかったわ…
新聞なんて読んでないしね
2ちゃんでは神扱いされている北國新聞ですら、俺からすればそれほどのもんじゃないという評価だし
関連記事





人気ブログランキングへ


[ 2012/12/31 15:13 ] マスコミ 産経 | TB(0) | CM(17)

86671 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 15:21:06 ID:-

戦って死んでからでも遅くなかったのに…本心は知らないがどうか、安らかに。
[ 2012/12/31 15:21 ] /-[ 編集 ]
86672 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 15:27:17 ID:-

生きていれば浮かぶ瀬もあれ。
まだ若いのになんて事を…
これから真に日本を憂いてくれる若者が必要となる時代になるというのに。
日本を愛する皆に、辛くてもどうか生き抜いて欲しい。
[ 2012/12/31 15:27 ] /-[ 編集 ]
86677 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 16:19:06 ID:-

後一年耐えれば、切らずに済んだのに……
[ 2012/12/31 16:19 ] /-[ 編集 ]
86680 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 16:58:31 ID:-

片付ける方の身にもなれ、糞ボケが。愛国ごっこで腹切りするのは結構だが実家でやれ。国のこの先考える前に迷惑考えろや。
[ 2012/12/31 16:58 ] /-[ 編集 ]
86681 :(なりすましでない本物の)日本人は、そういう言い方はしないニダww:2012/12/31(月) 17:25:15 ID:-
ホ~ント、メンタルが違うね。禍の国のヒトタチって…(分かり易いw)

こんなトコでも火病(ファビョ)ってるw 火病ってるww
[ 2012/12/31 17:25 ] /-[ 編集 ]
86682 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 17:32:06 ID:-

烈女 畠山勇子さんを思い出す。

>>86680
そういう言い方はないだろう。

実際、畠山勇子は、その自決をもって、ロシアとの全面戦争を回避させた。
三島だって森田だって、壮絶な自決があって今の憂国忌がある。

確かに遺体を始末する人がこうむる迷惑もある。その施設を利用する人の心理的な迷惑もあるだろうけど、
それを全く顧みなかったなんて事はないだろう。それでも自決を選んでこの青年に唾吐くようなことは決して言えないよ。

[ 2012/12/31 17:32 ] /-[ 編集 ]
86683 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 17:41:20 ID:-

彼の自決をどう思い、何を感じるかは人それぞれかもしれないけど、生きている俺達は日本と共により良い方向へむかえるよう努力し続けないとな。
安らかにお眠りください。
[ 2012/12/31 17:41 ] /-[ 編集 ]
86688 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 18:33:37 ID:-

>>86680
お門違い。

あなたのその御託は、角田美代子さんに送るべきものだ。
憎っくきチョッパリを大量討伐して祖国()に殉じた角田美代子義士()の霊に>>86680の言葉を捧げよ。
[ 2012/12/31 18:33 ] /-[ 編集 ]
86690 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 18:54:28 ID:-

こういう潔さと言うか憂国の情があるのなら日本国の為に
生きて活動して欲しかったと思ったが・・・きっと心映えの爽やかな若者だったに違いない

だからって別に自決しない人が潔くない訳じゃないぞ
生きて主張し続ける事も勇気なんだから
[ 2012/12/31 18:54 ] /-[ 編集 ]
86691 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 19:12:12 ID:-

この先もいい日本になるよう前向きにいこう。
きっとそれが手向けになる。
[ 2012/12/31 19:12 ] /-[ 編集 ]
86693 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 19:48:06 ID:-

まさに烈士だと思う。若さに羨ましくも感じる。
[ 2012/12/31 19:48 ] /-[ 編集 ]
86694 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 20:13:32 ID:-

こういうの話を聞くと色々と思うところはあるけどやっぱりこういう結論になっちまうな。

馬鹿野郎早まった真似しやがって!
[ 2012/12/31 20:13 ] /-[ 編集 ]
86696 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 20:43:58 ID:-

記事にもあるが、生半可な覚悟ではなかったろう。
死を恐れてなくても、それに伴う苦痛を恐れる者としては、この青年の思いの深さには至らないものを感じる。
しかし、思いの方向性は同じと思われるので、自分は浅くとも長くいくことでこの青年の深さに通じられたらと思う。

それにしても、

>(民主党政権が終わって報道規制が解かれやっと報道されました。)

これには看過できないものがあるな。
果たしてどれほどの規制をしていたのか、それは言論統制ではなかったのか、究明していく必要がありそうだ。
[ 2012/12/31 20:43 ] /-[ 編集 ]
86708 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 21:49:23 ID:-

No.86693に補足

ただし、良い子のみんなはくれぐれもまねしないように。
[ 2012/12/31 21:49 ] /-[ 編集 ]
86712 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 22:12:17 ID:-
残念です…勿体無い…

事故や病気でもないのに(それでも辛いです;)、立派な方々を失うのは辛いです;。この方も勿体無い…三島さん達にしても、ぜひ生きていて欲しかった…。今、貴方達の御言葉を聞きたかった…。何か言って欲しかった…。一緒にそこに居てくれるだけでよかった。貴方達の存在感が欲しかった…。頑張ってるみんなを励ましてあげて欲しかった…。カリズマティックな方達の御言葉って、よく響くんですよ。みんなに檄を飛ばして欲しかった。勇気凛々になって、「よっし!!頑張るぞ!!」って絶対、思うもん。
事有る度に「彼等が生きていたら、どういうコメントを寄せてくれただろう…?」と、思います。
チベットの焼身自殺をなさっている若いお坊様方を見る度に、やはり、とても、とても、勿体無いと思います。広く世界に訴える為に仕方無かったとおっしゃるでしょう…
でも、
それでも、
やっぱり
彼等が居なくなってしまうのは、勿体無いと思います。
彼等の命を惜しみます。
[ 2012/12/31 22:12 ] /-[ 編集 ]
86715 :名無しさん@2ch:2012/12/31(月) 22:40:57 ID:-

>>86696
 ホントにねえ。規制があったとすれば、誰の何の為の規制なんだろうねえ。
 報道しない自由。。でもそんな壮絶な死なら、ネットにも出なかったのかねえ。。
[ 2012/12/31 22:40 ] /-[ 編集 ]
86767 :名無しさん@2ch:2013/01/01(火) 17:25:42 ID:-

日米開戦からちょうど70年に当たる日だったか。
そして政権が戻って漸く報道管制が解かれ大勢の知るところとなったのか。
[ 2013/01/01 17:25 ] /-[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2nnlove.blog114.fc2.com/tb.php/7901-b30cbe30


スポンサーリンク