だって満州なんか完全に中国じゃないんだから あれ戦前のチベットと立場同じだからね

790 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/07/20(金) 05:39:04.91 (p)ID:2tDCdgdc0(2)
935 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2012/07/19(木) 23:36:39.84

それで、もし阪神淡路大震災や東日本大震災が人工地震だと思ってるなら、その目的はなに?
人工地震派で、これに明確に答えてくれる奴いないよな。
せいぜい「専門家が不自然だと言ったから」とか、いまいちパッとしない理由を言う奴くらいしかお目にかかってないな。

939 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2012/07/19(木) 23:42:59.93
>>935
連中は通貨発行権をもっているから
金儲けなどすでに眼中にない
あるのは、いかにゴイムを奴隷家畜にして支配して洗脳して
手なづけて飼い殺しにするか、逆らったゴイムをいかに絶滅させて
歴史改竄するかにしかない。

それと、過去の悪事がすべて発覚してしまう恐怖。

940 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2012/07/19(木) 23:50:55.49
人工地震は土地を安く買い占めるためにやるって説もあるが。

941 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2012/07/19(木) 23:53:55.52
>>940
福島に関してはそういう動きが垣間見えてたな

801 :本当にあった怖い名無し :2012/07/20(金) 12:02:35.15 (p)ID:yhyxjBFS0(3)
>>790
基本的に「日本が大東亜地域開放してしまったがために日本人を抹殺せよ!」
というのが白人上層部の発想なのだろう

802 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/07/20(金) 12:05:46.61 (p)ID:HT054Iv70(4)
>>801
白人の事判ってないなw
あいつらは、自分らに手に負えなくなった相手には、和睦と共闘を申し込む連中だよ。
皆殺しは中国人や朝鮮人の発想。

803 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/07/20(金) 12:10:33.64 (p)ID:dGQa59dn0(2)
白人は、中国大陸進出してたし、
ユダヤ資本とかは、中国で商売していたんでしょ?
本来なら国連は白人だけで運営してもいいはずなのに、
なぜか常任理事国に中国が入っている不思議。

804 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/07/20(金) 12:31:24.36 (p)ID:Pb+PQzQY0(5)
日本へのあてつけだろ
支那土人を戦勝国にすることで、日本は侵略戦争をしたのだと言う為の

だって満州なんか完全に中国じゃないんだから
あれ戦前のチベットと立場同じだからね

南進だって共産党がしかけたもんだから日本に支那事変の開戦責任は確か無かった筈だし
満州事変を侵略戦争と定義することで日本は支那を侵略したって定義したんだから
その前に散々支那がやった正統に戦争出来る様な挑発行為は全て無かったことにして

あの当時日本が満州に投資して満州が発展し始めたら、日本は出て行けここは中国だと言い出した

中華民国が清から「独立」した当時満州は中華民国じゃありませんから中国侵略はしてない

805 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/07/20(金) 12:33:13.60 (p)ID:OHJWnO640(2)
というか中国人があそこまでアホとは思ってもみなかったんじゃね


806 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/07/20(金) 12:38:19.22 (p)ID:DUeEHUkq0(2)
なんだか『日本人だけが良い思いするのは許せん』みたいな感じがする。

それが中国や朝鮮に利する事になり、結果として自分達をも不利にしている事に
気が付いてないのか、気が付きたくないのか…。


809 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/07/20(金) 12:58:08.10 (p)ID:Pb+PQzQY0(5)
そもそも日本が支那に軍隊置くきっかけが、支那人の義和団の乱だかで当時の外国の大使館員虐殺やったから
確か西太后が、義和団炊きつけて外国人殺させたからだった筈。それで列強が条約で各国が疎開を守るために自前の軍隊置くように成った
条約で正統に軍隊駐留させてんだから、今の在日アメリカ軍とかと同じ立場だよ当時の支那に居た日本軍は。侵略でも何でも無いし、原因は支那人の外国人虐殺。

その後日露戦争で、日本はロシアから満州鉄道を引く権益を得る。これも条約でロシアが持ってた
満州で鉄道会社を運営する権益を条約で正統に譲られたものだから、侵略でも何でもない。
そして満鉄を守るために関東軍が満州に居るのも条約で決められた事でこれも侵略でも何でもない。

満州鉄道を引いて日本が膨大な投資をして、満州がシナ大陸の先進地域に成った時に
漢民族が突然、「満州は中国だから日本は全部唯で置いて出て行け」と言い出した。尖閣とまるっきり同じ。

「中国」という「国」はない~尖閣諸島の問題を機に~ 4/4
(p)http://www.youtube.com/watch?v=ry3xlht9K58

↑因みにこれを見ても判る通り、満州は中国じゃ無い。当たり前中華民国じゃ無いんだから中国じゃ無い。

しらねーけど、この頃に、清=中国と言い出したんじゃないのかな。本当は清から独立しただけなのに。







人気ブログランキングへ




812 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/07/20(金) 13:07:58.64 (p)ID:Pb+PQzQY0(5)
ああ、この頃に歴代中華王朝=中国と言い出したんだ多分
あ、詳しいサイト見つけたから抜粋

満州事変までの満州の状況
(p)http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1931-40/1931_manshu_jihen_made.html

北清事変の際、ロシアの軍隊は混乱に乗じて満州全域を占領してしまった。
日本、イギリス、アメリカは抗議するが、ロシアは居座り続け、さらに南下して北朝鮮に入ろうとした。
ロシアの朝鮮半島への南進は日本の脅威であり絶対に阻止しなければならないということで日露戦争(1905~1906年)が勃発。
勝利した日本はポーツマス条約によってロシアを満州の地から追い払い、満州を清国に返還した。
その代わりにロシアが持っていた権益の一部を譲り受けて南満洲鉄道(満鉄)の経営を始めた。
そして日本はこの荒地に鉄道を敷き、産業を興して繁栄の元を築き、また関東軍によって治安を確保したため、
満州は支那とは異なり内乱のない平和な別天地として発展した。日露戦争後、日本が特殊権益を有した満州は日本の主導によって大発展したのである。
辛亥革命(1911年)以来、支那では革命政府が2つも3つも現れて統制が利かず、
総人数が200万人とも言われる軍閥同士が四六時中戦争を行なっていたが、満州には強力な日本軍(関東軍)がいるために戦争をすることができなかった。
こうした理由から支那の戦乱を逃れて毎年100万人ものおびただしい数の支那人(漢民族)が満州に流れ込んだのである。

清朝(満州人)は自分たちの郷里である満州に支那人(漢民族)が入ることを嫌っていたためもともと満州はあまり人口が多くなかった。
しかし、日露戦争(1904年)のころには1000万人、辛亥革命(1911年)のころには1800万人だった満州の人口は、満州事変(1931年)の頃にはなんと3000万人にまで増えていたのだ。
また、満州の貿易額は支那の2.5倍にもなっており、これは満州の治安がよかったことを示すものである。


813 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/07/20(金) 13:09:54.94 (p)ID:Pb+PQzQY0(5)
しかし、その一方で日本の利権に対する侵害が行なわれていた。南満州鉄道(東支鉄道の南支線)と競合する鉄道の建設は禁止されていたのだが、張作霖・張学良は東西に二大平行線を敷設した。
このため、日本の満鉄は衰微してしまったのである。また、大正4年(1915)の日華条約では、南満州での日本人(外国人)が商工業・農業を営むために支那の土地を租借する権利を認められたにもかかわらず、
張作霖・張学良は日本人に土地を貸した者を死刑とした。また、排日教育により反日感情を煽り続けていた。
学校においては排日教育を行い、軍隊においては排日宣伝を行い、排日唱歌、排日軍歌を歌わせ、満州の人々に反日感情を植えつけ続けたのである。(現在の支那(中華人民共和国)も相変わらず同じことをやっている)

清朝崩壊後に、支那の治安は乱れ、日本を追い出せという運動が始まった。満州だけでなく支那においても侮日行為・鉄道妨害などの事件が多発していたのだ。
日本人の子供たちに悪罵や石を投げつけるといった陰湿ないじめは日常化し、さらには日本の企業に勤めている支那人に対しても脅迫行為がおよび、
町のいたるところにビラが貼られて反日スローガンで埋め尽くされる。また、日本人が町中で殺されたとか、日本人経営の鉱山が爆弾で爆破された、といったニュースがしょちゅう日本国内にも伝えられる。
これらの反日排日運動の背後には国民党・支那共産党がおり、さらにその背後にはアメリカ、イギリス、ソ連(コミンテルン)がいたのだ。

満州における排日運動が強まるにつれ、日本人と支那人の間の衝突が増加し続けた。
在満朝鮮人(日韓併合後は日本人とされた)迫害やテロを含めると、昭和6年(1931)9月ごろには満州を巡る日本と支那の間の懸案は実に300件を上回っていた。

また、そのころ五ヵ年計画を成功させたソ連は、満州付近に大軍を集結させていた。ソ連との軍事力の差は日露戦争当時よりも拡大しており、満州に駐屯していた関東軍の危機感は強まる一方だった。
そして、万宝山事件、中村大尉殺害事件などで満州は限界まで緊迫した状態になっており、支那側が中村大尉の殺害を認めた日の夜、柳条湖事件(満洲事変)が勃発したのである。
ソ連の軍事的脅威をはねのけ、かつ日本人居留民を保護しようというのが、満州事変のそもそもの目的だったのだ。


814 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/07/20(金) 13:14:48.95 (p)ID:Pb+PQzQY0(5)
1931年に入ると、もう満州の日本企業や日本人は営業したり、日々働くことさえ難しくなっていく。満鉄では、枕木を引き抜かれるような事件も頻発。
万鉄の付属地の外にいる日本人は、度重なる営業妨害でまったく商売ができなくなって、どんどん付属地の中に逃げ込むようになる。
当然、日本人経営者は、毎日のように日本総領事館に訴える。なんとかしてくれ、と。
しかし、交渉相手の満州地方政権、張学良は「我々に権限はない、南京国民政府と話してくれ」などといって、交渉を拒否する。仕方なく、日本政府は厳重に抗議するばかり。それ以上の行動は何も起こさない。
加えて問題を難しくしたのは、当時80万人いた在満朝鮮人農民に対して支那人が迫害を加えた。
これに対して東京の日本政府は形式的な抗議をするばかりで有効な保護政策を採らないわけだから「日本人は朝鮮人を保護してくれない」という世論が朝鮮の中で高まり、朝鮮人まで日本の統治に不信感を強める。
そこで、「幣原外交たのむに足らず」と在満邦人が結束して団体や結社を作り、関東軍に直接働きかけるようになっていった。さすがに在満邦人の我慢も限界となっていた。

そして、最後の最後、昭和6(1931)年の夏に立て続けに起こった事件が有名な中村大尉殺害事件と万宝山事件だった。

↑そうそう思いだした。これ日本の軍人を支那人が虐殺してそれを隠蔽工作したのが日本人を激怒を決定的にしたんだった
まぁこれだけのことを最初に支那がやってたわけだね。だから日本は普通に支那に戦争を吹っかけられた筈なんだけど、幣原外交が事なかれ主義でまったく動かないから、関東軍が本国無視して動いた


関連記事
[ 2012/07/20 20:52 ] 日記 | TB(0) | CM(17)

75454 :自称:中国…正しくは『支那(シナ)』:2012/07/20(金) 23:10:30 ID:-
『中国』は日本の地名。

中国=古来より、日本の山口、広島、岡山、島根、鳥取の五県を指す。
※天気予報の時、『中国・四国地方』と言ってるでしょ?
[ 2012/07/20 23:10 ] /-[ 編集 ]
75464 :名無しさん@2ch:2012/07/21(土) 03:25:06 ID:-

吉林省出身で日本にやってきた人が、なぜ日本で暮らすのか尋ねられて
「中国は漢民族以外に対する差別がひどくてまともに生活できないから。あの国には帰りたくない」と言ったとか
その人が満州人か朝鮮族かは聞かなかったが、この話聞いたのが今年の初めくらいよ。チベットウイグル以外でも民族差別が平然と行われてる。
台湾だろうと日本だろうと飲み込まれれば確実に同じ目に遭う。

欧米からすれば増大する日本の国力を削いでけん制するために、隣国に援助するのは当時の戦略的には正しかったのかもしれん。
まあ今になって中国系の移民に悩まされているのは因果としか言いようがないが、それにしてもどっちかっつうとイスラムのが脅威度は上だしなあ。
[ 2012/07/21 03:25 ] /-[ 編集 ]
75467 :名無しさん@2ch:2012/07/21(土) 05:23:57 ID:-

不勉強でお恥ずかしいが、ここまでやられて切れない方がどうかしてるわ。
さんざん言われてるけど近代史の時間短すぎ!
明治までを一学期、明治からを二学期位の配分にしないと。
それか、日本史、世界史、地理、政経という区分を廃して、
古代中世史、近現代史、地理、政経にして近現代史を必修化にするとかの教育改革を望むわ。
[ 2012/07/21 05:23 ] /-[ 編集 ]
75468 :「ど」の字:2012/07/21(土) 05:53:57 ID:/rKlrZ.I
そんなにうらやましいものでしょうかね?自分なら御免です。

>>75467さん

 近代日本を勉強すると、サヨクがやっている反日侮日の欺瞞が明らかになるからでしょうね。
(戦国時代以降は、日本の異質と凄さが延々と記録に出てきます。国粋主義の行き過ぎを心配すべきなくらいに)
 そのため、教育を支配したサヨクどもがその部分を大学入学試験から削除しているわけで。
 しかし、隠すほど現れるのがこの世の中なので、どうも失敗しているっぽいですよ。
 放置して良いわけでは全くありませんが。

 少なくとも高校においては、日本という国の立ち位置と古代から現代に至る戦略の変化は教えるべきでしょうね。
 知的エリートに知識を独占されているその他世界各国と違い、日本人にはそれを可能にする教育の素地がありますので。
 逆に言うと、日本における「欧米的知的エリート」として全てを独占しようとするサヨクどもは、それが嫌なのでしょう。
 彼らサヨクは、ただ単に自分たちが実績も実力も無いまま上に立ちたいだけの権力亡者に過ぎません。

 そんなに「両班」は、あるいは「欧米的な知的エリートの地位」は、サヨクどもにはうらやましいものなのでしょうかね?
 彼らの愚劣振りを見ている自分からすれば、あんな腐った連中の仲間入りなどはとてもじゃありませんが御免です。
[ 2012/07/21 05:53 ] //rKlrZ.I[ 編集 ]
75469 :名無しさん@2ch:2012/07/21(土) 08:10:21 ID:-

何で日本の本国はちゃんと対応しなかったんだろう…
[ 2012/07/21 08:10 ] /-[ 編集 ]
75471 :名無しさん@2ch:2012/07/21(土) 08:28:49 ID:-

清とか元は漢族ではありませんが、隋とか唐も漢族じゃなくて、北方騎馬民族だったそうですな。
[ 2012/07/21 08:28 ] /-[ 編集 ]
75472 :名無しさん@2ch:2012/07/21(土) 08:29:35 ID:-

今の日本の『中の人』と、いわゆるネトウヨや酷使様と言うか『国を憂うが故に過激な手段も辞さないと思いつめ先鋭化した若者』も
放置しているといずれこうなるのだろうか
先鋭化しそうな行動的な対象と、腰の重い対象に、それぞれ不信感を煽るような情報を吹き込む工作をし続ければ、いつか暴発する日が来るかもしれない
そう考えると、ネットで『国の中の人』と『ネトウヨ』が直接対話できる環境があるのはまだ救いか
自分の好む意見ばかり選り好みしていては意味が無いけども…
[ 2012/07/21 08:29 ] /-[ 編集 ]
75473 :名無しさん@2ch:2012/07/21(土) 08:31:32 ID:-

「中華人民共和国」、「中国共産党」という名称は 和製漢語 でした。
ttp://freett.com/nandon/lunwen1.htm
ttp://www.catv296.ne.jp/~t-homma/dd040912.htm
[ 2012/07/21 08:31 ] /-[ 編集 ]
75480 :名無しさん@ニュース2ちゃん:2012/07/21(土) 10:03:04 ID:-

なんで日本人は朝鮮半島を併合したりシナ人の満州流入を容認したりしたんだろう
日本人のためにも満州人のためにも百害あって一理なしじゃないか
本当に当時の日本政府は糞だったんだな
[ 2012/07/21 10:03 ] /-[ 編集 ]
75485 :名無しさん@2ch:2012/07/21(土) 12:36:50 ID:-

75467です
歴史教育の目的の一つとして
古きを温めて新しきを知るっていうか、
傾向をつかんで対策を練れるようにするってのはあるのかなぁ?
本スレみる限り、確かに近現代史がっつりやったら、対中国投資なんてキ印のやることにうつっちゃうでしょうね。
さて、さっきは古代中世史に関してあんな風に書きましたがけっして軽んじてるわけじゃないっす。
あれはあれで日本や各地方を形作ったモノやルーツを心に刻みつけ、
日本人としてのアイデンティティを構築するために重要な時間。
ま、浅い考えですが……
[ 2012/07/21 12:36 ] /-[ 編集 ]
75488 :名無しさん@2ch:2012/07/21(土) 14:14:34 ID:-

日本こそが「中国」。
だって「蘆原乃中つ国」なんだから。
連中のは和製漢語の「中華人民共和国」の略称。

ついでに言うなら「大国」ではなく「中途半端な国」の略の「中国」。
[ 2012/07/21 14:14 ] /-[ 編集 ]
75492 :名無しさん@2ch:2012/07/21(土) 16:59:02 ID:-

>75480
南下してくるロシア=ソ連に対抗するためには、仕方がなかった。
満州から半島のラインは死守しなければ、ロシア=ソ連に対抗する術がないから。
近代化なんかしないで、軍だけ置けばよかったかもしれないが、
白人=欧米列強に対抗してくれるための味方が欲しかったというのもある。
ちなみに、満州にシナ人が流入したのは、現代と同じくほとんど不法入国。
治安が安定していて、経済が発展しているところに、シナ人がなだれ込むのは当時も現代も同じ。
陸続きのため、流入してくるシナ人を追い返す手段がなかった。
とにかく、当時の日本には、味方も力もなく、常にギリギリだった。
日露戦争以後のアジアの植民地の独立主義者たちの期待の声を無視できなかったと、いうのもある。


[ 2012/07/21 16:59 ] /-[ 編集 ]
75494 :名無しさん@2ch:2012/07/21(土) 17:32:43 ID:-

75469 :名無しさん@2ch:2012/07/21(土) 08:10:21 ID:-

何で日本の本国はちゃんと対応しなかったんだろう…


文民政治家が軍事学を受講していなかったため
[ 2012/07/21 17:32 ] /-[ 編集 ]
75495 :名無しさん@2ch:2012/07/21(土) 18:26:14 ID:-

読んだ人はいるかもしれないけれども、宮脇淳子の「真実の中国史」の内容は、ストンと落ちた。
[ 2012/07/21 18:26 ] /-[ 編集 ]
75498 :名無しさん@2ch:2012/07/21(土) 19:51:21 ID:-
ななしさん

満州が中国であるかないかという問いであれば、満州は中国だろう。満州がどこまでを指すかという異説はあるにしても。
[ 2012/07/21 19:51 ] /-[ 編集 ]
75551 :名無しさん@2ch:2012/07/22(日) 16:53:11 ID:41Gd1xPo

満州は、清国だと思うが・・・。逆に中国だとすると中国を定義しないとならない。そう考える。
[ 2012/07/22 16:53 ] /41Gd1xPo[ 編集 ]
75598 :名無しさん@2ch:2012/07/23(月) 01:11:05 ID:-

現在彼らが話している言葉の7割が和製漢語で、排除をしたら会話がも議論も成り立たないのが現状。
[ 2012/07/23 01:11 ] /-[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2nnlove.blog114.fc2.com/tb.php/7143-dd60ac4a


スポンサーリンク