「キミイよ。兄ちゃんが天国いけるように祈ってくれ。弁当を食べてから逝くから、空腹の心配は無い。  この国を、日本を頼んだぞ。負けても立ち上がれ、誇りを捨てるな。」

56 :本当にあった怖い名無し :sage :2012/07/12(木) 01:54:47.81 ID:9wvC8z090
724 本当にあった怖い名無し sage 2009/09/04(金) 14:31:38 ID:0U0ZTix/0
うちの婆ちゃんから聞いた戦争のときの話。

婆ちゃんのお兄さんはかなり優秀な人だったそうで、
戦闘機に乗って戦ったらしい。
そして、神風特攻にて戦死してしまったそうです。

当時婆ちゃんは、製糸工場を営んでいる親戚の家に疎開していました。
ある日の夜、コツンコツンと雨戸をたたく音がしたそうです。
だれぞと声をかけども返事はなし、
しょうがなく重い雨戸を開けたのですが、それでも誰もいない。
婆ちゃんは、それになにか虫の報せを感じたそうで、
「兄ちゃんか?」と叫んだそうです。返事はありませんでした。

その後戦争が終わり、婆ちゃんは実家に戻りました。
そしてお兄さんの戦死の報せと遺品、遺書が届いたそうです。
婆ちゃんは母親、他の兄弟たちと泣いて泣いて悲しみました。
遺書には、お母さんや他の兄弟について一人一人へのメッセージが書いてありました。
婆ちゃん宛には、次のように書かれていたそうです。

「キミイよ。兄ちゃんが天国いけるように祈ってくれ。弁当を食べてから逝くから、空腹の心配は無い。
 この国を、日本を頼んだぞ。負けても立ち上がれ、誇りを捨てるな。
 まずしくともよし、泥をかぶってもよし。かねを持っても、うまいものを食ってもよいのだ。
 ただひとつ心を汚すな。それが日本人だ。心を汚されたときこそ、おこれ。
 黄色のりぼんがよく似合っていた。兄はいつも共にある。うつくしくあれ、キミイよ。」
 
婆ちゃんは疎開先の製糸工場にいるとき、当時出来たばかりの新商品である黄色のヒモを
毎日お下げに巻いていたそうです。
お兄さんにその黄色のヒモを見せたことは一度も無かったので、
あの雨の日にワタシに会いに来たんだと、婆ちゃんは生涯信じていました。


関連記事





人気ブログランキングへ


[ 2012/07/12 21:48 ] 昔の日本 | TB(0) | CM(15)

74746 :名無しさん@2ch:2012/07/12(木) 21:53:03 ID:-

泣ける。
こういう人達に色んな話をききたい。
[ 2012/07/12 21:53 ] /-[ 編集 ]
74750 :名無しさん@2ch:2012/07/12(木) 22:07:16 ID:NJsiWxd2

>ただひとつ心を汚すな。それが日本人だ。心を汚されたときこそ、おこれ。
心に響き、とても耳が痛い御言葉。
今の日本に於いて実践するには難しい事だけど、絶対に必要な事だと思います。
[ 2012/07/12 22:07 ] /NJsiWxd2[ 編集 ]
74752 :名無しさん@2ch:2012/07/12(木) 22:17:36 ID:-

駄目だ、ないちゃった。胸が痛い。
[ 2012/07/12 22:17 ] /-[ 編集 ]
74753 :せめて靖國神社崇敬奉賛会終身会員にして頂きますた…:2012/07/12(木) 22:18:37 ID:-
本当に立派な方々だったそうです

ウチのお爺と来たら、零戦に乗って出た迄はよかったものの、プスンとエンジンが止まり、ポチャンと落ちて、プカプカ浮いて帰って来ますた…
何か申し訳無いにょ…(-ω-;A)
[ 2012/07/12 22:18 ] /-[ 編集 ]
74758 :名無しさん@2ch:2012/07/12(木) 22:36:32 ID:-

>74753
ゼロ戦が命(エンジン)を犠牲にして、もしくはゼロ戦の命をお爺様に預けて「生きろ」と言ってくれたのかもしれませぬ。
生き延びた意味は、ちゃんとありますですよ。
[ 2012/07/12 22:36 ] /-[ 編集 ]
74759 :名無しさん@2ch:2012/07/12(木) 22:44:24 ID:-

>>74753氏
憶測ですが、「戦中、戦いの場で活躍してほしい人材」ではなく
「戦後、復興・発展の為に活躍してほしい人材」だったから
その時に出撃or戦闘参加できず、結果生還したのでは。

それは“起きるべくして起きた”のでしょうし、申し訳ないと思う必要もない、
むしろ「よくぞ還って、戦後の復興・発展という大仕事を担ってくださった」と
称賛を送りたいです。
[ 2012/07/12 22:44 ] /-[ 編集 ]
74801 :名無しさん@2ch:2012/07/13(金) 01:12:53 ID:-

ええ話や。泣ける。
日本人の心に刻まねばならぬ言葉だと思います。
すでに心を汚されているのに、それに気付かない日本人。残念なことに、戦後そう教育されてしまったからな。
怒るべきときはとっくに過ぎていると言うのに……。
[ 2012/07/13 01:12 ] /-[ 編集 ]
74812 :名無しさん@2ch:2012/07/13(金) 03:47:07 ID:-

大津の事件も、手本となる人物が世の中にいればあんなにひどいものにはならなかっただろう。
「この人の様な人間になりたい」と言う向上心は大事。これが無ければ国が荒れるからね。天皇陛下が今これをなさっているが・・。

学校の道徳の時間が潰されたからな。
[ 2012/07/13 03:47 ] /-[ 編集 ]
74816 :「ど」の字:2012/07/13(金) 05:27:22 ID:/rKlrZ.I
社会へのテロは直接破壊行動に出るものばかりではない。

>>74812さん
 日本の歴史は、そういう現代価値観に耐えられる穏やかな手本が非常に多いはずなんですけどね。
 世界史においては、社会の手本として紹介されるのは血生臭い「戦争の英雄」がほとんどですが。

 戦後の日本は、そういう手本に学ぶ教育を徹底的に排除しようとしてきました。
 手本を無くし、社会をばらばらの砂粒にして、自分の望む社会体制を作ろうとする人種が教育に潜入したせいです。
 彼らテロリストの方針変換は、非常な「成功」を収めたとは言えます。誰も得をしない「成功」ですが。
 日本が世界でも稀なほどインターネット普及率が高くなければ、どうなっていたか……(今でも十分危険ですが)。

 日本教育と報道の建て直しは、急ぐ必要があります。
(今まさに危機的状況にある欧米や、もう手の施しようが無い特亜に比べればまだしもマシですが)
[ 2012/07/13 05:27 ] //rKlrZ.I[ 編集 ]
74828 :名無しさん@2ch:2012/07/13(金) 07:37:24 ID:-

キミイさん、
漢字で、どう書くのだろう
[ 2012/07/13 07:37 ] /-[ 編集 ]
74844 :名無しさん@2ch:2012/07/13(金) 10:43:22 ID:-

いいお話ですね。もっと日本人で共有したいですね。

ご旅行の機会があれば、ぜひ鹿児島県の知覧記念館に行ってご自分の目で
若者が残した直筆の手紙の数々、当時の写真を見てください。
これが自分の兄だったら、弟だったら、恋人だったら、息子だったら・・・

無駄死に!?とんでもない!無駄ではなかったからこそ今、日本は健在なんです!
生まれ変わって貴方が護った日本を見てください!と弔うのが私達の役目では。

残念なことに、現代日本はとても英霊にお見せできる状況にありません。
現代では血を流さず戦いたいところですが、自殺者はある意味戦没者、
戦後の催眠からさっさと目覚めて合法的な行動を粛々と続けなければ。

チラ裏が面白くなくなってきたのは催眠から覚た証かもしれませんね。

[ 2012/07/13 10:43 ] /-[ 編集 ]
74853 :名無しさん@2ch:2012/07/13(金) 14:01:22 ID:-

松本零士氏の『ザ・コクピット』を思い出しました。

神風も百聞は一見に如かずということで・・・10分26秒
Kamikaze Tokkotai (Kamikaze Sucide Attack Corps) : Arovane + Brian Eno × M
http://www.youtube.com/watch?v=zyNNedxkayA
日の丸つながりで・・・4分26秒
Near The Parenthesis - This Too - [ For Nihon ]
http://www.youtube.com/watch?v=Jc_o5DgWXpU
[ 2012/07/13 14:01 ] /-[ 編集 ]
74854 :名無しさん@2ch:2012/07/13(金) 14:28:57 ID:-

74853です。短縮してなくてすみません。
Kamikaze Tokkotai (Kamikaze Sucide Attack Corps) : Arovane + Brian Eno × M
http://bit.ly/M6fSeB
Near The Parenthesis - This Too - [ For Nihon ]
http://bit.ly/OBOL8t
[ 2012/07/13 14:28 ] /-[ 編集 ]
74876 :名無しさん@2ch:2012/07/13(金) 21:53:27 ID:-

特攻隊を見てただ「かわいそう」「戦争をやめよう」と思うだけならまだ催眠中だと思います。
9条のごとく利用されている部分もあると思います。
彼らの姿に見るものは尊い自己犠牲、家族愛、郷土愛、祖国愛、たくさんありますよね。

戦後、上書きするかのごとくその戦闘服を身にまとい悪行の限りを尽くした民族がいましたよね。
尊い若者達と彼らを冒涜した民族の行為について、日本人はもっと知るべきだと思います。

[ 2012/07/13 21:53 ] /-[ 編集 ]
74881 :お棺に戦友会の旗と零戦の模型を入れました:2012/07/13(金) 22:24:35 ID:-
ありがとうございます(_ _)

>74758さん >74759さん
ウチのお爺なんかを庇って下さって有難うございます。実は一度だけ、(彼にとって最後の)戦友会に付き添って参加させて頂いた事があるのです…何か他の方々のお話を伺ってるうちに「ウチのジジイ、一番ダメじゃん;」と思ってしまったもので;…(^ω^;A)。
生き残った者達は、皆、どこかに「feel guilty」…罪の意識みたいなものを抱えて生きています。これは災害や事故等で生き残った方達も同じ感覚を持っておられます。「自分だけ生き残ってヨカッタ!!」と思う人は、誰も居ません(少なくとも本物の日本人では)。若い人の方が亡くなってしまい、お年寄りの方が助かったり、家族全員亡くなって自分1人だけが生き残ったり…「自分の方が死んじゃえばよかったのに!!何故、〇〇の方が…?!」と自分を攻める人達も少なくありません。思い詰め、後追い自殺された方もあります。亡くなった人達の事を思い出さない日はありません。特に夜。1人の時間…。忘れられた骨を探して、1人残らず集めに回りたい衝動に駆られます。

皆さんにお願いがあります。
モシ、どこかで「生き残った事により苦しんでる人」達に出会ったら、ウチのお爺にかけて下さったようなお言葉をかけてあげて下さい…
お願いします…(_ _)
[ 2012/07/13 22:24 ] /-[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2nnlove.blog114.fc2.com/tb.php/7111-6d76c496


スポンサーリンク