第14回  論証(4) ~ 会話術 ・ 会話と論証 ~ 【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです

436 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:43:31 ID:cc2..Tzs
┏────────────────────────────────────┓
│                                                   .....│
│         【論理学】やる夫が論理的な考え方を学ぶようです             │
│                                                   .....│
│         ~ 筋の通った論証、物事の関係、文章術、会話術 ~          . ..│
│                                                   .....│
┗────────────────────────────────────┛



          , " ̄ ̄ 丶、                   ,.-''"´ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
         /        \                / ,.ィ _,..r---r-、   \
      ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ          ./ /.イ´ | |  | .| `lヽ、 .ヘ
   r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´         lヽv ,.イ ⊥_  | |   | .| ,.斗、 ヽ ゙l,),.‐;
     ̄\ イ j :|fト  fハ/ノリ/           ヤノv' | .j,..≧トッ  ,.ィ''ァ'、  | .〉l /
        7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ            |  ∨ 〉イrl゚ハ::l   l乍リバl,// ゙'.}
      く/ /V>  __  イ∧ヽ/   -  - 、     ヘ  ヘィ'弋乞:ソ   弋_チ:ノ '.ハ  .∧
        \{ { l::lVミVl::l / ∨  / (≡ ≡)ヽ    〉  / l "´ _,....--、 `゙  l .ヘ l ヘ
          Y\ヾ ∀ シ/ r'´   (ヽ (_人_)/^)   ∧/  |  ./     ヘ  |l  .Y ', ヘ
            |   ≧f}≦  |     ヽ     /    / /  .人  |      | ノ |  ヘ ', ヘ
          `ァー∨=∨‐く     |      |    / /    / ゝ.ゝ、.______,...イ<´ .|   ヘ ', ヘ


.

437 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:43:58 ID:cc2..Tzs



     ───────────────────────────────

        ~ 論理記号の意味 ~


        ・ ∧ …… 連言。「かつ」。AND条件
        │
        ・ ∨ …… 選言。「または」。OR条件

        ・ → ……  含意 「ならば」。条件あるいは包含。

        ・ ⇔ …… 同値。必要十分条件。

        ・ ¬ …… 否定。「ではない」。

        ・ ├ …… 主張記号。左に前提、右に結論を表示する。
                各命題はカンマ「 , 」で区切る。

        ・ ∀ …… 全ての。

        ・ ∃ …… 一つは存在する。

        ・ = …… まったく同じである

     ───────────────────────────────


.

438 :名無しのやる夫だお:2010/07/05(月) 20:44:14 ID:uln1KIMk
よさこい

439 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:44:22 ID:cc2..Tzs








                 ◆ 第14回  論証(4)


                ~ 会話術 ・ 会話と論証 ~





.

440 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:44:44 ID:cc2..Tzs



【長門の研究所:研究室】
              ||                  ||
         || ||           ||   ||
        r======、          ||    t======_
         |    /          ||  //   ,,-''               ,,..-''"
         |    /        ..  ||//   ,,-"      .       ,,..-┬─''"    ,,..-''"
         |   /           .//  ,,-''             .|  |  |  ,,..-''"||
         |   /         . |/ ,,-''           . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
         ̄ ̄          .  ̄ ̄          ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
_______________________,,..-''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
               ...__           ...|  .,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||   ||    ||
__________  ||(l||l)| ______  | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||   ||    ||
               ||.└─┘ l|         ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  || ||_| || |  |  |  ||   ||    ||
              ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
          _ ...... ||     ||         ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
______[l_l]___||      ||________.||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
___________]     .|]______]...|  ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      | ||  ||    || |  |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    _______|_..||  || __..||_____
        |  L   ___  \  \   ___ "''-..,, .゙r-..,,   ___ "'''-,,,
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[     ] ̄|「  |ト.,,|| ̄ [     ] ̄|「
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ ̄||.. ̄|| .......||.....|| ̄ || ̄ ̄|| ̄ ||
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"''-..,, "''- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''--....,,,,

441 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:45:18 ID:cc2..Tzs


                     .. - ─……‐-. .、
               ,. '"´ . : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
                ,.'´. : : : : : : ,.: : : : : : : : : : : :ヽ
              /. :./: : :/:/: : /:l: : : |: :l:l: : : : : :.!
             , イ: :〃l: : :/:/: : /: :|: : : |: :|:|: :|: :i: : ::`ヽ
              |: 〃 l: :/:/_L/1 : |: : /|: :|:|: :|: :|: : :.:.:.::.';
              |/ Ⅳl:/l/ {  |: /|: /. |: :|:|: :|: :|: : l: :.l:!
              { ∧Ⅵィ行ミヽ|/ .|/ ̄「/メ、/: /: : l: :.l:!
               ,′: :l 辷ソ    ニ二_l/l: /: : ./: :.l: l
               l: l: : l "" ,    〒テテミV/: : /: :./l: {
               l/l: : ト、       辷ソノ: : :,.イ: : /l人{
                l: : l/ ヽ `   ""〃: ∠ノl/
                  \|   >r‐r‐ < ィ´l/l/
              , r‐‐ァ‐ァ'´‐-、 ,r‐-- ゝ-ュ.、_
              ,.'´   / /            / /  ̄¨'ヽ、
              |  i/  ゝ、       _ _/  i       ',
             i.. /`' ト、,_ `'ゝ-‐'_¨´,、--、 i   i.   i
                i /  / /  `¨'''¨´   / / ヽ ',.   ノ.   |
                 |.  i../        i i.   '、.',. /     |
                 |.  | |          i i     ヽイ     |
                |.  i i         i. i      ハ     |
                  ',  i i        i. i    / |.     |
              ',. i i.         i. i    /  i     |


長門有希
「では再開しよう」

442 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:45:38 ID:cc2..Tzs



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/


長門有希
「今回は『会話と論証』をテーマに解説する。

論証というと、学術論文のような専門的な分野の文章だけに
使うようなイメージがあるかもしれないが、
実際には直接顔を合わせて論証を行うシーンは多い。

商談やプレゼンテーションもそうだし、子どもの夕飯のリクエストだってそう」


┌───────────────────────────────┐
│                                            ....│
│~ 例 ~                                       ...│
│                                            ....│
│                                            ....│
│「お母さん、俺今日はハンバーグが良い! すごくお腹すいたから!」    │
│                                            ....│
└───────────────────────────────┘
(*これも論証。『お腹がすいた』が前提で、『自分は今晩はハンバーグが食べたい』が結論。
ハンバーグでなくとも腹は満たせるのだから、妥当性は高くないが)

443 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:46:42 ID:cc2..Tzs


           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´

長門有希
「というより、回数だけで考えるならば、
論証はむしろ会話で使われることのほうが多いだろう」




               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /
          /              \

美筆やる夫
「子どもの夕飯のリクエスト、ですかお。

今回はこれまでより簡単そうですお」

444 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:47:14 ID:cc2..Tzs


             / :. ィ.;:.:.:.:.:.:.:ヽ
          イ:.:.:.:/-|/|∧:;、:.:.〈
          リ:.:./ ●    く!:,:.:..、
           l:.:.l    ●/:./ ̄
           vヘ  -   ノ:./
            _,-+ 匸ヘ/V
          ,《 ヒ⌒j 》、
          l::\ l /∥::l
          |:::::::ト,Vイ:::::|
            |:::::::l介l:::::::|
              l::::::|人|:::::::l

長門有希
「いや、それは誤解。

たしかに簡単なものは簡単だが、ある程度レベルが上がると
むしろ文章よりも実践の際の難易度は上がる」




      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「え、そうなんですかお? 

なんでまた」

445 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:48:02 ID:cc2..Tzs



                _______    /:|
            _,..-─'":: : : : : : : : : ̄`ー'´: :/
           /: : : : : ,:: : : : :: : : : : : : : : : : : ̄: ̄:゛ー-.、__
        /: : : : : .::/: : : : : ; : : : : : : : : : : : :、:: : : : :ヘ-一"
         /: : : : : .::/: : : : ::/: : :;|:: : : : : : : : : :ハ::. : :、: :`ヽ、
       j: : : : : .::/: : : : :;/:: : :/|::. : : : : :|::. : : :|:: : : :ヘ:: : :ハ
         |: : : : : :/: : : : .:/|::. :/ |::. : : :; :jヽ、::. :j::. : : : :|:: : : :l
       j: : : : : :j: : : ::ー/┼:/-、,|:: : :;/∨,-┼;/‐::.: : : :|:: : : :|
       |: : : : : :|: : ::/:/ヤ弐行j::;/ 〒弐テァ|:: : ;∧|: :ト、::|
        }:;/: : : ::j:;/:::;ハ |ト-':;j:|'"    |ト-'::j:|´j:;/::: : : :| `
      j:ノ|: : :|: :´::.: :/  、V::ィ:;リ     , V::ィ:;リ,'{::::::::::: : : :|
          |: : :|:.: : : :/ ,ィ'⌒ヽ"   r─┐ ̄" ∨:::: : : :/
          |: ::人: : ;/、(.rュ: ,,,ノ   {  ,{   ,.ィ:::::|:: : ;/
       j:/ ̄ ̄ ̄/,ト''´::ー--__ニニ-‐'"´_,|::;/|;/____,.-‐─ュ、_____
      /    ___/ /j::::/|:::;ィ::|i__/ }::::|'´ '"           /{{{´ ,rァ‐'"
     / ̄ ̄ ̄,/l// ,r‐'´ |:::|ヽ-/ |::::|      ,        { ゞゝ、_,,⊃
      l` ̄ ̄ ̄",//} ̄" , |:::|/´`^^^'ヽ、    /          |-‐';/
      lニ二二二"ィ´} |::.  l  j:/,,/~`´~},,j,,ノ;〉   {         | /
      / ゞ彡",ノ' :::   |  /_,ハ> < },,/,>  λ、_,,      !/
      / _,.-‐'´       l くヽ、ゝヽフ /,イ     } `\    ,,/
       {      ,     iノ;イヽ`ー‐´ノ;ノ/l      |    `ー-'´
      `ヽ、__,ノ´ ̄`ー-‐{~ { `゛   ~,,/:::|      |
                  } /ヾ_,ィヽr'´,}:::}       |

長門有希
「理由は3つある」







人気ブログランキングへ



446 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:48:19 ID:cc2..Tzs

┌──────────────────────────────────────────┐
│                                                            ....│
│1)直接会って話す論証は、人間関係のおよぼす影響が他の手段よりもはるかに大きい。       .│
│  そのため、論証の内容に加え、人間関係にも配慮する必要がある。                   .│
│                                                            ....│
│                                                            ....│
│2)直接会って話す以上、こちらの外見や一挙手一投足全てが相手の観察するところとなる。    .....│
│  よって外見を整え、発声に気を使い、笑顔や態度、姿勢などにも注意を払う、といった努力を   ..│
│  論証と同時に行うことになる。                                          .│
│      ~~~~~~                                                   .│
│                                                            ....│
│                                                            ....│
│3)相手を常時観察し、その反応によって内容を随時調整する必要がある。               ...│
│  これは観察と判断を説明と同時に行わねばならないということを意味する。             ....│
│                   ~~~~~~                                      ...│
│                                                            ....│
│  ある特定の話題に相手の食い付きが良かったならその系統の話を増やしたり、            .│
│  相手がムッとした反応を示しているなら、その原因となったであろう話は早めに           ...│
│  打ち切ったり修正したり、といったことを行うべき。                            ....│
│                                                            ....│
│  もし地雷を踏んでいて、しかもそれに気付かずに話を進めると、相手の不興を            .│
│  買うことがしばしば。                                              ...│
│                                                            ....│
└──────────────────────────────────────────┘

447 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:49:06 ID:cc2..Tzs


        ____
      /      \
     /⌒  ⌒    \
   /( ・ ) ( ・ )    \
    |   (__          |
   \   _l        /
   /  ー        \

美筆やる夫
「うへっ……。

一度に考える範囲が一気に増えてますお」



           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \
        ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
    r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´
      ̄\ イ j :|fト  fハ/ノリ/
         7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ
       く/ /V>  __  イ∧ヽ/
         \{ { l::lVミVl::l / ∨
           Y\ヾ ∀ シ/ r'´
              |   ≧f}≦  |
           `ァー∨=∨‐く

長門有希
「そう。

内容の大事さはそのままで、しかも
同時に考慮すべき事項が増えるため、とても大変、
というわけ。

今回は今まで以上に気合いを入れて聞いてほしい」



  (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
      (((i )__  ( i)))
     / /⌒  ⌒\ \
     ( /( ●)  (●)\ )
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |              |
     \             /

美筆やる夫
「了解ですお」

448 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:49:38 ID:cc2..Tzs


    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「今回の目次は次のようになります。

範囲が広いのでボリュームがいつもより多いですので、
いっぺんに読もうとすると大変かもしれません」



~ 目次 ~


1.基本理論
 1.1 起こる結果は、外部から伝える情報と、相手の反応の仕方とが合わさって決まる。
 1.2 外部から伝える情報が同じでも、相手次第でその反応が異なる。
 1.3 同じ相手に対しても、外部から伝える情報が変われば反応が異なる
 1.4 意図した通りの結果を起こしたいのであれば、外部から伝える情報を変えるか、
     反応の仕方を変えるかである


2.論証の効果と、人間関係・資源の関係
 2.1 個人の信用と、論証の信頼性
 2.2 資源と、論証の結果
 2.3 自らの感情が論証そのものに及ぼす影響
 2.4 他者に好意を持つには?


3.信頼を得られる人格を手に入れる
 3.1 外部から伝える情報を変えるか、反応の仕方を変えるか
 3.2 目的:どのような価値観がもっとも有益なのか
 3.3 状況の把握:自己観察の技術を磨く
 3.4 実行する:考え方のクセを変える
 3.5 参考や余談


4.信頼を得られる外見を手に入れる
 4.1 服装・髪型は他の人に合わせる
 4.2 顔の手入れ
 4.3 表情
 4.4 体臭
 4.5 発声
 4.6 姿勢
 4.7 体重管理
 4.8 その他の要因
 4.9 外的要因の働き方
 4.10 『話すのが苦手』な原因あれこれ


5.話し方
 5.1 基本は『相手への好意と信用』の発露
 5.2 相手が大切にしている物事には敬意を払う
 5.3 話しかけられたら返事をする
 5.4 選択の余地を残した言い方をする
 5.5 クッションとなる言葉を用いる
 5.6 相手の興味をもつ話題を予め用意する
 5.7 断る場合も礼儀正しく
 5.8 物事は正確に言う
 5.9 一番効果的なのは相手への好意と信用


6.説得
 6.1 ポイントは繰り返し伝える
 6.2 反対意見を述べるときはそれとなく
 6.3 話すときは体を前に傾ける
 6.4 相手の顔を見て話す
 6.5 自分の話を上手く使う
 6.6 相手の返答を少しは待つ
 6.7 対価の高さを演出する
 6.8 一貫性の法則
 6.9 相手の興味を引く&物事は見方次第
 6.10 切迫感を感じさせる
 6.11 負い目を背負わせる
 6.12 論点をずらした策略
 6.13 好意的解釈の利用
 6.14 不安や焦りへの対応
 6.15 相手の不満への対応


7.人の心理と論証の受け止められ方の関係
 7.1 印象の強弱
 7.2 反証しづらい前提
 7.3 命令よりは説明
 7.4 聞きとりのために水を向ける

449 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:50:33 ID:cc2..Tzs

            __
         /      \
        /─  ─    \
      / (●)  (●)    \
      |   (__人__)       |
      \  .` ⌒´      /

美筆やる夫
「人間関係に関する内容が多いですお」




.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |
     ', ! !     l  l^¨¨´  / |   /   ノ
.    ヽ| |     ヽ..ノ‐ォ┬一'  |  /   ,フ


長門有希
「それは、会話における論証には
人間関係が大きく影響するから。

内容と人間関係が会話における論証の
二本柱といっても過言ではない。

そのあたりの関係も後で述べる」




       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「了解ですお」

450 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:51:42 ID:cc2..Tzs




                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「一点注意。

会話における論証は、特に説得の分野でその傾向が顕著だが、
相手を言いくるめて騙し、不利な条件を一方的に押し付ける方法だと
認識されることがある。

そういう用い方がないわけではないが、しかし、
それを全てとする認識は誤り。

基本はあくまで相手の納得を勝ち得ることにある」




  ,     __  、     、
 〈 ,-‐'"´ ̄     ̄`゙ヽ、     ヽ
  Y  _,....====.、..__   バ-=r‐ 〉
  kr'T「トl、,_|  |リ_,.斗 |`,'. ',、ヾ ノ
  | | lγ''ヾ  γ''ヽ._| l  | `l' .l
  ゙Trl 弋..ノ  弋__ノ├゙、_ノニ} l
   | リ ""      ""|   リ´|ト'`ヽ
   | ゝ.、,、 --{    |   | |l   l
   |  ∧スフ¬¬'''ス,| l |l |l、__,.ノ
   | l |  `l|/´ヽ./ | | |l  |
   | |.|  '´ ,..、  l  .| リ_lイ|  |
    ̄l`゙l  ゝ'   |  '´|  l|  |

朝倉涼子
「当たり前のことなのですが、
騙されたり不利な条件を押し付けられたりすれば、
誰でもそれを恨みます。

適当に言いくるめて良いように扱おうとされれば、
子どもでもそれを悔しく思います。

その結果、人間関係はおそらく悪化するでしょう」

451 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:52:28 ID:cc2..Tzs


【研究室のモニタ】
┌─────────────────┐
│                         .│
│              ,           │
│           , ィ//____       ......│
│       /´ ̄: : :!: : : : : :.`ヽ      ..│
│   ┌‐ァ´/:/: :.l: ∧: :.!: : :`ヽ: \     .│
│   Y´:{:/: : /__:イ:/  !__!、:.!: : :ヾー ゝ    │
│   {:::::/:{: /´/l/  l/ `}:|: : l: :}      .│
│    `Y: イ:ャ≠rミ     r-=rァ: :|: :|      .│
│     |∧!:/ r、:::|   トィ,.:} 〉: ト、l       │
│    |l: 込.弋シ    弋ツ{ }イ:|     ......│
│    |:!:. ート、''''  。  '''ノl" l:.|     ......│
│    |:.ヽ: :| ` ァ-ャ<.  |: :l:.|     ......│
│    |: :.}: :| /l >│    |: :.|: :|/ |/}::::{ヽ!l V: :イ.:|       .│
│    |: :.|: :| /| { .》::《 | |∧/ !:.|       .│
│    |: :.|: :|〉 l l .{:::::} l l | |:.:|       .│
│                         .│
└─────────────────┘
柊かがみ
「相手を言いくるめて騙すのは、交渉で言うWin-Lose型の取引にあたるわね」




【研究室のモニタ】
┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│                <´ ̄ ̄  ‐- __,,,                │
│            /         `i  ¨> 、              ..│
│           /         :i   !  ヽ ヽ \             │
│           /   /   /  :|  /  ヽ ヽ ',丶丶、         ....│
│        _,. <~ハ  /  :/   i  /  i  ',  i i\ `゙          .│
│       ヘ;:;:;:/;:;:;| ,' ー-/、  /j: /|  ∧ |  l: lヽ;:}            │
│        t;/:;:;:;:;| i≧x、ン`゙ー// | 7''ーl‐l'"  l l;:;:;:》            .│
│        | \;:;:;| ,.| ミて ≧ミ/  !/,,.ィ杉i  /l l;:;:/           .....│
│        |  T´( |/ ヾニシ     frシ/ / /: リ-'i             │
│        |  ヘ  `t-ヘ :::::::  、  ::::u /_|/ /: ハ            ..│
│        ,'    \ \ \, -、-‐  _ ィ /  ∧  ヘ            │
│       /:i    } ヽ  ',/ <ヽ_i`i´| \/  /  ',   \         .....│
│       //|   ,xf<ヽ/ ァ-、゙i::::/つ: :/  ,'>ー、ト    \        ..│
│      // /   fi i: : :/トヽヽ,.-' イ V: / //  `ヘ\   ヽ      ......│
│    /" /   i ', V`ヽ、`´,イ 'ヘ/:/ / / /    >`-、  ヘ       │
│   /  / ,'  j _,ィ': : : : : :/ }  /:/ / / / ヽ r'" く彡 \  ハ     ..│
│ /   / /  /V  `ヽ=-i l  /: { / / ̄/\ Y ,へ、ンKv ̄> ',     │
│    / /   //i      } ljl[/: : i ,' /  /' ̄`l l ゙!ゝ》,.イ ̄ \ ヽ   ...│
│   /  /   iシ j    ,.イ /i /: :〃! /   j    \`/┴'" ̄  j       │
└──────────────────────────────┘

柊かがみ
「Win-Lose型の取引を用いるべき時も多いから、
そういう用い方も完全に否定はしないけど………。

そうは言っても、誰かれかまわずWin-Lose型の取引をしかけるのはNGよ。
付き合いがどんどん狭まってジリ貧になるわ。

噛みつく相手は選ばなきゃね」

452 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:53:09 ID:cc2..Tzs

       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

美筆やる夫
「あー。

『一番得られるものが多くなるのは、
たいていWin-Win型の取引で長期的な関係を築けたとき』

だったかお」



【研究室のモニタ】
┌─────────────────────────┐
│                                   .....│
│      ヽ、ー----------イヽ---                 │
│        _,.>‐: : : : : : : : : {: : : : : : : :.`ヽ             │
│     / ;: : : : : :/: : :./: : /l: : : : 、: : : : ヽ:\         ....│
│    /:ィ´: : : : :./: : : /: :./ !:.:.ト、: :\: : : :.\}ミヽ、       │
│   ///: : :/: : :/: :.:.;.ィ: :./  l: :.| ヽ: :.ヽ: : :ヽ:\:::::::\     .│
│    /: : :/: : : l: : :/ !:./  |: 十‐弋⌒ト: : : :i:.:.:|::\::::}      │
│.   /: :.ィ:.!:. : :.:|:''7⌒|:.l   l:.:.:{   \:|: : : : ト、:{::::::::Y     .│
│   l: :./{ :| : : : |:./  l/   \ヽ   \:. :.:.:|:.トゝ:::::::〉     .│
│   |:.∧| :!: : :/l/   、       ヽ,. -   ヽ :.:|/:::::::/     ..│
│   l/  !:.| : ∧  ==ミ       ≠⌒ミ ∧: |- イ        .│
│       |: l: :.lハ          ,         {r }:}: : :|        │
│       ヽハ:.ト、_} :::::::   r―‐┐ ::::::: /_ノ|/!: : |        │
│       |: ヽ!: : ゝ、     `ー-‐'     ,.ィ : : : : !: : |        │
│       |: :l: : : : : :|>- .,_    ,.. <´ |: : : ::.:.!: : |        │
│       |: :l:.!: : : : :l__,ノ:.:r'`¨¨´{.i:.:.└-|: : : ./^i : |        │
│       |:.:.l:!: : : : :.|:.:.:.:.:.|___/:.:.:.:.:.:.:|: : : {  | :.|        │
│       |: : !: : : : : |:.:.:.:.:.|     ! :.:.:.:.:.: |: : : .〉 `ヽ、      ..│
│       |: : !: : : : : |: :.:.:.:.l   |: :.:.:.:. /lr--' {  {  )-、    .│
│       |: : !: : : : : ト、:.:.:. |    l:.:.:.:.:.//|`ーt入_ノノイ》 ヽ   .│
└─────────────────────────┘

柊かがみ
「それそれ

。だから、基本に置くべきは、誠実に振舞って
相手の信頼と納得を勝ち得る方法だってわけね」

453 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:53:59 ID:cc2..Tzs




◆◇◆◇◆◇ 1.基本理論 ◇◆◇◆◇◆



.

454 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:54:18 ID:cc2..Tzs


           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´

長門有希
「では具体的な方法に入る前に、いつも通り理論面から考えていこう」




                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「論証の目的は、意図する反応を相手に起こさせることにある。

これは会話における論証でもまったく同じ」

455 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:55:03 ID:cc2..Tzs


                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}
      ヽ.:.:.{_,,/´~}~〉 ̄~´::::::i:::::::V | ,/ /:::::::i::::::::|
        ~~`ー`VV:::::::::::::::::::|:::::::|ヽ|,//|:::::::::::}::::::::|
              ̄ ̄ ̄゛|:::::::|/∧ヽ. |::::::::::|::::::::|

長門有希
「さらに、その相手の反応は、

外部から与えられる情報と、

それに対する当人の反応の仕方によって決まる」



┌──────────────────┐
│                           .│
│~ ポイント ~                ......│
│                           .│
│                           .│
│相手の反応は、                 │
│                           .│
│1)外部から与えられる情報と、       .│
│2)それに対する当人の反応の仕方    ....│
│                           .│
│によって決まる。               ....│
│                           .│
└──────────────────┘

456 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:55:44 ID:cc2..Tzs


.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |
     ', ! !     l  l^¨¨´  / |   /   ノ
.    ヽ| |     ヽ..ノ‐ォ┬一'  |  /   ,フ

長門有希
「従って、意図する結果を引き出すには、
相手がどうすればどのような反応を起こすかを知り、
それに合わせて情報を伝えればよい、ということになる」




     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「……えっと?」

457 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:56:29 ID:cc2..Tzs


             / :. ィ.;:.:.:.:.:.:.:ヽ
          イ:.:.:.:/-|/|∧:;、:.:.〈
          リ:.:./ ●    く!:,:.:..、
           l:.:.l    ●/:./ ̄
           vヘ  -   ノ:./
            _,-+ 匸ヘ/V
          ,《 ヒ⌒j 》、
          l::\ l /∥::l
          |:::::::ト,Vイ:::::|
            |:::::::l介l:::::::|
              l::::::|人|:::::::l

長門有希
「抽象過ぎてわかりづらい? 

では簡単な例を出そう。

自分が親の立場で、子どもを喜ばせたい、と考えている
ケースを想定する」



┌───────────────────────────┐
│                                       .│
│~ 例 ~                                  │
│                                       .│
│                                       .│
│【意図する結果】                            .....│
│・自分の子どもが喜ぶ                           │
│                                       .│
│                                       .│
│【子どもの反応の仕方】                          .│
│・夕飯のおかずがハンバーグになると喜ぶ            ......│
│・これまで親が子どもとの約束を守ってきたため、          │
│ 親の言うことを信用する                       ...│
│                                       .│
│                                       .│
│【外部から伝える情報】                        .....│
│・今晩の夕飯のおかずはハンバーグだよ、と教えてあげる。  .....│
│・優しい笑顔や声                            ...│
│・普段通りの格好                             .│
│・体臭                                  ......│
│                                       .│
└───────────────────────────┘
(*外部から伝える情報には、論証自体の内容のほか、
話者自体の外見・信用・声や表情といったものも含まれる。
体臭のように、勝手に伝わる情報もある)

458 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:57:09 ID:cc2..Tzs



     ____       ヽ v /
   /─  ─\     -(m)-
  /( ●)  (●)\.       ≡
/   (__人__)   \
|              |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「なるほど。仕組み自体はすごく単純なことですお」




           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}

長門有希
「そう、単純で当たり前なこと。実行はそう簡単ではないのだが」

459 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:58:04 ID:cc2..Tzs
        /´ ̄    ̄`丶、
       /           \
.      / /            ` 、
     /  l           ヽ   i
.    //l l    ィイ/ヽ  ∧   l   l
    {イ l l  //‐- }/ ‐ヘ l l lノ
    {小イ   l/T弐ト   r=ヌⅥ lノ
     }从  l| ヒ::リ   ヒ::リ川V
        V l|ヽ、  , 、  イル刈
       ∧j\`¬ニT´ }`ヽ、
       {   \ ∨ /   }
.        ∧   /}Y^Y´ L.ノ

長門有希
「また、先ほどのポイントからの派生として、次のことが言える」


┌──────────────────────────────────────┐
│                                                       .│
│)起こる結果は、外部から伝える情報と、相手の反応の仕方とが合わさって決まる。  ......│
│                                                       .│
│)外部から伝える情報が同じでも、相手次第でその反応が異なる。               │
│                                                       .│
│)同じ相手に対しても、外部から伝える情報が変われば反応が異なる             .│
│                                                       .│
│)意図した通りの結果を起こしたいのであれば、                        ....│
│  外部から伝える情報を変えるか、反応の仕方を変えるかである                .│
│                                                       .│
└──────────────────────────────────────┘


    l   ヽ  l  l     __」  .l      l  l
    ヽ  l  l _.」- ´ニニ l   l`ヽ、.  l  l
      ヽ  l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:l   llヽ;:;:;:;;l  l
      y.':;:;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:|;:;:;l   l ヽ;:;:l  l
     /;:;:/,;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;l;:;:l;:;:;:;l   l ヽ;:l  l
     ///;:;/;:;:∧;:l;:l;:;:;:;:;l;:;:lヽ;:;:ヽ  l  |  ノ\
      /;:;:l;:;:;/ l;:;l l;:;:;:;:∧;:l l;:;:;ヽ    く┌-ゝ
     /;:;:/l;:;:l ∨ ヽ:;/ リ  l;:;:l:;,ゝ    ヽ
      / l:;:;l ┯┯i ソ ┯┯、∨;l  ・  ・ l
      l l;:;l l;:;:少    l;:;:;少 ll      l
      \.l;:;l 弋:::ソ    弋:::::ソ l;\____ノ
        l;:;l             l;:;| \l
           l;::` - ___,   .イ l;:;ト、
         ∨   /l l   / /: |/ : :ヽ
             /: l l / /: : : ヽ: : ヽ
             l: :l ∨ ./: : : : :l: : : :.l
            /: : l || /: : : : : l: : : : l

長門有希
「それぞれ順番に考えて行こう」

460 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:59:00 ID:cc2..Tzs



1.1 起こる結果は、外部から伝える情報と、相手の反応の仕方とが合わさって決まる。



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「まず基本。

起こる結果は、外部から伝える情報と、相手の反応の仕方とが合わさって決まる。

これは良いだろう。

人間の反応は、五感を通じて外部から情報を得、それを脳が認知した結果起こるもの。

論証を行う場合も全く同じ。

相手にどのような情報を伝えるかと、相手が得た情報にどう反応するかが、
反応という結果を決める」

461 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 20:59:47 ID:cc2..Tzs


┌───────────────────────────┐
│                                       .│
│~ 数学っぽく書くとこんな感じ ~                  .....│
│                                       .│
│                                       .│
│・f(外部からの情報 , 反応の仕方) = 人間の反応          .│
│                                       .│
│・f(論証その他の情報 , 相手の反応の仕方) = 相手の反応    │
│                                       .│
└───────────────────────────┘


        ____
     /     \
    /  ─    ─\
  /    (●) (●) \
  |       (__人__)    |
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |

美筆やる夫
「おkですお。基本ですお」

462 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:00:14 ID:cc2..Tzs


         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)
        `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´

長門有希
「また、これは

論証の結果(=相手の反応)の全てを
自分の一存で決めることはできない、

ということも意味する。

結局、最終的な判断は相手が行うもの。
『私はこう思います』とどれほど力説しようとも、
相手がNOと言えばそれまで」



【研究室のモニタ】
┌───────────────────────────┐
│                                       .│
│               ___   /ヽ、                 .│
│        ─==フ¨´      ̄|  ``'ー- 、             │
│          /,        / ,ィ'|  ヽ     ヽ、        ......│
│         // /  /  /〃 | | |   ヽ    ヾYニヽ、     ..│
│          /,イ  /   / 〃/,  |│!、   ',.   ヽ |:.:.:ヘ:.:.\    .│
│       / /  ,'  / 孑|'"   l !| \ }    ∨:.:.:.:.:',:.:./   .....│
│        /  i  ,'' /  j   l ||  ヽ |`i    }:.:.:.:.:.:.∨     │
│         |   /  |/{!7メミ、    | _ _土 l|  | |:.:.:.:.:.:.:.|     ..│
│        | / |  lム {:::::::}     'fて::;;;}7}  ト、|:.:.:.:.:. 丿      .│
│        |/  | │il ヒ辷     {::::::::ソ |  | | ̄ ̄ |     ....│
│          |ヽ∧} '   ,    ` ー'′ | /)  ,'  |     ....│
│          | | | ` 、   r‐┐   ''  |/ノ  /  |     ....│
│          | | l    |>.、`___ ..   -‐'ア     /l   |     ....│
│      r‐‐'"¨¨V | |    |  |  / \/    / |   |      │
│      ≧=   Ⅵ |   │ /-<   〃     /   |   |      │
│    と´r─'  _,イヽ、  ,レ'|::::::∧ /    イ    |   |      │
│      `ー┬´   |  /  厂::| ∨    / │   │  |      │
│        |    丿 /  /:::::::| /    /   |    |  │      │
└───────────────────────────┘

柊かがみ
「以前論証をセールスで使ってみた時のことを思い出して。

こなたに目覚まし時計を売ることはどう頑張ってもできなかったでしょ」

463 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:00:53 ID:cc2..Tzs



     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「ああ、そうだったお。

あの時やる夫は一生懸命に論証したけど、
けっきょくこなたに目覚まし時計を買ってもらうことはできなかったお」



【研究室のモニタ】
┌─────────────────────┐
│                              ..│
│                 __,イ|__ ... .ィ        .│
│             , :<´ : : : |: : : : :ー<..        │
│           /: : :/: :/} :小: : : : : : : : ≧ー    .│
│        __,/ /: : /: :/ ,| : | ∨| : : : : : 廴      .│
│       f´/ }:/.: :.ム斗' | /| `ヘ}ヽ: : : : ヘく      │
│       ∨  ,イ: : { ;:/  j/     V ! : : ∨   .....│
│         ヽ、{∧:.:レマ7テミ     fテ「ア:|.:ト、:ハ    ...│
│        |:ヽ}ヘ/ { {トし|    |しハ'Ⅳ:|:「ヽ}    ..│
│        |: :l`ー、 ゙辷ノ   .  辷ノ{ム/:{      ..│
│        |: :|: : :|:ト、''''   _  '''' ノ´|: :|       │
│        |: :|: : :|:|:.「>r -r- <| : : |: :|       │
└─────────────────────┘

柊かがみ
「『いつでも自分の都合を一方的に押し付けられる!』
なんて主旨の煽り文句が、説得術の本にたまに使われてるけどねー。

あれ誇大広告よ。

常に、誰に対しても、どんな酷い内容でも、
飲ませられるなんてことはありえないわ。

馬鹿言ってんじゃないってのよ」

464 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:01:43 ID:cc2..Tzs



1.2 外部から伝える情報が同じでも、相手次第でその反応が異なる。



           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´

長門有希
「それから、外部から伝える情報が同じでも、相手次第でその反応は異なる。

これも先の項から言える」




    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「単純なことですが、これはとても重大なポイントを含みます」


┌─────────────────────────┐
│                                   .....│
│・自分が行う論証がまったく同じでも、相手が変わると、    .│
│ 受け入れられたり、受け入れられなかったりする       .│
│                                   .....│
└─────────────────────────┘

465 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:02:47 ID:cc2..Tzs


          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「よって、好意的な反応を得るには、
その反応を返してくれるであろう相手を選ぶべきだ、
ということに繋がっていくわけですね」




       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「あー。

そう言えば、前のセールスのときでも、
こなたがOKを出してくれたチョココロネの論証を、
ギロロ伍長やちゅるやシリーズに行っても
Noの反応しか返らなかったんだお」

466 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:03:38 ID:cc2..Tzs



/    l   l     | |
|  / .γL_  |     .|├──
|  |  l .「Tド、,|    l / L__
∨ | .| ,リ、ノ/   /_/ .|
 ゙ー'ゝ| ´ |ヾ T´ ̄   「ヽ┬─
.    l. .l゚l リ.|       l .l  |
     l  リ  |      .|ノ   |
   〈    |     |    |
    ヽ、ィ.__|     ハ    |
        |     l-‐∨  |
         |    /   ヽ   |
朝倉涼子
「そう、あれです。

え、『相手に必要ないものを売るのがセールスだ』って?

ええ、それも一つの見識ですね。

ただ、ポークハムを売る相手としてムスリムを選んだり、
食用の冷凍エビを売る相手にハシディム派を選んだりする
セールスマンは、賢明でしょうか」

467 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:04:09 ID:cc2..Tzs



         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ
        ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ
         〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′

長門有希
「それから、次のようなことも言える」


┌────────────────────────┐
│                                    │
│・相手の内面が変化すると、論証の結果も変化する   ...│
│                                    │
└────────────────────────┘



【研究室のモニタ】
┌────────────────────────┐
│                                    │
│               /\                  .│
│          '"  ̄ ̄ {    ̄ ̄`丶、           ....│
│         //: : : : : : : j: : : : : : : : : : : :\          │
│     /' 7: : : : : / : : ∧: l: : : : \: :\-=ヘ_      ......│
│       /: : : /: /: : :/: ハ:ヽ : : : : l: : : ∨:7(_厂\     │
│        /: :/ /.: :|: :⌒:/  ヽ {\⌒:| : : : ∨ │  〉     .│
│     /: ;イ:│.:.:.| :/∨    ヾ \j: : :ヽ:ハ.  |l  /    ....│
│     Ⅳ│ |.: : :!fて汽    イう汽ス: : : l: |  |:∨     ...│
│         V:! : :ハ! V:rリ    {ト:::rリ ヘ : | :ト、ノ! :!       .│
│        ヘl :.:{小. ゞ''  ,   ''ヾ'  ^∨N : ,'.:│     ...│
│        ∧ : j:人xx  rっ  xxxヘー/: : :/: : |     .....│
│        |: ∨:|: : :`ーr-zr  ァ<. //: : :/: : : |     .....│
│        |: : : :|\:_;斗' >‐く  〃: : : :/l : : : |     .....│
│        |: : : :l /-―|o/ O∧o/: : : : :∧|.: : :│     ...│
│        |: : : :|' {   `|   | 7: : : : :/ │: : :.|     .....│
│        |: : : :| V ̄| | O | /: : : /   !: : : :|     .....│
│        ヽ: : :| {____,| |   |,' : /    │: : :.|     .....│
└────────────────────────┘

柊かがみ
「さっきの例で言うと、もしギロロ伍長がチョココロネの美味しさに
目覚めたなら、その後はチョココロネを売りに行けるわよね」


    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「ただし、相手の内面を変えるには
大抵多くのリソースを必要とします。

使えるリソースが少ないのであれば、
相手を選ぶアプローチだけが
現実的な手段となりますね」

468 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:04:54 ID:cc2..Tzs



1.3 同じ相手に対しても、外部から伝える情報が変われば反応が異なる



         l⌒l      l⌒ l       | ヽ
     l\    l  l      |   |      |  l
    l ヽ.  l  l       l  .l     .l  l
    l   ヽ  l  l     __」  .l      l  l
    ヽ  l  l _.」- ´ニニ l   l`ヽ、.  l  l
      ヽ  l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:l   llヽ;:;:;:;;l  l
      y.':;:;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:|;:;:;l   l ヽ;:;:l  l
     /;:;:/,;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;l;:;:l;:;:;:;l   l ヽ;:l  l
     ///;:;/;:;:∧;:l;:l;:;:;:;:;l;:;:lヽ;:;:ヽ  l  |  ノ\
      /;:;:l;:;:;/ l;:;l l;:;:;:;:∧;:l l;:;:;ヽ    く┌-ゝ
     /;:;:/l;:;:l ∨ ヽ:;/ リ  l;:;:l:;,ゝ    ヽ
      / l:;:;l ┯┯i ソ ┯┯、∨;l  ・  ・ l
      l l;:;l l;:;:少    l;:;:;少 ll      l
      \.l;:;l 弋:::ソ    弋:::::ソ l;\____ノ
        l;:;l             l;:;| \l
           l;::` - ___,   .イ l;:;ト、
         ∨   /l l   / /: |/ : :ヽ
             /: l l / /: : : ヽ: : ヽ
             l: :l ∨ ./: : : : :l: : : :.l

長門有希
「同じ相手に対しても、外部から伝える情報が変われば反応が異なる。

論証の内容を相手に合わせるべき、というのはここから来る」

469 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:05:35 ID:cc2..Tzs

┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│              \ー- 、__ ヘ-――‐-                .│
│                  __>─: : : :│: : : : : : : : : : : `丶           ..│
│              '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:ヽ __      ..│
│          /.:.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:./⌒く 7 \    .│
│         /::::/ :::::::::::/ :::::::/:::ハ:::ヽ、::\:::::::::::::::::::ヾ///∧///\    .│
│         / -‐/::::/:::::::::/:::⌒/|::/  ' : | \⌒ヽ::::::::::::::::::∨ '/∧////    .│
│          /::::/:::::::::,'::::::::/ l/   ヽ|  \::ハ:::::::::::::::::::∨/ '∧//     │
│            / :::,' ::::::::::|:::::ャ=ァz、      ,z=弌〒} :::::::! :::|////|/     .│
│         l::::/|:::::::::::::|:::/{ f_)ハ      イ、_)ハ∨ :::::::|:::::|////|      │
│         |:∧|:::::::::::::l∧ |トし::|      |トしイ::| ヘ:::::::∧ :jー┬r'    ......│
│         '   l:::::::::∧::ハ. Vヒリ       ゝ辷.リ  '.::::ハ ∨:::::l::|     ....│
│           ' ::::/!∧:::::}     ,       ''   ィ∨ー':::::::::,' :|     ....│
│            ∨│小::人     r ,    //:/ ::::::::::::/ :::|     ....│
│              | ::|:::V::::> , . _   ィ⌒V:/::::::::::::::/:::::::|     ....│
│              | ::|:::::::::::|:::::レ「 `┴‐‐<_」/ ::::::::::::/ ::::::::|     ....│
│              | ::|:::::::::::|/ `'ー―一'´  /:::::::::::: /|:::::::::::|     ....│
│              | ::|:::::::::::|   \____,. -‐´/ ::::::::::::∧|:::::::::::|     ....│
│              | ::|:::::::::::l            / :::::::::/  ヽ :::::::|     ....│
└──────────────────────────────┘

柊かがみ
「これはまた、過去に良い反応を得られなかった相手でも、
アプローチの仕方を変えることで反応を好転させられる可能性がある、
ということでもあるわね。

内容を磨きあげるのはもちろんのこと、
外見を整えたり、発声法を変えたり、笑顔を磨いたり……
論証に対する努力の多くがここに用いられるわ」




          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「今回の内容の多くも、この考え方を基本としています」

470 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:06:20 ID:cc2..Tzs



1.4 意図した通りの結果を起こしたいのであれば、外部から伝える情報を変えるか、反応の仕方を変えるかである



                      ____ _
                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/ 
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/>              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \
            /: : : : : : : : :\::\\', ;〃/: : : : :: ::ヽ

長門有希
「つまり、意図した通りの結果を起こしたい(=相手の反応を引き出したい)
のであれば、

・外部から伝える情報を変えるか

・反応の仕方を変えるか

この二つのうちいずれか、
あるいは両方を用いるのが基本となる」

471 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:07:27 ID:cc2..Tzs


    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「これは論証を成功させたい場合も同じです。
具体的には次のような工夫をすることになるでしょう」



┌─────────────────────┐
│                              ..│
│【外部から伝える情報を変える】          .....│
│・論証の内容を変える                 .│
│・外見を整える                    ......│
│・発声法を身につける                .....│
│・体臭を管理する                   ....│
│など                            │
│                              ..│
│【反応の仕方を変える】                ..│
│・反応がいいと思われる相手を最初から選ぶ  .....│
│・相手の価値観に干渉する               .│
│など                            │
│                              ..│
└─────────────────────┘

472 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:08:19 ID:cc2..Tzs

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「だいたいわかりますが、相手の価値観に干渉するって、どんなのですかお?」




: : : : : : : : : : : :|: : ::|: : : :;|:.:. : : : : :/:: : : : : : : : : :ハ
: : : : : : : : : : :.:|ヽ: :|: : ::/|:: : : : : :/ヽ/: : :.: : : : : :|
: : : : : : : : : : : |:.: :\;:/ |: :: : : :/∠∨:.: : :|: : : ト、:|
: : : : : : : : : : ::|: :/'|::/\,|: :|: : /ィチヤ∧::.: :|: : : | `
: : :: ::|: : : : : : |:/zテ弐チ |:/|: :/'|f::j:} ハ::',:: :|:: : :j
: : :i::_|:: : : : : :|' {f´:::j:|  j:;/ V:;リ ハ:.: : :|: : :/
: : :{´ |: : : : : :| 、弋z::リ  ´   、 " {:: : : :l::/
: : :ヽ、|: : : : : |    ̄           }:: : :/´
: : : : :.:|: : : : ::|            ,.イ: : :/
\:.:|、:.∨: : : :|‐r- __ヘ_ ,.-‐<::::::|:: :/
  {`  ヽ、:.: :| \ゝ-‐'ノ    \:|::/

長門有希
「相手の価値観を意図したものに変える、ということ。

教育や大量の広告による刷り込みなどが代表例。
長期間にわたって、一貫した情報を、大量に与えるものが多い」


┌───────────────────────────┐
│                                       .│
│~ 大量の広告による刷り込みの例 ~                 │
│                                       .│
│                                       .│
│【状況】                                    │
│『物を大事に使う』ことが美徳だとされていて            ...│
│自動車の買い替えが起こらず、需要が喚起できない。       .│
│                                       .│
│                                       .│
│【価値観への干渉】                          ......│
│大量の広告宣伝によって                        │
│『型の古い車にいつまでも乗っているのは恥ずかしいこと。    │
│借金してでも新車を買うべき』                      │
│と価値観を変える。                           ..│
│                                       .│
│                                       .│
│【結果】                                    │
│変えた価値観と、毎年のモデルチェンジと組み合わさり、      .│
│自動車の買い替えが増加。新車販売が大いに伸びる。      │
│                                       .│
└───────────────────────────┘

473 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:09:13 ID:cc2..Tzs

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「おや? これはゼネラルモータース社が
フォード社を追い抜いたときの手法ですお」



【研究室のモニタ】
┌─────────────────────────────────┐
│                                                │
│               ,. - ':":´: ̄:`: : : :.|: : : : : : : :`:`: . 、                │
│          ,. '   ,. ‐'": : : : : : ,.'.:::!: : : : : : : : : : : : :`ヽ、            ....│
│           , '゛,. -ァ'゛     . ./.:::,.'゙!: :!: : : :.V: : : : : : ヽ: \             .│
│         / '´ /  /: : :,:': : :./.:::/  !:.|`、: : : Vヘ.. .   `、:.ヽ            .│
│    ,-、      /. : :./: : : :/ '⌒7ト、'   !:.!  v‐'':゙!゙゙、:`: : : : .∨Y7;ヽ;,、        │
│    、 ヽ   /: : :,イ: : :.::/: : :,.' .!:/ `  ヾ!  `、: : Vヘ: : : : .::. V,!;;;;;;;ヾ;;丶、     .│
│     `、 ヽ. /: :./.l: : : :::i: : :/  |:l       ゙!  `、: :iV:i, : : : ::::. i!;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;\    .│
│      `、 V.:./ l: : .:::::l: :./   |!         ヽ: !ヽ!: : : :::::. |;;;;;;;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;〉   ..│
│       ゙i/ヽ. ,/゙゙i:イ::!: ハ  ,_,ィ彡       ミ=ュ、、、ィ!: : : j:::: !;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;/   ....│
│.      / ¬、ヽ! .|l l::!/::ヘ ヾ=‐''"       ``''''''''"|: : ∧:::.!;;;;;;;;;.イ;;;;;/    ...│
│      / ,..、 ヽ .|、 ! !l':::::λ ' '     __ ,,.、   ' '   |: /,._V:j;;;;/:l:|;/     .....│
│.    /   ヽ |_/  |  }:::::/:l       i     |     レ'ζ゙ }:l'"::::::l::|         .│
│.    !  ┐ ,レ゛   ! !|::/:::::、     ヽ、 _,ノ     ,、_, ィ:リ:::::: :l:::|         .│
│     ヽ  `′   ,ノ. l:i|/: ::::::`;:...、           ,. '′ //::::::::: : l::::|       ....│
│       `;.      /  l;;!l: : :::::::l::::l ` 丶 ,._ _,, <!    〃::::::: : : l::::::!        │
│.      /    i   !::!!: : :::::::!::l  ,/´l    {`,`ヽ、_/::::: : : : :!::::::j         .│
│.      /    j    !::i!: : .:::: :!:l'''" /‐'゛    ソ   ,/::: : : : : /::::::::|       ....│
│     /     i''ー-┴'|: : : ::: :l:!  /- ― - .、 /   ,/:: : : : : :/'^ヘ;:|       ....│
│.    /      i       l: : : ::: :l|   |      /    /: : : : : :.// / `、        │
│    /       i       l: : : : : l!.  |      /    /: : : : : :// /   `、       .│
└─────────────────────────────────┘

柊かがみ
「そう。

追い抜いた要因の全てがこの手法に帰されるわけではないのだけど、
大きな要因の一つとはされるわね」

474 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:09:48 ID:cc2..Tzs


【研究室のモニタ】
┌─────────────────────────────┐
│                                           .│
│                 \、  __/ヽ、 __                  │
│             __,.-‐:`: ̄: :|: : : : :  ̄:`:‐:‐-、_          .....│
│         ,.-‐" ̄: : : : : : : : : : :/|`ヽ: : : : : : : : : : : :`ヽ、_         │
│       /-‐´ ̄>: : : :; : : :/::/ |   |: :|、: : : |:、:: : : : :、:/:::\_   .....│
│             /: : : : :/: : :/::/ |   |: :|∨: : |::ヽ: : : : :ヘ::::::::/:::::}  ......│
│              /: : : : : /:--‐':/  |  |:`|ー∨-|、: |: : : : : |::::/::::::〈   ...│
│           j: : : : ::/: : :/|:/__,    ヽ|、__ヽ::|: ::j: : ト、: :|::/`;ヽ::j    .│
│            |: i: : :::|: : :ャテオチ    オチテヤ7∨: : |::|: ::|::::||:::::|~    .│
│             |:.:j: : :::j: : /弋:汐     弋z:汐 ' V: : j:::|::/:::::||:::::|     │
│             |/|: ::::::ハ:/ `-‐'"  ,    `‐- '"  V :/:::||::::::::||:::::|     │
│             | |:::::::::::::ハ              ∨):::||::::::::||:::::|     │
│            | .ヽ:::::::/:λ     r-‐‐-、    ,.r-:':::/||::::::::j|:::::j    ..│
│               ̄~|∨::/:::|` ー- _ ̄ ̄_ -‐τ´::::: : /|:i:: ̄::|~ ̄     .│
│             |::|::/:::::|  ,ィ'゛j ̄ トヘ_  |:::::/: :/ |:|:::::::::|      ...│
│             |::|/:::::i:|_ノ、j |  / / .ヽ|::/:: :/ |:|:::::::::|      ...│
│             |:i|: ::: |:|  | |ヽノ / 〃|´: : :{  |:|::::::i::|      ...│
│             |:|:!: : :|ノ  | |/ / ./ |: : : :|ヽ、|:|:::::|::|      ...│
└─────────────────────────────┘

柊かがみ
「ただし、価値観への干渉で起こることは、良いものばかりじゃないわ。

何らかの行動の副作用として、
図らずも価値観への干渉を起こしてしまったようなケースは、
ありがたくない効果であることが多いわね」



┌─────────────────────────┐
│                                   .....│
│~ 副作用として悪い干渉が起きた例 ~            │
│                                   .....│
│                                   .....│
│【状況】                                │
│(特に価値観に干渉しようとする意図はなかった)       .│
│                                   .....│
│                                   .....│
│【価値観への干渉】                         .│
│子どもへの愛情を表現しようとして、何度か甘やかす。   ..│
│子どもは『自分は甘やかされるのが普通』と認識する。   ..│
│                                   .....│
│                                   .....│
│【結果】                                │
│我儘な子どもに育つ。                      ....│
│                                   .....│
└─────────────────────────┘

475 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:10:21 ID:cc2..Tzs


     ____
   /      \
  /         \  
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「あっちゃー」




      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l

朝倉涼子
「教育の失敗、といわれるものですね。

余談ながら、こういうことがあるので、
何かを行う場合は副作用も検討することが望ましいです。

よく言われる『トータルで考えるべき』
ってのはそういう意味も含みます」

476 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:11:05 ID:cc2..Tzs




◆◇◆◇◆◇ 2.論証の効果と、自らの信用・資源の関係 ◇◆◇◆◇◆



.

477 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:11:57 ID:cc2..Tzs




   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

長門有希
「次に論証の効果に自らの信用や資源が及ぼす影響について考えよう。

なおこの章では、会話における論証の中でも、特に交渉・説得に絞って話を進める。

というのは、論証の効果と、自らの信用・資源の関係を考えるには
交渉・説得が一番わかりやすいため。

自らの信用は、人間関係と言ってもだいたい同じ」



      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

美筆やる夫
「あ、すみません。

交渉と説得の違いがよくわかりませんお。
教えてほしいですお」

478 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:12:56 ID:cc2..Tzs


            _,..:-:‐:─::─::─::--..、__
         ,.ィ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:ー::‐:-‐:ァ
         /: : : : /: : : : : : :: : : : : : : |:: : : :\: : :<´
       /: : : : : : |:: : : : : : :|: : : : : : : |: : :|:: : :ヘ: : : ヘ
        / : : : : : : :|: : :.:|:: :/'|: : : : : :: :|ヘ:.:|ハ:: : ハ: : : ∧
      j : : : ::|: : : :|:‐:-|、/__ |:: : : :∧:|_,|-}‐ヤ: : :|: : : : :ヘ
      |: : : : ::|: : : :|::/_j/_`|:: : :/ _´__j;/_ V:: : : : :|\::| //
      j: : : : : |: : : :|'〒弐〒j::;/ 〒弐〒ア∨:: : : :|  `   ‐┼‐
     '´|: : : : ;|: : : :|l |f‐':::l:| '"    |f‐':::l:| l ハ:ヽ:i:: :|    r‐┼、ヽ
       |: : : r' |: : : :|、|l::t::j;j     |l::t:::j;j,' {:: : : ト、:|    ヽ-'  〉
       レヘ:.:ヽ_|:.: : :| `ー-‐'    ' `ー-‐' l: : : :| `    ‐┼‐
        \:.:|: : : | : : : ..        .. : : : }:.: :/      r‐┼、ヽ
             `レヘ: :ト、._____rュ____,,ノi: :/      ヽ-'  〉
           __,ヽ::|'´ ヽ'  メ、`ヽ、:∧::::::|:/         ヽ
         /:^:、\\  \ニニ〉 } }ヽ`ヘj/      \\

長門有希
「了承する。交渉・説得の意味は次の通り」


┌────────────────────────────────┐
│                                              ..│
│交渉 …… 資源の取引を目的として他者と行う活動全般           ..│
│                                              ..│
│説得 …… 自分の主張が妥当であると相手に納得させるための行為     │
│                                              ..│
└────────────────────────────────┘

479 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:13:26 ID:cc2..Tzs

                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}
      ヽ.:.:.{_,,/´~}~〉 ̄~´::::::i:::::::V | ,/ /:::::::i::::::::|
        ~~`ー`VV:::::::::::::::::::|:::::::|ヽ|,//|:::::::::::}::::::::|
              ̄ ̄ ̄゛|:::::::|/∧ヽ. |::::::::::|::::::::|

長門有希
「交渉の場において、自分の主張が妥当であると相手を納得させるために行うのが説得。

説得は交渉の中の一分野だと考えれば良い」




       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「了解ですお」




         _, -ー,=、ッ-、、.-‐、
       //´ ̄´  `  `   ヽ
      / /     ;ヘハ  l   ハ
     /  /    l |   | _l_ |   |
     /_,..┤   zビ''|   ´リ `l  リ
     { _ | | _,.l ''ー'   ___ l`r{
     ト、 ミ T´ | ===   ` ̄´|´ハ _
    ,' r-,、{ |  | xxx     xxx|l'`∨
   ,'/∨ `|  |、   ー'ー' _,. ィ'| _|
   /  ヽ、| | `ヽ' ニ '´ |  l.|,イ
 //  ヽハ  |   ,    |  | |
/ /__   l ヘ リ  /_ ┼┐ }-、', |


朝倉涼子
「早速個別に考えて行きましょう。1)自らの信用、2)資源、3)自分自身の感情です」

480 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:14:20 ID:cc2..Tzs



2.1 個人の信用と、論証の信頼性



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「まったく同じ論証を行っても、行った人間の信用が
高いか低いかでその効果は変わる。

言うまでもなく、高い信用を得られているほど効果が高く、
逆に信用が低いほど効果が低くなる」



   /´       `ヽ、
  レ         ハヽ ヘ
  /,.ィ┬'Tオ¬Tl‐-,じ_ ヾヘ
  Y | |T´_リ 「゙'ト-リ | `k'ノ
.  |LY'=== , === }r、' ノ |
  | ,l       /,レ'ヘ| |
  | ゝ、.__⊂つ_,.ソ   l.| |
  |l | オ'Lニ-| |  /l l |
  |l レ/ |  ̄´ | /|_ノ .| |
  |´/ |___|' l    | |
  | ト ,ィ'¬¬¬T. |   | |

朝倉涼子
「論者がどんな人であるかは、論証の妥当性になんら影響しません。

ですが実際には、個人に対する信用は論証の信頼性に直結します」

481 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:15:10 ID:cc2..Tzs


~ 同じ論証でも信用で効果は変わる ~


┌────────────────────────────┐
│                                         .│
│◆信用が高い場合                              .│
│                                         .│
│                                         .│
│       ___                            .....│
│      /     \                             │
│    /   ⌒  ⌒\                           │
│   /   ( ⌒)  (⌒)\                          .│
│   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i                        ....│
│   ヽ、    `ー '   /                         ..│
│                                         .│
│美筆やる夫                                ......│
│「……というわけで、キャンプに行くと楽しいんだお!         .│
│今度行こうお!」                             ......│
│                                         .│
│                                         .│
│                __,. -――- 、、_                 │
│               ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、            .....│
│              〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、              │
│             /{ノ         ) ヽ、ぃ            ..│
│            ノ /// / /  /  /}  i`、} 、            .│
│            \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >            .│
│             | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ            │
│             从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、          ....│
│             / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、          │
│             / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、      .....│
│          __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\       .│
│       , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \\     .│
│      / /ノ / ゝ、 /^'t、,_  `'}ー'"   }  } ヽ 'ー、  \\    .│
│                                         .│
│翠星石                                   .....│
│「やる夫がそう言うなら、そうかもしれませんね。いいですよ」   ......│
│                                         .│
└────────────────────────────┘

482 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:15:51 ID:cc2..Tzs


┌────────────────────────────┐
│                                         .│
│◆信用が低い場合                              .│
│                                         .│
│                                         .│
│       ___                            .....│
│      /     \                             │
│    /   ⌒  ⌒\                           │
│   /   ( ⌒)  (⌒)\                          .│
│   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i                        ....│
│   ヽ、    `ー '   /                         ..│
│                                         .│
│美筆やる夫                                ......│
│「……というわけで、キャンプに行くと楽しいんだお!         .│
│今度行こうお!」                             ......│
│                                         .│
│                                         .│
│                       ,. -- 、 _                │
│                   ,.イ=冖¬ 、.`>.、 _           ..│
│                    /‐.:.".:^:ヽ、 .* `ヽ、  > 、._         │
│                 r':/.:.: -.:.:.:.:.:.::`:ヽ   \    \     ....│
│               /:/ .::イ.:.:.:.: .:.:.:.:.::::/.:\.*ヽ     `ヽ.   ...│
│               イ/;//.:/.:.:イ:/:::::.:.:ヽ.  ヽ          .│
│              !l {/.ィ_.:/.::/.:,./.:.:.::::::::.:.:ヘ   ヘ         .│
│             { i、l:l'y戈.,ィ'.;. イ.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.: .i ※}         ..│
│             { | ::|弋ソレ'ヽ、_i_;;.:.:.:人.:.:.:|  i          .│
│            /,i .::|."",     i(('ー,、レ.:.:.:.:.:.:j ./_, .-┬''"´   ....│
│           /x リ .:::ヘ.       ゞイ .V.:.:.:.:./*r".:::::::.:.i     ......│
│         /   ./ ;ィ" ヽ'ヽ   "" ,.イ' /.:.:/  !.:.::::::::l.:.!      .│
│        / ※ ,イ;/ _,r''_.|` "フ'':::´:::.:.イ.:.:./  {.:.:ヘ:::::::リ       .│
│      ,イ  .,..イ,/(ミヽ.'./^7,イ.:/::.:.:/.:.:..:/* j.:ヽ.:ヽ.:/        .│
│     ,イ※ /:::,r;ニ三=,イ,「"/.:/::::::,:.'.:.: /   }ヽ.::\/       ...│
│    /   /.:::::r"( `フ"´ / ,/.:/::: イ:.:.:.:r' ※ ./`Z,,:::,i         │
│                                         .│
│翠星石                                   .....│
│「やる夫の言うことはあてになりませんからね……。          .│
│                                         .│
│ま、行きたくなったらこちらから声をかけるですよ。          ..│
│たぶん行かないですけど」                         │
│                                         .│
└────────────────────────────┘

483 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:16:44 ID:cc2..Tzs



      ____
    /―  ―\
   /u ⌒   ⌒ \
 /    _ノ 、_! ヽ  \
 |      トェェェイ     |
 \     ヽニソ    /

美筆やる夫
「あー、これはよくわかりますお。人間信用が大事ですお」




                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「そう。そこで、信用を高める努力を日ごろから行うとともに、
論証の際にも、実績や経歴を紹介するなどして、
自分がこの内容について話す資格があることをPRする必要がある」

484 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:17:41 ID:cc2..Tzs


         _, -ー,=、ッ-、、.-‐、
       //´ ̄´  `  `   ヽ
      / /     ;ヘハ  l   ハ
     /  /    l |   | _l_ |   |
     /_,..┤   zビ''|   ´リ `l  リ
     { _ | | _,.l ''ー'   ___ l`r{
     ト、 ミ T´ | ===   ` ̄´|´ハ _
    ,' r-,、{ |  | xxx     xxx|l'`∨
   ,'/∨ `|  |、   ー'ー' _,. ィ'| _|
   /  ヽ、| | `ヽ' ニ '´ |  l.|,イ
 //  ヽハ  |   ,    |  | |
/ /__   l ヘ リ  /_ ┼┐ }-、', |

朝倉涼子
「信用を高めるために日ごろから行うべき努力としては、
次のようなものがあります」



┌────────────────────────┐
│                                    │
│)日ごろから誠実に振舞う                   │
│                                    │
│ ・約束を守る。無理な約束はしないようにし、       .│
│  どうしても破らざるを得なくなったら心から詫びる。    │
│ ・相手に好意を持ち、またそれを折に触れて伝える   .│
│ ・いい加減なことを言わない                  .│
│ ・親切心と謙虚さを持つ                  ......│
│ など                              .....│
│                                    │
│                                    │
│)信頼感のある外見を保つ                 .│
│                                    │
│ ・体を清潔に保つ                      .....│
│ ・服装と髪型に気を配る                    │
│ ・笑顔を磨く                           .│
│ ・発声に気を配る                        │
│ など                              .....│
│                                    │
└────────────────────────┘

485 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:18:53 ID:cc2..Tzs


    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「また、自分がこの内容について話す資格があることをPRするには
次のようなことを行います」



┌─────────────────────────────┐
│                                           .│
│)肩書きをPRする                             ....│
│ ・職位を用いる(『代表取締役』など)                    │
│ ・資格を用いる(『○○博士』『弁護士』など)              ....│
│ ・紹介を用いる(『○○さんからご紹介いただきました』など)      │
│ など。                                    ......│
│                                           .│
│)実績や経歴をPRする                           │
│ ・関連する実績があることをPRする(『プロジェクトに参画』など)    .│
│ ・関連する経歴があることをPRする(『この道20年のプロ』など)    │
│ など                                     ......│
│                                           .│
└─────────────────────────────┘

486 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:19:18 ID:cc2..Tzs

          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「たとえばプレゼンテーションを行う場合、
事前に『自分はこの内容を述べる資格を持つ人間である』と示すのが
基本となっています。これなんかが論証の際のPRの典型ですね。

営業さんがまず自社の名前を出して自己紹介するのも、
そうだと言えます」



         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /

美筆やる夫
「なるほどだお」

487 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:20:10 ID:cc2..Tzs




2.2 資源と、論証の結果




 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、

長門有希
「論証がまるっきり屁理屈でも、言うことを聞かせられることがある。

己の有する強大な資源、たとえば財力や権力、暴力などを背景として、
結論を相手に強制的に受け入れさせる、というもの。

要するに実力行使」




      _,. -ー‐-_- 、 _
   , '´ /`'‐-'´ ヽ,'´ `ヽ-‐ヽ
  /  /  /   /  , ,    ,ハ
  /   /   /  l ト、,-l |  l  l ハ
  | __,.|   |   l |  | l  |   | |
 彡ニ|   l|ト.、__|__|  _L斗 |   | |
 {   ハ__|_______,´   _____,゙T‐  l |
 l‐- r'|  | TiiTT   ` ̄├‐「´´
 |  'ヘl  | |ll| l       l |
. l ,  |  |U  ,...___     ノ |
.| ,'  |  「ヽ -`ニ´,-r‐T´.  |
| ,'   |  |  `  ´ , ', |   |

朝倉涼子
「親が子どもに言うことを聞かせる場合が身近ですね。

殴って言うことを聞かせるとか。
もろにDV(家庭内暴力)ですけども」

488 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:21:01 ID:cc2..Tzs


                 \、  __/ヽ、 __
             __,.-‐:`: ̄: :|: : : : :  ̄:`:‐:‐-、_
         ,.-‐" ̄: : : : : : : : : : :/|`ヽ: : : : : : : : : : : :`ヽ、_
       /-‐´ ̄>: : : :; : : :/::/ |   |: :|、: : : |:、:: : : : :、:/:::\_
             /: : : : :/: : :/::/ |   |: :|∨: : |::ヽ: : : : :ヘ::::::::/:::::}
              /: : : : : /:--‐':/  |  |:`|ー∨-|、: |: : : : : |::::/::::::〈
           j: : : : ::/: : :/|:/__,    ヽ|、__ヽ::|: ::j: : ト、: :|::/`;ヽ::j
            |: i: : :::|: : :ャテオチ    オチテヤ7∨: : |::|: ::|::::||:::::|~
             |:.:j: : :::j: : /弋:汐     弋z:汐 ' V: : j:::|::/:::::||:::::|
             |/|: ::::::ハ:/ `-‐'"  ,    `‐- '"  V :/:::||::::::::||:::::|
             | |:::::::::::::ハ              ∨):::||::::::::||:::::|
            | .ヽ:::::::/:λ     r-‐‐-、    ,.r-:':::/||::::::::j|:::::j
               ̄~|∨::/:::|` ー- _ ̄ ̄_ -‐τ´::::: : /|:i:: ̄::|~ ̄
             |::|::/:::::|  ,ィ'゛j ̄ トヘ_  |:::::/: :/ |:|:::::::::|
             |::|/:::::i:|_ノ、j |  / / .ヽ|::/:: :/ |:|:::::::::|
             |:i|: ::: |:|  | |ヽノ / 〃|´: : :{  |:|::::::i::|
             |:|:!: : :|ノ  | |/ / ./ |: : : :|ヽ、|:|:::::|::|

柊かがみ
「実際に用いないまでも、それを用いる可能性をもって恫喝する手もあるわね。
子どもが委縮しちゃうから、教育方針としては下の下だけどさ。

ただ、国家間の交渉(つまり外交)では
経済力・軍事力を背景とした恫喝が日常茶飯事よ。

歴史をひも解くとそれがよーくわかるわ」


┌────────────────────────────────┐
│                                              ..│
│参考 : 経済力・軍事力を背景とした恫喝がよくでる歴史系やる夫スレ     .│
│                                              ..│
│                                              ..│
│やる夫が鉄血宰相になるようです  泳ぐやる夫シアター             │
│http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-category-50.html             │
│                                              ..│
│やる夫が北方の獅子王になるようです  それにつけても金のほしさよ     .│
│http://snudge.blog38.fc2.com/blog-entry-54.html                ...│
│                                              ..│
└────────────────────────────────┘

489 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:22:00 ID:cc2..Tzs

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ

美筆やる夫
「まあ一番確実だし、それができるなら、
一番だと思うお」




ノ::::/::::::/:::::;:::i| :::l::::::::::{:::::::::::::.ヽ:::::::::::
7:::;':::i:::i:::::::l::::|i::::|::::::::::.l、::::::::::::::::i:::::::l::
:::/::::|:::|:::::::|:::l |::::ト;:::::::::l i:::ト、;::::::::l::::::l:
イ::::::l| ::l::::::i.|:|__l_;レ゙、:::::| l;:トx,,_、;;::|:::l::
.l:::::::|:l::::l::::| |! ,,_!;ト、 \{ ヽィ _,,ヾ|/`
. l:::::i゙l;ヽiヽ! イ{゚ ゙'r     ィ'゚ ゙.}゙ゝ
 ヽ;!:i;ヘ;::::::|`.!cッ;j      !c;;;ツ /::
  ヾ.|i.|:::::::i,      、      ./::::
   ノ゙ ヽ;::、ゝ、         , イ:;::::;
      ヽ::`、{゙' 、 ー ‐- .,,r''V//.::/
       \:::l,,イ:}::`:::: ''゙ .{ヽ///
     _,,::‐''´ヾ /゙     `'i:.'゙.:`'ー
 _,,:‐''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ー--、  , -‐-}.:.:.:.:.:.:

長門有希
「ん? いや、それは違う。

実力があること自体は好ましいが、
それを振りかざして相手を力でねじ伏せるのは、
相手の納得を得た場合と比べデメリットが大きい。

一番は相手を納得させられること」




      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「え? そうなんですかお?」

490 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:22:44 ID:cc2..Tzs


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「そう。

人間は自分で決めることを好み、
他人に行動を強制されるのを嫌う生き物。

力尽くで言うことを聞かせられたなら、強い不満を心に抱き、
なんらかの好ましくない反応を返すのが普通。

これはかなり大きな問題。

その後の交渉の成否に悪影響を与えるのはもちろん、
不信や怒りに基づいたなんらかの反抗的行動がなされることすらある」




━┓
┏┛    ⌒
・    .___ ⌒  ___   ━┓
   / ―\ / ―  \  ┏┛
 /ノ  (● X  (●)  \ヽ ・.
| (●)  /_  (⌒  (●) /.
|   (__/      ̄ヽ__) /
 \  /´    ___/
   \|        \
   /|´        |

美筆やる夫
「? 力でねじ伏せられるような相手に反抗などできますかお?」

491 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:23:12 ID:cc2..Tzs


      _,. -ー‐-_- 、 _
   , '´ /`'‐-'´ ヽ,'´ `ヽ-‐ヽ
  /  /  /   /  , ,    ,ハ
  /   /   /  l ト、,-l |  l  l ハ
  | __,.|   |   l |  | l  |   | |
 彡ニ|   l|ト.、__|__|  _L斗 |   | |
 {   ハ__|_______,´   _____,゙T‐  l |
 l‐- r'|  | TiiTT   ` ̄├‐「´´
 |  'ヘl  | |ll| l       l |
. l ,  |  |U  ,...___     ノ |
.| ,'  |  「ヽ -`ニ´,-r‐T´.  |
| ,'   |  |  `  ´ , ', |   |

朝倉涼子
「できますし、行われますよ。

主な手段は裏でこっそりと非協力を貫く消極的反抗です。

自分の損害を度外視して正面からやり返す積極的反抗も
たまにありますが」


┌──────────────────────────────────┐
│                                                  │
│◆消極的反抗                                         .│
│                                                  │
│主に裏でこっそりと行う反抗。                                 .│
│サボタージュやストライキ、作業の手抜きなどの非協力が典型。            │
│なかなか露見しないため行われやすい。                         ..│
│                                                  │
│                                                  │
│◆積極的反抗                                         .│
│                                                  │
│主に正面からやり返す反抗。反撃や暴動が典型。                    .│
│ただし行った者もタダでは済まないことが多いので、おいそれとはできない。     │
│                                                  │
└──────────────────────────────────┘

492 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:23:57 ID:cc2..Tzs

【研究室のモニタ】
┌───────────────────────────────┐
│                                            ....│
│                         __,ィl__             _,    .....│
│                 _,...-‐:'´: ̄: :/: :|: : : : : ̄:`ー:-:.-‐==´: :/      │
│                 ,.ィ´.: : : : : : : : : : : ::|: : : : : : : : : : : : : : : : :/     ....│
│               /:.: : : : : : : : : : : : : : :|:: : : : : : : : : : : : :`:<        .│
│            /: : :,':: : :/: : : : : : : : : :|:: : : : : : : : : : : 、. . . ...\     ....│
│         ___j:_:i:/::;/. . . . . ..l. . . . . .ト、. . ..i. .、.. . . . . .ヽ、. . . .ヽ    ...│
│        /´  |   |: :,'..... . : : :、: :|: : : :i: :| |ヽ::|:: :l:. : : : : : : :\: : : :.ハ     │
│        \  |   |:/::;': : : : : : ,\: : /|: :| | |:: :|/: : : : : :、: :\、: : |  ......│
│           〉‐r─‐/::/::: : : :/:;/ |:`:メ、l: :| |  l/lヽ::: : : : : ∧:: :ハ\:|  ......│
│        / /'  /:;イ::: : : :/'´__|::/_、 |: | | ,__|::/_\::: : : : ハ\:|     ..│
│        〈  |  〈:/ |: : : :/:| l´ ん::::(_|`|/  ´ん::::(_| l ∧::: : : : | `      .│
│           \|___,|: : :/:::| 、 弋:: : :リ    V:: : :リ,' ハ::∨::: : :|        │
│          |:|: :::|:.:|: :/'ヽ:|    ゛ー"     ゛ー"  | |::::∨:.: :|       ..│
│          |:|: :.:l、:|:/ゝ、__ ゛゛                j,ノ:::: :ヽ::/        .│
│          |:|: : |::|、: : : ::`ヽ、           ,.ィ:::|:::: : : :l:|         │
│          |:l: : :l::| \: : : : :::>、_r-──-、_,.:<:::|::::|::: : : : l|       ....│
│          |l: : : |:|  `ヽ:: : : : ::〉l ̄ ̄l ̄、ノ::::::::人::|::: : : : :|       ....│
└───────────────────────────────┘

柊かがみ
「なにかと力を振りかざす暴君タイプのリーダーの下にいる人たちが、
よく消極的反抗を行うわね。

つまり最低限の協力しかしないわ。
言われたこと以外は放っておくし、言われたことも出来る限り手を抜く。

この結果としてチームの生産性は落ち、
リーダーはそれを解決するため、さらに力を振りかざして罰を強化し、
それに応じて消極的反抗も激しさを増し……
と悪循環にはまっていくのがよくあるパターンよ。

かの毒ギョーザ事件も従業員の消極的反抗だったと言えるわね。
あれは露見しちゃったけど」



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

美筆やる夫
「あの大問題になった件かお。そう思うと、消極的犯行と言っても舐められないお」

493 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:25:06 ID:cc2..Tzs



      / /   /   /  / /  /!   /  l   !  l  、 丶    丶 ヽ
   _∠‐ 7  /   /  / /  / l  /!  ハ  l  ハ l  l   丶ヽ\!
     /   /!   '  / /  / l / l  ハ  / /  l l、 l    〉、l ′
      /   / l    ′/ /‐‐/- .l / l /  l / /-‐-l Lヽ !   ハl
.    / _ / /l   ' /l/l /  l/  l /   ! /   |ハ Y !  | ′
   // / / !  l / リ l /___    ′   ´   __」/_ l l l  ヘ
    '   /イ  ',  l'   fr"チ卞ミヽ        ,rチ千卞>y j ! 、 _\
     // !  ハ  ヘ  l.バrj::::.::ト         lr,:::::.::j /,/  l 、\ `
_     /´ l / Y^、 ', ハ ゙ぃ_シ        ヒ_.ソ /}  lヽl\. \
        !/  ト ヘ ',  ハ        ,        /イヘ. ! `  \. ヽ
        ′ l/ヽ_ヘ. ',  ヘ               / /  ', l      \ヽ
            ' ,´ }、ヽヽ丶       rヽ      イV    ',l        ``
           l   い,、\ヽ> _       , イ、/     '!
          l  l ′\Nヽヽ`コ ー-‐ ' ´ {`>'-――‐ ¬ 丁卞ー-、
          l  j  __ヽ‐'´_rノ       Y        | | |   \
         _ _」、 ヽ´      /´  ___   |        | | |     `丶‐- 、
      ,r‐-'´`´  ;  ゙!      |  /   `‐-l         | | |    /     \
     j  、  i´    V _, -‐亠、´ / ̄`‐-|         l l l    l

長門有希
「そう。そういうわけで、相手の同意を得る手法の方がずっと望ましい。

力でねじ伏せるのは最後の手段。
             ~~~~~~
それを最初の手段として位置付けているようでは、交渉下手。
     ~~~~~~
要らぬ反感を買うばかり」



        ,.-,=ニ_´,.-'´`ヽ,-'ヽ、_,..、
     ,-´/   `           ヽ
    / /     /   ,、  ,、 l    ヽ
   /  /  /  /   / `´ l  l   ハ
  l   /   |  |   |_,    リ  |    |
  |__/   |   | '''''''T´   `メ、_ |    |
  〈、、 リ   └r‐'──'    '└-ハ__  _|
  〈 `ヾT¬' | ======    ==== | _ニ,」
  |`ヽ l´|   |           |´l |
.  |  ∧.|   |  γ'''¬‐-、    ', l|
  |  /   l   |  ',    ノ    ノ .l|
 | /   |    |'、‐-゙、.__, ィ、. -‐イ  l|
. | /    l    | `ヽ   ノ ハ  |   リ|
.|/   |   ヘ  l   `   , ', |  リ |

朝倉涼子
「ついでに言うと、『交渉は拳で行うもの』という思考パターンでは
同格以上の相手には打つ手なしとなります。

交渉は目上を相手にせねばならないことも多々ありますから、
それでは困りますね」

494 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:25:51 ID:cc2..Tzs


【研究室のモニタ】
┌───────────────────────┐
│                                  │
│         、____     /:ヽ.___             │
│         `>-‐: ̄:: ̄.|:: : : : : : ::`:ヽ、         .│
│         /:.;ィ´: : : : : : ::|: : : : : : : : :ヽ::ヘユ_     .....│
│       //:: : : .:/;ィ⌒:.:/|: :|、::⌒ヽ:: : :ヘ:/:::|:ヽ、    .│
│       '" /: : : ::/: :.:/: :/ |: :|∨: : :|:: : : :ヘ:::::|:::::.;〉  ....│
│         /: :/: :/: .:/|:.:/  |:.:| \::|:: : : : :ハ:::|/   ....│
│       j:.:/|: ::j: :/__|/_   ヽ|___ ∨:.: :ト、::|:~|      .│
│       |:/ |: ::|:/} ≡≡   ≡≡ ∨:/、::V: :|    ....│
│       ´ |: .:i´:j            ∨ノ:j:::i:::|     │
│          |:/|: :ヽ、   r‐--┐   ,ノ/~:::/::::|:::|      │
│         ´ |: :i:::::|`ー-`r- r'-‐'´ /: :::/:::::::|:::|      │
│             |: :|:::::| /´j  {7 `ヽ/: :::/::i::::::|:::|     │
│           |: :|:::::|/  | ̄/  ,./: :::/、:::|:::::|:::|    ....│
│           |: :|::::/\. | ./ //:::/ ヘ::::::::|::|      .│
│           |: :|:/ `{ ヽ/  |::/    ,〉::::|::|     .│
└───────────────────────┘

柊かがみ
「伝説上の話だけど、創世記のアブラハムなんか、
神さま相手に値切り交渉をしかけてるわ。

彼らにとっての神さまって絶対の存在のはずなんだけど。

天晴れよね。根性あるわ」

495 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:26:47 ID:cc2..Tzs

┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                                                    │
│~ 超目上の神相手でも交渉はする ~                                            │
│                                                                    │
│                                                                    │
│<神 「ソドムとゴモラ滅ぼすから」               アブラハム                        ....│
│                                   「それが貴方様にふさわしい行動でしょうか?     │
│                                   正しい人間が50人いたら勘弁して下さい」     .....│
│<神 「もっともだ。よし、50人いたら勘弁してやろう」                                  .....│
│                                   「やっぱり40人にしてください」              │
│<神 「では40人だ」                                                      ..│
│                                   「もう一声」                        .....│
│<神 「10人だ。これ以上は譲らん」                                             .│
│                                                                    │
│                                         ∧,,∧                       │
│                                        (ωT ;) ヤベー マジヤベー           ......│
│                                        (o   )                      ...│
│                                        ,`u-u'                        .│
│                                           "", ,,, ,,  , ,, ,,,"_wノ|         .....│
│                                    """"     v,,, _,_,,, ,,/l ::::... |          ......│
│                                      _,.-r '"l\,,j  /  |/  L,,/:: i            │
│                                 _/ ̄ヽ、 /|,/\,/ _,|\_,i_,,,/ /::./            .│
│                             _,,,,,,,''''゙゙゙゙,,/\ ,,/Y_V\ ,,/\,|  i,:::Y: :: :i/:: |          .....│
│                          / ̄   /Yli;:/\×、/W/ヽ、|/",, ,/;Y;:.!: :i//            .│
└──────────────────────────────────────────────┘
(*これは伝説上の話だが、『たとえ相手が神のような超・目上の存在でも交渉はすべきもの』という
認識がある、とは言えるだろう。神自身も自分との交渉を認めている点に注目)

496 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:27:43 ID:cc2..Tzs


【研究室のモニタ】
┌────────────────────────────┐
│                                         .│
│               _____                    │
│           _,.:-‐:'´: : : : : : : : : : ̄:`:ー-.、/:|__          .│
│            /: : : : : : : : : : ::;': : : : : ;:': : : : : : : :|: : : ̄:`ー:-.、_   ......│
│        _/::__:: : :,ィ':´: :;>:/:_:_: ::/.: : : : : : : : :|: : : : < ̄ ̄`     │
│      / ;{__{、 ̄ヘ::/: ::/: : :/: : : : : : ::/: : : :|:: : : : :.l`ヽ、      │
│     /  ./: : ::|  ∧: : :/: :/... . . :/:: : :/l: : : : |:: : : : : |  \     │
│.    /   /: : : ::|    〉:/;/... . . . ./:: :/ |:: ::: :|:::. : : : :|    l   ..│
│   〈   |: : : : ::|   /:/:/: :;'::: : : :/:;/、  |: :|:: :|:::::.. : : :|     |  .....│
│.    \  |:.:|: :: :::∨ /:::l/: :/::: : : :/'´  __\,|: :|l: :|:::::::. : : :|     |    .│
│     ∨|: :l: |: : :|∨::::/: ;イ::: : : /  マ弐テz、j/ |::リ:::::::::/l: :|        │
│.       |:|: : : |: : :|::|:ヽ:|:/::|:: : :./   | f:ゝ|`  |/::::::::/ |: |       │
│        l|: :::l::|: : :|::|:、::/`>|::: :/    、 Vtリ  ,'::::::::::/   |::|       │
│      |: ::::|:|: : :|::|::::ゝ、__|:::/      ゛-‐ 〈::/|:/   |/        .│
│       |: :::::V: : :|::|ヽ:::;/|/     __     〉 ´           ..│
│        |: :::::::∨::ハ:| |"  ´、   /´:: `> /    /^,ヘ、_       │
│        |: ::::::::l:∨:∧_|_   /:‐-`二ニ´-:'´    〈 .〈 / /^ヽ、   ....│
│        |: ::::::::|::|\: :\`\〈::_:_::ノ |:|::::::::|     (⌒,yゝ':<´ l    ..│
│.      |: ::::::::|::| /\: :\ `ー-、〉‐、|:|::::::::|     `ヽ、_..... ,,/     .│
│        |: ::::::::|::|/´`ヽ\:::`ヽ、  ヽ7ヽ::::|       |    |     ..│
└────────────────────────────┘

柊かがみ
「ただし、『力でねじ伏せる手段はいらない』なんて意味じゃないから注意してね。

交渉決裂への備えとして、その手の手段を持っておくのはいいことよ。

日本神話で、引っ込んじゃった天照大神を神々が引っ張り出したときは、
結局謀略と力尽くだったでしょ」



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「たしかにそうだお」

497 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:28:40 ID:cc2..Tzs




2.3 自らの感情が論証そのものに及ぼす影響




            , --v‐‐- 、
          /         ヽ,
         /     .       ヽ
        /   ,  /  ,  .j  ヽ   ヽ
         7  i| l  /.i /l .,ト、 l i ト、l
        ./ィ ,l| .レ'‐-|/ .j∠+‐N ハ. `
          |/(| |ィf'卞  ,ィ'卞.|ヘj
           l/| |.''ー'    'ー' ,l/l`      
           .l .ト、.  -  ,,イ./     
          ,ィ'''l|´.|l,.` ー.イヽlZ_   
          , イ'i |   | `ー'゙ l  l |`iヽ. 
        /::::l. l l   lミ==_ィl_l | | ::i,  
         _l:::::::| l |_,,,,,_|_  |     ̄¨'li|.

長門有希
「それから、自らの感情が論証そのものに及ぼす影響もよく考慮すべき」



.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、

長門有希
「余程のタヌキは別として、普通、人間は内心が自然と外に表れるもの。

例えば好意的な相手には、笑顔や明るい声、よく顔を見る、
といった行動に表れ、

逆に警戒している相手と話す場合には、
冷たい表情や暗い声、顔を見ないといった
行動に表れる」

498 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:29:30 ID:cc2..Tzs


         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー- ´`-- <イリ
         (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ
        ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ

長門有希
「それらは全て相手に伝わるので、
論証の結果にも影響を与える。

基本的に、自分が好意をもっている相手からは良い反応が、
そうでない相手からは悪い反応が返る(好意の返報性)。

この結果、自らの相手への好意のあるなしが
論証の成否に関わることが多い」

499 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:29:48 ID:cc2..Tzs

┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│◆相手に好意を持っており、かつそれが伝わっていると……       .│
│                                          ......│
│                                          ......│
│       ____                                  │
│     /⌒  ⌒\                              .....│
│   /( >)  (<)\                              │
│  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \                             .│
│  |    /| | | | |     |                           ....│
│  \  (、`ー―'´,    /                             .│
│       ̄ ̄ ̄                                 ...│
│                                          ......│
│美筆やる夫                                    ..│
│「……というわけなんだお!」                           .│
│                                          ......│
│                                          ......│
│                __,. -――- 、、_                  .....│
│               ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、                .│
│              〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、               ...│
│             /{ノ         ) ヽ、ぃ                │
│            ノ /// / /  /  /}  i`、} 、             ......│
│            \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >             ....│
│             | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ                │
│             从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、              │
│             / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、           .....│
│             / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、          .│
│          __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\        ......│
│       , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \\         .│
│      / /ノ / ゝ、 /^'t、,_  `'}ー'"   }  } ヽ 'ー、  \\     ......│
│    ,イ / ノイ/  l У   `'ー人-‐ ''"~´'、_ノi、丶、 `ヽ、.ヽ ヽ     ..│
│   / /,r'  ノ /   ,ト/      /三、    ヽーt、 ヽ  ヽ ヽ ヽ     │
│  / / /  ノイ   / ノ      / | | 、    ヽ  l   ヽ  ヽ ヽ ヽ  ......│
│                                          ......│
│翠星石                                       .│
│「へえ、それは知らなかったですぅ」                       .│
│(よくわからないところもあるけど、                      ....│
│私に好意的みたいだし、きっといい話です)                  .│
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘

500 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:30:40 ID:cc2..Tzs

┌─────────────────────────────┐
│                                           .│
│◆相手に好意を持っておらず、かつそれが伝わっていると……    .│
│                                           .│
│                                           .│
│      ___                               .....│
│    /     \                              ...│
│   /  _ノ '' 'ー \                             .│
│ /  (●)  (●)  \                           ..│
│ |      (__人__)    |                          .....│
│ \      ` ⌒´   /                           ..│
│                                           .│
│美筆やる夫                                  ....│
│「……というわけなんだお」                           .│
│                                           .│
│                                           .│
│                                           .│
│                       ,. -- 、 _                  │
│                   ,.イ=冖¬ 、.`>.、 _             │
│                    /‐.:.".:^:ヽ、 .* `ヽ、  > 、._        .....│
│                 r':/.:.: -.:.:.:.:.:.::`:ヽ   \    \       ..│
│               /:/ .::イ.:.:.:.: .:.:.:.:.::::/.:\.*ヽ     `ヽ.     .│
│               イ/;//.:/.:.:イ:/:::::.:.:ヽ.  ヽ            .│
│              !l {/.ィ_.:/.::/.:,./.:.:.::::::::.:.:ヘ   ヘ           .│
│             { i、l:l'y戈.,ィ'.;. イ.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.: .i ※}           │
│             { | ::|弋ソレ'ヽ、_i_;;.:.:.:人.:.:.:|  i            .│
│            /,i .::|."",     i(('ー,、レ.:.:.:.:.:.:j ./_, .-┬''"´     ..│
│           /x リ .:::ヘ.       ゞイ .V.:.:.:.:./*r".:::::::.:.i       ....│
│         /   ./ ;ィ" ヽ'ヽ   "" ,.イ' /.:.:/  !.:.::::::::l.:.!        .│
│        / ※ ,イ;/ _,r''_.|` "フ'':::´:::.:.イ.:.:./  {.:.:ヘ:::::::リ         .│
│      ,イ  .,..イ,/(ミヽ.'./^7,イ.:/::.:.:/.:.:..:/* j.:ヽ.:ヽ.:/       ......│
│     ,イ※ /:::,r;ニ三=,イ,「"/.:/::::::,:.'.:.: /   }ヽ.::\/         .│
│                                           .│
│翠星石                                     ...│
│「ふーん、それがどうかしたですか」                     │
│(よくわからないところもあるけど、                    ......│
│私をよく思ってないようだし、どうせロクな話じゃねーです)      ......│
│                                           .│
└─────────────────────────────┘

501 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:31:22 ID:cc2..Tzs



/ /  /  / / .∧、v´'ハ |     ハ    | |
|/l   | _|_ .| |     | |  |   .|    .| .L
 |   |  「`≧ト、   /,/,斗≧、_ |   | .|
 ヘ=-r'ーr 〉'⌒ヽ   ´' 、ィ=ミ、,_  ,イ   / |_
.   |  |〃   l:|    〃   ハ 「'‐-、._/ | `
.    |  l l:l  ,リ.    |:|    ,リ.|       /
   |  l ゙'‐‐'"      ゞ、__彡' |     ハ¬
   | .l XXX       XXX/    / ノ
   |  ヽ、     ゚         /    /イ
   |   `l‐-=、,____________,../    /  |
   |    | | | / | `'ー‐'" ./    /  |
   |    | | ゙|ヘ \   ,./    ハ  |

朝倉涼子
「相手への好意と信頼を自分が持つと、
相手もこちらに好意を持ってくれやすくなり、
その結果として、
論証の成功率が上がるというわけですね。

コミュニケーションの達人になる条件は相手を好きになること、
なんて言われるのもこれでしょう」



       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「なるほど、よくわかりますお。相手への好意ってのは大事だと思いますお。

……もっとも、演技して悪意を隠してもいいんでしょうが」

502 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:32:09 ID:cc2..Tzs



             / :. ィ.;:.:.:.:.:.:.:ヽ
          イ:.:.:.:/-|/|∧:;、:.:.〈
          リ:.:./ ●    く!:,:.:..、
           l:.:.l    ●/:./ ̄
           vヘ  -   ノ:./
            _,-+ 匸ヘ/V
          ,《 ヒ⌒j 》、
          l::\ l /∥::l
          |:::::::ト,Vイ:::::|
            |:::::::l介l:::::::|
              l::::::|人|:::::::l

長門有希
「その通りだが、実行はそう簡単ではないと思う。

まず第一に、バレやすい。

演技している人間は不自然さをよく他人に気付かれているもの。

真実に気が付いていないのは当人ばかり、ということもよくある」




           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \
        ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
    r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´
      ̄\ イ j :|fト  fハ/ノリ/
         7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ
       く/ /V>  __  イ∧ヽ/
         \{ { l::lVミVl::l / ∨
           Y\ヾ ∀ シ/ r'´
              |   ≧f}≦  |
           `ァー∨=∨‐く

長門有希
「第二に、演技は継続するのが難しい。

気を張っている間はごまかせても、ふと気を抜いた
瞬間に馬脚が現れたりする。

よくあるのは言動の矛盾。
なんとかセリフは帳尻を合わせられたとしても、
言ってることとやってることが違っていて結局バレる、
ということがザラ。

相手への好意の無さを演技で乗り切る方向性は、
実際に持つのと比べ、どうにも無理があると感じる」

503 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:32:54 ID:cc2..Tzs


【研究室のモニタ】
┌───────────────────────────────┐
│                                            ....│
│                          __,ィl__             _,      │
│                 _,...-‐:'´: ̄: : /: :|: : : : : ̄:`ー:-:.-‐==´: :/     │
│                 ,.ィ´.: : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : :/    ......│
│               /: : :/: : : : : : : : : : : :|:: : : : : : : : : : : : :.`:<       │
│            /: :i:/: : : : : : : : : : : : : ::|:: : : : : : : : : : :.、.. . . . .\     .│
│         ___j:_::/: :/. . . . . . . l. . . . . . .|ヽ.. . . .、.. . . . . .ヽ、. . . . ヽ   ....│
│        /´  |   |: :/... . . : :,-‐;|-:、:: ;イ:.:| |ヽ::;‐:l-:、: : : : : :.\: : : :.ハ  .....│
│        \  |   |:/::,':: : : : : :/ |:: : :/' |: | |  |: :|:: : : : : : : :、: :\、: : |  ....│
│           〉‐r─‐/::/::: : : :/:;/ |:: :/  |: | |  |: :|`ヽ::: : : : :∧:: :ハ\:|   │
│        / /'  /:;イ: : : : :/'´__|::/_、 |: | | ,__|:/__∨::: : : :.ハ\:|    ...│
│        〈  |  〈:/ |: : : :/:| l´ ん::::(_|` |:/  ´ん::::(_| l ∧::: : : : |  `    ..│
│           \|___,|: : :/:::| 、 弋:: : :リ       V:: : :リ,' ハ::∨::: : :|     ......│
│          |:|: :::|:.:|: :/'ヽ:|    ゛ー"        ゛ー"  | |::::∨:.: :|       .│
│          |:|: :.:l、:|:/ゝ、__ "    ___         j,ノ::::: :ヽ:/       │
│          |:|: : |::|、: : : :::`ヽ、   ( l l  ,ノ   ,.ィ:::|:::::: : : :l:|        │
│          |:l: : :l::| \: : : : ::::>、 _`ー‐ '´ .-‐<::::|::::|::::: : : : l|        │
│          |l: : : |:|  `ヽ:: : ::::\〉  ̄ | ノ:::/::::: :人::|:::.: : : : :|      .....│
└───────────────────────────────┘

柊かがみ
「それに、普通に好意をもって人に接するのが一番楽だし、
自分も楽しいわよ。

演技や嘘なんてのは多用するもんじゃないわ。

気疲れするし、帳尻合わせも面倒だし」




        ____
     /     \
    /  ─    ─\
  /    (●) (●) \
  |       (__人__)    |
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |

美筆やる夫
「もっともだお」

504 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:33:49 ID:cc2..Tzs



2.4 他者に好意を持つには?



.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |
     ', ! !     l  l^¨¨´  / |   /   ノ
.    ヽ| |     ヽ..ノ‐ォ┬一'  |  /   ,フ

長門有希
「相手への好意を持つことが、結果的に論証の成功率を上げる。

それはいいのだが、では相手に好意を持つには何が必要だろうか?」




          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

美筆やる夫
「え? 

そりゃー、心の持ちようなんですし、

相手のいいところを見つけて好きになるぞー、

と考えるだけでいいのでは?」

505 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:34:43 ID:cc2..Tzs


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「もちろん、それは大事なこと。

だが、それだけではなく、たとえ少しでも
相手からの評価があることが望ましい」




                   _ .. _
              ,...‐.:' .´. ,::':´.:::::``:丶、.
            /:::::::.....:::. .:::::::::::.::`:ヽ、::`ヽ、
              /:.:::::: : : : .:::: : :..:::.:.::::::::::.:::::ヽ::::::ヽ
            〃:/: : : : : ::::: : : ::::::::::::ヽ::::::::::::ヾ、:::ヽ
          /: :/: : : : :.: : :::::: ::..:::..:::::::::::::ヽ::::::、::::::::::::ヽ
.         / ../: : : : ::i:.:;:.:.::::::::::::.:::i:::::::、:::::ヽ:::::l::::::::::::::ヽ
       / . :l: : l..i: :.ハ :l .:.:ト::::、.:::::lヽ:::ヽ::::::';::::l::::::::::::::::ヽ
        / .: :.l::::::l:ヘ:::l ';l\l \、、:::l ヾヽヽ::';::l:::::::l:::::::ヽヽ
        // l.:.:l:.:.:.:゙|-゙+- ゙.._ ヽ  ヽヾ、 _.ゝ斗V":::::::l:::::::::::トミz、
.      // .,l:.:.l:.:.:.:.:l _...._ 、`     ´' __....._l:::::::::::l、:::::::/l  `
     /'l∧:;イf^!::: .:〈fr,::::::`r     ィf_,:::::::::トァ:::::f }:;、:/
      ' /^ l:ヽヘ:::::::l っ'.:.:.:l         っ':.:.:jj::::::::/.':/ ′
        ヾ、マ、::::::', ー一′      ー‐/'::::::/ヘ/
           `゙、:::::', _,..     '       /':::::/゙′
           _ ィゝ‐"_,ィ'′  ‐=‐   _ イ':::/\
       _   _ '"´ー.<ヾミ`Tハ 、_ , ‐7 V/l   ` 、
      ∧>'´    _` / `ヘミl、_      // ′     /:ゝ
   /:.::ヽ、    _,、`〈    `ト 、_   _´,ィ        /://\
   /.:.:..:::::::`‐ェ.'´',ヽ-ヘ    l- 、_ ̄_ -l       /:// /l

長門有希
「好意の返報性は自分にも適用される法則。

すなわち相手から向けられた好意に
こちらも好意を返すのが自然な姿。

相手に受け入れられない状態で、
なお相手に好意を持つのはなかなか難しい」

506 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:35:21 ID:cc2..Tzs

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「お?」



   /´       `ヽ、
  レ         ハヽ ヘ
  /,.ィ┬'Tオ¬Tl‐-,じ_ ヾヘ
  Y | |T´_リ 「゙'ト-リ | `k'ノ
.  |LY'=== , === }r、' ノ |
  | ,l       /,レ'ヘ| |
  | ゝ、.__⊂つ_,.ソ   l.| |
  |l | オ'Lニ-| |  /l l |
  |l レ/ |  ̄´ | /|_ノ .| |
  |´/ |___|' l    | |
  | ト ,ィ'¬¬¬T. |   | |
  / `|_|      |l ハ |_| |

朝倉涼子
「ちょっと想像してみてほしいんですが、
自分を邪険にしてくる相手がいるとしますよね。

そんな人と仲良くしたいと思いますか?」


┌──────────────────────┐
│                                │
│~ こんな人を好きになるのはキツいだろjk ~     .│
│                                │
│                                │
│               ___              ...│
│            /      \             .│
│           /_,ノ   \  \           ...│
│          / (ー)  (ー)   \           .│
│           |      '         |           │
│   ,'⌒ _ \   ⊂ニニ⊃   /           │
│   ヽ_ノ   /          \         ......│
│                                │
│できる夫                           .│
│「おや、なんですか一体。                ...│
│                                │
│僕に用事なんかないでしょう。             ....│
│                                │
│ウザいんで話しかけないでくれますか」        ...│
│                                │
└──────────────────────┘

507 :名無しのやる夫だお:2010/07/05(月) 21:36:06 ID:uln1KIMk
しかし、初対面の人間に好意を持つってのも難しいよね
悪意もないけどさ。

と思う現在再就職活動中の人間。
重きを置くべきはとにかく外面と笑顔だね、たぶん。

508 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:36:20 ID:cc2..Tzs


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

美筆やる夫
「冗談じゃありませんお」



    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「でしょう。やっぱり、相手から受け入れられてる
と感じられるほうが、自然と仲良くしようという気になれます」



┌──────────────────┐
│                           .│
│~ 相手の反応って大事だろjk ~     ...│
│                           .│
│                           .│
│         ____              │
│       /     \           .....│
│     / ⌒   ⌒ \            │
│    /   (⌒)  (⌒)  \          .│
│   |      __´___     |         │
│   \      `ー'´    /          │
│    ノ           \         .│
│                           .│
│できる夫                      │
│「おや、こんにちは。              │
│こんなところで会えるとは奇遇ですね。   │
│                           .│
│今日は買い物ですか?」           .│
│                           .│
└──────────────────┘

509 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:37:49 ID:cc2..Tzs

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「よくわかりますお。

……ですが、初対面の人間から
いきなり好意を向けられるなんてことは
そうそうありませんお。

どうするのですかお?」




                 _,..:.:-:.:―:-:....、
                ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
           /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ
            /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',
         /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```¬ ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l
         ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:.<7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/
               ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'
             Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!
              ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/
                ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;'
                 >:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'
                / ヾ、  _ヽヽ、   l;'
              イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、
              l:.:.ヽ\   _ヽ___',  リr ´_二ュ _

長門有希
「いや、いきなり最大限の好意を向けられようとしなくてよい。
それは普通無理。

最初は付き合うに足る相手として認識される程度で十分。

これなら清潔感のある外見、物腰などで大抵なんとかなる。
誰かの紹介があるとなおいい」



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「ああ、なるほどですお。それならなんとかなりますお」

510 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:38:52 ID:cc2..Tzs


     ____     
   /─  ─\    
  /( ●)  (●)\.    
/   (__人__)   \
|              |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「それで、付き合うに足る相手として認識されるには……
例えば、自らの信用や実績を高め、外見を整え、
人格を磨く、とかですかお? 

信用があり、実績を持ち、外見が整っていて、
しかも高い人格を持つ人物なら、
たいていの人は付き合いたがると思いますお」



               /.:.:.         \
                  /:,:.:.:  /   ヽ    \
              /.:.l:.:.:/:/   :/  ', :l   ヾ`ー
                /!:.:.|:.: l/  〃 / j } :|    ハ
            /イ:.:.i|:.:.jL∠/_/ | /l.ム_/| l  l }
             N:.ハ:.:.:lィfアト/ レ ィ=ト | /| ∧j
              ヽム:.} c;_j    c;リ ル iレヽ
                    `ヘ:ゝ    .'    小/ 
                      ヾ:{>、 _ ィ<}/|/
               _, ィr'´ヽ{ ___`} ヽ、_
             /| l:|   | ===|   |:l゙ヽ
              /  | l:l   l     l   l::l l
               l  ヽハ    l    l  //  |
            ハ  ヾヽ  l   l  // l l
               | ヘ  l ヾ\ ヽm/ ,/ V :|

長門有希
「その通り。

では次の章から、そのあたりの論点を順に考えていこう」

511 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:39:17 ID:cc2..Tzs




◆◇◆◇◆◇ 3.信頼を得られる人格を手に入れる ◇◆◇◆◇◆



.

512 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:40:09 ID:cc2..Tzs


         _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     ー=ニ ァ: : : : : :/: : : :/: /: : : : :、: : : :`ヽ: : : : ヽ
        / ,: : : :〃: :/: : /: │: : : : :lヽ: : : : ハ: : : : :.ヽ
.       / / : : //: :/: : /: : │: : : : ::|: :!: : : : i|: : l: : : :ヽ
      / イ : : : l |: :│: :j : : ∧: : : : :l: :|\: : i|: :│: : : :.\
      l/ |: : : :| l: :∧: :ハ: : l  '.: : : :ハ j  ヽ i|: :│: : : :}
      ││: : l|│ナ下/-ヽ |  ヾ: :/_ム'― 弋|: :│: : ! j
        j. │: : |i V ,ィテ圷、ヽ   ∨ ィチ示k l: : ト: : Ⅳ
         ヽ: : |  ハ` Vf:::::i}       Vf:::::i} Y|: : ム N
          ヽ |ヘ i l  ゝー'       `ー'' ハ!: :,) }i|
            `l: :ヽム        '         /:/: :ルイ
            ', : : |ヘ、     ‐       ィ' /: :/
            ヽ: :lヽ >,、       イ/7: :/
            \! V厶|>ー <レ_'/ //
              , '´/ノ      L、 /
               ,.-'   | ___._   | `ー、
         _..-‐'´     |´  _` ー<|   `ー、_

長門有希
「論証の成功には、論者自身の信用が大きく関係する。

そのため、常日頃から、自らの信用を高めるべく
実際に信用に値する人間となる努力があるべき。

それが内面を磨き、外面を整えるということ。

高い人格を身につけ、信頼感を演出する外見を保つといっても同じ」



               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (●) (●)  \
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /
          /              \

美筆やる夫
「道徳の授業じみてきましたお」

513 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:41:12 ID:cc2..Tzs


  /: : : : : : |: : : : : : : :/: :l: : : | |ヽ: : : : : : : : : : : |ヽ: : : : |: : : : : : : : : : : |: :|
  /: :/|: : : : :|: : : : : : /\: :l: : | | ヽ: : : : : : : :|: : l ヽ: :/|ヽ : : : : : : : : : |/
 /: :/ | : : : : l: : : : : :|  \l: :| |   ヽ: : : : : : |ヽ | /: : | ヽ: : : : : : : : : |
 | /  |: : : : : |: : : : : :|    \: :|  ヽ: : : : : :|  /  ヽ |  ヽ: : : : : : : |
    |: : : : : :l: : : : : l━━━━━  \: : : : |━━━━━━ヽ: : : : : |
    |: : : : : : ヽ: : : l | |二つ;:;:;:;:;:|   \  | | |二つ;:;:;:;:;:;:;:| ヽ: : : |
     l: : : : : : : ヽ: :| | |:.:.:P;:;:;:;l.:.:|      \| | |:.:.:.P;:;:;:;;l:.:.:| .l: :ヽ |
     l: : : : : : : : :ヽ| | |:.:.:l;:;:;:;:;|.:.:l         | |:.:.:.l;:;:;:;:;;|:.:.:! l: : : l
     ヽ:|ヽ : :l: : : :'. '.'. :.:ヽ;:;:ノo.:|        '.' :.:.ヽ;:;:ノo:.:,' l: : : l
      リ \|: : : : l.  ヾ、   ノ        ヾ、    ,ノ .l: : : :l
       l   l: : : : l ///` ¨´               ` /// l: : : :l
         乂  ヽ: : {                          l: : : :l
          ̄ ヽ: ヽ                         l: : : : 乂
            ヽ: :`:::.....___   ,-‐    _.......:::,'l: : : : :/  ̄ ̄
             ヽ: : : : | ヽl イ ̄ ̄ア ̄ ̄ ̄/   \,': : : :./
              ヽ: : | ,イ;:;:|  ├-、   /      ,': : :./
               ヽ |/ |;:;:;:|   l:.:.:.:ヽ /.   /,': :/,r\

長門有希
「会話における論証の成否には人間関係が大きく影響し、

その人間関係には自らの信用が関係し、

その自らの信用には自らの人格や普段の行いが深く関わる。

よって、会話における論証の成否を考慮する際には、
信用に値する人間となる努力についても考えないわけにはいかない」




【研究室のモニタ】
┌───────────────────────────┐
│                                       .│
│                          __        ___,    ....│
│                __,.:-‐:─:‐:‐/:.:|:-:‐:‐==ニ:´:: : ::/    ....│
│            /´: : : : : : : : : : :;: :|:: :、: : : : : : : :`<_      │
│               /. . .../.. . . .,'. . . /l: :|\::ヽ、. . . . ..:、:_:_:\     .│
│            ,r‐'-、:::/': : : : ::/:: : :/ |: :|  |\::、::: : : : :.\ ̄`     │
│        / ̄∨   |:/: : : : : ::l:: :、/  |: |  |  |;:|、::: : : :.、: :\     │
│       \ ;|   ,/::;': : : : :/|: :/\ |::|  |/|::|∨::: : :.∧ ̄`     │
│          j/:}-‐ /::/: : : : :/_j:;/_.、 ` |::|  |,.__j/__∨::: : : ハ      .│
│       / :|  /'7: : : : :/'マテ弐ォ、 j/  ,ィ弐マア,∧:::. : : :|    .....│
│       \_j__|:|: : : ::/::| l |:::Ч     |:::Ч !ハ::i:\:: : :|      .│
│        |::::|: :::∨: ::|ヘ:| ゛、Vzリ       Vzリ,''ハ:::|:i:: :\:|      .│
│        |: ::|: : :::\:|、_`   ̄        ̄ lノ:::|:|:: : :i:|      │
│        |: :::ゝ、: : : : :::lヽ、""  、__、__,  ",.ィ'::::;ノl:|:: : :|:|      │
│        |: : :|:| \: : ::∧__,>‐;r -r::‐ュ<ノ:::/ |:|:: : :|:|      │
│        |: : :|:|  ∨: ::∧ \'´   ` |   `ヽ、 ||:: : :|:|    ......│
│        |: : ::||   /∨: ::∧  \─‐‐|    //\|!:: : :|:|    ......│
└───────────────────────────┘

柊かがみ
「それに、論理的思考を用いるには人格を磨く必要があるわよ。
聖人君子並である必要はないとしてもね」

514 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:42:10 ID:cc2..Tzs


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「? どうしてだお?」



┌────────────────────────────────┐
│                                              ..│
│        / ̄ ̄\                                 .│
│       / ヽ、_   \   3万円欲しいだろ。                 .│
│     . ( (● )    |                              .....│
│     . (人__)      |  要らないゲームを売ったら2万円くらいか。   ..│
│     r-ヽ         |                                │
│     (三) |        |  とすると1万円足りない……            .│
│     > ノ       /                              ......│
│    /  / ヽ     /                                  │
│   /  / へ>    <    なら不足分はバイトして稼ぐだろ。        ...│
│   |___ヽ  \/  )                                  │
│       |\   /|                                  │
│       |  \_/ |                                 │
│                                              ..│
└────────────────────────────────┘

柊かがみ
「論理的思考って、今ある物事をありのままに捉え、
その結果起こるであろうことを虚心坦懐に予測する作業が必須でしょ」

515 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:42:53 ID:cc2..Tzs


┌──────────────────────────────────────┐
│                                                       .│
│       / ̄ ̄\                                           │
│     /       \  3万円欲しいだろ。                            │
│     |:::::       |                                       ......│
│    . |:::        |  だから手持ちのゲームを売ったら絶対3万円になるだろ。   ...│
│     |::::         |                                        ....│
│     .|::::       __}    2万円くらいにしかならないとかありえないだろ。        ..│
│    /::::        \                                        │
│    |:::         _)                                        │
│    |::::         i                                        ....│
│    |::::        i  |   そんな無茶な? いや、俺は正しい。               ..│
│    |::::        |  |   だって俺が正しいんだからな。                    │
│    \___、_____  ノ _)                                       ....│
│                                                       .│
└──────────────────────────────────────┘

柊かがみ
「でも精神的に未熟だと、現実よりも我執を優先して、
今ある物事も予測も捻じ曲げてしまうじゃない」



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「なるほど、そういうことかお。

そういえば、非論理的な振舞いというと、だいたいそんな感じの反応を指すお」

516 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:43:25 ID:cc2..Tzs


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

美筆やる夫
「でもなあ……。

人格を磨くって、要するに『良い人』になるってことだお?

それはどうも、胡散臭いというか……。気が乗らねーお」




             / :. ィ.;:.:.:.:.:.:.:ヽ
          イ:.:.:.:/-|/|∧:;、:.:.〈
          リ:.:./ ●    く!:,:.:..、
           l:.:.l    ●/:./ ̄
           vヘ  -   ノ:./
            _,-+ 匸ヘ/V
          ,《 ヒ⌒j 》、
          l::\ l /∥::l
          |:::::::ト,Vイ:::::|
            |:::::::l介l:::::::|
              l::::::|人|:::::::l

長門有希
「? もしかして、人格を磨くことを、

『他者に都合よく利用される愚か者』を意味する『良い人』

になることだ、と誤解していないだろうか?」



       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「違うのですかお?」

517 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:44:28 ID:cc2..Tzs



                  _______
            ,.:-::‐':´:: :: :: :: :: :: :: :: ̄::`:ー::-:.、_
           /:: :: : ;':: :: :: :: :: :: :: :: ::、:: :: :: :: :: :: `ヽ、
          /:: :: :: ::/:: :: :: :;':: :: :: :: :: :: ヽ:: :: : 、:: :: :: ::.\
        /:: :: :: :: ::/:: :: :: : |:: :: ::|:: :: :: :: :|、:: :: :|:: :: :、:: :、::\
          l:: : :: :: :: :l:: :: ::l:: ::|:: :: ::|:: :: :: :: :| ∨: :|:: :: : l: :∧、:::\
.        |:: :: :: :: :: |:: :: ::l\l:: :: ::|:: :: :: :: :| |: ;/:: :: :|::: ::ハ  ̄`
       |:: :: :: :|:: ::|:: :: ::|:.:/\;:/|:: :: :: : :|、/::|l:: :: : :|:: :: ::|
        |:: :: :: ::|:..::|:: :: /j/_|:::/_ |:: :: :/|/_|::/_∨:: ::|:: :: ::|
         |:: :: :: :::|:: :|: :/:lマ云弐 |:: ::/ ,オ弐Zア∧::../:: :: ::|
      ,ノ:;/: ::/`|:: :∨:::|l |_)::t;:| |:/  ´|_):t;:| ハ:∨::: :: : |     i
        ̄|:: ::l  |:: :: :: ::|、弋:z:リ       V:z:リ,' ハ::: :: :: ::|::|   _人_
        |/|::ゝ、|:: :: :: ::| ゛-‐      ‐-" l:: :: :: |::/j/   `Y´
         ∨: ::∨:: :: ::|、"           ゛,':: :: ::/l/        !
         ∨:::|∨:: :: :|::>-::.._ rっ _ ,.イ:: :: ::/
          ヽ:|`\:: ::|::/ 〈::ノ  ̄´lュ\:::/|:: :/
                  ヽ:l´   ヘ-─‐-|  \|::/
                /:\\   \  |  ./∧
                 /::::::::::\\   \,|  //::::ハ

長門有希
「まったく違う。

人格を磨くとは、長い目で見てもっとも自分を幸せにできる人格を
身につけるということ。

人格を磨こうとして、都合よく利用される愚か者になったとしたら、
それは目的と正反対の結果を得てしまったということ」



        ____
      /      \
     /⌒  ⌒    \
   /( ・ ) ( ・ )    \
    |   (__          |
   \   _l        /
   /  ー        \

美筆やる夫
「へえ? それは意外ですお」

518 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:45:36 ID:cc2..Tzs


                      ____ _
                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/  
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/>              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \
            /: : : : : : : : :\::\\', ;〃/: : : : :: ::ヽ

長門有希
「自分の犠牲に成り立つ他人の幸せを願うのはよくある勘違い。

考えてみてほしいのだが、まっとうな感性を持つ人間なら、
他人を犠牲にすれば後味が悪いもの。
無理をされても逆に困る。

しかもそういう行いは長続きしない。

だからだろう、
善行を推奨する仏教でも『まず自分を幸せにしてから』と教えているし、
慈善を推奨するユダヤ教でも『慈善に使っていいのは収入の10%まで』としているらしい」



      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'
        ',゙T'''''''T'7´

朝倉涼子
「でまた、世の中では『(都合の)良い人』として煽てあげて
利用する手法がよく取られるので、勘違いしやすいんですよね。

親にとって面倒が少ない子どもが『(都合の)良い子』、
教師が扱いやすい生徒が『(都合の)良い生徒』、
仕事を押し付けやすい同僚が『(都合の)良い同僚』
と呼ばれたりするのが典型ですか」

519 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:46:47 ID:cc2..Tzs


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「とにかく一度内容を聞いてほしい。

それを採用して実践するか、無視するかは、
その後で貴方自身が決めることができる。

聞くだけなら問題はないはず」




     ____  
   /─  ─\  
  /( ●)  (●)\.  
/   (__人__)   \
|              |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「それもそうですお。了解ですお」

520 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:47:44 ID:cc2..Tzs



3.1 外部から伝える情報を変えるか、反応の仕方を変えるか



                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}
      ヽ.:.:.{_,,/´~}~〉 ̄~´::::::i:::::::V | ,/ /:::::::i::::::::|
        ~~`ー`VV:::::::::::::::::::|:::::::|ヽ|,//|:::::::::::}::::::::|

長門有希
「さて、人の反応は、外部から伝える情報と、
当人の反応の仕方(感じ方、考え方)によって決まる、と先に述べた」



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「私たちも人である以上それは同じ。

私たちの反応は、外部から伝わる情報と、自分の反応の仕方によって決まる」


┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│外部からの情報 と 反応の仕方  ――の結果―→ 自分の反応    │
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘

521 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:48:10 ID:cc2..Tzs


   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

長門有希
「よって、なにか好ましい反応を自分に起こさせたい場合、

外部から伝わる情報、すなわち外の世界をそうなるように変えるか、

さもなくば、反応の仕方、すなわち内面をそうなるように変えるか

によって達成することができる」



          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「例えば、目的が『心の平和を保ちたい』だとしますと、
外の世界を改善する方法としては
次のようなものがあるでしょう」


┌────────────────────────┐
│                                    │
│~ 外の世界を改善する ~                   │
│                                    │
│                                    │
│・自分の部屋を掃除して奇麗にする              │
│・よく寝る                            .....│
│・バランスが良い食生活を送り、かつ、食べ過ぎない    │
│・トイレに行きたくなったらすぐ行く               .│
│などなど                             ...│
│                                    │
└────────────────────────┘

522 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:49:00 ID:cc2..Tzs


    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「一方、反応の仕方を改善するとなると次のようなものになるでしょうね」


┌────────────────┐
│                       .│
│~ 反応の仕方を改善する ~    .....│
│                       .│
│                       .│
│・自己観察の技術を磨く        ...│
│・考え方のクセ(価値観)を変える   .│
│                       .│
└────────────────┘

523 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:51:34 ID:cc2..Tzs


          /´ヽ  /´ヽ          /ヽ. /ヽ、
           |   |  |   |_,,.-‐───--..、j  | |.  |
         |   |,ィ|   |  _,,.-‐=====‐-`ヘ、|  |
            |  |::.:;|   |/:: ,: : : : : : : : : : : : : : :`:┴-、
           |  |:/ |  .|:: :.:/: : : ;: : : : : :|:: : : : : : :ヘ ̄`
         j:| .|j |  |: :;/: : : ::|:: : : : : :|: : : : : 、:. :ヘ
         |::| |ー:|  |::i:j: : :i: ::|:: : : : : :|ヘ: : : : :|: : :ハ
        ,ノ: :| .|__,j /::|:|:-‐-:/|: : : ::;i:-j‐-:: : : :|:: : : |
       '´"γ´ `Y::. ::|{::/_|:/_ |: : :/ j:/__ ∨: : :|: : : |
         {┃┃ |:: .:|マ弐〒 j;/ オ弐テ ハ: :/:.: : :j
         { x   |:: :|、ト'ィ:;jl      ト'ィ:;j,' ハ:/:.:/ヘ/
           `ーr::-':: .:| `ー"      `ー" {::: .:/ー'´
           V\:: :|           ,.ィ::;|:/
              ヽ:|>ーァ‐-^-‐τ::/j;/´
              /‐-、`\,ィ ̄`}  ヘ、
              /⌒ヽ、\ \ニニj  /::}
              {:::::::::::::\\ ヽ,/ /:::.|
             |::::::::::::::::::\\   /i:::::|
             |::::::::::::|:::::::::|\ヽ/ |::::|

長門有希
「これはつまり、自分の怒りや不満は、多かれ少なかれ、
自分の反応の仕方が原因で発生しているということでもある。

そのため反応の仕方を改善するのは重要。

もちろん、いつも外の世界を改善できるのであれば、それに越したことはない。

だが世の中には自分の影響力がどうあっても及ばないものがたくさんある。

例えば、自分が時間の経過とともに老い、体力・思考力が落ちていくのは、
早い遅いの差はあっても避けられないもの」



       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「まあ、確かに。

でもそんなに差がでるのですかお?」



             ___
         -‐'  ̄   ̄`ヽ、
.       /           ヽ
     /               ハ
    / ///             l  ハ
   〃///  ∧  ハト、  | |  i l
   ll l l l  '7¬| l/‐-ヘ、 l l l  |ノ
   |N小l 厶ニミノ ┬=x ∨ l l  l
      | ll l 代ノ   ヒ::ノ  l  lルレ′
     l从ルヘ   , 、  /| /
       ,イ个ーr=ァー'´-‐レハ

長門有希
「結論から言うが、とても大きな差が出る」

524 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:52:32 ID:cc2..Tzs



)価値観による反応の差はとても大きい



           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}

長門有希
「事実はまったく変わらないとしても、
物事の見方、価値観で、その受け取り方は
まったく異なってくる」



           /7
       /7    7__
        V . : ´: . : ` : . 、  \ _. . . . . . _
            /: . : . : . : . : . :.ゝ. : :´: : : : : : : : :`: : . . _____
     Vヽ  i: . : . : . : . : . : .√:ゝ : : : : : : : :ヘ: : : : : : ヽ   `
.           !: . : . : . : . : . :/: : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : :ヽ、
            ' 、 : . : . : . :./: : : :./ : : : : : : : : :i: : : l: : :__: :\
          ヽ : . :_._:ノ : : : :/ !: : : : : : : : / : : :.!: (  _`ゝ:\
         r 、 /: : l : : : : :./ !: : /!: : : : ハ: : : :.!: : :〉´::::::ヘ⌒ヽ
         ll い{: : :.l : : : : /ー十:/メ: : : / `ー‐:|-:〈:::::::::::::::ヘ
         ヽ__V:.:.l: : : :/__,|/二∨ / 二|_|_∨:::::::::::::::::}
         く::::::::::::V:l: : /:l んニ寸! ∨  んニ寸! :i 〉:::::::::::::::l
          V:::::::::ハ:l /: :l に::::ノリ    に::::ノリ //:::::::::::::::::l
             〈::::::::::::ハi : :⊂⊃一/ / / / ー‐⊂⊃::::::::::::::::::l
             ∨::::::::::∧: : :l           //::::::::::::::::::::::l
           ヽ:::::::::::∧ : l 、__ r-,___ //:::::::::::::::::::::::,'
                \::::::::::\!:::l l:l lムー ///イ:::::::::::::::::::::::,'
                \::::::::::::::l l:l ! 二//  /::::::::::::::::::::::/

長門有希
「たとえば姉夫婦の出産祝いを買うことになり、その出費が辛かったとする。

この場合、次のような受け取り方をすると、不機嫌そのものになるだろう」


┌──────────────────────────────────────┐
│                                                       .│
│~ 不機嫌になるであろう受け取り方の例 ~                             .│
│                                                       .│
│                                                       .│
│・「なんだ畜生。こんな出費をさせやがって」(自分最優先の価値観。いわゆる自己中)   ...│
│                                                       .│
│・「大きな出費だ。ちゃんと後で回収はできるんだろうか」(お金最優先の価値観)       │
│                                                       .│
└──────────────────────────────────────┘

525 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:53:30 ID:cc2..Tzs


        l´  |  |   |      ___..___   _l´  | |.  |
        |  |  | __⊥-‐" ̄: : : : : : : : ̄`ヽ|   |.、|.  |
       ┼=ニ二´;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   |: :|  |
        |,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |`|  |、
       /: : : : ::/: : : : : : |: : : : : : : ::|: : : : : : ;|.  |. |  |:ヘ、
     /:.::/: : : :/ : : : : : : :|: : : : : : : : |: : :: |: ::|:|  | |  |: :トゝ
     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j
                  |::ヽ.゛|/´/,イ´::::::::::::::::::}

長門有希
「だが次のような形で受け取るなら、むしろ機嫌は良くなるだろう」



┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│~ 機嫌がよくなるであろう受け取り方 ~                  ....│
│                                          ......│
│                                          ......│
│・「姉さんが出産祝いの品を喜んでくれたし、まずは良かった。       │
│                                          ......│
│出費は痛いが、しかし、お祝い事が起こったからこそできることだ、    │
│と思えばありがたいものだ」                           │
│(人への好意、それから総合的判断に基づく受け取り方)        .....│
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘

526 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:54:00 ID:cc2..Tzs


           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /

長門有希
「出費が痛い事実そのものは何も変わらない。

財布の中のさびしい中身もそのまま。

が、それでも受け止め方次第で
反応にこれくらい大きな差がでる」



       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「なるほど……ずいぶんな差がでるもんですお」



    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「もちろん後者の受け取り方が望ましいです。

なにが望ましいって、自分の精神衛生的にもいいですし、
かつ、他人の評価もよくなる傾向があります」

527 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:55:11 ID:cc2..Tzs



)他人の評価にも差が出る



      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「他人の評価にも影響なんか出ますかお?」




          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「出ますよー。

立場を入れ替えて、
自分が贈り物を貰う側だとして、
次の二つのケースを考えてみてください」

528 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:55:41 ID:cc2..Tzs

┌─────────────────────────────┐
│                                           .│
│◆ ケース1 : すっごい嫌そう .                      .│
│                                           .│
│       <   ,.ィ´ _ -‐':´ ̄ ̄ ̄`ー-、_ ヽヽ               ...│
│.      \ / /: : : : : :/: : : :..:l; : : : `ヽ ヘヽ               .│
│        / /´: : : : : /: /: :./l: : l: : : : ヘ ', ',              .│
│       ,' /: : : : :/二-、_/  //ヽ: : : : ', l !             ...│
│        /! l/: : : / 辷_ノ` ` / ー--ヽ: : : :l l l             ...│
│.       /:.l ト、: : l    `      ほ示 l: : :.l lゝ'               │
│      /:..:l   l:\:!       ,  ``'´ /: : /'´                .│
│.     /: :..:l ※ !: : `    r‐‐、_     /: /                 │
│    /: : : : ヽ  ヽ: :|     ̄´  _,.ィ'///                   │
│    /: : : rヘーヽ  ヽ\`'ー- ‐ ' ´: : : '´l /                  ..│
│  /: : : :/ ̄:ゝ`ヽ※ヽ=示=ュ、`ー-、: : :l l                    .│
│. /: : : :〈::::::::::::::〈 ヽ  ヽijijヾ 》 〈 ゝ: :l !                    │
│                                           .│
│翠星石                                     ...│
│「これ、お祝いですぅ」                            .....│
│(出費が痛くてやってられねーです。あーやだやだ)            │
│                                           .│
│                                           .│

529 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:56:15 ID:cc2..Tzs

│                                           .│
│◆ ケース2 : 心から祝ってくれてそう                   .│
│                                           .│
│                __,. -――- 、、_                   │
│               ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、              ...│
│              〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、             .....│
│             /{ノ         ) ヽ、ぃ              │
│            ノ /// / /  /  /}  i`、} 、              .│
│            \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >           ......│
│             | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ              │
│             从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、            ..│
│             / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、            │
│             / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、        ...│
│          __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\         .│
│       , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \\       .│
│      / /ノ / ゝ、 /^'t、,_  `'}ー'"   }  } ヽ 'ー、  \\      .│
│    ,イ / ノイ/  l У   `'ー人-‐ ''"~´'、_ノi、丶、 `ヽ、.ヽ ヽ   ....│
│                                           .│
│翠星石                                     ...│
│「これ、お祝いですぅ」                            .....│
│(おめでとうですぅ)                               │
│                                           .│
└─────────────────────────────┘

530 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:56:35 ID:cc2..Tzs


/    l   l     | |
|  / .γL_  |     .|├──
|  |  l .「Tド、,|    l / L__
∨ | .| ,リ、ノ/   /_/ .|
 ゙ー'ゝ| ´ |ヾ T´ ̄   「ヽ┬─
.    l. .l゚l リ.|       l .l  |
     l  リ  |      .|ノ   |
   〈    |     |    |
    ヽ、ィ.__|     ハ    |
        |     l-‐∨  |
         |    /   ヽ   |

朝倉涼子
「ケース1と2では、どっちが感じがいいですか?」



          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

美筆やる夫
「そりゃ後者に決まってますお」



    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川
朝倉涼子
「そういうことなんです」

531 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:56:59 ID:cc2..Tzs



3.2 目的:どのような価値観がもっとも有益なのか



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |

美筆やる夫
「反応の仕方を改善するのが大事、というのはよくわかりましたお。

でもどうすれば改善できるのですかお?」



             _ -‐ ´    `丶_
            //      ヽ   \
            / /           |   l ハ
.            // / ∧ lヽ \    !   !  ハ
          /イ ! lL⊥_ヽ \⊥≦-l   l   lヾ
.        /ハ.l .lヽl_    \__ュ l  l/ / l
        ′ ゙lヽトrテ心   'チ::尤l /、/ __ ト
          //lハ.ヒ_:ノ     ヒ_:クl /゙ソ _、!`
                lハ       //´/l/
              l/ >- ` -:イ今/
              ∧l./\´  |_/`i
                  r┤V   \ | /   |
                V /    Y /  /
               |  |    /!    く_

長門有希
「いつも通り、

1)目的を決め  2)状況を把握し  3)実行する、

という流れになる。順に考えて行こう」

532 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:57:32 ID:cc2..Tzs


.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |
     ', ! !     l  l^¨¨´  / |   /   ノ
.    ヽ| |     ヽ..ノ‐ォ┬一'  |  /   ,フ

長門有希
「では目的から決める。といっても、ここは先ほど述べた通り」


┌───────────────────────────────┐
│                                            ....│
│目的 : 長い目で見てもっとも自分を幸せにできる人格を身につける   .│
│                                            ....│
└───────────────────────────────┘


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「だいぶ抽象的ですが、主旨はなんとなく理解はできますお。

苦労して修行して人格高めて、

自分が幸せになれないんじゃ、やってられっか、と言う話ですお」

533 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:58:00 ID:cc2..Tzs


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「でも、他人や社会への貢献の話が出ないのは意外でしたお。

今は社会貢献がちょっとしたブームなのに」



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「それが自分の幸せに繋がるならやればいい。

だが、それを最優先の目的にして、自分を犠牲にするのは勧めない。

『自分を幸せな状態に保てていること』が第一条件」



  ,     __  、     、
 〈 ,-‐'"´ ̄     ̄`゙ヽ、     ヽ
  Y  _,....====.、..__   バ-=r‐ 〉
  kr'T「トl、,_|  |リ_,.斗 |`,'. ',、ヾ ノ
  | | lγ''ヾ  γ''ヽ._| l  | `l' .l
  ゙Trl 弋..ノ  弋__ノ├゙、_ノニ} l
   | リ ""      ""|   リ´|ト'`ヽ
   | ゝ.、,、 --{    |   | |l   l
   |  ∧スフ¬¬'''ス,| l |l |l、__,.ノ
   | l |  `l|/´ヽ./ | | |l  |
   | |.|  '´ ,..、  l  .| リ_lイ|  |
    ̄l`゙l  ゝ'   |  '´|  l|  |

朝倉涼子
「ここを間違えると、
先ほどやる夫さんが懸念していたような
『他人に良いように利用されて何も残らない人』への
道を突き進みかねません。

我執にとらわれて自己中と呼ばれるレベルにまで達しちゃうのは
それはそれで弊害が大きいので困るんですが、
だからって自分を他人の奴隷にまで貶めるのはやり過ぎです」

534 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:58:31 ID:cc2..Tzs


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「なるほど。

では、具体的にはどうすれば自分を幸せにできるわけですかお?」




           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´

長門有希
「次でそれを考えていく」

535 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:59:14 ID:cc2..Tzs



)どのような価値観がもっとも有益なのか?



        l´  |  |   |      ___..___   _l´  | |.  |
        |  |  | __⊥-‐" ̄: : : : : : : : ̄`ヽ|   |.、|.  |
       ┼=ニ二´;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   |: :|  |
        |,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |`|  |、
       /: : : : ::/: : : : : : |: : : : : : : ::|: : : : : : ;|.  |. |  |:ヘ、
     /:.::/: : : :/ : : : : : : :|: : : : : : : : |: : :: |: ::|:|  | |  |: :トゝ
     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j
                  |::ヽ.゛|/´/,イ´::::::::::::::::::}

長門有希
「が、その前にすこし前置きを話す」




             _ -‐ ´    `丶_
            //      ヽ   \
            / /           |   l ハ
.            // / ∧ lヽ \    !   !  ハ
          /イ ! lL⊥_ヽ \⊥≦-l   l   lヾ
.        /ハ.l .lヽl_    \__ュ l  l/ / l
        ′ ゙lヽトrテ心   'チ::尤l /、/ __ ト
          //lハ.ヒ_:ノ     ヒ_:クl /゙ソ _、!`
                lハ       //´/l/
              l/ >- ` -:イ今/
              ∧l./\´  |_/`i
                  r┤V   \ | /   |
                V /    Y /  /
               |  |    /!    く_

長門有希
「幸せを考えるにあたって、大事なことは、
長い目で見て判断すること。

短期的に幸せを感じられればそれで良い、
とする姿勢は怪我の元。

後で酷い目にあうような物事は、
たとえ今が良くても起こさないほうがよい」

536 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 21:59:38 ID:cc2..Tzs


   /´       `ヽ、
  レ         ハヽ ヘ
  /,.ィ┬'Tオ¬Tl‐-,じ_ ヾヘ
  Y | |T´_リ 「゙'ト-リ | `k'ノ
.  |LY'=== , === }r、' ノ |
  | ,l       /,レ'ヘ| |
  | ゝ、.__⊂つ_,.ソ   l.| |
  |l | オ'Lニ-| |  /l l |
  |l レ/ |  ̄´ | /|_ノ .| |
  |´/ |___|' l    | |
  | ト ,ィ'¬¬¬T. |   | |
  / `|_|      |l ハ |_| |
/  | |_     _|r' "´ レ'
   ノ ヾT'''''''ヾ |

朝倉涼子
「例えば、美味しいご飯をお腹一杯食べる日々を続ければ、
そのときはいいですけど、あとでメタボになって苦労します。

家族にしわ寄せを押しつけながら仕事にまい進したら、
恨まれてしまい、引退後には粗略な扱いを受けるようになった、
なんて話も時々聞きますね」



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「要はトータルで考えろってことですねわかりますお」

537 :名無しのやる夫だお:2010/07/05(月) 21:59:52 ID:DzL3Siak
社会貢献を行うことで他者の評価のアップが狙えるならそれも良いよね

538 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:00:23 ID:cc2..Tzs


              __
        /´ ̄    ̄`丶、
       /           \
.      / /            ` 、
     /  l           ヽ   i
.    //l l    ィイ/ヽ  ∧   l   l
    {イ l l  //‐- }/ ‐ヘ l l lノ
    {小イ   l/T弐ト   r=ヌⅥ lノ
     }从  l| ヒ::リ   ヒ::リ川V
        V l|ヽ、  , 、  イル刈
       ∧j\`¬ニT´ }`ヽ、
       {   \ ∨ /   }

長門有希
「そう。それを踏まえて次の説明を聞いてほしいのだが」



             / ̄ ̄ ̄`‐-、
            / /   ヽ   \
           ノ , '/  '  ヽ   、  ヽ
          〃  {八人  八ハ人ハ l .|
.         {ハ人{`レリ Vヽノリ | l  リ
           从 リ●   ● 从 |ノハリ 
            |ヘ⊃ __ ⊂⊃  | |/
.             レ/⌒l,、 _  ,イァレ
.             /  /::|三/:://  ヽ
             |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,

長門有希
「人の反応の仕方は『≒感じ方』だから、
その人が『どこにもっとも価値を見出すか』、
つまり価値観が大きな影響を及ぼす。

この点、下記に挙げるような物事を最優先の価値観とすると、
後で問題になりやすい」

539 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:00:46 ID:cc2..Tzs
┌───────────────────────────────────────┐
│                                                         .│
│◆家族や友人、恋人                                           ....│
│                                                         .│
│発生する問題:相手への依存状態になる。相手の負担も大きくなりがちで、          ......│
│         相手が耐えかねることもよくある。                           .│
│                                                         .│
│極まった例:依存女、マザコン男など                                   .│
│                                                         .│
│                                                         .│
│◆信仰、あるいはそれに類するもの                                   │
│                                                         .│
│発生する問題:思いこみが激しくなる。思考停止も起こる。                     ...│
│         入信先によっては破滅する。                              .│
│                                                         .│
│極まった例:宗教狂い、マルチに嵌った人、ガチの左な人または右な人など            │
│                                                         .│
│                                                         .│
│◆所有物(車や家、金、地位、能力、知識などなど)                         ...│
│                                                         .│
│発生する問題:それが全てになるので、失う恐怖にさらされるとともに、             .....│
│         失った時には(いつか失うのだが)激しい衝撃を受ける。               │
│         また、その所有物より価値の高いものを持つ人を無条件で            .│
│         上と見なし、逆に価値の低いものを持つ人を下と見なす傾向もある。      ..│
│                                                         .│
│極まった例:拝金主義者など                                        │
│                                                         .│
│                                                         .│

540 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:01:08 ID:cc2..Tzs
│◆楽しさ                                                  ......│
│                                                         .│
│発生する問題:要求がエスカレートしていって現状に満足できなくなり、              ..│
│         いつも楽しさに飢えるようになる。                          ......│
│         刹那主義的になって後先を考えなくなり、後で酷い目にあう傾向がある。    .│
│                                                         .│
│極まった例:享楽主義者、薬物中毒者                                  .│
│                                                         .│
│                                                         .│
│◆仕事                                                   .....│
│                                                         .│
│発生する問題:仕事以外のことでは役立たずになる。                       ......│
│         人間関係や自らの健康などを軽視しがちになる結果、              ....│
│         仕事自体も途中でコケやすい。                            ...│
│                                                         .│
│極まった例:ワーカホリック                                       ......│
│                                                         .│
│                                                         .│
│◆自分の都合                                                │
│                                                         .│
│発生する問題:自己中になるという意味なので、人間関係に悪影響を及ぼす。         ...│
│         最終的にはボッチになることも。                           .....│
│                                                         .│
│極まった例:自己中                                              │
│                                                         .│
└───────────────────────────────────────┘
(*詳細は『7つの習慣』を参照してください)

541 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:02:11 ID:cc2..Tzs


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

美筆やる夫
「どれも価値のあるものではありますお? 
これを否定すると世の中に価値などないってことになりますが」




   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

長門有希
「いや、否定するわけではない。それは誤解。

これらに価値を感じるのは当然。

最優先にするべきではない、ということ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

542 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:02:30 ID:cc2..Tzs


          /´ヽ  /´ヽ          /ヽ. /ヽ、
           |   |  |   |_,,.-‐───--..、j  | |.  |
         |   |,ィ|   |  _,,.-‐=====‐-`ヘ、|  |
            |  |::.:;|   |/:: ,: : : : : : : : : : : : : : :`:┴-、
           |  |:/ |  .|:: :.:/: : : ;: : : : : :|:: : : : : : :ヘ ̄`
         j:| .|j |  |: :;/: : : ::|:: : : : : :|: : : : : 、:. :ヘ
         |::| |ー:|  |::i:j: : :i: ::|:: : : : : :|ヘ: : : : :|: : :ハ
        ,ノ: :| .|__,j /::|:|:-‐-:/|: : : ::;i:-j‐-:: : : :|:: : : |
       '´"γ´ `Y::. ::|{::/_|:/_ |: : :/ j:/__ ∨: : :|: : : |
         {┃┃ |:: .:|マ弐〒 j;/ オ弐テ ハ: :/:.: : :j
         { x   |:: :|、ト'ィ:;jl      ト'ィ:;j,' ハ:/:.:/ヘ/
           `ーr::-':: .:| `ー"      `ー" {::: .:/ー'´
           V\:: :|           ,.ィ::;|:/
              ヽ:|>ーァ‐-^-‐τ::/j;/´
              /‐-、`\,ィ ̄`}  ヘ、
              /⌒ヽ、\ \ニニj  /::}

長門有希
「最優先にするとは、『それが判断基準になる』状態。

価値を感じるのはかまわないが、度が過ぎるのはまずい。

といって、何も最優先にしないのも駄目。
その場その場で場当たり的な行動をとってしまい、支離滅裂な人間になってしまう」



          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

美筆やる夫
「ではどうすればいいのですかお?
なにかは最優先になる、と思いますが」

543 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:02:56 ID:cc2..Tzs


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「結論を言うと、原則に価値を置くのが一番のようだ。

おかしな利害が絡まない上に、人や物と違って死んだり壊れたりしないので
安定する。

日本の『筋を通す』、ユダヤ教/キリスト教の『律法を守る』、
中国の『道に従う』が、
内容はやや違うが、考え方としては近いだろう」




      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「原則?」

544 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:03:43 ID:cc2..Tzs



)原則ってなによ



      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「原則って、なんですかお?」




                      ____ _
                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/>              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \
            /: : : : : : : : :\::\\', ;〃/: : : : :: ::ヽ

長門有希
「『長期的な視点で考えて、自分がもっとも幸せを感じられるようになる法則の集合体』が
原則だが、実体として決まった形はない。

それは個人のおかれた状況によって変動する。

例えばカトリックに建前として存在する『結婚生活を守る』というルールは、
素晴らしいパートナーと結婚している人にとっては当然守るべきものだが、
相手が悪妻やDV夫である人にはそうでもないだろう」

545 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:04:18 ID:cc2..Tzs


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「だが、だいたいどんな時でも通用する原則はある。それが、次のもの」



┌─────────────────────────┐
│                                   .....│
│~ だいたいどんな時でも通用する原則 ~          ...│
│                                   .....│
│                                   .....│
│・他者への好意と信頼を持ち、またそれを表に出す     ..│
│・状況を正確に把握する                    ......│
│・資源及び人間関係にとって最善と思われる判断を行う    │
│・道徳心を持つ                            .│
│・自分の影響範囲を知る。                     │
│ これは)自分には出来ないことを弁える だけでなく    │
│     )自分に出来ることを認識する          ......│
│ という二つの意味を含む。                   ..│
│・自らを高める努力を継続する。                ...│
│・学び、かつ、考える                        │
└─────────────────────────┘
(*まだ他にもあります、多分)

546 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:05:26 ID:cc2..Tzs



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

美筆やる夫
「ふむ? どうも抽象的でわかりにくいですお。

『これをやればおk』みたいに実体化できないのですかお?」




   /´       `ヽ、
  レ         ハヽ ヘ
  /,.ィ┬'Tオ¬Tl‐-,じ_ ヾヘ
  Y | |T´_リ 「゙'ト-リ | `k'ノ
.  |LY'=== , === }r、' ノ |
  | ,l       /,レ'ヘ| |
  | ゝ、.__⊂つ_,.ソ   l.| |
  |l | オ'Lニ-| |  /l l |
  |l レ/ |  ̄´ | /|_ノ .| |
  |´/ |___|' l    | |
  | ト ,ィ'¬¬¬T. |   | |

朝倉涼子
「残念ながらできないんですよ、それが。

実体化させたほうが絶対わかりやすいんですけどね……。

実体化させると、とたんに杓子定規な使えない
代物になってしまうんです。

そのため、その目的となる主旨だけを原則として用いるんです」

547 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:06:07 ID:cc2..Tzs

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「あー……その時々にあわせて判断しながら具体化させるしかないわけですかお」




         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)
        `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´

長門有希
「そう。

ガチガチに明文化することもできなくはないと思うが、
それでは適用できる範囲が狭くなってしまう。

結局はその都度自分で状況に合わせて
ブレークダウンするのが一番、と思う」

548 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:06:57 ID:cc2..Tzs


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

美筆やる夫
「了解ですお。ところで、道徳心を持つってのはなんですかお?」




                 __      __
             ,  ´     `  ´   `'' 、
           /    /  /    ヽ 、 ヽ\ ヽ: 、
.          ,.:'/   / / /  / /! /  l ハ!  lヽ`ヽ
        .//f,'i  / /  /l / l  ハ / / /  |ヽ ゙ヽ',ト、
.      _∠‐ 7 /ヽ/ /‐/- .l / l / l  / /|i.トヽヽl./', l l `i、
         /;ィl;{ '/l/ l/  l/  l /   ! /  |."|//ハ   l | l、 `l__
         ////!,r  ̄`ヽ     ァ^¬ヘ.ヽ| | /|∧j!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、
.         /,' ,i i| l     l   l′    l. V::ヘ./ !、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イrl/ヽヘ',/ ヽ、  ノ     、    ノ /ノiイ.'/l::l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:_ ヘ ' '   ̄      ` ー ´ ////::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘN` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィリ/ツ、::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´     `ヽ、:ト、|
長門有希
「道徳心は個人のあるべき姿勢。

だが、これまた範囲が広く、しかも深い。

いちおう列挙はするが、正直説明は>>1の手に余る。
『七つの習慣』やデール・カーネギーの書籍を
はじめとする自己啓発本を当たったり、
各位で考えたりしてほしい」


【道徳心によく挙げられる項目】
┌──────────────┐
│                   .....│
│・誠実さ              ......│
│・謙虚さ              ......│
│・他者に対する好意、敬意     │
│・熱意と冷静さを合わせ持つ    .│
│・勇気                 .│
│・精神的な忍耐力        ......│
│・フェアな精神             │
│・クールに徹する強い精神     │
│などなどなど             .│
│                   .....│
└──────────────┘

549 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:07:14 ID:cc2..Tzs

             _ -‐ ´    `丶_
            //      ヽ   \
            / /           |   l ハ
.            // / ∧ lヽ \    !   !  ハ
          /イ ! lL⊥_ヽ \⊥≦-l   l   lヾ
.        /ハ.l .lヽl_    \__ュ l  l/ / l
        ′ ゙lヽトrテ心   'チ::尤l /、/ __ ト
          //lハ.ヒ_:ノ     ヒ_:クl /゙ソ _、!`
                lハ       //´/l/
              l/ >- ` -:イ今/
              ∧l./\´  |_/`i
                  r┤V   \ | /   |
                V /    Y /  /
               |  |    /!    く_
                 く!  l    / |\  /
               `T´ヽ__/ l  `´
                |     /

長門有希
「尚、原則は意識して守るべき。

でないと、すぐ別の問題含みの価値観で判断してしまう」



   /´       `ヽ、
  レ         ハヽ ヘ
  /,.ィ┬'Tオ¬Tl‐-,じ_ ヾヘ
  Y | |T´_リ 「゙'ト-リ | `k'ノ
.  |LY'=== , === }r、' ノ |
  | ,l       /,レ'ヘ| |
  | ゝ、.__⊂つ_,.ソ   l.| |
  |l | オ'Lニ-| |  /l l |
  |l レ/ |  ̄´ | /|_ノ .| |
  |´/ |___|' l    | |
  | ト ,ィ'¬¬¬T. |   | |

朝倉涼子
「例えば、肉ばかり食べるんじゃなくて野菜も採るほうが健康にいい、
なんてのはわかりきっていることです(現実に即した最善と思われる判断を行う原則)。

が、それでも焼き肉を食べる時は肉ばかり食べて
野菜は除けちゃったりします(楽しさ優先)。

あるいは、朝は早めに起きるべきだとわかってはいるのですが、
そうは言っても布団から出るのがタルくて二度寝しちゃう、
なんてのもよくあることです(自分優先)」

550 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:08:07 ID:cc2..Tzs


     /          `ヽ、
    /           丶  `ヽ、
    /           `丶_|ヽ、  >
  ,..⊥r─‐r‐‐r─--、、    \_ k'-、
/  / '≧|  | ,≦ヽl `丶、,_  `フ  `ヽ
ヽ_,、L,..-ヘリ   ヽヘ--、゙ ___ YLニ=' {゙ー'"´
  ゝ, '| ┃     ┃ ´ | `├.、'" `゙¬ー--、、
   / l ┃     ┃  l   | .ノ、        `ヽ、
  ,' .リ xx     xxx /   「´  `ー------  、._ 、ヽ
  ,'   ゝ、    _   _ /   ハ      、      `ヽrミ
  リ、 | ヽ`7l^′´/〃   /,.-、     \ `ヽ、   /
  ´ ヽ_|  `|ヘ lニ'/└-r、イノ____〉_    、ヾ、ヽヽ/
         | lγ /,  ノ| 丶. |  __,.-' `' ` '゙
     _z== (7_'、ィ'" ´イ'  ヾ、 /"´
    l( ̄、`ヽ、ヘ’  __    ヘl'-┐
.   lヽ、ヽ 、._ヽ }}     ノニ´-‐-'

朝倉涼子
「原則は包帯に例えられます。

つけたままにしておけば、痛みと出血を抑えることができますが、
しかしうっとおしい。

だけども、取ってしまうと、とたんに痛みと出血が発生する、
というわけです」

551 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:08:37 ID:cc2..Tzs



参考 : 自己啓発系の書籍とキリスト教/ユダヤ教の思想の関係



           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}

長門有希
「ちょっと余談を挟む」


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「自己啓発系の書籍の特徴として、
キリスト教/ユダヤ教由来の考え方が土台となっていると
思しきことがときどきある。

そのため、別に必須ではないし、入信する必要もないが、
ある程度そっち系の考え方についても知っておくと
理解しやすいかもしれない。

例えば、これは>>1の私見だが、原則に従って生きるという考え方は、
キリスト教/ユダヤ教の律法の扱いが元になっているのではないか、と思う」

552 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:09:37 ID:cc2..Tzs


      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |

美筆やる夫
「なんでユダヤ教ですかお? 

自己啓発系の書籍はキリスト教徒の多い
アメリカ発のものばかりですから、
キリスト教はなんとなくわかりますが」




    l   ヽ  l  l     __」  .l      l  l
    ヽ  l  l _.」- ´ニニ l   l`ヽ、.  l  l
      ヽ  l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:l   llヽ;:;:;:;;l  l
      y.':;:;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:|;:;:;l   l ヽ;:;:l  l
     /;:;:/,;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;l;:;:l;:;:;:;l   l ヽ;:l  l
     ///;:;/;:;:∧;:l;:l;:;:;:;:;l;:;:lヽ;:;:ヽ  l  |  ノ\
      /;:;:l;:;:;/ l;:;l l;:;:;:;:∧;:l l;:;:;ヽ    く┌-ゝ
     /;:;:/l;:;:l ∨ ヽ:;/ リ  l;:;:l:;,ゝ    ヽ
      / l:;:;l ┯┯i ソ ┯┯、∨;l  ・  ・ l
      l l;:;l l;:;:少    l;:;:;少 ll      l
      \.l;:;l 弋:::ソ    弋:::::ソ l;\____ノ
        l;:;l             l;:;| \l
           l;::` - ___,   .イ l;:;ト、
         ∨   /l l   / /: |/ : :ヽ
             /: l l / /: : : ヽ: : ヽ
             l: :l ∨ ./: : : : :l: : : :.l

長門有希
「それは簡単。元々キリスト教はユダヤ教から分派した宗教で、
その思想の大元をたどればユダヤ教由来、ということがよくあるから」


┌────────────────────────────────────┐
│                                                   .....│
│分派した経緯を扱うやる夫スレ: やる夫がキリストになるようです。  ワラノート    │
│http://waranote.blog76.fc2.com/blog-entry-1095.html                    .│
│                                                   .....│
└────────────────────────────────────┘

553 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:10:14 ID:cc2..Tzs



)ときどきチェックを



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「原則に従った良い価値観を持つのはとてもいいこと。

しかし、よく自分の心を観察しておかないと、
いつのまにやら変質しているのに気がつかないことがある。

自分の心の動きはよく観察すべき」




        ,.-,=ニ_´,.-'´`ヽ,-'ヽ、_,..、
     ,-´/   `           ヽ
    / /     /   ,、  ,、 l    ヽ
   /  /  /  /   / `´ l  l   ハ
  l   /   |  |   |_,    リ  |    |
  |__/   |   | '''''''T´   `メ、_ |    |
  〈、、 リ   └r‐'──'    '└-ハ__  _|
  〈 `ヾT¬' | ======    ==== | _ニ,」
  |`ヽ l´|   |           |´l |
.  |  ∧.|   |  γ'''¬‐-、    ', l|
  |  /   l   |  ',    ノ    ノ .l|
 | /   |    |'、‐-゙、.__, ィ、. -‐イ  l|
. | /    l    | `ヽ   ノ ハ  |   リ|
.|/   |   ヘ  l   `   , ', |  リ |
l'   |  |/ \ l        l ',l  ノ l|

朝倉涼子
「『良い価値観に基づいて』行動していたはずが、
『良い価値観に従っている偉い私を演じるため』
に行動していた、なんて苦い経験が>>1にはあります。

今行動しているのはなんのためなのか、
をときおり確認したほうがいいでしょうね」

554 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:10:42 ID:cc2..Tzs


        l´  |  |   |      ___..___   _l´  | |.  |
        |  |  | __⊥-‐" ̄: : : : : : : : ̄`ヽ|   |.、|.  |
       ┼=ニ二´;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   |: :|  |
        |,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |`|  |、
       /: : : : ::/: : : : : : |: : : : : : : ::|: : : : : : ;|.  |. |  |:ヘ、
     /:.::/: : : :/ : : : : : : :|: : : : : : : : |: : :: |: ::|:|  | |  |: :トゝ
     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j
                  |::ヽ.゛|/´/,イ´::::::::::::::::::}

長門有希
「それがつまり、自己観察ということになる。

さっそく次で自己観察の技術について考えて行こう」



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「了解ですお」

555 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:11:36 ID:cc2..Tzs



3.3 状況の把握:自己観察の技術を磨く



   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

長門有希
「では自らの心を把握するための自己観察の手法について説明する」

556 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:11:53 ID:cc2..Tzs


    l   ヽ  l  l     __」  .l      l  l
    ヽ  l  l _.」- ´ニニ l   l`ヽ、.  l  l
      ヽ  l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:l   llヽ;:;:;:;;l  l
      y.':;:;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:|;:;:;l   l ヽ;:;:l  l
     /;:;:/,;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;l;:;:l;:;:;:;l   l ヽ;:l  l
     ///;:;/;:;:∧;:l;:l;:;:;:;:;l;:;:lヽ;:;:ヽ  l  |  ノ\
      /;:;:l;:;:;/ l;:;l l;:;:;:;:∧;:l l;:;:;ヽ    く┌-ゝ
     /;:;:/l;:;:l ∨ ヽ:;/ リ  l;:;:l:;,ゝ    ヽ
      / l:;:;l ┯┯i ソ ┯┯、∨;l  ・  ・ l
      l l;:;l l;:;:少    l;:;:;少 ll      l
      \.l;:;l 弋:::ソ    弋:::::ソ l;\____ノ
        l;:;l             l;:;| \l
           l;::` - ___,   .イ l;:;ト、
         ∨   /l l   / /: |/ : :ヽ
             /: l l / /: : : ヽ: : ヽ
             l: :l ∨ ./: : : : :l: : : :.l
            /: : l || /: : : : : l: : : : l

長門有希
「ここで言う自己観察の技術とは、
今、ここで、自分が何を考えているか、あるいは感じているか
~~ ~~~~~~~
を正確に認識する手法。
 ~~~~~~
セルフ・コントロールにも有用で、次のようなメリットがある」


┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│・正確に自らの現状を把握することで、適切な対応を取りやすくなる    .│
│・的外れな怒りを感じたりせずに済む                     .│
│・自分を客観視することによって感情に振り回されずに済む       ...│
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘

557 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:12:49 ID:cc2..Tzs



        l´  |  |   |      ___..___   _l´  | |.  |
        |  |  | __⊥-‐" ̄: : : : : : : : ̄`ヽ|   |.、|.  |
       ┼=ニ二´;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   |: :|  |
        |,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |`|  |、
       /: : : : ::/: : : : : : |: : : : : : : ::|: : : : : : ;|.  |. |  |:ヘ、
     /:.::/: : : :/ : : : : : : :|: : : : : : : : |: : :: |: ::|:|  | |  |: :トゝ
     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j
                  |::ヽ.゛|/´/,イ´::::::::::::::::::}

長門有希
「なお、あえて下線を引いてまで『今、ここで』、を強調したのは、
これが次の二つの理由によって重要な意味を持つから」



┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│)自分の現在位置を空間軸と時間軸の両方の観点から確認する   .│
│                                          ......│
│)意識が未来に飛んだり(妄想にふけるとも言う)             │
│  過去に飛んだり(昔のことを思い出すとも言う)             ...│
│  するのを防ぐ                                ......│
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘

558 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:13:07 ID:cc2..Tzs


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「なるほど。そういえば、天山スレでも主人公がパニックを起こしそうになったら
時計を確認してましたお。

あれも具体的な確認方法の一つなのかもしれませんお」


┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│参考:やる夫が天山のプラモデルを作るようです              ..│
│                                          ......│
│http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1275742121/l50    │
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘


    l   ヽ  l  l     __」  .l      l  l
    ヽ  l  l _.」- ´ニニ l   l`ヽ、.  l  l
      ヽ  l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:l   llヽ;:;:;:;;l  l
      y.':;:;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:|;:;:;l   l ヽ;:;:l  l
     /;:;:/,;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;l;:;:l;:;:;:;l   l ヽ;:l  l
     ///;:;/;:;:∧;:l;:l;:;:;:;:;l;:;:lヽ;:;:ヽ  l  |  ノ\
      /;:;:l;:;:;/ l;:;l l;:;:;:;:∧;:l l;:;:;ヽ    く┌-ゝ
     /;:;:/l;:;:l ∨ ヽ:;/ リ  l;:;:l:;,ゝ    ヽ
      / l:;:;l ┯┯i ソ ┯┯、∨;l  ・  ・ l
      l l;:;l l;:;:少    l;:;:;少 ll      l
      \.l;:;l 弋:::ソ    弋:::::ソ l;\____ノ
        l;:;l             l;:;| \l
           l;::` - ___,   .イ l;:;ト、
         ∨   /l l   / /: |/ : :ヽ
             /: l l / /: : : ヽ: : ヽ
             l: :l ∨ ./: : : : :l: : : :.l
            /: : l || /: : : : : l: : : : l

長門有希
「そうかもしれない」

559 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:14:02 ID:cc2..Tzs


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「また、自己観察は精神修行以外でも有用なシーンが多い。

ひとつ、自己観察が用いられる実際のシーンを考えてみよう。

自分が次のような状況にある、と想像してほしい」


┌─────────────────────────┐
│                                   .....│
│~ 状況 ~                            ......│
│                                   .....│
│後輩に作業をさせているが、なかなか終わらない。     ...│
│「おいコラ、なにちんたらやってやがる!」          ......│
│とつい怒鳴りつけたくなってくる。不愉快で仕方がない。    .│
│                                   .....│
└─────────────────────────┘

560 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:14:22 ID:cc2..Tzs


                                __,
                  __,..-:‐::───:‐-.、__,ノ:;/
               ,.イ´:;: : : : : : : : : : : : : : : : :<、
              /: : :.:/: : : /: : : : : : : : :|:: : : : : :`ヽ、
            /: : : :.:/: : :.:/: : :/: : : : : : |:.: : : :ハ: : : :\
            /: : : : : :/: ::、:/:: : ;イ:: : : : : : :|: :|: : : :|: : : :、::\
         ,ノ: : : : ::|: :.:|: : : :|\:/ |:: : : : : : :|: :|: :.;_:.:|: : : :ヘ ̄`
            ̄|: : : : |: : :|: : :/|:.:/`ー|: :.;: : : : :j斗:'´:.: :|: : : : ハ
              |: : : :.:|: : :{: :;マチ弐ヤ ∨|: : : :/_∨ヘ::.: :|:: : : : : }
          |: : ::l'´|: : :∨ V::tィ::}   ∨::/テ弐ア∨::l:: : : : : :|
           |/|: ::ゝ|:: : : :|⊂ゞ-"     ∨ん':;リ,' /∨、: :/\:|
           ∨|: :V::. : :|       ` `ーc" {::: : :∨   `
             ∨:.:\::.:|      /´ ̄|      }::: : :|
               `ヽ:/ヽ:|、   /___,j    ,人::.: :|
               / ,r===-.、-r-、-‐<_  \:|
              / /:::::::::::::::::::`ヽニニ7 //::ヽ、__
              \,/::::::ゝ、::::::::::::::::\///:::::::::´:::::::;}フ
              _,ノ::::::::::ノ:`ヽ::::::::::::::::\::::::::;/_:;/
              <´:::::::::::::/:::::::/ \::::::::::/`ー=っ
             ,ノ\::::::::::::::::/`ヽ、_V`ーヘ、_,っゝ'´

長門有希
「このような状況にあるとき、自己観察を行って
イライラの原因を掴むのが重要。

でないと、次のような反応を起こしかねない。

これは、もっとも怒りを増幅し、なんの解決にもならず、
しかも多くの場合顰蹙を買う心の動き」


┌──────────────────────────────────────┐
│                                                       .│
│~ 精神衛生上も、問題解決と言う意味でも、一番まずい反応 ~               .....│
│                                                       .│
│                                                       .│
│俺はなんて不幸なんだ! あんな出来の悪い後輩にイライラさせられて。            │
│なにもかもあいつが悪いんだ。あいつの出来が悪いから俺がイライラさせられるんだ。   ..│
│なんであんな奴が世の中に存在するんだ? 世の中は不条理だ、許せない!         │
│                                                       .│
└──────────────────────────────────────┘
(*後輩に悪い意味で依存しているため、怒りは増幅するばかり。
また、自分でできることを探していないため、問題解決にも近付かない)

561 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:15:16 ID:cc2..Tzs


                  _______
            ,.:-::‐':´:: :: :: :: :: :: :: :: ̄::`:ー::-:.、_
           /:: :: : ;':: :: :: :: :: :: :: :: ::、:: :: :: :: :: :: `ヽ、
          /:: :: :: ::/:: :: :: :;':: :: :: :: :: :: ヽ:: :: : 、:: :: :: ::.\
        /:: :: :: :: ::/:: :: :: : |:: :: ::|:: :: :: :: :|、:: :: :|:: :: :、:: :、::\
          l:: : :: :: :: :l:: :: ::l:: ::|:: :: ::|:: :: :: :: :| ∨: :|:: :: : l: :∧、:::\
.        |:: :: :: :: :: |:: :: ::l\l:: :: ::|:: :: :: :: :| |: ;/:: :: :|::: ::ハ  ̄`
       |:: :: :: :|:: ::|:: :: ::|:.:/\;:/|:: :: :: : :|、/::|l:: :: : :|:: :: ::|
        |:: :: :: ::|:..::|:: :: /j/_|:::/_ |:: :: :/|/_|::/_∨:: ::|:: :: ::|
         |:: :: :: :::|:: :|: :/:lマ云弐 |:: ::/ ,オ弐Zア∧::../:: :: ::|
      ,ノ:;/: ::/`|:: :∨:::|l |_)::t;:| |:/  ´|_):t;:| ハ:∨::: :: : |     i
        ̄|:: ::l  |:: :: :: ::|、弋:z:リ       V:z:リ,' ハ::: :: :: ::|::|   _人_
        |/|::ゝ、|:: :: :: ::| ゛-‐      ‐-" l:: :: :: |::/j/   `Y´
         ∨: ::∨:: :: ::|、"           ゛,':: :: ::/l/        !
         ∨:::|∨:: :: :|::>-::.._ rっ _ ,.イ:: :: ::/
          ヽ:|`\:: ::|::/ 〈::ノ  ̄´lュ\:::/|:: :/
                  ヽ:l´   ヘ-─‐-|  \|::/
                /:\\   \  |  ./∧
                 /::::::::::\\   \,|  //::::ハ

長門有希
「一方、ここで自分を観察し、深みにはまる前に感情のワケを明確にできたなら、
別の対応が可能になる」

562 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:15:50 ID:cc2..Tzs


┌──────────────────────────────────┐
│                                                  │
│~ 観察と対処 ~                                       .│
│                                                  │
│自分はかなり怒っている。                                  .│
│だが、なんで怒ってるんだろう?                             ....│
│後輩の仕事が遅いこととどのような関係があるのだろうか。              .│
│                                                  │
│                                                  │
│問題1:俺と同じようにできないのが気に食わん                      │
│対応 :あいつ初心者だし、俺と同じように出来るほうが不思議だよな。      ...│
│    よく考えてみれば、怒るところじゃないだろjk。                 ...│
│                                                  │
│                                                  │
│問題2:後輩がチンタラしていると俺の指導がまずいと言われる          .....│
│対応 :どこで躓いてるか調べて、アドバイスをしよう。                 .│
│    どこまで改善できるかわからんが、あいつが初心者だってことを      ....│
│    上も考えてくれるだろう。                             ......│
│                                                  │

563 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:16:13 ID:cc2..Tzs
│                                                  │
│問題3:既定の時間までに終わらせないと客からクレームが来るかもしれない   │
│対応 :今日はでかける用事がない、とさっき言ってたし、それほど         ..│
│    問題にはならんと思うぞ。時間が延びるかもしれない、と          ......│
│    今のうちに断りを入れておけばそれで済むんじゃね?            ....│
│    文句くらいは言われるかもしれんけど。                       │
│                                                  │
│                                                  │
│問題4:俺がチンタラしてた時はさんざん怒られた。                  ...│
│    今こそその腹いせをあいつにぶつけてやるべきだ。             .....│
│対応 :いあいあ、やるべきじゃねーし。                        ......│
│    やつ当たりじゃん。あいつ悪くねーじゃん。                   ....│
│                                                  │
└──────────────────────────────────┘
(*怒っている原因を理解して、それを自分が出来る範囲で
ある程度軽減できるとわかるので、精神衛生がそこそこ保たれる。
また、自分でできることをするので、実際の問題もある程度だが解決する)

564 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:17:14 ID:cc2..Tzs


     ____    
   /─  ─\  
  /( ●)  (●)\.  
/   (__人__)   \
|              |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「なるほど。問題が明確になっていればこそ、適切な対処がとれるわけですお」



                      ____ _
                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/>              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \
            /: : : : : : : : :\::\\', ;〃/: : : : :: ::ヽ

長門有希
「そう。

もちろん、自己観察が出来たとしても、後輩の仕事が遅いのは相変わらず。

しかし、さっきの反応と比べてずっと精神衛生的によく、
また最終的な結果も大きく変わってくる。

先ほどの一番まずい対応をした場合、周囲の雰囲気は
おそらく悪化するだろう」

565 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:17:51 ID:cc2..Tzs

┌───────────────────────────────────────────┐
│                                                              ..│
│~ まずい対応をすると、たいてい雰囲気は悪化する ~                             ..│
│                                                              ..│
│                                                              ..│
│      __                                                    ......│
│     /ヽ::::::::/\   「もう我慢できん! オイコラ、なにチンタラやってんだよ!              .│
│   / (◎::::::◎) \  早くしろよ馬鹿! 時間かかりすぎだろ!」                     ....│
│   (_   (_人_)   _)                                                 ..│
│   /   l;;;;;;l  |l!| !                                               .....│
│   (_つ      ヽi                                                  │
│                          .ノ 、 、  後輩                                 .│
│                          ● ●) l  「すいません」                            │
│                         (人__) u| (俺だって一生懸命やってるよ……。なんだよアイツ)     .│
│                       ヽ    ノ                                     .│
│                                                              ..│
│  γ::::::::::::::::客::::::::::::ヽ、                                                 │
│  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   お客さん                                       ..│
│γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ  (うるさいわねえ。なにあの人。若い人がかわいそうだわ)         .....│
│(:::::::::/ ─    ─ \:::::::)                                              │
│\:/#(●)  (●)  \ノ                                               │
│ |     (__人__)     |                                                .│
│ \    ` ⌒´     /                                              .....│
│                                                              ..│
│                                                              ..│
│(;゚Д゚)  上司                                                      .│
│     (あいつ、怒鳴るだけか? こりゃ駄目だ。あいつに部下を任せて昇進させる話は没だな)   ...│
│                                                              ..│
└───────────────────────────────────────────┘

566 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:18:26 ID:cc2..Tzs


           /7
       /7    7__
        V . : ´: . : ` : . 、  \ _. . . . . . _
            /: . : . : . : . : . :.ゝ. : :´: : : : : : : : :`: : . . _____
     Vヽ  i: . : . : . : . : . : .√:ゝ : : : : : : : :ヘ: : : : : : ヽ   `
.           !: . : . : . : . : . :/: : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : :ヽ、
            ' 、 : . : . : . :./: : : :./ : : : : : : : : :i: : : l: : :__: :\
          ヽ : . :_._:ノ : : : :/ !: : : : : : : : / : : :.!: (  _`ゝ:\
         r 、 /: : l : : : : :./ !: : /!: : : : ハ: : : :.!: : :〉´::::::ヘ⌒ヽ
         ll い{: : :.l : : : : /ー十:/メ: : : / `ー‐:|-:〈:::::::::::::::ヘ
         ヽ__V:.:.l: : : :/__,|/二∨ / 二|_|_∨:::::::::::::::::}
         く::::::::::::V:l: : /:l んニ寸! ∨  んニ寸! :i 〉:::::::::::::::l
          V:::::::::ハ:l /: :l に::::ノリ    に::::ノリ //:::::::::::::::::l
             〈::::::::::::ハi : :⊂⊃一/ / / / ー‐⊂⊃::::::::::::::::::l
             ∨::::::::::∧: : :l           //::::::::::::::::::::::l
           ヽ:::::::::::∧ : l 、__ r-,___ //:::::::::::::::::::::::,'
                \::::::::::\!:::l l:l lムー ///イ:::::::::::::::::::::::,'
                \::::::::::::::l l:l ! 二//  /::::::::::::::::::::::/

長門有希
「こうなると、よくトラブルになる」

567 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:19:09 ID:cc2..Tzs
┌────────────────────────────────────────┐
│                                                           .│
│~ 雰囲気の悪化はよくトラブルをもたらす ~                                │
│                                                           .│
│                                                           .│
│  γ::::::::::::::::客::::::::::::ヽ、                                           ..│
│  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                                            │
│γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ    お客さん                                  │
│(:::::::::/  \  / \:::::::)   「ちょっと、いつになったら終わるのよ!?             ...│
│\:/#(●)  (●)  \ノ    約束の時間はとっくに過ぎてるわよ!」               .│
│ |     (__人__)     |                                          ...│
│ \    ` ⌒´     /                                           │
│                                                           .│
│                                                           .│
│( ゚Д゚) 上司                                                   .│
│     「やる夫君。指導のやり方をもうすこし考えたほうがいいね。後でちょっと話そうか」   ...│
│                                                           .│
│                                                           .│
│       ___                                                  │
│     /ノ ノ(\  (くっそ、なんで俺がこんな目に!                        ......│
│    ノ( ●━● \ 何もかも後輩がトロいのが悪いんだ!)                      │
│   (⌒ (_人_) ノ()                                             ...│
│   >  ` ⌒´ ⌒ヽ                                               │
│                                                           .│
│                    .ノ 、 、  後輩                                 .....│
│                   - ー) l (ムカつく奴が先輩になったなあ。                ......│
│                 (人__) |  やめようかな、もう)                          │
│                 ヽ    ノ                                        │
│                                                           .│
└────────────────────────────────────────┘

568 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:20:10 ID:cc2..Tzs


     ____
   /      \
  /         \ 
/ U  _ノ    ヽ_  \
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「あちゃー……」



                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}
      ヽ.:.:.{_,,/´~}~〉 ̄~´::::::i:::::::V | ,/ /:::::::i::::::::|
        ~~`ー`VV:::::::::::::::::::|:::::::|ヽ|,//|:::::::::::}::::::::|
              ̄ ̄ ̄゛|:::::::|/∧ヽ. |::::::::::|::::::::|

長門有希
「この点、観察と対処を行ったのであれば話はだいぶ変わるだろう」

569 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:21:08 ID:cc2..Tzs

┌────────────────────────────────────────────┐
│                                                                │
│~ 観察と対処を行った場合 ~                                            ....│
│                                                                │
│                                                                │
│      , - -  「お疲れさん、ちょっといい?                                     │
│     / (● ●) 足と足の間隔を肩幅と同じくらいに開けて作業してみて。                  ....│
│     ゝ (__人)ノ たぶん姿勢が安定して塗りやすくなるから」                          ....│
│                                                                │
│         ,ヽ、 ノ  後輩                                             ....│
│       .  (● ●)| 「マジすか? ……うお、マジだ。パネェ。あざーっす」                  │
│       .  | (_人_) |                                                 .....│
│       .  ヽ   ノ                                                   .│

570 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:21:20 ID:cc2..Tzs
│                                                                │
│      , - -  「すいません、作業の進捗なんですが、ちょっと遅れ気味なんですよー。          .│
│     / (● ●) もしかすると時間をすこし過ぎるかもしれないんですが、                   ..│
│     ゝ (__人)ノ お客様のご都合は大丈夫でしょうか?」                              .│
│                                                                │
│  γ::::::::::::::::客::::::::::::ヽ、                                                .....│
│  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   お客さん                                         │
│γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ  「もう……。(嫌そうに)しょうがないわね。                    ......│
│(:::::::::/ ─    ─ \:::::::) 今日は家にいますから困りませんよ。最後までやってください」         │
│\:/  (●)  (●)  \ノ                                                 │
│ |     (__人__)     |                                               ......│
│ \    ` ⌒´     /                                                ...│
│ /            /                                                  .│
│ \       (__ノ                                                    .│
│                                                                │
│( ゚Д゚) 上司                                                        ..│
│    (あいつ、やるなあ。これなら部下を任せて昇進させても大丈夫そうだ)                ......│
│                                                                │
└────────────────────────────────────────────┘

571 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:21:37 ID:cc2..Tzs


    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「まあ、常にここまで劇的に変わるとは限りませんが、
少なくとも比較的良い結果が返りやすいのは確かですね」

572 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:22:03 ID:cc2..Tzs



参考:隠れたポイント



          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「余談なのですが、この例では他者への信頼も隠れたポイントになっています。

こちらの話に耳を傾けてくれるだろう、という信頼です。

それがあるから、自分から働きかけて行こうと言う気になるわけですね」




      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'
        ',゙T'''''''T'7´
         ',ノ.  レ

朝倉涼子
「これがもし他者への根強い不信があると、
どうせなに言ったって聞きやしないよ、
と最初から投げてしまいます。

そうなるとなにも解決策を打とうとしないので、
事態は悪化します。

さらにその後、事態が悪化したことによって
自分も信頼を失って、本当になにも聞いてもらえなくなり、
自分自身もまた相手への不信を増し、
と悪循環が始まりがちです」



    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「さっきの原則にあった、『相手への好意や信頼を持つ』というのは、
精神衛生などの理由のほか、
他者との共同作業の根幹の部分に関わってるからでもあります。

以上余談でした」

573 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:23:25 ID:cc2..Tzs



)自己観察は高度な技術



                      ____ _
                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/ 
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/>              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \
            /: : : : : : : : :\::\\', ;〃/: : : : :: ::ヽ

長門有希
「では前置きは以上として、本題に入ろう。

残念ながら、『さあ、今から自己観察してみてください』と言われて、
いきなり実践できる人はそういないと思う。

なにしろ自己観察が観察対象とする人間の心は、
とても複雑な機構を持っている。

一言に『心』と言っているが、そこには何重にも重なったプロセスがあり、
しかもそれらは複雑に絡み合っている」

574 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:24:07 ID:cc2..Tzs

┌────────────────────────────────────────────┐
│                                                                │
│~ 心のプロセス ~                                                   ....│
│                                                                │
│                                                                │
│・身体感覚(なにかが足に当たる、何かが匂う、などなど)                            ......│
│・快/不快の感覚(痛い、良い匂いと感じる、などなど)                                 │
│・感情(怒る、喜ぶ、などなど)                                               .│
│・意識(『たんすに足ぶつけた! 俺って馬鹿だー!』、『ウナギの蒲焼かな? 美味しそう』などなど)    │
│                                                                │
└────────────────────────────────────────────┘


/    l   l     | |
|  / .γL_  |     .|├──
|  |  l .「Tド、,|    l / L__
∨ | .| ,リ、ノ/   /_/ .|
 ゙ー'ゝ| ´ |ヾ T´ ̄   「ヽ┬─
.    l. .l゚l リ.|       l .l  |
     l  リ  |      .|ノ   |
   〈    |     |    |
    ヽ、ィ.__|     ハ    |
        |     l-‐∨  |
         |    /   ヽ   |

朝倉涼子
「それぞれの関係を無理やり図式化したらこんな感じですか」

575 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:24:21 ID:cc2..Tzs


┌────────────────────────────┐
│                                         .│
│身体感覚 → 快/不快の感覚 ←→ 感情 ←→ 意識  ┐    │
│ ↑――――――――↑――――――↑―――――↑―┘  .....│
│                                         .│
└────────────────────────────┘

朝倉涼子
「矢印は影響の向きです。

本来の『意識』の部分はもっと複雑で、
別々の意識が同時並行で演算していたりするんですが、
図式化の邪魔だし関係が未だによくわからないしで無理やりまとめてます。

あと、もしかしたら快/不快の感覚から意識に直結することもあるかもしれません。

そこは正直>>1もよくわかってません」



     ____
   /      \
  /         \
/ U  _ノ    ヽ_  \
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「また思いきりぶっちゃけて……。

ん? 影響の向きがなんか循環してますが」

576 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:24:54 ID:cc2..Tzs

    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「『思いだしたら腹立ってきた』(意識が快/不快の感覚と感情に影響している)とか
『そう言えばこんなこともあった、と思いだす』(意識が意識に影響している)

なんてことがありますよね。

実際の感覚からだけでなく、意識の行った想像(妄想含む)から
快/不快の感覚や感情が呼び起こされることもあるんです」



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「さらに、実際には音楽が流れていないにもかかわらず、
『音楽が聞こえる』ことから、
身体感覚自体も意識で想像できると言える。

しかもその意識で流した音楽を、さらに意識が楽しむ、
などということもなされる。

複雑に絡み合うとはこういう意味」

577 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:25:16 ID:cc2..Tzs



           |   |  |   |_,,.-‐───--..、j  | |.  |
         |   |,ィ|   |  _,,.-‐=====‐-`ヘ、|  |
            |  |::.:;|   |/:: ,: : : : : : : : : : : : : : :`:┴-、
           |  |:/ |  .|:: :.:/: : : ;: : : : : :|:: : : : : : :ヘ ̄`
         j:| .|j |  |: :;/: : : ::|:: : : : : :|: : : : : 、:. :ヘ
         |::| |ー:|  |::i:j: : :i: ::|:: : : : : :|ヘ: : : : :|: : :ハ
        ,ノ: :| .|__,j /::|:|:-‐-:/|: : : ::;i:-j‐-:: : : :|:: : : |
       '´"γ´ `Y::. ::|{::/_|:/_ |: : :/ j:/__ ∨: : :|: : : |
         {┃┃ |:: .:|マ弐〒 j;/ オ弐テ ハ: :/:.: : :j
         { x   |:: :|、ト'ィ:;jl      ト'ィ:;j,' ハ:/:.:/ヘ/
           `ーr::-':: .:| `ー"      `ー" {::: .:/ー'´
           V\:: :|           ,.ィ::;|:/
              ヽ:|>ーァ‐-^-‐τ::/j;/´
              /‐-、`\,ィ ̄`}  ヘ、
              /⌒ヽ、\ \ニニj  /::}
              {:::::::::::::\\ ヽ,/ /:::.|

長門有希
「また、身体感覚は外部世界とも繋がるため、
この図式にはさらに外部世界(客観的世界)も加わる」


┌────────────────────────────┐
│                                         .│
│外部世界←―――――(行動して干渉)――――――┐     .....│
│ │                               │     .....│
│ │                               │     .....│
│(感覚を通して情報を得る)                 │       │
│ │                               │     .....│
│ │                               │     .....│
│身体感覚 → 快/不快の感覚 ←→ 感情 ←→ 意識  ┐    │
│ ↑―――――――↑―――――――↑―――――↑―┘  .....│
│                                         .│
└────────────────────────────┘

578 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:25:58 ID:cc2..Tzs

     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「うっわ、複雑ですお」




      |  / 、.| l  |      .|.|
        |  |  γ| |  .|   ,   |.| ̄ ̄`
.      l  l|  .| l_ .|   |   |  /.|___
      ゙ヽ'l、_ .|ソ≧==---''―' .L
         `|´    |     |.ハ┬─
            | === .|     l ノ.|
  r'''ヽ., __   /  xxx |      lr" |
γ´   ." __l  !、   u |     ハ   |
ゝ,    ミ´    ゙ `‐- |     ハ  .|
 ゝ=、__,.ノ        |     ./´.ヘ   |
.             |    ./  l \
             |    /   |  \

朝倉涼子
「そう、複雑なんです。

しかもそれぞれはすさまじいスピードで遷移します。
それこそ、全てが一度に起こったと錯覚するレベルで。

だから観察するだけでも練習が要るんですよね」

579 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:26:27 ID:cc2..Tzs



)身体感覚を観察して感覚を掴む(身随観)



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「では自己観察の練習方法を紹介したい。

ヴィパッサナー瞑想と呼ばれるもの。

瞑想は奥が深く、その全てを>>1が解説することは
能力的な問題でできないが、さわりだけでも紹介する」



    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「この項は参考文献の地橋秀雄『ブッダの瞑想法』によっています。

詳細を知りたくなった人はそちらに当たってみてください」

580 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:26:51 ID:cc2..Tzs



     ____     
   /─  ─\   
  /( ●)  (●)\.  
/   (__人__)   \
|              |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「瞑想っていうと、あのお寺で座って
変な棒でピシピシやられてるあれですかお」




        |  |  | __⊥-‐" ̄: : : : : : : : ̄`ヽ|   |.、|.  |
       ┼=ニ二´;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   |: :|  |
        |,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |`|  |、
       /: : : : ::/: : : : : : |: : : : : : : ::|: : : : : : ;|.  |. |  |:ヘ、
     /:.::/: : : :/ : : : : : : :|: : : : : : : : |: : :: |: ::|:|  | |  |: :トゝ
     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j

長門有希
「そう。といっても、今回主眼とするのは、
その瞬間瞬間での心の動きを出来る限り細かく認識すること。

寺で行うことでも、座ることでも、警策で叩かれることでもない。
別に禅寺に行く必要はない」

581 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:27:29 ID:cc2..Tzs



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「さてここで、先ほどの項の図を思い出しつつ聞いてほしいのだが」



┌────────────────────────────┐
│                                         .│
│外部世界←―――――(行動して干渉)――――――┐     .....│
│ │                               │     .....│
│ │                               │     .....│
│(感覚を通して情報を得る)                 │       │
│ │                               │     .....│
│ │                               │     .....│
│身体感覚 → 快/不快の感覚 ←→ 感情 ←→ 意識  ┐    │
│ ↑―――――――↑―――――――↑―――――↑―┘  .....│
│                                         .│
└────────────────────────────┘

582 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:28:01 ID:cc2..Tzs

                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/

長門有希
「一言でヴィパッサナー瞑想といっても、
身体感覚だけを詳細に観察する『身随観』と、
心全体を詳細に観察する『心随観』がある。

最終目標は心全体を観察する心随観になるのだが、
いきなりは難しいので、
まずやりやすい身随観で練習するという関係にある」



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「『身随観』はチュートリアルみたいなもんですかお」



             _ -‐ ´    `丶_
            //      ヽ   \
            / /           |   l ハ
.            // / ∧ lヽ \    !   !  ハ
          /イ ! lL⊥_ヽ \⊥≦-l   l   lヾ
.        /ハ.l .lヽl_    \__ュ l  l/ / l
        ′ ゙lヽトrテ心   'チ::尤l /、/ __ ト
          //lハ.ヒ_:ノ     ヒ_:クl /゙ソ _、!`
                lハ       //´/l/
              l/ >- ` -:イ今/
              ∧l./\´  |_/`i
                  r┤V   \ | /   |
                V /    Y /  /
               |  |    /!    く_
                 く!  l    / |\  /

長門有希
「そんなところ。

だがチュートリアルと言っても難易度はけして低くない。
気合いをいれてかかってほしい」

583 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:28:16 ID:cc2..Tzs


           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´

長門有希
「では身随観について紹介する。」

身随観の目的は主に3つある」


┌───────────────────────┐
│                                  │
│・今、ここでの、身体感覚を感じ取り続けることで、  .....│
│ 身体感覚が次々に移り変わることを知る         │
│                                  │
│・移り変わりの早さを実感する              .....│
│                                  │
│・すさまじく早く移り変わる身体感覚を、          │
│ それでも追いかける集中力を身につける       ...│
│                                  │
└───────────────────────┘
(*本当はもっと目的が多いのだが、この項は自己観察に
 内容を絞っているので、この3つだけ)

584 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:28:56 ID:cc2..Tzs


    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「ちなみになぜ練習に身体感覚を使うかと言うと、
真偽判定が行いやすいからです。

実際に起こることなので、妄想や空想を現実と誤認する
恐れが少ないんですね」



.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、

長門有希
「それを踏まえ、実行方法を解説する。

要は集中して身体感覚を感じ取り続けることが
出来ればいいのだから、
座っていても立っていても寝ていても歩いていても
かまわないのだが、今回は歩く方法を紹介する」



585 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:29:16 ID:cc2..Tzs


┌───────────────────────────┐
│                                       .│
│◆歩く方法で身随観(レベル1)                     │
│                                       .│
│                                       .│
│1)ゆっくりと歩く。                           ......│
│  ~~~~~~~~~~                                │
│2)歩きながら、右足が動いているのを感じ取ったら「右足」、   │
│  左足が動いているのを感じ取ったら、「左足」         .....│
│  と心の中で確認                          ......│
│                                       .│
└───────────────────────────┘


           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}

長門有希
「以上がレベル1。

心の中で感じたことを確認するのはラベリングという作業。

感覚を客観的に対象化し、ありのままを感じとるために行う。

ただし重要なのは身体感覚のほうなので、
作業の力配分は、ラベリングを1割程度で済ませ、9割は身体感覚に向けるべき」

586 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:30:15 ID:cc2..Tzs




      |  / 、.| l  |      .|.|
        |  |  γ| |  .|   ,   |.| ̄ ̄`
.      l  l|  .| l_ .|   |   |  /.|___
      ゙ヽ'l、_ .|ソ≧==---''―' .L
         `|´    |     |.ハ┬─
            | === .|     l ノ.|
  r'''ヽ., __   /  xxx |      lr" |
γ´   ." __l  !、   u |     ハ   |
ゝ,    ミ´    ゙ `‐- |     ハ  .|
 ゝ=、__,.ノ        |     ./´.ヘ   |
.             |    ./  l \
             |    /   |  \

朝倉涼子
「ラベリングは、点呼確認をするように、
あくまで感覚を感じとってから行う必要があります。

やってみたらわかりますが、集中して行わないと、
『感じとって → ラベリング』の流れが、
歩いているうちに、
意味のない『号令 → 体を動かす』にすぐ落ちてしまいます」




     ____
    / ⌒  ⌒  \
  ./( ―) ( ●)  \
  /::⌒(_人_)⌒:::::  | 
  |    ー       .|
  \          /

美筆やる夫
「ああ、だからゆっくりと歩くわけですかお。

早いと、感じとるどころじゃなくなるから」

587 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:30:32 ID:cc2..Tzs

             _ -‐ ´    `丶_
            //      ヽ   \
            / /           |   l ハ
.            // / ∧ lヽ \    !   !  ハ
          /イ ! lL⊥_ヽ \⊥≦-l   l   lヾ
.        /ハ.l .lヽl_    \__ュ l  l/ / l
        ′ ゙lヽトrテ心   'チ::尤l /、/ __ ト
          //lハ.ヒ_:ノ     ヒ_:クl /゙ソ _、!`
                lハ       //´/l/
              l/ >- ` -:イ今/
              ∧l./\´  |_/`i
                  r┤V   \ | /   |
                V /    Y /  /
               |  |    /!    く_

長門有希
「そういうこと。

レベル1ができるようになったら、レベル2。
『左足』『右足』といった大ざっぱな感覚を
さらに細かくわけて感じて行く」


┌────────────────────────────┐
│                                         .│
│◆歩く方法で身随観(レベル2)                       │
│                                         .│
│1)超ゆっくりと歩く。ふらつきやすいので歩幅も小さくする。    .....│
│2)歩きながら、次のプロセスを全部感じとってラベリング       .│
│ ・右足の足裏が地面から離れた感覚(『離れた』とラベリング)   │
│ ・右足の足裏が地面に着いた感覚(『着いた』とラベリング)     │
│ ・左足の足裏が地面から離れた感覚(『離れた』とラベリング)   │
│ ・左足の足裏が地面に着いた感覚(『着いた』とラベリング)     │
│                                         .│
└────────────────────────────┘

588 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:31:10 ID:cc2..Tzs

         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)u         キュム
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |        キュム
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

美筆やる夫
「けっこうムズイお……」




    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「気合いです。

これは冗談ではなく、マジで。

集中することです。

意識の全てを足の裏だけにむけて下さい。

他のことに意識は向けないことです」

589 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:31:29 ID:cc2..Tzs


              __
        /´ ̄    ̄`丶、
       /           \
.      / /            ` 、
     /  l           ヽ   i
.    //l l    ィイ/ヽ  ∧   l   l
    {イ l l  //‐- }/ ‐ヘ l l lノ
    {小イ   l/T弐ト   r=ヌⅥ lノ
     }从  l| ヒ::リ   ヒ::リ川V
        V l|ヽ、  , 、  イル刈
       ∧j\`¬ニT´ }`ヽ、
       {   \ ∨ /   }
.        ∧   /}Y^Y´ L.ノ
      /  \厶ノ/  !  }

長門有希
「それができたら、レベル3。

ここまで細かく感じとれたらひとまず十分だろう。

もちろん、まだまだ上はあるのだが」


┌──────────────────────────────────────────┐
│                                                            ....│
│◆歩く方法で身随観(レベル3)                                          .│
│                                                            ....│
│1)超々ゆっくりと歩く。足を静かに地面すれすれくらいで浮かし、また地面につける感じ。         │
│  歩幅はつま先からかかとまでの十数センチ程度でおk。                        ......│
│2)歩きながら、次のプロセスを全部感じとってラベリング                          ....│
│ ・右足の足裏が地面に着ききって圧力を感じている感覚(『圧力』とラベリング)              .│
│ ・右足の足裏が地面から離れ、つぶれていた足の肉が離れていく感覚(『離れた』とラベリング)   .│
│ ・右足が動いている感覚(『進んだ』とラベリング)                                │
│ ・右足の足裏が地面に着き、足の肉がゆっくりとつぶれて行く感覚(『着いた』とラベリング)      │
│ ・右足の足裏が地面に着ききって圧力を感じる感覚(『圧力』とラベリング)               ...│
│ ・左足の足裏が地面に着ききって圧力を感じている感覚(『圧力』とラベリング)              .│
│ ・左足の足裏が地面から離れ、つぶれていた足の肉が離れていく感覚(『離れた』とラベリング)   .│
│ ・左足が動いている感覚(『進んだ』とラベリング)                                │
│ ・左足の足裏が地面に着き、足の肉がゆっくりとつぶれて行く感覚(『着いた』とラベリング)      │
│ ・左足の足裏が地面に着ききって圧力を感じる感覚(『圧力』とラベリング)               ...│
│(*各動作の間に、一拍の間だけ動きを止めて、次の感覚を感じ取る準備をするとよい)         │
│                                                            ....│
└──────────────────────────────────────────┘

590 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:31:58 ID:cc2..Tzs

    ヽ  l  l _.」- ´ニニ l   l`ヽ、.  l  l
      ヽ  l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:l   llヽ;:;:;:;;l  l
      y.':;:;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:|;:;:;l   l ヽ;:;:l  l
     /;:;:/,;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;l;:;:l;:;:;:;l   l ヽ;:l  l
     ///;:;/;:;:∧;:l;:l;:;:;:;:;l;:;:lヽ;:;:ヽ  l  |  ノ\
      /;:;:l;:;:;/ l;:;l l;:;:;:;:∧;:l l;:;:;ヽ    く┌-ゝ
     /;:;:/l;:;:l ∨ ヽ:;/ リ  l;:;:l:;,ゝ    ヽ
      / l:;:;l ┯┯i ソ ┯┯、∨;l  ・  ・ l
      l l;:;l l;:;:少    l;:;:;少 ll      l
      \.l;:;l 弋:::ソ    弋:::::ソ l;\____ノ
        l;:;l             l;:;| \l
           l;::` - ___,   .イ l;:;ト、
         ∨   /l l   / /: |/ : :ヽ
             /: l l / /: : : ヽ: : ヽ
             l: :l ∨ ./: : : : :l: : : :.l
            /: : l || /: : : : : l: : : : l

長門有希
「感覚を研ぎ澄まして足の裏だけに意識を向け、

『圧力 → 離れた(圧力の消滅) → 進んだ → 着いた → 圧力 →(以下繰り返し)』

と感じとっていく感じになる」



         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)u        キュ……ム……
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \
    |     |r┬-|     |       キュ……ム……
    \      `ー'´     /
      >         <
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......

美筆やる夫
「1歩2歩はなんとかなるけど、
3歩目あたりから別のことを考えはじめてしまいますお」

591 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:32:15 ID:cc2..Tzs

                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「そういう場合、『妄想』『雑念』『イメージ』などとラベリングして強制終了をかけ、
身体感覚を感じ取るほうに意識を戻すと良い」


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

美筆やる夫
「なるほどですお」

592 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:33:17 ID:cc2..Tzs


                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ

長門有希
「今回は歩くやり方を紹介したが、
集中して身体感覚を感じ取り続けることが出来ればそれは身随観。

なので、先ほども言ったが、立っていても座っていても寝ていても、
やろうと思えばできる。
生活のどのような場でも、行おうと思えば行えるのが身随観。

ちなみに座って行うなら呼吸をするときに腹部が膨らむ感覚と、
縮む感覚を用いると観察しやすい」



                _______    /:|
            _,..-─'":: : : : : : : : : ̄`ー'´: :/
           /: : : : : ,:: : : : :: : : : : : : : : : : : ̄: ̄:゛ー-.、__
        /: : : : : .::/: : : : : ; : : : : : : : : : : : :、:: : : : :ヘ-一"
         /: : : : : .::/: : : : ::/: : :;|:: : : : : : : : : :ハ::. : :、: :`ヽ、
       j: : : : : .::/: : : : :;/:: : :/|::. : : : : :|::. : : :|:: : : :ヘ:: : :ハ
         |: : : : : :/: : : : .:/|::. :/ |::. : : :; :jヽ、::. :j::. : : : :|:: : : :l
       j: : : : : :j: : : ::ー/┼:/-、,|:: : :;/∨,-┼;/‐::.: : : :|:: : : :|
       |: : : : : :|: : ::/:/ヤ弐行j::;/ 〒弐テァ|:: : ;∧|: :ト、::|
        }:;/: : : ::j:;/:::;ハ |ト-':;j:|'"    |ト-'::j:|´j:;/::: : : :| `
      j:ノ|: : :|: :´::.: :/  、V::ィ:;リ     , V::ィ:;リ,'{::::::::::: : : :|
          |: : :|:.: : : :/ ,ィ'⌒ヽ"   r─┐ ̄" ∨:::: : : :/
          |: ::人: : ;/、(.rュ: ,,,ノ   {  ,{   ,.ィ:::::|:: : ;/
       j:/ ̄ ̄ ̄/,ト''´::ー--__ニニ-‐'"´_,|::;/|;/____,.-‐─ュ、_____
      /    ___/ /j::::/|:::;ィ::|i__/ }::::|'´ '"           /{{{´ ,rァ‐'"

長門有希
「簡単ながら以上。なお身随観はここでざっと触れたもの以上にずっと奥が深い。

繰り返しになるが、詳しく知りたい人は参考文献『ブッダの瞑想法』を当たってほしい」

593 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:34:13 ID:cc2..Tzs



             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |

美筆やる夫
「了解ですお。それにしても、足の裏ひとつに絞って、
ただ歩いているだけだというのに、
それでもこれだけ多くの感覚を感じていたとは驚きですお」




    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「複数の感覚情報が、大量に、かつ急激な早さでやってくるから、
認識できない、というだけで、
実際には私たちは常時ものすごく大量の情報を受け取っています。

身随観をやるとそれが実感できますね」

594 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:34:38 ID:cc2..Tzs



参考:集中するためのコンディション作り



/    l   l     | |
|  / .γL_  |     .|├──
|  |  l .「Tド、,|    l / L__
∨ | .| ,リ、ノ/   /_/ .|
 ゙ー'ゝ| ´ |ヾ T´ ̄   「ヽ┬─
.    l. .l゚l リ.|       l .l  |
     l  リ  |      .|ノ   |
   〈    |     |    |
    ヽ、ィ.__|     ハ    |
        |     l-‐∨  |
         |    /   ヽ   |

朝倉涼子
「そうそう、身随観も含め、瞑想はものすごく集中する必要があります。
体のコンディションもそのために予め整えておけるといいですね。

具体的には、よく睡眠をとって、食べる量も5分目くらいに抑える感じです」



            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ 
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ

美筆やる夫
「睡眠はわかりますが……5分目? 

8分目の間違いではないですかお?」

595 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:35:05 ID:cc2..Tzs


      |  / 、.| l  |      .|.|
        |  |  γ| |  .|   ,   |.| ̄ ̄`
.      l  l|  .| l_ .|   |   |  /.|___
      ゙ヽ'l、_ .|ソ≧==---''―' .L
         `|´    |     |.ハ┬─
            | === .|     l ノ.|
  r'''ヽ., __   /  xxx |      lr" |
γ´   ." __l  !、   u |     ハ   |
ゝ,    ミ´    ゙ `‐- |     ハ  .|
 ゝ=、__,.ノ        |     ./´.ヘ   |
.             |    ./  l \
             |    /   |  \

朝倉涼子
「いえ、5分目なんです。

>>1も経験がありますが、足んないなー、くらいのほうが
集中しやすいんですよ。

満腹になるまで食べるのは、集中するにはマイナスですね」



                      ____ _
                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/ 
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./

長門有希
「実際に座禅会に参加した人の話を聞いたことがあるのだが、
最初は出される朝食のボリュームの無さにビビったそうだ」

596 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:35:28 ID:cc2..Tzs


┌───────────────────────────────┐
│                                            ....│
│・座禅会の朝食の例。おかゆ一膳にたくあん・梅干し・塩昆布少々。    ..│
│http://pgm.miyazaki-catv.ne.jp/discover/2010/02/23/dis_tera_14.jpg  .....│
│                                            ....│
└───────────────────────────────┘


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「ただし、個人の体調や生活内容に合わせた調整が必要になるのは当然。

例えば肉体労働者なら同じ五分でも、量自体はもっと多くなるだろう。
守るべきは主旨であって、形式そのものではない点に気をつけてほしい」

597 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:36:14 ID:cc2..Tzs



)心を観察する(心随観)



                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/


長門有希
「では次に本番、心随観に移ろう。

身随観では身体感覚しか観察しなかったが、
今度はそれに加えて快/不快の感覚・感情・意識も観察対象とする」




          ,.-''"´ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
        / ,.ィ _,..r---r-、   \
      ./ /.イ´ | |  | .| `lヽ、 .ヘ
     lヽv ,.イ ⊥_  | |   | .| ,.斗、 ヽ ゙l,),.‐;
     ヤノv' | .j,..≧トッ  ,.ィ''ァ'、  | .〉l /
    |  ∨ 〉イrl゚ハ::l   l乍リバl,// ゙'.}
    ヘ  ヘィ'弋乞:ソ   弋_チ:ノ '.ハ  .∧
      〉  / l "´ _,....--、 `゙  l .ヘ l ヘ
     ∧/  |  ./     ヘ  |l  .Y ', ヘ
     / /  .人  |      | ノ |  ヘ ', ヘ
   / /    / ゝ.ゝ、.______,...イ<´ .|   ヘ ', ヘ

朝倉涼子
「心の動きは、足の動きよりもはるかに早いです。

文字通り電光石火です。

さっきの身随観のレベル3と同じか
それ以上の集中が必要と思ってください」




       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「了解ですお」

598 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:36:55 ID:cc2..Tzs



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「やり方は身随観の発展形。

さきほどやる夫が『別のことを考えてしまう』と言っていたが、
その『考えた別のこと』を細かく観察するのが心随観。

強制終了をかけるのではなく、発生するままに、
その移り変わる内容を細かく観察していく。

つまり身随観を行っていて、何か別のことを考えだしたらそちらを観察する
感じになる」


┌─────────────┐
│                    │
│~ 観察対象は心全体 ~    │
│                    │
│                    │
│・身体感覚           .....│
│・快/不快の感覚         .│
│・感情               .│
│・意識               .│
│                    │
└─────────────┘

599 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:37:10 ID:cc2..Tzs

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「あれ? あ、そうか。身体感覚も心には含まれるわけだから、
それでいいわけですかお。

でも、なにも思い浮かばなかったらどうするのですかお?」




    l   ヽ  l  l     __」  .l      l  l
    ヽ  l  l _.」- ´ニニ l   l`ヽ、.  l  l
      ヽ  l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:l   llヽ;:;:;:;;l  l
      y.':;:;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:|;:;:;l   l ヽ;:;:l  l
     /;:;:/,;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;l;:;:l;:;:;:;l   l ヽ;:l  l
     ///;:;/;:;:∧;:l;:l;:;:;:;:;l;:;:lヽ;:;:ヽ  l  |  ノ\
      /;:;:l;:;:;/ l;:;l l;:;:;:;:∧;:l l;:;:;ヽ    く┌-ゝ
     /;:;:/l;:;:l ∨ ヽ:;/ リ  l;:;:l:;,ゝ    ヽ
      / l:;:;l ┯┯i ソ ┯┯、∨;l  ・  ・ l
      l l;:;l l;:;:少    l;:;:;少 ll      l
      \.l;:;l 弋:::ソ    弋:::::ソ l;\____ノ
        l;:;l             l;:;| \l
           l;::` - ___,   .イ l;:;ト、
         ∨   /l l   / /: |/ : :ヽ
             /: l l / /: : : ヽ: : ヽ
             l: :l ∨ ./: : : : :l: : : :.l

長門有希
「その場合はそのまま身随観を続ける。

集中を高めることになるので、それはそれでよい。

もっとも、そんなことはそうそうないだろう」

600 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:37:28 ID:cc2..Tzs


    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「ここで、なにがなんでも思い浮かべようとするのはNGです。

それでは観察ではなく考察になってしまうので、
心随観にはならないんですね。

あくまで勝手に出てくるのを待ちます」




                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「ではやり方を紹介する」

601 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:37:47 ID:cc2..Tzs


┌──────────────────────────────────┐
│                                                  │
│~ 心随観のやり方 ~                                   ...│
│                                                  │
│1)身随観をはじめる                                    ...│
│2)心に何かが浮かんできたら、それをありのままに観察し、ラベリングを行う   .│
│                                                  │
└──────────────────────────────────┘


                 __      __
             ,  ´     `  ´   `'' 、
           /    /  /    ヽ 、 ヽ\ ヽ: 、
.          ,.:'/   / / /  / /! /  l ハ!  lヽ`ヽ
        .//f,'i  / /  /l / l  ハ / / /  |ヽ ゙ヽ',ト、
.      _∠‐ 7 /ヽ/ /‐/- .l / l / l  / /|i.トヽヽl./', l l `i、
         /;ィl;{ '/l/ l/  l/  l /   ! /  |."|//ハ   l | l、 `l__
         ////!,r  ̄`ヽ     ァ^¬ヘ.ヽ| | /|∧j!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、
.         /,' ,i i| l     l   l′    l. V::ヘ./ !、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イrl/ヽヘ',/ ヽ、  ノ     、    ノ /ノiイ.'/l::l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:_ ヘ ' '   ̄      ` ー ´ ////::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘN` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィリ/ツ、::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´     `ヽ、:ト、|
長門有希
「これだけなのだが、実践しようとするとこれがまた難しい。

まずラベリングに工夫がいる」

602 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:38:01 ID:cc2..Tzs


┌──────────────────────────────────────────────┐
│                                                                    │
│~ 心随観の際に必要なラベリングの工夫 ~                                      ......│
│                                                                    │
│                                                                    │
│・本質を言い当てること。(本質直感)                                           ......│
│・超越的な視点を持つこと。観察対象となる心と意識を分け、客観的に自分を観察すること(対象化作用)   ...│
│                                                                    │
└──────────────────────────────────────────────┘


         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ
        ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ
         〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′
         ノ`;;;;;;;;;;i;!___i;!;;;;;ゝ、
       (_;;;;;;;;7;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;)

長門有希
「すこし説明を加える。本質を言い当てるためには、誤魔化さないことがほぼ必須。

人の心は自分をも欺くもの。

本当に考えていることを見抜くだけでもなかなかに苦労する。
誤魔化すためなら、あえて自分の体調を悪くさせることすら厭わないのが人間の心」

603 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:38:27 ID:cc2..Tzs


┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│~ 例 ~                                     .....│
│                                          ......│
│                                          ......│
│上辺「いや違うんだよ、すげー大変だから俺は上手くやれねーの。   ...│
│    ほら、今肩だって痛いっしょ? お腹だってゴロゴロするし。     .│
│    なんか背中も違和感感じるべ?」                  ......│
│                                          ......│
│本音 誤魔化したい                               ..│
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘



     ____
   /      \
  /         \ 
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

美筆やる夫
「あー」



      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l

朝倉涼子
「こう言う場合は、『お腹がゴロゴロする』とラベリングをしても駄目です。

ズバリ『誤魔化したい』と言い当ててやる必要があります」

604 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:39:03 ID:cc2..Tzs

                 __      __
             ,  ´     `  ´   `'' 、
           /    /  /    ヽ 、 ヽ\ ヽ: 、
.          ,.:'/   / / /  / /! /  l ハ!  lヽ`ヽ
        .//f,'i  / /  /l / l  ハ / / /  |ヽ ゙ヽ',ト、
.      _∠‐ 7 /ヽ/ /‐/- .l / l / l  / /|i.トヽヽl./', l l `i、
         /;ィl;{ '/l/ l/  l/  l /   ! /  |."|//ハ   l | l、 `l__
         ////!,r  ̄`ヽ     ァ^¬ヘ.ヽ| | /|∧j!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、
.         /,' ,i i| l     l   l′    l. V::ヘ./ !、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イrl/ヽヘ',/ ヽ、  ノ     、    ノ /ノiイ.'/l::l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:_ ヘ ' '   ̄      ` ー ´ ////::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘN` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィリ/ツ、::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´     `ヽ、:ト、|

長門有希
「とくにネガティブな感情は言い当てるのに苦労する。

自分が怠けたいことや、言い訳したいこと、人を恨んでいることなどは、
誰でも認めたくないから、別のことで覆い隠したがるもの。

だが、そこを正確に見抜いてこその心随観。

見事言い当ててほしい」



           .
          _>-――-、_
       __〃 / ̄ ̄ ̄\ミ:\
      / //─    ─  / / / ト、
      |/ (●)  (●) |:.!{ !∪〉}
      |    (__人__)  ∧丶=ノ /
      \   ⊂ ヽ∩  个==く
        |  |  '、_ \ /  )
        |  |__\  “  /
        \ ___\_/

美筆やる夫
「どうすればいいのですかお?」

605 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:39:23 ID:cc2..Tzs


              __
        /´ ̄    ̄`丶、
       /           \
.      / /            ` 、
     /  l           ヽ   i
.    //l l    ィイ/ヽ  ∧   l   l
    {イ l l  //‐- }/ ‐ヘ l l lノ
    {小イ   l/T弐ト   r=ヌⅥ lノ
     }从  l| ヒ::リ   ヒ::リ川V
        V l|ヽ、  , 、  イル刈
       ∧j\`¬ニT´ }`ヽ、
       {   \ ∨ /   }

長門有希
「不思議なことだが、本質を言い当てられると、心はぴたりと落ち着く、という性質がある。

そのため、思いつくままにいろいろ言ってみて、ぴたりと嵌って心が落ち着いたようなら、
言い当てられた、と見なせる」



  /  /  ,M.  l  、 ヽ、
. / /  |  |.|''‐'|  |  |   l、.|
 | | l 'ナ大|  |ナフ大|  |ミ|ヽ
 | | .| |-,..、'  '‐,..、/|  |ニ| |
. ゙l十|  ゝ'.    ゝ' .|   l|lーK
  || / xxx     xxx.|  l|' |ヘ
  ||.ト 、  ----l   |  l|  |.ヘ
  ||  | ≧lーr=_==r'''l|  l|   | ヘ
  ||  |.| /. ゙ーー' .'|  リ  | ヘ
  ゙´´ヽ |  (⌒)  / / |   | ヘ

朝倉涼子
「要は『下手な鉄砲も数打てば当たる』方式です。

あたりそうな仮説をいろいろぶつけてみて、
そのうち一発でも直撃すればオッケーです。

中にはすっごく意外なものが直撃することもあるので、まさかなー、
と否定したりせずに、思いついたらラベリングしてみるのがいいですね」

606 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:39:45 ID:cc2..Tzs


┌───────────────────────────────────┐
│                                                    │
│~ 例 ~                                            ......│
│                                                    │
│                                                    │
│状況:集中しようとしているのに、心の中で音楽が鳴りまくる。               .│
│                                                    │
│行ったラベリング:音・妄想・聞きたくない・とまれ・惑わされている・楽しんでいる  .....│
│                                                    │
│結果:『楽しんでいる』とラベリングした瞬間、音楽がぴたりと止まる           │
│                                                    │
└───────────────────────────────────┘


     ____
   /⌒  ⌒\ 
  /( ●)  (●)\
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \
|     |r┬-|     |
/     `ー'´      ∩ノ ⊃
( \             /_ノ
.\ “  ____ノ  /
  \_ ____  /

美筆やる夫
「あ、なんだ。一発必中である必要はないんですかお。

外れても良いならなんとかなりそうですお」


        l´  |  |   |      ___..___   _l´  | |.  |
        |  |  | __⊥-‐" ̄: : : : : : : : ̄`ヽ|   |.、|.  |
       ┼=ニ二´;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   |: :|  |
        |,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |`|  |、
       /: : : : ::/: : : : : : |: : : : : : : ::|: : : : : : ;|.  |. |  |:ヘ、
     /:.::/: : : :/ : : : : : : :|: : : : : : : : |: : :: |: ::|:|  | |  |: :トゝ
     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j
                  |::ヽ.゛|/´/,イ´::::::::::::::::::}

長門有希
「そういうこと。

なお、ネガティブな感情を必要以上に気に病むことはない。

人間、時にはそういう感情を持つもの。
それに、けっきょくは移り変わる程度のものでもある(諸行無常)。

しかも、その正体はけっきょく『表現の仕方がおかしいだけの善意』であることも多い」

607 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:40:20 ID:cc2..Tzs



    l   ヽ  l  l     __」  .l      l  l
    ヽ  l  l _.」- ´ニニ l   l`ヽ、.  l  l
      ヽ  l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:l   llヽ;:;:;:;;l  l
      y.':;:;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:|;:;:;l   l ヽ;:;:l  l
     /;:;:/,;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;l;:;:l;:;:;:;l   l ヽ;:l  l
     ///;:;/;:;:∧;:l;:l;:;:;:;:;l;:;:lヽ;:;:ヽ  l  |  ノ\
      /;:;:l;:;:;/ l;:;l l;:;:;:;:∧;:l l;:;:;ヽ    く┌-ゝ
     /;:;:/l;:;:l ∨ ヽ:;/ リ  l;:;:l:;,ゝ    ヽ
      / l:;:;l ┯┯i ソ ┯┯、∨;l  ・  ・ l
      l l;:;l l;:;:少    l;:;:;少 ll      l
      \.l;:;l 弋:::ソ    弋:::::ソ l;\____ノ
        l;:;l             l;:;| \l
           l;::` - ___,   .イ l;:;ト、

長門有希
「また実用面から考えたとしても、そういう感情を持つこと自体を否定するのは、
誤魔化しにしかならないので無益。

大事なのは、そういう感情を持ったことを認めたうえで、
改善すること。

もちろん、ネガティブで良いんだ、と開き直っては困るが(主に自分が)」



                _______    /:|
            _,..-─'":: : : : : : : : : ̄`ー'´: :/
           /: : : : : ,:: : : : :: : : : : : : : : : : : ̄: ̄:゛ー-.、__
        /: : : : : .::/: : : : : ; : : : : : : : : : : : :、:: : : : :ヘ-一"
         /: : : : : .::/: : : : ::/: : :;|:: : : : : : : : : :ハ::. : :、: :`ヽ、
       j: : : : : .::/: : : : :;/:: : :/|::. : : : : :|::. : : :|:: : : :ヘ:: : :ハ
         |: : : : : :/: : : : .:/|::. :/ |::. : : :; :jヽ、::. :j::. : : : :|:: : : :l
       j: : : : : :j: : : ::ー/┼:/-、,|:: : :;/∨,-┼;/‐::.: : : :|:: : : :|
       |: : : : : :|: : ::/:/ヤ弐行j::;/ 〒弐テァ|:: : ;∧|: :ト、::|
        }:;/: : : ::j:;/:::;ハ |ト-':;j:|'"    |ト-'::j:|´j:;/::: : : :| `
      j:ノ|: : :|: :´::.: :/  、V::ィ:;リ     , V::ィ:;リ,'{::::::::::: : : :|
          |: : :|:.: : : :/ ,ィ'⌒ヽ"   r─┐ ̄" ∨:::: : : :/
          |: ::人: : ;/、(.rュ: ,,,ノ   {  ,{   ,.ィ:::::|:: : ;/
       j:/ ̄ ̄ ̄/,ト''´::ー--__ニニ-‐'"´_,|::;/|;/____,.-‐─ュ、_____
      /    ___/ /j::::/|:::;ィ::|i__/ }::::|'´ '"           /{{{´ ,rァ‐'"

長門有希
「それから本質を言い当てるには、客観的である必要もある。

説明がやや難しいが、『自分を観察する』というよりもむしろ、
『自分と言う意識が、心を観察する』
という超越的な感覚で行えると良いと思う」

608 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:40:38 ID:cc2..Tzs


                  _______
            ,.:-::‐':´:: :: :: :: :: :: :: :: ̄::`:ー::-:.、_
           /:: :: : ;':: :: :: :: :: :: :: :: ::、:: :: :: :: :: :: `ヽ、
          /:: :: :: ::/:: :: :: :;':: :: :: :: :: :: ヽ:: :: : 、:: :: :: ::.\
        /:: :: :: :: ::/:: :: :: : |:: :: ::|:: :: :: :: :|、:: :: :|:: :: :、:: :、::\
          l:: : :: :: :: :l:: :: ::l:: ::|:: :: ::|:: :: :: :: :| ∨: :|:: :: : l: :∧、:::\
.        |:: :: :: :: :: |:: :: ::l\l:: :: ::|:: :: :: :: :| |: ;/:: :: :|::: ::ハ  ̄`
       |:: :: :: :|:: ::|:: :: ::|:.:/\;:/|:: :: :: : :|、/::|l:: :: : :|:: :: ::|
        |:: :: :: ::|:..::|:: :: /j/_|:::/_ |:: :: :/|/_|::/_∨:: ::|:: :: ::|
         |:: :: :: :::|:: :|: :/:lマ云弐 |:: ::/ ,オ弐Zア∧::../:: :: ::|
      ,ノ:;/: ::/`|:: :∨:::|l |_)::t;:| |:/  ´|_):t;:| ハ:∨::: :: : |     i
        ̄|:: ::l  |:: :: :: ::|、弋:z:リ       V:z:リ,' ハ::: :: :: ::|::|   _人_
        |/|::ゝ、|:: :: :: ::| ゛-‐      ‐-" l:: :: :: |::/j/   `Y´
         ∨: ::∨:: :: ::|、"           ゛,':: :: ::/l/        !
         ∨:::|∨:: :: :|::>-::.._ rっ _ ,.イ:: :: ::/
          ヽ:|`\:: ::|::/ 〈::ノ  ̄´lュ\:::/|:: :/
                  ヽ:l´   ヘ-─‐-|  \|::/
                /:\\   \  |  ./∧
                 /::::::::::\\   \,|  //::::ハ

長門有希
「なお、この感覚は意識によって感情をある程度コントロールできることにも
繋がる。

つまりセルフコントロール。

これができれば、感情に振り回されるのではなく、
感情を管理する『感情の主人』となれる」




              ||
              ||
              ||
              || n
              || |:|
             (a゚)゙ ̄`ヽ
              ゝ'\/\〉
              / --- ヽ
            〃NV∨Nハ.:',
            /.:| |匸! 匸! |:.:,
             /.:八|、_っ ''j/:.:.:,
             ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
              {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
              、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
              \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
               ̄ ̄ ̄

長門有希
「心随観、また自己観察の項は以上。

かなり長く紹介したが、それでもだいぶはしょっている。

また、>>1の誤解がないとも限らない。

しつこく繰り返すが、本格的に知りたい人は>>1が参考にした書籍、
地橋秀雄『ブッダの瞑想法』を直接当たってほしい」

609 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:40:53 ID:cc2..Tzs


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「では次の項、『考え方のクセを変える』にいこう」

610 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:41:30 ID:cc2..Tzs



3.4 実行する:考え方のクセを変える



    l   ヽ  l  l     __」  .l      l  l
    ヽ  l  l _.」- ´ニニ l   l`ヽ、.  l  l
      ヽ  l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:l   llヽ;:;:;:;;l  l
      y.':;:;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:|;:;:;l   l ヽ;:;:l  l
     /;:;:/,;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;l;:;:l;:;:;:;l   l ヽ;:l  l
     ///;:;/;:;:∧;:l;:l;:;:;:;:;l;:;:lヽ;:;:ヽ  l  |  ノ\
      /;:;:l;:;:;/ l;:;l l;:;:;:;:∧;:l l;:;:;ヽ    く┌-ゝ
     /;:;:/l;:;:l ∨ ヽ:;/ リ  l;:;:l:;,ゝ    ヽ
      / l:;:;l ┯┯i ソ ┯┯、∨;l  ・  ・ l
      l l;:;l l;:;:少    l;:;:;少 ll      l
      \.l;:;l 弋:::ソ    弋:::::ソ l;\____ノ
        l;:;l             l;:;| \l
           l;::` - ___,   .イ l;:;ト、
         ∨   /l l   / /: |/ : :ヽ
             /: l l / /: : : ヽ: : ヽ
             l: :l ∨ ./: : : : :l: : : :.l
            /: : l || /: : : : : l: : : : l
┌─────┐ 人: :二廾/: : : : : : l: : : : l

長門有希
「実際の心を把握できるようになったなら、
いよいよどうのように変えていくかを考える。

まず、考え方のクセを変える際に抑えておくべきポイントは、次の通り」

611 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:41:46 ID:cc2..Tzs



┌──────────────────────────────────────┐
│                                                       .│
│・状況が同じでも、自分の反応の仕方を変えれば、起こる反応(感情など)も変わる     ..│
│                                                       .│
│・自分の反応の仕方は、ある程度意識的に選択することができる               ....│
│                                                       .│
│・意識的な選択には、①価値観自体を変える ②別の考え方を用いる がある。        .│
│                                                       .│
│・実際に考えたことは、脳の思考速度の早さが原因で、意識が認識できないことがある   .│
│                                                       .│
└──────────────────────────────────────┘

612 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:42:04 ID:cc2..Tzs

                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「つまり、こういうこと」


┌─────────────────────────────────────────┐
│                                                          ......│
│・自分の感情には意識的に干渉することができる。                             │
│                                                          ......│
│・『原因もなく』怒ったり楽しくなったりするのではなく、『原因はあるけど認識できていない』だけ    │
│                                                          ......│
└─────────────────────────────────────────┘

613 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:42:25 ID:cc2..Tzs


                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}
      ヽ.:.:.{_,,/´~}~〉 ̄~´::::::i:::::::V | ,/ /:::::::i::::::::|
        ~~`ー`VV:::::::::::::::::::|:::::::|ヽ|,//|:::::::::::}::::::::|

長門有希
「また、アプローチの仕方には短期的なものと長期的なものがある。

短期的なものは、すぐ効くが、根が深い問題の場合は時間がたてば元の状態に戻る。
つまり早いが浅い。

長期的なものは、効いてくるのが遅いが、根が深い問題にも効果がある。
つまり遅いが深い」


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「ということは、長期的なものをメインにやればいいのですかお?」

614 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:42:55 ID:cc2..Tzs


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「いや、両方。

なにしろ長期的なものは効果が出るまでに時間がかかる(数年かかることもある)。
そのため急場には間にあわない。

目先の問題には、短期的なアプローチで当たる必要がある」

615 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:43:19 ID:cc2..Tzs



)別の考え方を用いる(短期的なもの)



                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}

長門有希
「では具体的な方法を解説する。まずは別の考え方を用いる方法から。

先に述べたように、同じ物事に対しても、考え方(感じ方でもよいが)を変えれば
反応が変わる。

よって、反応を変えるためには、別の考え方を用意するのが一つの手となる。

人間は、知らないことは存在しないと推論する傾向があるので、
『もしかしたら別の方法があるかもしれない』とはなかなか考えないのだが、
探してみれば意外とあるもの」




( /´:::::::::::_;:::;--┬┬--::、:;_:::::::::゙ゝ┐ノ |
 | _,.ィ",ィ=-.|  | "「゙゙Tト | | `゙l'‐-、|   |
 Y | ヘ Lニ、   リ ,ィ=ミ,、 | |  | ミ 〔   |
  | | _l7ro小   ら゚ハ仆 |  .|´ ̄}  .ト、
  .}-} ヘ マ:、.リ    ヤ'、ソノ'/  トr┬| _|:::::ヽ
  .| .| .|. `゙´ `   `´ /    リ .| |`´:::::::::|
  | |  ト、_   -‐'  _,/    / | | |:::::::::::::ノ
  | |   | `゙Tヘニ"/  /  | |├ー'"
  | |   ハ ./ィ´/  ,..ィ'ヘ | ∧ ||
  | ハ  |〉'7 /  /   ハ .|  ∧||

朝倉涼子
「先ほどの『財布に痛い、姉へのお祝い』を例に考えてみますね」

616 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:43:43 ID:cc2..Tzs


┌────────────────────┐
│                            ....│
│~ 財布に痛い、姉へのお祝いが発生 ~    .│
│                            ....│
│                            ....│
│認識「財布に痛いなあ……」           ....│
│                            ....│
└────────────────────┘


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「これは現実。軽い財布は、強がったところで、やはり軽い。

ここで『財布に痛い』という事実だけに注目し続けて、
これを恨む方向へと心が進みそうになったとする」


┌──────────────────────┐
│                                │
│「ああ、財布に痛い! なんて不愉快なんだ!」   ..│
│                                │
└──────────────────────┘

617 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:44:00 ID:cc2..Tzs

.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |
     ', ! !     l  l^¨¨´  / |   /   ノ
.    ヽ| |     ヽ..ノ‐ォ┬一'  |  /   ,フ

長門有希
「これを放置すると、どんどんと恨む方向へと思考が回っていく。

しまいには『感情にとらわれる』状況に陥るだろう」


┌───────────────────────────────┐
│                                            ....│
│「なんだよあいつ、俺の都合を考えないとか空気読めなさすぎだろ!   ....│
│これだから(以下口汚い罵りに入る)」                       │
│                                            ....│
└───────────────────────────────┘


             _ -‐ ´    `丶_
            //      ヽ   \
            / /           |   l ハ
.            // / ∧ lヽ \    !   !  ハ
          /イ ! lL⊥_ヽ \⊥≦-l   l   lヾ
.        /ハ.l .lヽl_    \__ュ l  l/ / l
        ′ ゙lヽトrテ心   'チ::尤l /、/ __ ト
          //lハ.ヒ_:ノ     ヒ_:クl /゙ソ _、!`
                lハ       //´/l/
              l/ >- ` -:イ今/
              ∧l./\´  |_/`i
                  r┤V   \ | /   |
                V /    Y /  /

長門有希
「そこで、そうなる前に別の観点を見つけ、そちらを採用する。

別の観点は一つではなく、いくつか見つかるだろう。

視点を広げたり、上にあげたりするイメージでやるとよい」

618 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:44:35 ID:cc2..Tzs


┌────────────────────────────────────────┐
│                                                           .│
│例1:事の起こりを考える                                          ....│
│「財布に痛いなあ。でも、思えばこれも姉が無事出産したからこそだ。喜ばしいことだよな」    .│
│                                                           .│
│例2:この後を予想する                                           ....│
│「財布に痛いなあ。でも、このお祝いを姉は喜んでくれるだろう。ま、よしとするか」          │
│                                                           .│
│例3:因果関係を掘り下げる                                          .│
│「財布に痛いなあ。だが、そもそも、もっと収入があればここまで痛くはなかったんだ。      ....│
│ もっと稼げる方法を探すか」                                       .....│
│                                                           .│
│例4:あとのフォローを考える                                        ...│
│「財布に痛いなあ。よし、少しでも埋めるために休日バイトでもするか」                .│
│                                                           .│
└────────────────────────────────────────┘

619 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:45:04 ID:cc2..Tzs


【研究室のモニタ】
┌───────────────────────────────────┐
│                                                    │
│                      __,,.. .--‐‐‐ r - ....,,,_,,,,,,......  --ァ         .│
│               /', ,. -'''"        |     ___,,...-‐''"        ......│
│                   /:::::::レ'           |       "' 、           ......│
│              /::::/               |          \-‐''"i         .│
│        r-‐ー‐-r"'''/  /             ハ            \::::|       ....│
│        ',:::::::::::::_,.ゞ;;|  / /       /i   /  ',    i          ヽ\"'''-..     │
│        '.,:::::::::::::::/:|  / /       / .|_,,,../   ',   ハ     ,   ', ヽ:::::::::::)  ....│
│            ゝ、:::::::|::| / /   -‐‐'7"´|  /     ', ヽ、ハ     ヽ   ';ヽ、ヽ/    .│
│        /::ヽ;_;::|::| / /      /  | /      ',  |"'''i、;_    |ヽ   ';:::::>ヽ     │
│       /::::::::::::::::|::::|' |     /  .,,|_/      ', |   | i "''  | i,   ';{ `'   .....│
│       "'- 、:::::::::::|::::| ,|   ≡≡ミzュレ`'      ',_|..  ', |    | |ヽ   i::ヽ     .│
│          `"''i"::::i´|   }' b x X ヾ       ,,zzzュ≦|    | |::::',  |:::::ヽ    .│
│           /::::::::| |   ,イ` i弋 ソ ;i      彳d X ~7冫   | |::::::', |:::::::::>  .....│
│          L:::;;;_ゝ|   ム|  込,;,;炒       |: i,X 歹//',    |i, |_;;;::::ゝ|‐''"     │
│             |  |  ム,,|         ,    込ニソ/  |   リ, | |   `     .....│
│             |  | /  i'',  ////  rー‐--、   `"'  /;|  | リ |          .│
│             |  レ  | ゝ.      |    |  ////  /ー|  |   |        ....│
│            |   , -‐‐-'、` 、,_ i     /      ノ   | | i   |         │
│            | γ/ 二⊃イヒニヽ ヾ, ー '  _,.  ''" |   , | | |   |        ...│
│            | i  /     \ ヽヾー'''"|二"''- .ノ    | リ  |   |        ..│
│          /', |  | ≡ω≡. |   |   /     "'' 、 ハ  |   |        .│
│          /   ', |  |       |   |...,,,,_/     _,..-'< |  |   |         .│
│         ノ    |   ', V  V ノ   |   / _,..-'''"_,..-'彡, |     |         │
│       /       ',   ヽ V V/     | ,仁",,,..-'''",..-''" ', |     |      ......│
│        /     r''"i   `i  ̄| !    |,ム,,.. .-‐'''"        ',|     |        │
│       ヽ     ', /     ,イヽ    ヽ...,,,  "'''- 、      |     |        │
└───────────────────────────────────┘

柊かがみ
「具体的にどんな観点があるかはケースバイケースだけど、
原則に基づいた観点が出せると良いでしょうね。

好意とか信頼とかね」




             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |

美筆やる夫
「なるほどだお」

620 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:45:19 ID:cc2..Tzs


           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´

長門有希
「これが別の考え方を用いる、というやり方。
新しい観点を取り入れる、と言ってもいい。

なお、新しい観点を考え出すにはそれなりに時間がかかることも
ある(といっても数秒だが)。
そのため心随観でやったように、ラベリングして
一度危険な心の動きを止め、その間に考えるのも良い手段」

621 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:45:46 ID:cc2..Tzs



参考:新しい観点とジョークの関係



 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|

朝倉涼子
「余談ながら、新しい観点を見つけるのはジョークにも応用できます」


┌────────────────────┐
│                            ....│
│~ 新しい観点を上手く使ったジョーク ~     .│
│                            ....│
│                            ....│
│歯を守るための基本的な事項――。        │
│1. 毎食後に歯を磨く                 .│
│2. 年3回は歯科医の検診を受ける        .│
│3. けんかやもめごとに首を突っ込まない     .│
│                            ....│
└────────────────────┘

622 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:46:04 ID:cc2..Tzs



       , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
     / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
   /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
  / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
  Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l
   / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |
   ,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |
  ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{
  l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´
.  l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈
  l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
  l   / l`r-、、_    /   /    ',
  リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
  | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     ',

朝倉涼子
「3番目が新しい観点です。

歯を守ると言うと普通は歯磨きや検診を思い浮かべることを、
上手く利用してますね」



【研究室のモニタ】
┌─────────────────┐
│                         .│
│           , ィ//___        ....│
│        /^"": : :!: : : :``丶、    ....│
│.       ,-ァ’::/:.:/:l: :∧: !、:i:: : ヾ- ゝ  ....│
│.       Y:.:.::./: :/:ィ::/ i:_;、:.:!: : l: :}     .│
│      {:::/{.:/: /l/   l/⌒}|: :.|: :|     │
│.        `.|∧!/( ・ ) ( ・ )〉: ト、l   ......│
│        |l:-'ト、   、--,  .ノl": |     ...│
│.         |: : | .> _`__ ,イ |:: .|     ...│
│.        |: : | イ: ::ト--イ:..ト、|:. :|     ...│
│          |: :_|/ \,:て):く ヽ_:|     ...│
│        (_|_/__|::介:::|__ヽ__|_)      │
│         /  ."  ̄ \"       .│
│          ゝ-、_へソr-く"        │
│           i、_ソ  `、ソ        │
└─────────────────┘

柊かがみ
「案外、ジョークに親しむのは、
この新しい観点を見つけることの練習にもなってるのかもね」

623 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:47:18 ID:cc2..Tzs



)6段階のリフレーミング(捉え方の再構築)



.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |

長門有希
「次に、NLPという心理学の一分野で用いられている手法を一つ
紹介する。

これは簡単に言うと、なにかをしたいが、それを止めようとする心がある時に、
その心と交渉をおこなう作業」


      ___  
    / ―\  
  /ノ  (●)\ 
. | (●)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄  |
  \        /
    \     _ノ
    /´     `\
     |       |
     |       |

美筆やる夫
「解説でなくて紹介ですかお?」

624 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:47:42 ID:cc2..Tzs



       ,..-、_‐',..-、 ̄_.._゙'¬-.、
     /  ,  ´  `´  ヽ-‐-.、`ヽ、
   / / /  / ∧ ,ィヘ       \ ヽ
  /  / /  /l /‐ヾ--| l   l    ヘ
.  |  l  |  ハ |    | |    |    | ',
  | l |  | ,.斗ヒ'|  ヽL_l.   |   l |
  | ハ |  | ,ィくヾ,    ''_,.≧‐.|   イリ`ヽ
  `' ゙-,ヽ_|〈イ::l ゙    '_ノハヽl'‐-、/レ'ミ
    |.  l マリ     l::{゚ハ::l ,〉    |_,
    l  l `´ 、   .込イソ |     |  |
    | .ヽ、   __  `´  |    |  .|
    〉  レ゙、-.、.'、_,)___,..、イ    |  .|
   / |  |  ヽ、 `´  ノ ハ| l   ||  l
   /  |  |   ヘ`゙'ー'" , |l|   | | |
.  / //〉、.|   ヽ   /  ハ  _lノ | |

朝倉涼子
「残念ながら>>1自身が解説できるほど詳しくありません。
そのため紹介がやっとです。
本格的に知りたい場合は参考書籍を当たってください」



       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |
 \              /
美筆やる夫
「またそのパターンですかお」



    /   /´    `´    `‐´  `ヽ、 \'"´         ヾ、
   /  / /  ,、   ,.、           \ ヽ   _,.-‐'
  /   '   /  l | ヽ,/  |    l  l     ハ ヽ-'"    __
. /     |  | ├''-、‐'-┤ |  |  |      l  l、  ,.-‐'´
 |    l   |   | |     | .|  .|  |     l ノ }´
 l |  |   .|  l| |   、 | ,ハ  イ  |     l , |
 l |  .|   |_L斗ヒ    `メ=kzュ、'L__ l     l / /
 `‐ハ__ヘ__'_´ _,ィ=ミ‐゙   /ノ,ィ=ミ、| /|    l | ' /`゙ー- 、.._
    | `゙'l 〃、,)、::ト    " r、ノ、::ト、l.L_  /lハ/       `゙ー、
  /|  ',ヘl い´ハ:l      l:::Y´):l }   ̄'| ノ  -==ニ二__
  `<´|   ',  マ廷リ       弋近:ソ'| /   .|ノ、__,.-‐フ´ /
    ン  l  l  `´          `¨´ |/    .|    ,  /'  _,.'_,.-
  <_  l .{                  ./|   l |  /'ーヾ、-_'ニ'-'"
    `>',..-‐ゝ、    こ_ー.、    / |   | |/
    ´     `゙''¬ー-`´--‐フ  .|   | ゝ、
                r''"   l_  ヽ、  `ヽ_
              r''"`ヽ、_,.ィ'´`゙'¬-、ン'ー'´
              `¨¨¨¨`゙''"

朝倉涼子
「専門的なんですよ、この辺の話題はすごく……」

625 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:48:09 ID:cc2..Tzs


       _,.-‐' ´___ ̄ ̄ `゙ ''‐-、
    ,.‐-, '´ `ヽ/  `ヽ'`'ヽ、__  \
  /       ,、   `  ´ ヘ   ヽ
  /  /  / /` '-|  l  l     ',  .ハ
 /  l  l  l   |l  |  |  l    l   l
 |  |  | |   |l  | __ l  l   |_, -彡
 |  l  `l'‐ト、  ,リィヒT´_|   l   |_,/ }
 `‐r-゙-r-ィヾ、    ィヽハヽL_l__|   |  ,.<|
   | |   '{うハl     ら'::ハ' |  'Tヽ´/ .l|
   | ,|  | マ:リ    辷'ソ |   | l  l   l|
   | |.  l   '      u|   l イ   l   l|
   | |   ヽ、  -    __,l   | .|   l   |
   |  |   | `゙フ、'''"´  ,'   l、|   l  |
   |  |   l / , リ __,. -イ   ,' ヘ    l  |

朝倉涼子
「気を取り直して。作業の大まかな流れは次のようになります」


┌───────────────────────────────────────────────┐
│                                                                   .....│
│ 1)修正したいパターン(『止めようとする心』)を明確にする                                .│
│                                                                   .....│
│ 2)その『止めようとする心』とコミュニケーションを取る。                                  │
│                                                                   .....│
│ 3)実際に起こっていることの良い悪いは別として、どのような善意に基づいた目的のために、           .│
│   あえて邪魔をしているのかを知る                                            .....│
│                                                                   .....│
│ 4)その善意ある目的を別の手段で実現できる方法を三つ、考え出す                          .│
│                                                                   .....│
│ 5)『止めようとする心』に対して、責任を持ってそちらの方法を実行してくれるか尋ねる。             ......│
│                                                                   .....│
│ 6)最後に、違和感が起こらず、『おk』と全体から返ってきたら終了。物言いがついたら2)に戻ってやり直し    .│
│                                                                   .....│
└───────────────────────────────────────────────┘
(『リフレーミング』リチャード・バンドラー、ジョン・グリンダー著)

626 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:48:45 ID:cc2..Tzs


       _,. _-_‐_‐-、
    ,.-<' ` 、  \ ヽ
   r'l  ' r、、 ヽ ヽ ヽ'_´ヘ
  /  l |`‐ヘ', ハ__ヽ ヘ ∧
. /  l l ヘ  サ´‐'´',´`<、、 \
/l  ', ',,ィヘ   ィ彡 ∨'ヽ' `ヽ ヽ、   _,、
| l ヽヽ∧ z彡      ∨ `ヽ、  `ニ`ニ´∠
 ` `゙`T ハ    _ ,.ィ','ヽ  Y´`' ‐-、    /
     } , ト‐‐ッ'´`ノl  ヽ'   `ヾ、ヽ,/
    /, ',l, / l  | /  ヽ     >
    l、l、_/トv'´ハ  `'´   ,.>、 /
     l / ´   ヘ    / ∨
     レ    l   {,.,.-r‐'〈_X |
      |,.--、ハヽ‐'゙'''l-7'´  `'
                ∨

朝倉涼子
「以上、としたいところですが、さすがにこれだけでは紹介にもなりませんので
もうちょっと詳しくやりますね」

627 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:49:13 ID:cc2..Tzs



1)修正したいパターン(『止めようとする心』)を明確にする



             _ -‐ ´    `丶_
            //      ヽ   \
            / /           |   l ハ
.            // / ∧ lヽ \    !   !  ハ
          /イ ! lL⊥_ヽ \⊥≦-l   l   lヾ
.        /ハ.l .lヽl_    \__ュ l  l/ / l
        ′ ゙lヽトrテ心   'チ::尤l /、/ __ ト
          //lハ.ヒ_:ノ     ヒ_:クl /゙ソ _、!`
                lハ       //´/l/
              l/ >- ` -:イ今/
              ∧l./\´  |_/`i
                  r┤V   \ | /   |
                V /    Y /  /
               |  |    /!    く_
                 く!  l    / |\  /

長門有希
「これは現状把握と目的の明確化にあたる。

『○○したいが、それを止める自分がいる』
『××しないようにしたいが、それを止める自分がいる』
場合に、そのことを明確に自覚する作業」




( /´:::::::::::_;:::;--┬┬--::、:;_:::::::::゙ゝ┐ノ |
 | _,.ィ",ィ=-.|  | "「゙゙Tト | | `゙l'‐-、|   |
 Y | ヘ Lニ、   リ ,ィ=ミ,、 | |  | ミ 〔   |
  | | _l7ro小   ら゚ハ仆 |  .|´ ̄}  .ト、
  .}-} ヘ マ:、.リ    ヤ'、ソノ'/  トr┬| _|:::::ヽ
  .| .| .|. `゙´ `   `´ /    リ .| |`´:::::::::|
  | |  ト、_   -‐'  _,/    / | | |:::::::::::::ノ
  | |   | `゙Tヘニ"/  /  | |├ー'"
  | |   ハ ./ィ´/  ,..ィ'ヘ | ∧ ||
  | ハ  |〉'7 /  /   ハ .|  ∧||

朝倉涼子
「前提条件があります。

すでに『○○したい』といった願望があることです。

例えば、『誠実な人間になって周囲と良好な関係を築きたい』と
いうようなものですね。

よって、何がしたいのかを明確にする作業がまずこの前にあります。
おそらくは原則か、原則をブレークダウンしたものになる
と思います」

628 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:54:02 ID:cc2..Tzs


 2)その『止めようとする心』とコミュニケーションを取る。


         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー- ´`-- <イリ
         (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ
        ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ
         〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′

長門有希
「解説を加える。

まず、人間の心は完全に統一されておらず、何かをやろうとする心と、
それをさせまいとする心が併存してせめぎ合うことがある、という認識がある」


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

美筆やる夫
「……まあ、なんとなくわかりますお。

やんなきゃいけないのにやりたくない、とか、
やりたいはずなのになんかしっくりこない、とか、
そう言うことはやる夫にもありますお」


           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}

長門有希
「おそらくそれ。

1)で明確にしたその『止めようとする心』と
コミュニケーションを取るのがこのプロセス」

629 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:54:26 ID:cc2..Tzs


 3)実際に起こっていることの良い悪いは別として、
   どのような善意に基づいた目的のために、あえて止めているのかを知る


.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |
     ', ! !     l  l^¨¨´  / |   /   ノ
.    ヽ| |     ヽ..ノ‐ォ┬一'  |  /   ,フ
      ーー ´,r'⌒', く.|_j      l/    ∠
     /、  ./     ',   ` ー‐ ´|     _ノ

長門有希
「人間の心は、常に目的自体は自分自身のために働いている。

ここは重要な前提。

やり方が下手くそで、現実に即しておらず、実際には被害を発生させていて
迷惑だとしても、そう」



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「といいますと?」

630 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:54:42 ID:cc2..Tzs


   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

長門有希
「たとえば、『安全を求める心』は、自分を守る役目がある。

これは重要な役目。

ただ、それが方法を間違えてしまっていると『臆病』や『卑怯』という形で
表出してしまう。

その他、他者からの愛情を求める心は共同生活に必要なものだが、
方法がまずいと『過度の甘え』となる」



┌──────────────────────┐
│                                │
│~ 例 ~                           .│
│                                │
│ある時、病気になったら家族が優しくしてくれた。    │
│                                │
│目的は      : 家族に優しくしてほしい      ....│
│が、その現れ方は : 仮病               .....│
│                                │
└──────────────────────┘
(*こういう場合、仮病を使って気を引くような卑劣な人間と自分を評価するのは嫌なので、
実際に体調を悪くさせたりすることもある)

631 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:55:05 ID:cc2..Tzs


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「ふむう。では、全面的に否定するのは間違いだってことですかお」




           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i

長門有希
「そう。もし仮に、安全を求める心を全面否定することに成功したとすると、
リスクとリターンのバランスをとれなくなって、
早晩自滅するだろう。

あるべき方向性は、存在の完全否定ではなく、
実現手段の変更」

632 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:55:26 ID:cc2..Tzs


┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│~ 例 ~                                     .....│
│                                          ......│
│目的は     : 家族に優しくしてほしい                    .│
│変更した手段 : 自分からも家族を気にかける、甘え上手になる等  .....│
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘

           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \
        ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
    r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´
      ̄\ イ j :|fト  fハ/ノリ/
         7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ
       く/ /V>  __  イ∧ヽ/
         \{ { l::lVミVl::l / ∨
           Y\ヾ ∀ シ/ r'´
              |   ≧f}≦  |
           `ァー∨=∨‐く

長門有希
「さて、それを踏まえ」

633 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:55:47 ID:cc2..Tzs


             ___________________
            /|            _                l!
        / |       _,..-'⌒  ' ̄` ‐ 、          | ',
        /   |       /   / .:  ::. ::::::::..ヽ       |  ',
        /'   |.  _,/    ハ     ::..ヽ::::::::.ヽ      |.  ',
       /     |   ̄フ   / { 人  ト、 :::::l:::::::::::ヘ     .|   ',
      /    |   | l  l  i八iゝ、 l ヽト |:::|i::ゝ    |     ',
      /      j  ̄ ̄{ハ| { i__レ__ゝ ヽj __j_Vl ::::::!::レト!─ l.     ',
     /     i    ノ ト{ ィfァッ    ィfテ、i::::::|/:/      i       ',  
     /       !    ヘ{ iトi. 辷ソ  .  辷ノ|::::/ヘ{       i      ',
     /      i       i ト、   _   ノi::/        i     ',
    /      i          !ト! ゝ、 .._ ,.. ィ'´ j!           i     ',
   /     i        |'、::`::::lー──‐r::::´:/|.          !      ',
    {.───┴─────゙‐ヽ::::j───‐{:::::/‐'─────┴───}
.    |        !        ゙´      `"    i          ,' |

長門有希
「自分を止めている別の心に対して、
『どういう目的のためにそうしてるんだ?』
と聞くのがこのステップ。

そのため、この心を認識する際、
『臆病』などといった暗い表現を用いるのはよくない。

そうではなく、『臆病、という形ででてきているように見えるが、
実際のところお前さんは何を願ってそうしているんだ?』

と問いかけた上で

『そうか、お前は俺に安全を提供したいのか』と気付く
、という流れが望ましい。

『なんでお前みたいな臆病な心が俺の中にいるんだ』とばかり
、己への悪意と決めつけるのは御法度」

634 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:56:05 ID:cc2..Tzs




               __,.-‐'" ̄ ̄`ー-.、_
             ,.-‐'´           `ヽ、
           /                   \
           /               ヽ、 〉ハ
         {                   ヘ/  |
         j                λ  ヘ. |
          〈____________(,j_____,〉,j
           `|:.:|.:i.|:.:|.:|ー|:‐|-v'  |:;ィ:-:‐:、:|:.:.|:.:.l::|
          |:_;L::|:_|;;|;;」;;;」   L;|;;」;;;|;;,|:.:.|:.:.|::|
         |::|:|:」_;|〒弐オ     〒弐テ |:_:」:_」::|
         |:ハ|:.:ハ ト'::ィ;リ    ト'::ィ;リ, |:.:.:.:.:|i::{
          |;|:..|:.:.:} `ー'   '  `ー'  |::|.:.:.|:|::|
           |:|:.::|.:.:.j、 xxx   r‐-、  xxx,|::|.:.:.|:.:|:|
           ||:.:.:.|:.:.||::>┬r┴-┴r┬<:|::|:.::|::.:|:|
          |i:.:.::|:.:|:|:;/:/'} ヽ__",/ |ヽ::L:|:..:|:::.:|:|

朝倉涼子
「また、ここでよーく考えて行くと、『止めようとする心』のほうが正しいこともあります。

その場合はそちらに従うほうがいいでしょうね」


┌─────────────────────────────┐
│                                           .│
│~ 例 ~                                      │
│                                           .│
│                                           .│
│状況:旅行に行くつもりだったが、どうにも引っかかる。        .....│
│                                           .│
│理由:実は遠くに住んでいる友人がやってくる約束の日だった。     .│
│                                           .│
└─────────────────────────────┘

635 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:56:22 ID:cc2..Tzs


4)その善意ある目的を別の手段で実現できる方法を三つ、考え出す


              __
        /´ ̄    ̄`丶、
       /           \
.      / /            ` 、
     /  l           ヽ   i
.    //l l    ィイ/ヽ  ∧   l   l
    {イ l l  //‐- }/ ‐ヘ l l lノ
    {小イ   l/T弐ト   r=ヌⅥ lノ
     }从  l| ヒ::リ   ヒ::リ川V
        V l|ヽ、  , 、  イル刈
       ∧j\`¬ニT´ }`ヽ、
       {   \ ∨ /   }
.        ∧   /}Y^Y´ L.ノ
      /  \厶ノ/  !  }

長門有希
「その目的に沿いつつ、自分の本来の目的の邪魔にならないか、
もしくは今よりマシな方法を三つ考え出して、
今後の行動はその代替案を採用するように
『止めようとする心』と交渉するプロセス」



                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}
      ヽ.:.:.{_,,/´~}~〉 ̄~´::::::i:::::::V | ,/ /:::::::i::::::::|
        ~~`ー`VV:::::::::::::::::::|:::::::|ヽ|,//|:::::::::::}::::::::|
              ̄ ̄ ̄゛|:::::::|/∧ヽ. |::::::::::|::::::::|

長門有希
「交渉方法は至って単純で、
『止めようとする心』に対して、本当に、心の中で言葉にしてそう持ちかけるというもの。

ただし、このとき口に出さないように注意したほうがいいだろう。
側にいる人に聞かれたら、危ない人と思われてしまう」

636 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:56:46 ID:cc2..Tzs

    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「『止めようとする心』のYES・NOの意思表示は、
言葉だけでなく、過去を思い出したり、
明るかったり暗かったりのイメージだったりと
理解しづらいものであることもあるようです。

なにが言いたいんだかよくわからない場合は、
『YESだったときの答えかたを示してほしい』と頼んで、
例えば明るいイメージが返ってきたら、
それがYESという返答だと考えるそうです」



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「これは人それぞれで、
音だったり体の微妙な感覚だったりする人もあるらしい。

ちなみに>>1の場合は、別の心からのメッセージはよく画像や動画で浮かぶ」

637 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:56:59 ID:cc2..Tzs


┌──────────────────────────────────────────┐
│                                                            ....│
│~ 謎のメッセージが送られてきた例 ~                                     .│
│                                                            ....│
│                                                            ....│
│文章術の回で、長さや広さを説明するときは数字つきでやるべきだよー、と                │
│>>1が説明を書いている時に、心の別の部分がとつぜんKonishikiのイメージを送ってきた。        │
│                                                            ....│
│                                                            ....│
│(,,゚Д゚) 「? なんだKonishikiって。意味わからんし」                               │
│                                                            ....│
│                                                            ....│
│その後しばらくして                                                   │
│                                                            ....│
│                                                            ....│
│(,,゚Д゚) 「あ。そういえば、数字で示すときって、わかりやすい例を添えるべきときがあるんだった。   .│
│     Konishiki何人分、なんて言うもんな。それか、さっきのは」                       │
│                                                            ....│
│と気付いて、説明を加えた。                                             .│
│                                                            ....│
└──────────────────────────────────────────┘

638 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:58:09 ID:cc2..Tzs

        ____
      /      \
     /⌒  ⌒    \
   /( ・ ) ( ・ )    \
    |   (__          |
   \   _l        /
   /  ー        \

美筆やる夫
「マジでこんなことが起こってたんですかお?」



    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「マジですよー。最初は意味がわからなかったので無視してました。

後になって気がついて加筆したんです」

639 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:58:29 ID:cc2..Tzs



5)『止めようとする心』に対して、責任を持ってそちらの方法を実行してくれるか尋ねる。



  /: : : : : : |: : : : : : : :/: :l: : : | |ヽ: : : : : : : : : : : |ヽ: : : : |: : : : : : : : : : : |: :|
  /: :/|: : : : :|: : : : : : /\: :l: : | | ヽ: : : : : : : :|: : l ヽ: :/|ヽ : : : : : : : : : |/
 /: :/ | : : : : l: : : : : :|  \l: :| |   ヽ: : : : : : |ヽ | /: : | ヽ: : : : : : : : : |
 | /  |: : : : : |: : : : : :|    \: :|  ヽ: : : : : :|  /  ヽ |  ヽ: : : : : : : |
    |: : : : : :l: : : : : l━━━━━  \: : : : |━━━━━━ヽ: : : : : |
    |: : : : : : ヽ: : : l | |二つ;:;:;:;:;:|   \  | | |二つ;:;:;:;:;:;:;:| ヽ: : : |
     l: : : : : : : ヽ: :| | |:.:.:P;:;:;:;l.:.:|      \| | |:.:.:.P;:;:;:;;l:.:.:| .l: :ヽ |
     l: : : : : : : : :ヽ| | |:.:.:l;:;:;:;:;|.:.:l         | |:.:.:.l;:;:;:;:;;|:.:.:! l: : : l
     ヽ:|ヽ : :l: : : :'. '.'. :.:ヽ;:;:ノo.:|        '.' :.:.ヽ;:;:ノo:.:,' l: : : l
      リ \|: : : : l.  ヾ、   ノ        ヾ、    ,ノ .l: : : :l
       l   l: : : : l ///` ¨´               ` /// l: : : :l
         乂  ヽ: : {                          l: : : :l
          ̄ ヽ: ヽ                         l: : : : 乂
            ヽ: :`:::.....___   ,-‐    _.......:::,'l: : : : :/  ̄ ̄
             ヽ: : : : | ヽl イ ̄ ̄ア ̄ ̄ ̄/   \,': : : :./
              ヽ: : | ,イ;:;:|  ├-、   /      ,': : :./
               ヽ |/ |;:;:;:|   l:.:.:.:ヽ /.   /,': :/,r\

長門有希
「これは『止めようとする心』に代替案の実行を約束させるプロセス。

ここを飛ばすと、理解はしたが、実行はしない、という状態になる」


/    l   l     | |
|  / .γL_  |     .|├──
|  |  l .「Tド、,|    l / L__
∨ | .| ,リ、ノ/   /_/ .|
 ゙ー'ゝ| ´ |ヾ T´ ̄   「ヽ┬─
.    l. .l゚l リ.|       l .l  |
     l  リ  |      .|ノ   |
   〈    |     |    |
    ヽ、ィ.__|     ハ    |
        |     l-‐∨  |
         |    /   ヽ   |

朝倉涼子
「また、ここで『実行を約束させるのはいいが、約束を守る保証がどこにあるんだ?』
という問題があります。

これに関しては、『守った時に自分は何を得るか』という『ご褒美』と、
『破った時に自分がどれだけ嫌な目にあうか』という『罰』を明確にすることで、
約束を守る意思を生み出すのが良いでしょう」

640 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:58:51 ID:cc2..Tzs


       _,.-‐' ´___ ̄ ̄ `゙ ''‐-、
    ,.‐-, '´ `ヽ/  `ヽ'`'ヽ、__  \
  /       ,、   `  ´ ヘ   ヽ
  /  /  / /` '-|  l  l     ',  .ハ
 /  l  l  l   |l  |  |  l    l   l
 |  |  | |   |l  | __ l  l   |_, -彡
 |  l  `l'‐ト、  ,リィヒT´_|   l   |_,/ }
 `‐r-゙-r-ィヾ、    ィヽハヽL_l__|   |  ,.<|
   | |   '{うハl     ら'::ハ' |  'Tヽ´/ .l|
   | ,|  | マ:リ    辷'ソ |   | l  l   l|
   | |.  l   '      u|   l イ   l   l|
   | |   ヽ、  -    __,l   | .|   l   |
   |  |   | `゙フ、'''"´  ,'   l、|   l  |
   |  |   l / , リ __,. -イ   ,' ヘ    l  |

朝倉涼子
「もちろん、ご褒美も罰も、すべて自分で納得できなければ
効果がでません。

『ねーよwwwwwハッタリ乙wwwwwww』

と自分でも苦笑してしまうようなご褒美や罰では駄目ってことですね」

641 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:59:08 ID:cc2..Tzs


6)以上のプロセスに対して違和感が起こらず、
  『おk』と全体から返ってきたら終了。物言いがついたら2)に戻ってやり直し

    ヽ  l  l _.」- ´ニニ l   l`ヽ、.  l  l
      ヽ  l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:l   llヽ;:;:;:;;l  l
      y.':;:;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:|;:;:;l   l ヽ;:;:l  l
     /;:;:/,;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;l;:;:l;:;:;:;l   l ヽ;:l  l
     ///;:;/;:;:∧;:l;:l;:;:;:;:;l;:;:lヽ;:;:ヽ  l  |  ノ\
      /;:;:l;:;:;/ l;:;l l;:;:;:;:∧;:l l;:;:;ヽ    く┌-ゝ
     /;:;:/l;:;:l ∨ ヽ:;/ リ  l;:;:l:;,ゝ    ヽ
      / l:;:;l ┯┯i ソ ┯┯、∨;l  ・  ・ l
      l l;:;l l;:;:少    l;:;:;少 ll      l
      \.l;:;l 弋:::ソ    弋:::::ソ l;\____ノ
        l;:;l             l;:;| \l
           l;::` - ___,   .イ l;:;ト、
         ∨   /l l   / /: |/ : :ヽ
             /: l l / /: : : ヽ: : ヽ
             l: :l ∨ ./: : : : :l: : : :.l

長門有希
「5)で決まったことにたいして、また別の心から物言いがつくことがある。

その場合は2)からやり直し。

そうでなく、特にどこからも止められなかったら、そこで完了とする」




       , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
     / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
   /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
  / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
  Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l
   / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |
   ,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |
  ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{
  l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´
.  l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈
  l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
  l   / l`r-、、_    /   /    ',
  リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
  | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     ',

朝倉涼子
「リフレーミングは以上です」

642 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 22:59:51 ID:cc2..Tzs


)原則を実際に試す(長期的なもの)


        l´  |  |   |      ___..___   _l´  | |.  |
        |  |  | __⊥-‐" ̄: : : : : : : : ̄`ヽ|   |.、|.  |
       ┼=ニ二´;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   |: :|  |
        |,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |`|  |、
       /: : : : ::/: : : : : : |: : : : : : : ::|: : : : : : ;|.  |. |  |:ヘ、
     /:.::/: : : :/ : : : : : : :|: : : : : : : : |: : :: |: ::|:|  | |  |: :トゝ
     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j
                  |::ヽ.゛|/´/,イ´::::::::::::::::::}

長門有希
「原則に沿った行動を実際に試すのもいい。

座学もいいが、やはり効果を実感できてこそ、本気で採用する気になるというもの。

しかも、やり方がわかってくるので、次も実行しやすくなるという追加効果付き」



┌────────────────────────────┐
│                                         .│
│~ 原則 ~                                  │
│                                         .│
│                                         .│
│・他者への好意と信頼を持ち、またそれを表に出す           │
│・状況を正確に把握する                          │
│・資源及び人間関係にとって最善と思われる判断を行う       .│
│・道徳心を持つ                               ..│
│・自分の影響範囲を知る。                        ...│
│ これは)自分には出来ないことを弁える だけでなく       ...│
│ )自分に出来ることを認識する という二つの意味を含む。    .│
│・自らを高める努力を継続する。                      .│
│・学び、かつ、考える                           .....│
└────────────────────────────┘
(*まだ他にもあります、多分)

643 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:00:25 ID:cc2..Tzs


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「ただし、はじめて試す場合は、確実に成果が出そうな簡単な物事で試すほうがいいだろう。

複雑なものに手を出して失敗したのでは、やる気が失せてしまう」



【研究室のモニタ】
┌────────────────────────┐
│                                    │
│                         ノ|           .│
│             _____/〉-‐:´::/            .│
│         __,.-‐":: :: :: :: :: :;/:: : :: :: ::`ヽ、         .│
│       ,ィ´,:: :: :: :: ::/: :: :: ;イ、:::、:: .: :: :: :: ::\       ..│
│     __,/::_:/::; ::/:: ::/:: :/|:::/| ∨:|:: :: ::.、::.:ヽ、::`ヽ      .│
│    /;;;;マ;;/:.:/:::i: :: :⌒://:/ |  |::|;⌒:: ::.i:: :: ::ヽ、::\   ....│
│  /;;;;;;;,|;;;;|::/|: ::|:: :/:/__'" | _|/_ヽ、: :; :|:: : :: :: :ト‐-`   .│
│  ヽ、_;;/{_;;|;/;;| ::|:: ;ヤチテォ゛   'ィァヤ:7∨::|: :: ::i: ::|      .│
│    j:::∧;: ::{ |:.:|/ 、込:z:;i     ヒ::z;j, ハ:;リ::: :;/:::/       │
│    |:: ::∧:弋|;/,   `-‐'   、 `‐" 〈_):|: :/|:;/       .│
│     j:: :: :∧:: :ヘλ         ._   丿::::|;/ '´        .│
│    |: :: :: ハ:: : :∧`> 、 __   |:| ,.ィ´::i:: ::|           │
│     |:: :: :::iλ:: : ∧__,.-‐j.  Τ|:|、_.|:: ::i.: ::|         ...│
│     {:: :: :i:| ヽ;: :: :`ヽヾ==="|:| `ヽ;:!:: ::}         ...│
│     |:: :: :i:|  ,f´`}:: ::ハ     |.|  :i, ヘ;: ::|         ...│
│     j:: :: :i:| 丿  |:: : :}    ,ィ´~ヘ |:  〉:.:j           │
│    |:: :: :i:〈´,,,,  |::i:.:|  丿  λ|__,<}: :|          .│
│    |:: :: ::i|{><}_,,{::|:.:| /  ,ノ´`'i:: ヘ:: |        ......│
└────────────────────────┘

柊かがみ
「『ホントかあ?』と半信半疑で試してみて、
実際に成果を体験して、『なるほど、いいじゃん』と納得する
……というのが>>1のよくあるパターンね」

644 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:00:47 ID:cc2..Tzs


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「検証が大事というわけだお」



        l´  |  |   |      ___..___   _l´  | |.  |
        |  |  | __⊥-‐" ̄: : : : : : : : ̄`ヽ|   |.、|.  |
       ┼=ニ二´;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   |: :|  |
        |,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |`|  |、
       /: : : : ::/: : : : : : |: : : : : : : ::|: : : : : : ;|.  |. |  |:ヘ、
     /:.::/: : : :/ : : : : : : :|: : : : : : : : |: : :: |: ::|:|  | |  |: :トゝ
     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j
                  |::ヽ.゛|/´/,イ´::::::::::::::::::}

長門有希
「そう。

また、これらの原則は、実践するのはもちろん、
朝に読み返して確認し、夕に読み返して今日の行動が原則に沿っていたかを検証する、
といった行動を取るのもよい」

645 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:01:03 ID:cc2..Tzs



重要な注意点:



  /:::i::::::::::::/:::::::::,i:::::::/i:::::: /|::::::::::::::::::|、::::::::.\::::::::l:::::::::::::i:::;:::::.ヽ.
 .i::::j゙::::::::;イ :::::::::l|::::/ l:::::l  l;:::i;::::::::::::l.\::.ヽ;::\:::l:::::::::::::|::li:::::::::.ヽ.
 l::/|:::::::/:i:::::::::::|.|:::i  l ::| ヽ::lヽ、:::::::l  \:.ヽ;::.ヽl::::::::::::l::|:l:::::::::::ト\
 |:! |::::::l;:;:|::::::::::;H::!ー- _l;;|   ヽ!、ヽ__;;}-‐'''ヽ~゙\::|:::::::::::|::|:::l:::::i::::|
 |! l:::::|l;:;:l::::::::::| l;|  、.|!`   ヾ ´ >! ,;z==ュ、 `l:::::::::;l:::l:::::l::∧::l
   ヽ;:l l;:l、::::::::l     ヽ       /゙K)::iii::::! j !::::::::;l:::l^i::|:| レ゙
    ヽ ヽ|i、::::l:|             b:::lll::::l  ,!:::::::;!:: l ∧|l
          l::ヘN, ゞ=r'''"゙       ヾ:;;;;;;ノ ,!::::::/::::;レ゙ .|!
        l;:::::::lヽ      、         /::::::/::::/
        l;::::::|::ト、.   r 、 _ _       ,イ:::;イ::::/     
         .!::::l::|. ゙' 、 .|  !      ,.::':/::;/ .|::/
           ヾ;:|:|.   ゙l  !   ,,..: '" /:;イ  j/
          ヽ!  _,,ィ!  ,!゙''' ", -=、 /'゙ .ト.、_
           ,,r'''::::/  .,!.  /  /   l:::::::゙'''::.、

長門有希
「ひとつ重要な注意点がある。

それは、原則を考える際は『××しない』のように暗い表現に否定をかけた
二重否定を使うのではなく、

『○○する』と肯定表現を使うべき、ということ」


┌────────────────────────────┐
│                                         .│
│~ 例 ~                                    │
│                                         .│
│                                         .│
│  ○肯定表現を使う        ×二重否定を使う         .│
│                                         .│
│ ・他者への好意を持つ      ・他者への嫌悪を持たない    │
│ ・状況を正確に把握する     ・状況を誤認しない         │
│                                         .│
└────────────────────────────┘

646 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:01:23 ID:cc2..Tzs



                      . . .――. . .
                       . . :´: : : : : : : : : : : : : :`: : .
               . : ´: : : : :. :. :./: : :i: :`ヾ \: : : :.\
             . : ´ ´ : : : : :./ : : ': : : :| : : : : : : ヽ: : : :)ヽ
             . : :´イ: : :. :./: : :./: :. :.| : : : |! : \: : : : :. ー: :.:ヘ
          ̄  /:/: : : :/: : :./:.: :.:.イ:i:.:.:.小:. :. :.ヽ: : : :. : : : : .:.
          / : イ / : /: : /:i: : : /.|:|! : : | 、: : : : :. :. :.i : : : : :i
           / / / ': : :': : :.i/|_/ |ハ: : :.|  ヽ _iL: : |:. :.:i: : :.
         '.:/ ':.:|: : :|!:匕|「| :/ `{  、:.ハ ´ \{ヽ` |:. :.:|:.:.:i:..
            |/  |: :|: : :|l: : | xテ笊ミ   ヽ乂ィ笊伝ミy:ハ: :l: : ト、:..
            {'   |: :|: : 八: :|《 {うf:j::}      r':f:j:::} 》': : : :.!: :.l `\
              |: ハ: i:.小 :. 乂:::ソ       乂:::ソ ハ /: /):.:.|
              |:' 从:.:|: ヾ:.        '        ムイ:.:/イ∧乂
              八! ヾ : iハ        _      : : : イ ノ′
                   ∨: : ヽ          イ: :/}'
                   ハ: : 从:>      .< /: :i
                  人: :.| ヾ小 ≧≦ 小/: ヘ{
                      >乂:. :r'       ノイ \
                      / : : : : :| __   /:. :.: :.:\
                ...イ:. :. :. :. :. :|´__ `:/:.: :.: :.: :. :.\

長門有希
「そうすべき理由は3つある」

647 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:01:53 ID:cc2..Tzs


┌───────────────────────────────────────┐
│                                                         .│
│1)二重否定にすると、ネガティブなイメージをまず思い浮かべ、                  ..│
│  それをさらに改めて否定で打ち消すことになるので、                        .│
│  心にネガティブな癖がつきやすい上に苦痛が多い                         .│
│                                                         .│
│                                                         .│
│2)二重否定は本来の意図を必ずしも示さない。                           ...│
│  (*すべてが命題論理のように真でなければ偽とできるわけではない。            .│
│    例えば、『嫌悪を持たない』は、『他者への関心を失くす』ことでも               .│
│    実現できる。これでは本来の意図だった『他者への好意を持つ』とは別物になる)   ....│
│                                                         .│
│                                                         .│
│3)二重否定にするとややこしくなるので考えるのが面倒になる                  ....│
│  (命題Pで表わせるものは、わざわざ命題¬¬Pと表現せず、命題Pとして表現すべき)  ....│
│                                                         .│
└───────────────────────────────────────┘


               ヽ、       ______
               \'::ー.‐'''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄``:.:.、
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ、.
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
             /:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
           /:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.!:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.:.:.l:.:.:ヽ:.:.:.:. ヘ:.:.:.:.:.:.:',
           |:.:.:.,'.:.:.:.:!.:.:!ヘ.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.i:.:.:.:l .:.:.:|:.:.:.:.:..!.:.:.:.:.:.:.i
           |:.:.iト.:.:.:.:.|:. ! ヽ.:.:.:.:!、:.:.:.:.:i、.:.l .:.:.|:.:.:.:.:..!.:.:.:.:.:.:.!
          i:.:ハ:ヽ.:.:.i.:.:|、_\.:.:! \:.:.:.ヘ:l :.:.|.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:/
          ∨ |.:.:\!ヘ|r--、 \i ニ\::!ヘ:|::!:.:.:.:./、:.:.:.:/
             |.:.∧ヘ 辻;;;::}   ´辻f;;;::j}7.:.:.:/  ):.:.ゝ
            !/  ', ゞ=" 、   ヾ='" !:.:.:/__ノ//
            ′  iゝ、  、__      ノ!:.:/.:/ ′
              ≡三≡三三7_,, </::::!/:.(

長門有希
「ちなみに、もっぱら罰を用いて人を動かすタイプの人は、
罪が大好きなためか(罰を与えるためには罪が必要なので)、
ネガティブ表現を用いた二重否定を好む傾向があるように思う。注意してほしい」

648 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:02:26 ID:cc2..Tzs



)慈悲の瞑想



           |   |  |   |_,,.-‐───--..、j  | |.  |
         |   |,ィ|   |  _,,.-‐=====‐-`ヘ、|  |
            |  |::.:;|   |/:: ,: : : : : : : : : : : : : : :`:┴-、
           |  |:/ |  .|:: :.:/: : : ;: : : : : :|:: : : : : : :ヘ ̄`
         j:| .|j |  |: :;/: : : ::|:: : : : : :|: : : : : 、:. :ヘ
         |::| |ー:|  |::i:j: : :i: ::|:: : : : : :|ヘ: : : : :|: : :ハ
        ,ノ: :| .|__,j /::|:|:-‐-:/|: : : ::;i:-j‐-:: : : :|:: : : |
       '´"γ´ `Y::. ::|{::/_|:/_ |: : :/ j:/__ ∨: : :|: : : |
         {┃┃ |:: .:|マ弐〒 j;/ オ弐テ ハ: :/:.: : :j
         { x   |:: :|、ト'ィ:;jl      ト'ィ:;j,' ハ:/:.:/ヘ/
           `ーr::-':: .:| `ー"      `ー" {::: .:/ー'´
           V\:: :|           ,.ィ::;|:/
              ヽ:|>ーァ‐-^-‐τ::/j;/´
              /‐-、`\,ィ ̄`}  ヘ、
              /⌒ヽ、\ \ニニj  /::}
              {:::::::::::::\\ ヽ,/ /:::.|

長門有希
「それから慈悲の瞑想も紹介する。

やり方は単純で、次の内容を、感情を込めつつ、心で朗読するというもの」

649 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:02:44 ID:cc2..Tzs


【慈悲の瞑想】
┌─────────────────────────┐
│                                   .....│
│私が幸せでありますように                    ..│
│私の悩み苦しみがなくなりますように             .....│
│私の願いごとが叶えられますように                .│
│私に悟りの光が現れますように                  │
│                                   .....│
│私の親しい人々が幸せでありますように            .│
│私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように     ....│
│私の親しい人々の願いごとが叶えられますように        │
│私の親しい人々にも悟りの光が現れますように        │
│                                   .....│
│生きとし生けるものが幸せでありますように         .....│
│生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように     .│
│生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように     │
│生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように     ....│
│                                   .....│
│                                   .....│
│私が嫌いな人々も幸せでありますように           .....│
│私が嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように       │
│私が嫌いな人々の願いごとが叶えられますように       .│
│私が嫌いな人々にも悟りの光が現れますように       ...│
│                                   .....│
│私を嫌っている人々も幸せでありますように         ....│
│私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように  ......│
│私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように     │
│私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように     ..│
│                                   .....│
│                                   .....│
│すべての衆生が幸せでありますように             ..│
│すべての衆生が幸せでありますように             ..│
│すべての衆生が幸せでありますように             ..│
│                                   .....│
└─────────────────────────┘

650 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:03:03 ID:cc2..Tzs


      ____
    /ヽ  /\
   /(●) (●)丶
  /::⌒(__人__)⌒:::uヽ
  l    |r┬-|     l
  \   `ー'´   /
  /         ヽ
  し、       ト、ノ
    |   _    l
    !___/´ ヽ___l

美筆やる夫
「もろ仏教ですお」



         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)
        `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´

長門有希
「その通り、もろに仏教。

が、自分は熱心な仏教徒ではないので、
身も蓋もない解説をする」

651 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:03:20 ID:cc2..Tzs

                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「心は、感じ続けたこと、考え続けたことがクセになるという特徴を持っている。
脳の神経は、繰り返し使われた部分が発達する、と言っても良い。

この性質を生かして、周囲への好意や信頼を念じるクセをつけることで、
それを発露させやすくするのだと思われる。

今まで自分が言ってきたことが、
自分でも思いもよらない時に再び顔を出すことはよくある」



           |   |  |   |_,,.-‐───--..、j  | |.  |
         |   |,ィ|   |  _,,.-‐=====‐-`ヘ、|  |
            |  |::.:;|   |/:: ,: : : : : : : : : : : : : : :`:┴-、
           |  |:/ |  .|:: :.:/: : : ;: : : : : :|:: : : : : : :ヘ ̄`
         j:| .|j |  |: :;/: : : ::|:: : : : : :|: : : : : 、:. :ヘ
         |::| |ー:|  |::i:j: : :i: ::|:: : : : : :|ヘ: : : : :|: : :ハ
        ,ノ: :| .|__,j /::|:|:-‐-:/|: : : ::;i:-j‐-:: : : :|:: : : |
       '´"γ´ `Y::. ::|{::/_|:/_ |: : :/ j:/__ ∨: : :|: : : |
         {┃┃ |:: .:|マ弐〒 j;/ オ弐テ ハ: :/:.: : :j
         { x   |:: :|、ト'ィ:;jl      ト'ィ:;j,' ハ:/:.:/ヘ/
           `ーr::-':: .:| `ー"      `ー" {::: .:/ー'´
           V\:: :|           ,.ィ::;|:/
              ヽ:|>ーァ‐-^-‐τ::/j;/´
              /‐-、`\,ィ ̄`}  ヘ、
              /⌒ヽ、\ \ニニj  /::}
              {:::::::::::::\\ ヽ,/ /:::.|

長門有希
「また、周囲への好意や信頼は精神に平穏をもたらすので
(ヤンデレのように表現の仕方がおかしかったり
執着レベルまで高じていたりすると逆効果だが)、
自身の精神安定を図る意味もあるのだろう」

652 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:03:40 ID:cc2..Tzs

【研究室のモニタ】
┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│                          _      ____,ノ〉           .│
│                 _,.-‐::─‐:-/::}-‐'" ̄: : :_::/          ....│
│              ,.イ´.: : : : : : : :: : : :|::. : : : : : : : :`ー-.、__       ....│
│           ____,/:; : : : : .:: : : : :: : : : :|:: : :.、:: : : : : . . . . ......`ヽ、    ....│
│          ,ィ'´;;;;;Y;;;}:/: : : : :::;: : : :;ィi: : : :jヽ:: : :i:: : : : ..、::. . . ....ヽ::...\    │
│      /;r‐::‐:;r';;;/: :;ノi:: :::/ : :/' |: : :/ ∨:.:|:.:i:: : : : i:::. : : : :.ハ` ̄`    │
│       〈;;;;;;|: :::/;;;;;/: :(_,ノ::::/ : :/   j: :/   ∨:!::|V::.: : :|::::::. : : : :|     ....│
│      \;j:.:/;;;;;/: : : : :.::::j:::‐/‐-、/::/    |:_;:|-l‐‐:: :|:::::: : : :: :|       │
│       |:〈;;;;;;;j: : : :; :::::::|:::/  /::/`'"  `´|:.:| ∨:.: :|:::::::: : :i:.:|      .│
│       |: :\;|: : :/|: :::::;|:/___j;/_、     ,__j;/__ V:: :|:::::::: :/|:.:j      .│
│       |: :::::::|: :/:::|: :::/:|マテ弐オゞ      チテ弐テ7ハ;/::::::::/ j;/     ...│
│       |: :::::::j;/: :::|:::/::.:|、Vz:;ソ ,'       Vz:;ソ,,' ハ::|:::::::/| ´       .│
│       |: :::::::'i::::::::|;/、ヽ:| ゛ ̄´     、   ̄"´ {ソ::|::::/:.|       ......│
│        |: ::::::::|: ::::::`ーrヘ、              ,ノ:i:::j;/:::.:|        ...│
│         |: ::::::::|: : :::::::::|   ヽ、    -─   ,.ィ'::::::|::::::::::: :|         .│
│         |:.:::::::::|: : : ::::::|      >‐r- -r::‐<:::ノ:::;ノ|:i:::::::: :|         .│
│         |::::::::::::|: : : :::::|  _,ィ'"´ 〈:ノ    }   }`ヽ、. |!:::::::.: :|          .│
│       |:::::::::::::|: : : : ::|/´ |    ヽ、_,/   |   ハ|:::::::::: :|        ...│
│        |::::::::::::::|: : : : :|:   ヽ、    ヽ/   /    }:::::::::: :|        ...│
└──────────────────────────────┘

柊かがみ
「ただ、これ、よくわからない点もあるのよね……。

世の中には自分の幸せがイコール相手の不幸、
なんてゼロサムゲームが厳然としてある。

この場合、あっちを負かしたら相手が不幸だから駄目だけど、
こっちが負かされたら自分が不幸だからもっと駄目よね。

出家しててこの手の勝負から身を遠ざけられるなら
矛盾は表面化しないけど、そうでない人間は、
まともにこの問題にさらされるわ。

一体どうするのかしら?」

653 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:03:59 ID:cc2..Tzs


               _. --- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.: ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:. ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」 ',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉
          /  .|  |  /      ,.'´    |

長門有希
「私見だが、究極の目的は自分の幸せなのだから、
そう言う場合は毅然として相手を打ち負かすのが正解だろう。

『相手の幸せを祈りはする。が、今回は打ち負かす』という、
どうもわかりにくい行動になるが、やむを得ないこと」



( /´:::::::::::_;:::;--┬┬--::、:;_:::::::::゙ゝ┐ノ |
 | _,.ィ",ィ=-.|  | "「゙゙Tト | | `゙l'‐-、|   |
 Y | ヘ Lニ、   リ ,ィ=ミ,、 | |  | ミ 〔   |
  | | _l7ro小   ら゚ハ仆 |  .|´ ̄}  .ト、
  .}-} ヘ マ:、.リ    ヤ'、ソノ'/  トr┬| _|:::::ヽ
  .| .| .|. `゙´ `   `´ /    リ .| |`´:::::::::|
  | |  ト、_   -‐'  _,/    / | | |:::::::::::::ノ
  | |   | `゙Tヘニ"/  /  | |├ー'"
  | |   ハ ./ィ´/  ,..ィ'ヘ | ∧ ||
  | ハ  |〉'7 /  /   ハ .|  ∧||

朝倉涼子
「ただ、その場合も、憎しみや怒りを持って打ち負かすのではなく、
気の毒だが打ち負かす、という感じになりますね。

勝負の存在は世の必然であり、
まず自分を守るべきであるのは皆同じですから、
そういうときは相手を打ち負かすのは当然としても、
相手を憎みはしない、ということです」

654 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:04:29 ID:cc2..Tzs

                  ____
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u   |
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |

美筆やる夫
「なにが違うんですお?」



      ,.、-- 、
  __r-'、' 、` 、 `ヽ
  ,l '  lヽl' ヘ、_,,、、、 ヽ
 l´ l ヘ   ヾ _,.ト、,ハ,ヽ
 |  〉'´ヽ    r'_:)ト',゙lヽ.\
 l ', ','Y')'ヽ  , ゙ ー' ヽ', ヽ\
  Y、ヽ<゙ zタ   。   ノ 、丶 ` `‐_-_‐ニ
  ヾ,Y ヽ    _, ィ')‐ヽ. ',-、_ 、    ̄7
    ',lヘ `'T'''ス_`__ノ \',ー''"  `、:、./
    ll ', ヽ'、 , <, ┼┐ヽ     ヽ

朝倉涼子
「ぜんぜん違うと思いますよ? 

そうですねー、サッカーの試合を例にとると、
前者なら勝者は負けたチームに『ザマァ(嘲笑)』とやるでしょう。

後者なら、勝者は『勝ったのは俺たちだが、あんたらも良いプレイだった』と
称えるでしょう。その差です」



        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (一)  (一) \
   |       (__人__)    |
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ    / )ヽ   く

美筆やる夫
「なるほど、例を示されると違いがよくわかるお。

やる夫も後者でありたいものだお」

655 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:04:55 ID:cc2..Tzs



3.5 参考や余談



                _______    /:|
            _,..-─'":: : : : : : : : : ̄`ー'´: :/
           /: : : : : ,:: : : : :: : : : : : : : : : : : ̄: ̄:゛ー-.、__
        /: : : : : .::/: : : : : ; : : : : : : : : : : : :、:: : : : :ヘ-一"
         /: : : : : .::/: : : : ::/: : :;|:: : : : : : : : : :ハ::. : :、: :`ヽ、
       j: : : : : .::/: : : : :;/:: : :/|::. : : : : :|::. : : :|:: : : :ヘ:: : :ハ
         |: : : : : :/: : : : .:/|::. :/ |::. : : :; :jヽ、::. :j::. : : : :|:: : : :l
       j: : : : : :j: : : ::ー/┼:/-、,|:: : :;/∨,-┼;/‐::.: : : :|:: : : :|
       |: : : : : :|: : ::/:/ヤ弐行j::;/ 〒弐テァ|:: : ;∧|: :ト、::|
        }:;/: : : ::j:;/:::;ハ |ト-':;j:|'"    |ト-'::j:|´j:;/::: : : :| `
      j:ノ|: : :|: :´::.: :/  、V::ィ:;リ     , V::ィ:;リ,'{::::::::::: : : :|
          |: : :|:.: : : :/ ,ィ'⌒ヽ"   r─┐ ̄" ∨:::: : : :/
          |: ::人: : ;/、(.rュ: ,,,ノ   {  ,{   ,.ィ:::::|:: : ;/
       j:/ ̄ ̄ ̄/,ト''´::ー--__ニニ-‐'"´_,|::;/|;/____,.-‐─ュ、_____
      /    ___/ /j::::/|:::;ィ::|i__/ }::::|'´ '"           /{{{´ ,rァ‐'"
     / ̄ ̄ ̄,/l// ,r‐'´ |:::|ヽ-/ |::::|      ,        { ゞゝ、_,,⊃
      l` ̄ ̄ ̄",//} ̄" , |:::|/´`^^^'ヽ、    /          |-‐';/
      lニ二二二"ィ´} |::.  l  j:/,,/~`´~},,j,,ノ;〉   {         | /
      / ゞ彡",ノ' :::   |  /_,ハ> < },,/,>  λ、_,,      !/
      / _,.-‐'´       l くヽ、ゝヽフ /,イ     } `\    ,,/
       {      ,     iノ;イヽ`ー‐´ノ;ノ/l      |    `ー-'´
      `ヽ、__,ノ´ ̄`ー-‐{~ { `゛   ~,,/:::|      |
                  } /ヾ_,ィヽr'´,}:::}       |

長門有希
「最後に参考や余談をあげる」

656 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:05:15 ID:cc2..Tzs



)人間のよくある感じ方



                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}
      ヽ.:.:.{_,,/´~}~〉 ̄~´::::::i:::::::V | ,/ /:::::::i::::::::|

長門有希
「人間の思考の傾向として、次のものがある」


┌─────────────────────────────────────┐
│                                                     ...│
│・自分で決めることを好み、また、自分で決めたことに対してはある程度納得する。     .│
│ あるいは正当化する。                                      .....│
│                                                     ...│
│・他者からの意思の押し付けや行動の強制を嫌う。                        │
│                                                     ...│
│・ときどき相反する心の動きを持つ。                                 │
│ 自分がやりたいことを自分で邪魔したり、                            │
│ 自分がやりたくないことを自分にやらせたがったりする。                  ....│
│                                                     ...│
└─────────────────────────────────────┘

657 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:05:47 ID:cc2..Tzs


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「必ずこうなるわけではないし、ましてや、これに従う必要もない。
ただそういう傾向があるというだけ。

だが頭の片隅においておくといいだろう。
理解不能の現象が起きた時、なにかのヒントになるかもしれない」

658 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:06:02 ID:cc2..Tzs



)人の力に対する認識



               _   ____
            ,. :´:.:.`´:.:.:.:.:.:.:.`ゝ.、
           ,.:´: : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ.
         ,.': : : : : : : : : : : :',: : : : : : : :ヽ
         ,':.:.;':.:.:.:.:.;'.:.:.;'.:.:i.:.:.l.:.i.:.|i:.:.:.:.:.:.::',
         ,':.:.:i:.:.:.:.:/.:.:/i:.:イ:i:.:.ハ.l.:.:i:.:.i:.:i:.:.i:.',
        /イ:.:.:!:.:.:..l/ i/i/l:.:/ レノリリリ:!:iハ!
         i/!:.:!:.:.:.i ●  !/ ● リ:l:.!:ハ!
          レ∨|:i:..!          i/i/
           ヘレi:.l、    ー'ー'   /iノ!/ __     _
            /ヽヾ> 、___ <イ:::リ 二__)  三   )
            ,'´ ``}\ヾ∨///       _    ̄
           {::::::γ"ヽく;;∀>{    _  二  )
           `ー-,〉ー′/∧ヽ::> 三_)   ̄
             く:ヽ、_ノ=::::::ヾヘ>
            /´ ノ``ー-ーヘ"´ヽ  /ヾ /ヾ /ヾ /ヾ
             {:;;;;ソ      }:;;;;;i
            `ー'′     `ー''′

長門有希
「科学が信頼を得ている現代でこそ、
自然の前で人間は無力、という認識が一般的。

しかし古代では、人間は自然の法則に
干渉できると認識されていたらしい。

歴史をひも解いていくと、その思想の表出が世界のあちこちで散見される」


┌───────────────────────┐
│                                  │
│・治水のための人身御供、空海の雨乞い(日本)    .│
│                                  │
│・モーゼの海割り伝説(中東)                 │
│                                  │
│・天人感応と緯書(中国)                  ..│
│                                  │
│・太陽の恵みを得るための生贄(南米)           │
│                                  │
└───────────────────────┘

659 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:06:22 ID:cc2..Tzs


        ____
      /      \
     /⌒  ⌒    \
   /( ・ ) ( ・ )    \
    |   (__          |
   \   _l        /
   /  ー        \

美筆やる夫
「今でこそ人間無双は迷信とか中二病とかの扱いですが、
昔は割とガチで信じられてたわけですかお」



         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)

長門有希
「そういうこと。

ただ、現代でもなお、人間の力は自然の法則を超えるとする認識は、
人の心の中に残っているように思う。

現代でもオカルトにはまったり、そこまで行かずとも、
てるてる坊主で雨やみの儀式をしたりする人は少なからずいる。

文明人を自任する私たちも、案外、認識が改まったというよりもむしろ、
古代人の認識の上に科学で蓋をしただけなのかもしれない」

660 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:06:43 ID:cc2..Tzs



)問題含みの社会通念



                 __      __
             ,  ´     `  ´   `'' 、
           /    /  /    ヽ 、 ヽ\ ヽ: 、
.          ,.:'/   / / /  / /! /  l ハ!  lヽ`ヽ
        .//f,'i  / /  /l / l  ハ / / /  |ヽ ゙ヽ',ト、
.      _∠‐ 7 /ヽ/ /‐/- .l / l / l  / /|i.トヽヽl./', l l `i、
         /;ィl;{ '/l/ l/  l/  l /   ! /  |."|//ハ   l | l、 `l__
         ////!,r  ̄`ヽ     ァ^¬ヘ.ヽ| | /|∧j!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、
.         /,' ,i i| l     l   l′    l. V::ヘ./ !、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イrl/ヽヘ',/ ヽ、  ノ     、    ノ /ノiイ.'/l::l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:_ ヘ ' '   ̄      ` ー ´ ////::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘN` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィリ/ツ、::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´     `ヽ、:ト、|

長門有希
「元からおかしかったのか、拡大解釈が原因か、
問題を含む『道徳』がときどき使われることがある。

折に触れて目にするので、ともすると惑わされてしまいがち。
注意したい」

661 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:07:11 ID:cc2..Tzs



・みんな仲良く?



         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)
        `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´

長門有希
「まず『みんな仲良く』。主旨はよくわからないが、
これは字面通り受け止めると、八方美人となってしまい論外。
付き合う人間を選ぶのは人づきあいの鉄則」



・助け合いの推奨?



         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)
        `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´

長門有希
「次に助け合いの推奨。
これは意味通りの助け合いの推奨と、
それから『ただし援助に甘んずる勿れ』という戒めがセットになった概念。

しかし後者が消えていることが多い」

662 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:07:32 ID:cc2..Tzs



・個性重視?



         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)
        `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´

長門有希
「それから個性重視。これは『上から言われたことができるのはもちろん、
言われていないことも自分で考えてできる』
人間の養成を目指すもの。

が、『個性個性と言い訳するばかりで、上から言われたことすらできない』
人間の正当化に使われるケースをたまに聞く」



・話せば分かる?



         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)
        `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´

長門有希
「最後に、『話せばわかる』。

『交渉の余地があるならまずは交渉すべき』という主旨のはずなのだが、

『如何なる場合も(交渉の余地がない場合でも)、交渉で解決できる』

という意味で使われることがしばしば」



         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入
        (;;;;;(⌒)∨(⌒);;;;)
        `´ ̄` ̄ ̄´ ̄´

長門有希
「まだまだあると思うが、ひとまず以上。

社会通念を『みんな言っているから』と妄信すると痛い目を見る。

いつでも最終的には自分で検証したいところ」

663 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:07:49 ID:cc2..Tzs



)無償の愛



             / :. ィ.;:.:.:.:.:.:.:ヽ
          イ:.:.:.:/-|/|∧:;、:.:.〈
          リ:.:./ ●    く!:,:.:..、
           l:.:.l    ●/:./ ̄
           vヘ  -   ノ:./
            _,-+ 匸ヘ/V
          ,《 ヒ⌒j 》、
          l::\ l /∥::l
          |:::::::ト,Vイ:::::|
            |:::::::l介l:::::::|
              l::::::|人|:::::::l

長門有希
「無償の愛、とだけ言うと、どうもピンと来ない人も多いのではないかと思う。

だが、純粋な好意を表わせば勝手にそうなる。

変に難しく考えないほうがよいと思う。

スピリチュアルだの大宇宙だののオカルト話を
絡めようとするから無駄にややこしくなる」



       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「純粋な、ということは……
要するに、対価を受け取らなければ無償なのですかお?」

664 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:08:15 ID:cc2..Tzs


           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \
        ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
    r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´
      ̄\ イ j :|fト  fハ/ノリ/
         7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ
       く/ /V>  __  イ∧ヽ/
         \{ { l::lVミVl::l / ∨
           Y\ヾ ∀ シ/ r'´
              |   ≧f}≦  |
           `ァー∨=∨‐く

長門有希
「いや、動機が相手への好意であるか否かがポイント。

例え見返りは求めなかったとしても、結果的に、お礼をされたり、
友好的な関係が作れたりすることはよくある。
つまり無償の愛と銘打ってはいるが、回り回って結局対価を受け取ることが多い。

そのため、例え対価を得たとしても、それが目的でなく、
あくまで人への好意の表れであったなら、
無償の愛の一つと見なしてよいと思う」




       _,.-‐' ´___ ̄ ̄ `゙ ''‐-、
    ,.‐-, '´ `ヽ/  `ヽ'`'ヽ、__  \
  /       ,、   `  ´ ヘ   ヽ
  /  /  / /` '-|  l  l     ',  .ハ
 /  l  l  l   |l  |  |  l    l   l
 |  |  | |   |l  | __ l  l   |_, -彡
 |  l  `l'‐ト、  ,リィヒT´_|   l   |_,/ }
 `‐r-゙-r-ィヾ、    ィヽハヽL_l__|   |  ,.<|
   | |   '{うハl     ら'::ハ' |  'Tヽ´/ .l|
   | ,|  | マ:リ    辷'ソ |   | l  l   l|
   | |.  l   '      u|   l イ   l   l|
   | |   ヽ、  -    __,l   | .|   l   |
   |  |   | `゙フ、'''"´  ,'   l、|   l  |
   |  |   l / , リ __,. -イ   ,' ヘ    l  |

朝倉涼子
「逆に、たとえ金銭や物による対価を求めなかったとしても、
『私を愛してくれー』・『借りは絶対返せー』・『俺の度量の広さを見ろー』などの
別の心が根っこにあるなら、それは有償と考えるべきでしょうね。

そっちだと相手にヒかれて対価が返ってきづらいので、そういう意味では
無償ですが」

665 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:08:38 ID:cc2..Tzs


         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |
  . \ ヽ           /

美筆やる夫
「割に合わない話ですお」



【研究室のモニタ】
┌─────────────────────────────┐
│                                           .│
│                 \、  __/ヽ、 __                  │
│             __,.-‐:`: ̄: :|: : : : :  ̄:`:‐:‐-、_          .....│
│         ,.-‐" ̄: : : : : : : : : : :/|`ヽ: : : : : : : : : : : :`ヽ、_         │
│       /-‐´ ̄>: : : :; : : :/::/ |   |: :|、: : : |:、:: : : : :、:/:::\_   .....│
│             /: : : : :/: : :/::/ |   |: :|∨: : |::ヽ: : : : :ヘ::::::::/:::::}  ......│
│              /: : : : : /:--‐':/  |  |:`|ー∨-|、: |: : : : : |::::/::::::〈   ...│
│           j: : : : ::/: : :/|:/__,    ヽ|、__ヽ::|: ::j: : ト、: :|::/`;ヽ::j    .│
│            |: i: : :::|: : :ャテオチ    オチテヤ7∨: : |::|: ::|::::||:::::|~    .│
│             |:.:j: : :::j: : /弋:汐     弋z:汐 ' V: : j:::|::/:::::||:::::|     │
│             |/|: ::::::ハ:/ `-‐'"  ,    `‐- '"  V :/:::||::::::::||:::::|     │
│             | |:::::::::::::ハ              ∨):::||::::::::||:::::|     │
│            | .ヽ:::::::/:λ     r-‐‐-、    ,.r-:':::/||::::::::j|:::::j    ..│
│               ̄~|∨::/:::|` ー- _ ̄ ̄_ -‐τ´::::: : /|:i:: ̄::|~ ̄     .│
│             |::|::/:::::|  ,ィ'゛j ̄ トヘ_  |:::::/: :/ |:|:::::::::|      ...│
│             |::|/:::::i:|_ノ、j |  / / .ヽ|::/:: :/ |:|:::::::::|      ...│
│             |:i|: ::: |:|  | |ヽノ / 〃|´: : :{  |:|::::::i::|      ...│
│             |:|:!: : :|ノ  | |/ / ./ |: : : :|ヽ、|:|:::::|::|      ...│
│             |::|: : : :|   | | /  /  |: : : :|  ハ :::::|::|        │
│             |::|: : : :|、   | |./  ,   |: :i: ::|  , j::::::|::|      ...│
└─────────────────────────────┘

柊かがみ
「まあね。でもさ、普通に考えればこれ、当たり前なのよ。

自分が誕生日プレゼント貰うと考えてみて」

666 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:08:55 ID:cc2..Tzs


┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│◆ 純粋な好意バージョン                           .....│
│                                          ......│
│                                          ......│
│                __,. -――- 、、_                  .....│
│               ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、                .│
│              〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、               ...│
│             /{ノ         ) ヽ、ぃ                │
│            ノ /// / /  /  /}  i`、} 、             ......│
│            \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >             ....│
│             | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ                │
│             从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、              │
│             / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、           .....│
│             / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、          .│
│          __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\        ......│
│       , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \\         .│
│      / /ノ / ゝ、 /^'t、,_  `'}ー'"   }  } ヽ 'ー、  \\     ......│
│    ,イ / ノイ/  l У   `'ー人-‐ ''"~´'、_ノi、丶、 `ヽ、.ヽ ヽ     ..│
│   / /,r'  ノ /   ,ト/      /三、    ヽーt、 ヽ  ヽ ヽ ヽ     │
│  / / /  ノイ   / ノ      / | | 、    ヽ  l   ヽ  ヽ ヽ ヽ  ......│
│ l l {   }/   l        / | | | ヽ      ヽ .l   {   〉 ヽ l  ......│
│                                          ......│
│                                          ......│
│翠星石「やる夫、これ誕生日プレゼントです。おめでとうですぅ」       .│
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘

667 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:09:17 ID:cc2..Tzs


┌─────────────────────────────────┐
│                                                │
│◆ 有償の愛バージョン                                  │
│                                                │
│                                                │
│    /  /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : i: : : : |: : : :\   ヽ ,\  ∧       .....│
│    \ /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : /: : : ::::l : : : ::、:\ ´ヽ ヘ  ∧       ...│
│     /: : : ::::/: : : : : : : :/: : : : : : : :〃:/: :/:::l: : : : : :l  \    |  ∧        .│
│.      i: : : ::::/:i: : : : : : ::/: : : : : : /: ::イ:::/::::::|: : : : : : i: : : :ヽ   }   ∧      ..│
│    /: : : : :i: :|: : : : ::::/: : : : ::/: //:: /: :人ハ: : : : :::l: : : : : ヘ i_ } /  \    ....│
│   ノ: : : :: : |k:|: : : : :/: : : :∠/:/ ./:::ノ: :/ Ⅵ: : : : : |: : : : : : :i不 レ    ヽ    │
│....イ:/: : : : : : :|k:|: :ー/フ' ̄ /'´  /:/ /: 人_i:lヾ: : : ::|: : : : : : ::| ノ          .│
│: : :/∧: : : : : ::iミ: ::ハ/イ二二ヘ   / {/   = ミ>、::::::|: : : : : : : |/    _     ....│
│::::// /ヾ: : : :\: ::iK/ /:(::)::ミ、 `    /   イ ̄=ミヾ:::|: :/: : : ::: |_...ィ'´      ...│
│://   >: : : : ヾi ` 弋::::::ソ /         r´(::):ヽ \У: : : : :://: : :∧       ..│
│./    ∧: : : : : ハ  `ー='         i:弋::::ノ  ソ: : : : : :/ i: : : : :∧\     .│
│ フ/、. / / \: : :ミ、_        i      ミ_イ /: /: : / ./: : : : : : :\:     │
│ 水ミ/ /:::{て \: iヾ       `        ̄/: /: : :/ ./: : : : : : : :\      │
│   ./ /:::::}i{ ヽノ \     rー 、 _      /: :イ: : :イ //: : : : : : : : : : :      │
│  / /::::::::::{ 人从} \   `ー _ )    ̄ ノ: :イll  /人: : : : : : : : : : :      │
│ ノノ::::::::::::[乂ノ)}    \    ー      フ'´  ∧  | | >⌒ }: : : : : :    .....│
│ニ彡:::::::::::::({ ili }}      >      ,  <´   〃 }  /r-イ ノ≦ ̄ケ}: :     .│
│:::::::::::::::::::::::::ヾ {{ヘ       ` ̄ ̄      /  ii  /{ { 人  } K}: :    ...│
│                                                │
│翠星石                                          ......│
│「やる夫、これ誕生日プレゼントです。                         .│
│私の好意、わかってくれますよね?                           .│
│これで私のことも好きになってくれますよね?」                   ....│
│                                                │
└─────────────────────────────────┘

668 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:09:46 ID:cc2..Tzs


【研究室のモニタ】
┌───────────────────────────────────┐
│                                                    │
│            ,.ィ´: : : ;ァ. . . : : : : : : ::ヽ、: : : : : : : : : : :. . . . . .ヽ、: : : : :;メ;;フ;;;;;;`ヽ     .│
│          /"´ ̄/. . . . . . . . :;|: : :/|ヘ : : : : : . . . . . . . . . . ,..ヽ、:/;;;;;;;ヘ::\;;;;     .│
│               /. ./. ::/: : : :;ィ|: :;/ | ∨: : ; : : : : : : |:::: : :∧: ::ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;\: :   ......│
│              /. . .:/: :::::/: : : :/ |:.:| |  ∨::|\: : : : ::|:::::::(__;):: :ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉:    .│
│           /: : ::/: :::::/::ヽ、:/   |::| |   ∨:|  \/::ト、:::::::: : : : : :|;;;;;;;;;;;;;;/:: :    │
│            /: : :/: : :::/: : : :/\  |:| |   ∨  / \:| ∨::::::: .: : : :|;;;;;;;/:: : : :     .│
│          j: : :/: : :::::j: : :.:/___\|j  !     /_____ ∨::: : :;ヘ::.|;/::: : : : : :    .│
│           |: :/|: : :::::::|: : ::ァ=ァ==ォ、ヽ ヽヽ,/ャァ==ォ==ァ   ∨::/、;;レ'::::::: : : : : : :     │
│         |/ |: ::::::/|: :;八弋z;ク ,       弋:z;ク ノ   リV´`}:::::::::: : : : : :/::   ......│
│            |: ::/{ |:::ハ  ー‐ '         `ー-‐ ´     .イ ,ノ::::: : : : : : :/:::::     │
│           |:.::{::ヽV_,}            l | |l i!   ,r-‐'´:::::: : : : : : :/::::::::     │
│           ヽ:|: ::::::::::l、                  / |::|:::::: : : : : : : :/:::::::::::   .....│
│             |: : ::::::::::ヽ、  r-‐──‐-、   イ   |:j::::: : : : : : : :/:::::::::::::     │
│             |: : :::::::::::::::::`>V_____,,}<´ /     リ::::: : : : : : :/::::::::::::::::     │
│                |: : : :::::::::::/   |` ̄~´ ‐-─/    j:::: : : : : : :/:::::::::::::::::::     │
│             |: : : :::::::/     |      /    ,ノ:: : : : : : :/ヽ、::::::::::::::     │
│                |: : : :::/\\   |     /    /ノ: : : : : :.:/ィ´ハ:::::::::::::     │
└───────────────────────────────────┘

柊かがみ
「これ、前者と後者だったら、どっちが嬉しい?」

669 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:10:06 ID:cc2..Tzs


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /

美筆やる夫
「圧倒的に前者だお。

でも後者のようなことを渡すときに
普通言わないと思うお?」




       ,..-、_‐',..-、 ̄_.._゙'¬-.、
     /  ,  ´  `´  ヽ-‐-.、`ヽ、
   / / /  / ∧ ,ィヘ       \ ヽ
  /  / /  /l /‐ヾ--| l   l    ヘ
.  |  l  |  ハ |    | |    |    | ',
  | l |  | ,.斗ヒ'|  ヽL_l.   |   l |
  | ハ |  | ,ィくヾ,    ''_,.≧‐.|   イリ`ヽ
  `' ゙-,ヽ_|〈イ::l ゙    '_ノハヽl'‐-、/レ'ミ
    |.  l マリ     l::{゚ハ::l ,〉    |_,
    l  l `´ 、   .込イソ |     |  |
    | .ヽ、   __  `´  |    |  .|
    〉  レ゙、-.、.'、_,)___,..、イ    |  .|
   / |  |  ヽ、 `´  ノ ハ| l   ||  l
   /  |  |   ヘ`゙'ー'" , |l|   | | |
.  / //〉、.|   ヽ   /  ハ  _lノ | |

朝倉涼子
「でも態度にでますよ。それじゃ口に出しているのと同じです。

ていうか、たまに言う人もいます」

670 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:10:36 ID:cc2..Tzs




◆◇◆◇◆◇ 4.信頼を得られる外見を手に入れる ◇◆◇◆◇◆



.

671 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:11:39 ID:cc2..Tzs

.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |
     ', ! !     l  l^¨¨´  / |   /   ノ
.    ヽ| |     ヽ..ノ‐ォ┬一'  |  /   ,フ
      ーー ´,r'⌒', く.|_j      l/    ∠

長門有希
「では内面に関しては以上。外見の話に移ろう。

人間は中身も大事だが、外見も同じくらい重要。

内面を磨くだけでなく、外見も整えるべき」




    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「ここでいう『外見を整える』とは、一言で言うと、

その場にふさわしい服装・髪型をして、体重管理して、体臭に気をつけて、
体を清潔に保って、素敵な表情を身につけて、なるべく聞きやすい声をして、
姿勢は正しく、物腰は威張らない程度に
しましょう、ということです。

整形しない限り、美男美女かどうかなんてのは管理外ですから、
『ただイケ』という意味はまったく持ちません」

672 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:12:06 ID:cc2..Tzs



      ____
    /_ノ   ヽ_\
    u( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「……それでもけっこう大変じゃないですかお?」




/    l   l     | |
|  / .γL_  |     .|├──
|  |  l .「Tド、,|    l / L__
∨ | .| ,リ、ノ/   /_/ .|
 ゙ー'ゝ| ´ |ヾ T´ ̄   「ヽ┬─
.    l. .l゚l リ.|       l .l  |
     l  リ  |      .|ノ   |
   〈    |     |    |
    ヽ、ィ.__|     ハ    |
        |     l-‐∨  |
         |    /   ヽ   |

朝倉涼子
「ええ。実行にはそれなりのリソースを必要とします。

でも家の外に出れば当然に要求される項目ですから、
やるのみですよ」

673 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:12:49 ID:cc2..Tzs



【研究室のモニタ】
┌─────────────────────────┐
│                                   .....│
│                  _,/:{__       ___,    ......│
│             _,..-‐': ̄, : : : : :|:.: ̄:`ー::='": :;/     ...│
│         _,.ィ´: : : : : : ; : : : : : |:: : : : : : : :.<       ..│
│        /:;ィ´: :;':.: : : : :;':: ;/: : :/|:: : :、:: : : : : :.`ヽ、     │
│      /:::/: : ::/: : : : : /:: ;ィ: : :/ |∨:: i:: : 、:: : : ヘ:.:\    .│
│      \::j: : ::/: :; : : :.;':.:/' |: :/ | ∨:|::. : :ヘ:::. : :ハ ̄`    │
│         /::|: : ::l:.:;':: : :/::/-‐|::/  | ‐|-|、:: : : :ヘ::: : :|     .│
│      /:::::|: : ::|::i: : :/|/__.、 j/   | ,_j:/_∨::. : :ハ::.: :|    ....│
│      \::ヾi、:j/|:.:/:マテ弐オ、    オ弐ア∨::: : :}\:|     │
│         ̄|:.:ヾ:|/、:| 、V::::;|     |ィ::;リ,',ハ、:: : :|  `     │
│           |: : : :{  ゛ ゛-‐    ,   ‐-" { ) \:|        .│
│            |: :i: :::`ーヘ、   ヽ、__,ノ   ,ノ´   `        .│
│            |: :|: : : ::|:::/`ヽ(`ヽ._,.-─ァ'´            │
│           |: :|: : ::.:|:/,r─;}`ヽ.  '´クー--.、        .....│
│         ノ:;ノ: : :.;ノ'/"  ヽ_,ノ  r'´    ハ         .│
│         '"´{: : :/ /  i,  /  /      i'  }       .....│
│             ∨:{ {   |:. /  / ゛    |:  |        .│
└─────────────────────────┘

柊かがみ
「その甲斐はあるしね。冗談抜き、外見が整ってると、
そうでない時と比べて他人からの扱いがめっちゃ良くなるわ。

相手から与えられる評価も好意もダンチよ」



              ||
              ||
              ||
              || n
              || |:|
             (a゚)゙ ̄`ヽ
              ゝ'\/\〉
              / --- ヽ
            〃NV∨Nハ.:',
            /.:| |匸! 匸! |:.:,
             /.:八|、_っ ''j/:.:.:,
             ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
              {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
              、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
              \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
               ̄ ̄ ̄

長門有希
「尚、本題に入る前に一点注意。

>>1が男である関係で、この項目は基本的に男性向けの内容となる。
申し訳ないが、女性は適宜読み変えてほしい」

674 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:13:21 ID:cc2..Tzs



4.1 服装・髪型は他の人に合わせる



                      ____ _
                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/>              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \
            /: : : : : : : : :\::\\', ;〃/: : : : :: ::ヽ

長門有希
「服装・髪型はTPOに合わせるのが基本。

皆がフォーマルな格好をするならフォーマルな格好、
ラフな格好をするならラフな格好をする。

皆がジーパンを履いているならジーパンを履き、
スーツを着ているならスーツを着る。

つまり、他の人に合わせるということ」

675 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:13:46 ID:cc2..Tzs


┌───────────────────────────────────────────────┐
│                                                                   .....│
│.    //            _/_,∠__        _, -――‐-、   /\ ____                ...│
│    /.:/     '"  ̄ ̄ ヘ     __ ¨.二ニ=-、   ̄ ̄ ̄>―`ヽ/'´ ̄       `丶、              │
│    {::{  /: : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : : : :`丶、    , '" ̄_: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :.\            ..│
│    ヾ  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ /_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\            │
│     >′.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ.::.::.::.::.::. \-.::.::.::.::.:\_.::.::.\´ /::::: /::::::/::::::: :|::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::: ヽ           │
│.     /.::.::.::/ :.::.::.::.::.::.:: |.::.::.::.::.::.::.|::\.::.\.::.::.:\`\∨:::::: /::::::/::`ヽ/ |::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::: ∧         │
│    |.::.:: /.::.::.::.::.::/|⌒:j.::.::.:.:::.::.:: |.::| _\.::.ヽ.::.::. ヽ ∧//::::::/:::::::::::/  |:::l  ',:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::∨j∠|__      │
│    |.::.:/.::.:: /.::.::.::.: | .:/ \.::.::.::.::.:レチ斤| ト.::.',.::.::.::.:l //∨:::: /::::::ト、/   :|:::l  ヽ:-―-:::::l::::::::::::::::Vヽ ヽ   \   .....│
│    |.:/.:,'.::.::|.::.::.::.::/|:/__  ヽ.::.::.::|ち:::| {.::Ⅳ\.::.j   ,' ::::::l:::;イ レ'心  l:::|    \::::::::::::|::::::: l:::::::| ∧人_, /    .│
│.     Y.:/! .:: l.::.::.: / ィチ行   ヽ.::.| Vヒi ',::.l   ∨    l::::::/|/::j {ヘ:::|   ヾ|   ヽ--\ :::::|::::::: | ::: |  |::::::| ヽ/     │
│     レ.::|.::.::.|.::.::.ハfヘノ:::::ハ   ∨    ・}.::.l       |:: ∧!: リ  Vヒj       行テ乏ア :::|::::::: |:::::,′ |::::::|_ノ     ...│
│     lrーゝ、∧.::.l∧ V;少''     _'    イ.::.:|.       Ⅳ  !;八    ,     {ヘ;;:::// ヾ|::::: ∧:/  ノ :::::|       .│
│     j \ \∨.::. ヽ, -、    こ.ノ ∠l | ::.:|          /::::::ヽ   、 __   ゞ少′ ⌒!::/⌒)7:l::::::l:::|       .│
│.     ,'.::.::.( ̄`ヾー、_/ /、 __ ///}│ .:l           / :::::: /7\ `ー’  __   ,、__,/ ‐<:::ノ::|:::::::l::|        .│
│.     /.::.::.: ( ̄ ヽノ    {\   ハ /V/│.::.!        ,'::::::::::/ レ'/ >ーr (  \´>'´(_, -く:::ノ|::|::::::::l:|        .│
│   /.::.::.::.:r'¨`ーt'   ノ.::. \ー‐'´| 川{ ∨リ         ::::::: / /'//{  /ヽ  ¨  (__ r‐<:八:! :::::::l|        .│
│.  / :.::.::.::. `ト ー′  イ \.::ヽ\ | // ノ           i:::::: ノ {V/  >'´/:::\     `ー ノシ |::::::::::|        .│
│ /.::.::.::.::.::.:人ゝ、_   lノ ハ.:.:}∨ヽ!シイ             |::::::,' ∧l{ /-='´:::::::::::/ヽ、_    , イヾ  |::::::::::|        .│
│/.::/.:::.:::.::.::〃 \ \/ /) V二ニ¨´¨`ヽ           |:: /  ン≠'´::::::::::::::::::::::人_∧  /〉 ││::::::::|        .│
│.::/|.::/.:::.::.::{{   \三/人    /  }  \         j//:/::::::::_:::,斗ァ‐'´( \ 三三 / 人│::::::::|        .│
│/ V.:::.:::.:::.:::ヾ      イ  `  (   {`ヽ、_ >      / /:;イ::::: /| `ー'´ \ ヽ  ヾ彡'´     }! ::::::::|        .│
└───────────────────────────────────────────────┘

長門有希
「特に若い女性のグループにその傾向が顕著だが、
友人同士と思われるグループの服装や髪型は
どことなく共通点を持っていたりする。

あれなどは好例だろう」

676 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:14:09 ID:cc2..Tzs


      |  / 、.| l  |      .|.|
        |  |  γ| |  .|   ,   |.| ̄ ̄`
.      l  l|  .| l_ .|   |   |  /.|___
      ゙ヽ'l、_ .|ソ≧==---''―' .L
         `|´    |     |.ハ┬─
            | === .|     l ノ.|
  r'''ヽ., __   /  xxx |      lr" |
γ´   ." __l  !、   u |     ハ   |
ゝ,    ミ´    ゙ `‐- |     ハ  .|
 ゝ=、__,.ノ        |     ./´.ヘ   |
.             |    ./  l \
             |    /   |  \

朝倉涼子
「いくら『キチンとした』格好をすべきと言っても、
それが浮くなら話は別です。

一人だけ違う格好をすると、その評価は『掃き溜めに鶴』
などでは決してなく
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『痛い人がいるなあ』というものになってしまいます」



┌───────────────────────────────┐
│                                            ....│
│~ 状況判断をトチったある女性の失敗談 ~                  │
│                                            ....│
│                                            ....│
│みんなジーパンにTシャツ、といった気楽な格好をしているパーティに、    │
│一人だけパーティードレスで出席してしまった。                ....│
│もちろん浮きまくってしまい、とても恥ずかしい思いをした。         ....│
│                                            ....│
└───────────────────────────────┘

677 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:14:42 ID:cc2..Tzs

      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'
朝倉涼子
「もちろん逆もしかりです。

例えば、フォーマルな場へジーパンにTシャツ、
なんて格好で出たら常識を疑われます。

参加させてもらえないことも考えられますね」



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |         /
  \_      _ノ\
    /´         |
.     |  /       |

美筆やる夫
「なるほどですお。

あれ? でも、茶髪とかなら染め直せるとしても、
髪型がボーズとかだと合わせるもなにもありませんが……?」

678 :名無しのやる夫だお:2010/07/05(月) 23:15:05 ID:DzL3Siak
超美人で似合ってればそれはそれでw

679 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:15:37 ID:cc2..Tzs


                             ___
                       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   `ヽ、
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ヽ
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ヽ
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    ヽ
                 ./::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::    ヽ、
                 /::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::|:::::::::::::|::::::::::::::i;::::::::::::::\::ヽ
            ___, ノ:::::::::::::;::::::::::::::::|::::::::::::::::/|:::||:::::::::::: /|::::::::::::l::::::::::::::::::::|\ヽ
             `ーァ:::::::::::::|::::::::::::::::|::::::::::/ .|:| |::::::::/ |:::::::::ハ::::::::l:::::::::::|  ヽ
              /:/:::::::::|:|::::::::::::::::|::::/-―‐ノ' |::::/  |:::::/  l::::::::l::::::::::::|
              :l/ {::::::,―|::::::::::::::::|;:'' r;;;=≠,,、. ..|/   |ナ‐ l:::::/::::::::::::|
                  | . ヽ |::::::::::::::::|  .i゜:;:::;;;i."       r≠ヽ|::/ ::::/|::::|
                ノ/ヽ:::|::::::::::::::::|  .廴;,::ノ         i::::::ソ||:::::::::| |:::|
               .´ .  |:/:|:::::::::::::::|, :::::::::      ;,  'ー'. | |::::::|  |:|
        ,,,,,,,,;;;;;;;;;;....... ;;=-----,;,,;;;;;;;|;;;               :::::: |::::|::|  ノ
       /;;;;;;;;;;'''''/  ̄/ _   \;;;;::|:\         へ     ./:::::|::|
     /;;;;;;;;;;;;/    |  ; ,,   .~.|;;;;:|:::\         /.::::::|:|
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;     |  ' ,,;     ~.|;;;;_::"''- ――''''; |:::::::::||
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;     .|.| _,,;' ,,,-     |;;;;;;;;; ̄''''''''''\|;;;;''''' |:::::/


長門有希
「その場合は打つ手なし。欠席するか、出席して浮くかの二択。

そういう場を控えているのに
そんなリスキーなスタイルを取るのがそもそもの間違い」

680 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:15:58 ID:cc2..Tzs

                      ____ _
                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/ 
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/>              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \
            /: : : : : : : : :\::\\', ;〃/: : : : :: ::ヽ

長門有希
「なお整髪料の使い方や靴の磨き方等の細かい話は省略する。

そこはファッション雑誌等を各位で当たってほしい」

681 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:17:07 ID:cc2..Tzs



4.2 顔の手入れ



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「顔の手入れにも気を配りたい。

顔はもっともよく見られる部分。男であろうとも
整えるのは当然」


┌───────────┐
│                │
│・無精ひげは剃る    .....│
│・眉毛は整える。       │
│・鼻毛は切る。        .│
│・肌は保水液を使う。   .│
│・耳は掃除する      ...│
│                │
└───────────┘


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「まあ、この辺は当たり前の話ではありますお。

やる夫も近所を出歩くときはサボったりするけど」

682 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:17:33 ID:cc2..Tzs



4.3 表情



                   __ __
                   ..ィ.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:...、
                 ,..イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:ヽ:.:.:.:ヽ、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:ヽ
.           ,. イ:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:',
.          /:.:.:.:.:.:.:.:. i:.:.ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';:.:.:.:.:i.:.:.:.',
        /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.!:.:.: ハ.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.l:.:.:ハ
.       /:.:.:.: i:.:.:.:.l:.:|!:.:.l ヽ:.:ヽ:.\:.:.:ヽ;.:.ト、:.:.:.l:.:.:.:.:l.:.:.:ハ
.      //: /:. |:.:.:.:.l:.l !_.:!-‐ ヽ.:.:\:ヾー、- 、ヽ:.l.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.ト、
      /イ/:.:.:.!:.: ,:イ´∨    \! ヾ! \!\`ヾ!.:.:.:.:l:.:.:.:.:j`ヽ
       |:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.|ィニニミ、       ,.ィニニミ、!.:.:.:.:i、:.:.:/
       |:.|:.:.:/ヘ\!ヾ{:゚::;;::ヾ    〃 {::゚:;;::::} l.:.:.:./ }:/
        ヾ!ヘ:ヘ,,:イへ ヽc::::リ         ゝc:::ソ l.:.:./イ/
        ヽ ヽヘ!:.:.ヘ ` ̄    i    ` ̄ ,':.:/.;イ′
            |:.:.ハ.                /.:/:/
            |:.:|:.:|:.ヽ、   `  ´   ,イ:./|/
            |:.从!∨W> 、    .イソ'// !
            |/        ,j ` ´  lメ.′
            ′    /::ノ    /∨:\
         __... 、.- ─:::´:::ク    ....   ∨::::`:ー:..、
          |::ヘ::::::::::::::::::::::i:/ ´     ` \l::::::::::::::::::::`>,
.          /∨ヘ::::::::::::::::::::l/ ´  ̄ ` \j::::::::::::::::::::/ :/ヽ

長門有希
「それから、表情も重要。特に笑顔はよくトレーニングすべき。

笑顔は相手への好意を表わすもの。

これを磨くことはヒューマンスキルの向上にも
繋がる重要なポイント」



      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ

美筆やる夫
「そうなんですかお? 笑顔なんて普通にやってればできるもんじゃ?」

683 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:17:50 ID:cc2..Tzs


ノ::::/::::::/:::::;:::i| :::l::::::::::{:::::::::::::.ヽ:::::::::::
7:::;':::i:::i:::::::l::::|i::::|::::::::::.l、::::::::::::::::i:::::::l::
:::/::::|:::|:::::::|:::l |::::ト;:::::::::l i:::ト、;::::::::l::::::l:
イ::::::l| ::l::::::i.|:|__l_;レ゙、:::::| l;:トx,,_、;;::|:::l::
.l:::::::|:l::::l::::| |! ,,_!;ト、 \{ ヽィ _,,ヾ|/`
. l:::::i゙l;ヽiヽ! イ{゚ ゙'r     ィ'゚ ゙.}゙ゝ
 ヽ;!:i;ヘ;::::::|`.!cッ;j      !c;;;ツ /::
  ヾ.|i.|:::::::i,      、      ./::::
   ノ゙ ヽ;::、ゝ、         , イ:;::::;
      ヽ::`、{゙' 、 ー ‐- .,,r''V//.::/
       \:::l,,イ:}::`:::: ''゙ .{ヽ///
     _,,::‐''´ヾ /゙     `'i:.'゙.:`'ー
 _,,:‐''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ー--、  , -‐-}.:.:.:.:.:.:

長門有希
「出来るが、練習した場合と比べて見栄えがしない。

うまく口角(口の端っこ)が上がっていなかったり、
悪くすると、下唇が下に歪んでいたりする」



      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'

朝倉涼子
「強い不満を抱えていると、下唇が下に歪みがちです。

見栄えも悪いんですが、これは『あ、この人ヤバいかも』と
相手に思わせますので、その意味でもまずいですね」

684 :名無しのやる夫だお:2010/07/05(月) 23:18:15 ID:uln1KIMk
眉毛整えるとか保水液使うとか、したことないっす…

685 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:18:19 ID:cc2..Tzs



)練習方法



                  _______
            ,.:-::‐':´:: :: :: :: :: :: :: :: ̄::`:ー::-:.、_
           /:: :: : ;':: :: :: :: :: :: :: :: ::、:: :: :: :: :: :: `ヽ、
          /:: :: :: ::/:: :: :: :;':: :: :: :: :: :: ヽ:: :: : 、:: :: :: ::.\
        /:: :: :: :: ::/:: :: :: : |:: :: ::|:: :: :: :: :|、:: :: :|:: :: :、:: :、::\
          l:: : :: :: :: :l:: :: ::l:: ::|:: :: ::|:: :: :: :: :| ∨: :|:: :: : l: :∧、:::\
.        |:: :: :: :: :: |:: :: ::l\l:: :: ::|:: :: :: :: :| |: ;/:: :: :|::: ::ハ  ̄`
       |:: :: :: :|:: ::|:: :: ::|:.:/\;:/|:: :: :: : :|、/::|l:: :: : :|:: :: ::|
        |:: :: :: ::|:..::|:: :: /j/_|:::/_ |:: :: :/|/_|::/_∨:: ::|:: :: ::|
         |:: :: :: :::|:: :|: :/:lマ云弐 |:: ::/ ,オ弐Zア∧::../:: :: ::|
      ,ノ:;/: ::/`|:: :∨:::|l |_)::t;:| |:/  ´|_):t;:| ハ:∨::: :: : |     i
        ̄|:: ::l  |:: :: :: ::|、弋:z:リ       V:z:リ,' ハ::: :: :: ::|::|   _人_
        |/|::ゝ、|:: :: :: ::| ゛-‐      ‐-" l:: :: :: |::/j/   `Y´
         ∨: ::∨:: :: ::|、"           ゛,':: :: ::/l/        !
         ∨:::|∨:: :: :|::>-::.._ rっ _ ,.イ:: :: ::/
          ヽ:|`\:: ::|::/ 〈::ノ  ̄´lュ\:::/|:: :/
                  ヽ:l´   ヘ-─‐-|  \|::/
                /:\\   \  |  ./∧
                 /::::::::::\\   \,|  //::::ハ

長門有希
「それで練習方法だが、>>1は門川義彦『売上げがぐんぐん伸びる「笑顔」の法則』という
書籍を買って、それに載っていた割り箸を使う方法を使った」




    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「今はその方法がネットで無償公開されています。

つくづく凄い時代ですよね」


┌──────────────────────────────────┐
│                                                  │
│笑顔をつくる「門川式割り箸トレーニング」 - ビジネススタイル - nikkei BPnet    │
│http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/associe/expression/060418_2nd/      ......│
│                                                  │
└──────────────────────────────────┘

686 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:18:49 ID:cc2..Tzs


)子どもから学ぶ



        l´  |  |   |      ___..___   _l´  | |.  |
        |  |  | __⊥-‐" ̄: : : : : : : : ̄`ヽ|   |.、|.  |
       ┼=ニ二´;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   |: :|  |
        |,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |`|  |、
       /: : : : ::/: : : : : : |: : : : : : : ::|: : : : : : ;|.  |. |  |:ヘ、
     /:.::/: : : :/ : : : : : : :|: : : : : : : : |: : :: |: ::|:|  | |  |: :トゝ
     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j
                  |::ヽ.゛|/´/,イ´::::::::::::::::::}

長門有希
「笑顔は子どもから学べるところが大きい。

純粋な好意から発する子どもの笑顔はとても素晴らしいもの。
あれこそ本物の良さ。大いに学びたいところ」




         _, -ー,=、ッ-、、.-‐、
       //´ ̄´  `  `   ヽ
      / /     ;ヘハ  l   ハ
     /  /    l |   | _l_ |   |
     /_,..┤   zビ''|   ´リ `l  リ
     { _ | | _,.l ''ー'   ___ l`r{
     ト、 ミ T´ | ===   ` ̄´|´ハ _
    ,' r-,、{ |  | xxx     xxx|l'`∨
   ,'/∨ `|  |、   ー'ー' _,. ィ'| _|
   /  ヽ、| | `ヽ' ニ '´ |  l.|,イ
 //  ヽハ  |   ,    |  | |
/ /__   l ヘ リ  /_ ┼┐ }-、', |
'´  ` -'/ ,人'   ム /、/  ト、ヽ.|

朝倉涼子
「2歳から3歳くらいの、かわいい盛りの子どもの笑顔はとくに良いですね。

好意の表現こそが笑顔の本質であると再確認できます」

687 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:19:39 ID:cc2..Tzs



4.4 体臭



            //:::::::::::::::::;'  i:::';::::::::::':;::::::::::::::'::;::::::::::::::::::::::::::::i
            ,',';::::::::::::::::::;',,..,,i:::':;:::::::::',:;:::'::::::::::::':;::::::::::::::::::::::::::i
           ,' i'i::;';::::::::::;'.i'  ヾ'|\:::::::, \:::ハ:::::::';:::;:::::::::::::::::::i
           i i:i i:::::::::〈 ,{二Nト \ l 弋二\:::':i::::::::::::::::i::i
             i i:::::::::::!ヾヘf_::::}`  \ ''f _:::::}_"ゝi:::::::::::;'i/l '
              i i:: ::::ヽ. 、V;;ィj      V;ィリ -ュ/::::::::::/
              '.゙、ヽ::::\////   ,  /// /i::::/i/
                ' ヽ!l:.:.:ゝ    ‐    ,.ィ':./|'゙ ´
                 ハ:.:{ヽ>,、      ィ/リ /
                 __ヽ__V_jノ_`二´_ト、/'
             .,, ' ´   /フ‐、__./`.,=、,,ヘ..._ `丶
            /     ン/,.-'´.ン-,,/ミ`‐、``'' i    ヽ
           i      〈    '  i'.l `   .i、 '    i
           l   i、   i      i.l     .i::::i,  ,  i
           l     ヽ.  i       il     i:::::i /'´  .i
           l     ヽ  .i      ノ.!,    i:::/  i'    .l
           l      i  .i     /:!:::`i   '〈.  i     l
           .i     i.  i.    /::::!::::::i    丶  l    l
            i     i /    i:::::::!::::/i    ヽ ノ     l
            i     .i/     i:::::::::!::i::::i     `イ.     l
            .i     /      i:::::::::::!:i:::::i       ヽ   l
            i    /       i:::::::::::!':::::::i       ヽ  i

長門有希
「それから、自分では気がつきにくいので注意を払うべきなのが、体臭。

夏場はもちろんだが、それ以外の季節も油断は禁物。

軽い運動でも意外と汗をかくもの」




  /  /  ,M.  l  、 ヽ、
. / /  |  |.|''‐'|  |  |   l、.|
 | | l 'ナ大|  |ナフ大|  |ミ|ヽ
 | | .| |-,..、'  '‐,..、/|  |ニ| |
. ゙l十|  ゝ'.    ゝ' .|   l|lーK
  || / xxx     xxx.|  l|' |ヘ
  ||.ト 、  ----l   |  l|  |.ヘ
  ||  | ≧lーr=_==r'''l|  l|   | ヘ
  ||  |.| /. ゙ーー' .'|  リ  | ヘ
  ゙´´ヽ |  (⌒)  / / |   | ヘ

朝倉涼子
「以下の点に注意です」


┌──────────────────────────┐
│                                     ...│
│・毎日風呂やシャワーで体を清潔に保ち、服も毎日洗う。  ......│
│・服に嫌な匂いがついているならファブリーズも使う        .│
│・汗をかきそうなときは制汗剤を使う               ....│
│                                     ...│
└──────────────────────────┘

688 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:21:00 ID:cc2..Tzs

                  _______
            ,.:-::‐':´:: :: :: :: :: :: :: :: ̄::`:ー::-:.、_
           /:: :: : ;':: :: :: :: :: :: :: :: ::、:: :: :: :: :: :: `ヽ、
          /:: :: :: ::/:: :: :: :;':: :: :: :: :: :: ヽ:: :: : 、:: :: :: ::.\
        /:: :: :: :: ::/:: :: :: : |:: :: ::|:: :: :: :: :|、:: :: :|:: :: :、:: :、::\
          l:: : :: :: :: :l:: :: ::l:: ::|:: :: ::|:: :: :: :: :| ∨: :|:: :: : l: :∧、:::\
.        |:: :: :: :: :: |:: :: ::l\l:: :: ::|:: :: :: :: :| |: ;/:: :: :|::: ::ハ  ̄`
       |:: :: :: :|:: ::|:: :: ::|:.:/\;:/|:: :: :: : :|、/::|l:: :: : :|:: :: ::|
        |:: :: :: ::|:..::|:: :: /j/_|:::/_ |:: :: :/|/_|::/_∨:: ::|:: :: ::|
         |:: :: :: :::|:: :|: :/:lマ云弐 |:: ::/ ,オ弐Zア∧::../:: :: ::|
      ,ノ:;/: ::/`|:: :∨:::|l |_)::t;:| |:/  ´|_):t;:| ハ:∨::: :: : |     i
        ̄|:: ::l  |:: :: :: ::|、弋:z:リ       V:z:リ,' ハ::: :: :: ::|::|   _人_
        |/|::ゝ、|:: :: :: ::| ゛-‐      ‐-" l:: :: :: |::/j/   `Y´
         ∨: ::∨:: :: ::|、"           ゛,':: :: ::/l/        !
         ∨:::|∨:: :: :|::>-::.._ rっ _ ,.イ:: :: ::/
          ヽ:|`\:: ::|::/ 〈::ノ  ̄´lュ\:::/|:: :/
                  ヽ:l´   ヘ-─‐-|  \|::/
                /:\\   \  |  ./∧
                 /::::::::::\\   \,|  //::::ハ

長門有希
「また、メンズ/ユニセックスの香水を用いるのも良いと思う。

つけすぎると顰蹙を買うが、ほのかに香る程度につけると印象が良い」



              ヽ::::`ヘー ‐ '´ '      ̄      |.::/´;::〃/
              ヽ::::{\      ャ‐、         jl:/::/:/ ″
               \:ヘ ヽ 、    ¨        //イ::/V
                 \!  ヽ>,、     , イ 〃:|::ト、
                     ヽj父rー<: : : : : : : {::l) ヽ、
                    /...::::::| : : :    : : 'y'     \

長門有希
「そうそう、口臭も要注意。

ニンニクのような匂いの強い食品をさけたり、
歯磨きをこまめにしたりするのはもちろん、
マウススプレーやブレスケアを利用するのも良い方法」

689 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:21:27 ID:cc2..Tzs



番外:いつも清潔に!



   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

長門有希
「体臭にも関わることだが、
人と会うときは特に清潔であることに気を配りたい。

特に見える部分、顔や手などはそう。

以前、作業直後の手が汚れた状態でお客さんのクレジットカードを受け取って、
これを汚してしまい、クレームになりかけたという事例に出会ったことがある。

自分では大丈夫と甘く見ていることも、
他者は時に厳しく評価することがあるのを覚えておくべき」

690 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:21:53 ID:cc2..Tzs



4.5 発声



                _______    /:|
            _,..-─'":: : : : : : : : : ̄`ー'´: :/
           /: : : : : ,:: : : : :: : : : : : : : : : : : ̄: ̄:゛ー-.、__
        /: : : : : .::/: : : : : ; : : : : : : : : : : : :、:: : : : :ヘ-一"
         /: : : : : .::/: : : : ::/: : :;|:: : : : : : : : : :ハ::. : :、: :`ヽ、
       j: : : : : .::/: : : : :;/:: : :/|::. : : : : :|::. : : :|:: : : :ヘ:: : :ハ
         |: : : : : :/: : : : .:/|::. :/ |::. : : :; :jヽ、::. :j::. : : : :|:: : : :l
       j: : : : : :j: : : ::ー/┼:/-、,|:: : :;/∨,-┼;/‐::.: : : :|:: : : :|  ア・エ・イ・オ・ウ
       |: : : : : :|: : ::/:/ヤ弐行j::;/ 〒弐テァ|:: : ;∧|: :ト、::|  
        }:;/: : : ::j:;/:::;ハ |ト-':;j:|'"    |ト-'::j:|´j:;/::: : : :| `   カ・ケ・キ・コ・ク
      j:ノ|: : :|: :´::.: :/  、V::ィ:;リ     , V::ィ:;リ,'{::::::::::: : : :|     (発声練習)
          |: : :|:.: : : :/ ,ィ'⌒ヽ"   r─┐ ̄" ∨:::: : : :/
          |: ::人: : ;/、(.rュ: ,,,ノ   {  ,{   ,.ィ:::::|:: : ;/
       j:/ ̄ ̄ ̄/,ト''´::ー--__ニニ-‐'"´_,|::;/|;/____,.-‐─ュ、_____
      /    ___/ /j::::/|:::;ィ::|i__/ }::::|'´ '"           /{{{´ ,rァ‐'"
     / ̄ ̄ ̄,/l// ,r‐'´ |:::|ヽ-/ |::::|      ,        { ゞゝ、_,,⊃
      l` ̄ ̄ ̄",//} ̄" , |:::|/´`^^^'ヽ、    /          |-‐';/
      lニ二二二"ィ´} |::.  l  j:/,,/~`´~},,j,,ノ;〉   {         | /
      / ゞ彡",ノ' :::   |  /_,ハ> < },,/,>  λ、_,,      !/
      / _,.-‐'´       l くヽ、ゝヽフ /,イ     } `\    ,,/
       {      ,     iノ;イヽ`ー‐´ノ;ノ/l      |    `ー-'´
      `ヽ、__,ノ´ ̄`ー-‐{~ { `゛   ~,,/:::|      |

長門有希
「発声にも気を配りたい。

具体的には、滑舌の良さと、声の大きさ、話す早さの調整。

聞き取りやすい話し方は魅力のあるもの」



   /´       `ヽ、
  レ         ハヽ ヘ
  /,.ィ┬'Tオ¬Tl‐-,じ_ ヾヘ
  Y | |T´_リ 「゙'ト-リ | `k'ノ
.  |LY'=== , === }r、' ノ |
  | ,l       /,レ'ヘ| |
  | ゝ、.__⊂つ_,.ソ   l.| |
  |l | オ'Lニ-| |  /l l |
  |l レ/ |  ̄´ | /|_ノ .| |
  |´/ |___|' l    | |
  | ト ,ィ'¬¬¬T. |   | |
  / `|_|      |l ハ |_| |
/  | |_     _|r' "´ レ

朝倉涼子
「練習方法もあるのですが、このスレで紹介するにはボリュームがありすぎるので、
>>1が使った参考書籍だけ上げておきます」

┌─────────────────────────────────────┐
│                                                     ...│
│米山 文明『声がよくなる本―1日5分で歌と声に自信がつく! “ヴォイス博士”の方法』   ..│
│                                                     ...│
└─────────────────────────────────────┘


691 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:22:18 ID:cc2..Tzs


      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l

朝倉涼子
「良い本なんですが、検索してみたらAmazonで中古本が
1円で売られていました。

発売日が古いからでしょうか……」



                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}
      ヽ.:.:.{_,,/´~}~〉 ̄~´::::::i:::::::V | ,/ /:::::::i::::::::|
        ~~`ー`VV:::::::::::::::::::|:::::::|ヽ|,//|:::::::::::}::::::::|
              ̄ ̄ ̄゛|:::::::|/∧ヽ. |::::::::::|::::::::|

長門有希
「いちおう発声練習のポイントだけ挙げておく」

┌────────────────────────────────┐
│                                              ..│
│)力まず自然体で行うこと                             ...│
│  力んでいると体が固まるので発声しづらくなるから。             ..│
│  特に肩の力は抜くべき。                               │
│                                              ..│
│)練習は続けること                                ......│
│  体に覚えさせる必要上、継続して毎日行うことになる。            │
│                                              ..│
│)録音して自分で聞きなおし、検証すること                  ......│
│  良い声だと思っていても、聞いてみたらそうでもないことはしばしば。    .│
│  やはり録音してチェックすることが必要。                    .│
│                                              ..│
└────────────────────────────────┘

692 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:22:48 ID:cc2..Tzs



4.6 姿勢



           |   |  |   |_,,.-‐───--..、j  | |.  |
         |   |,ィ|   |  _,,.-‐=====‐-`ヘ、|  |
            |  |::.:;|   |/:: ,: : : : : : : : : : : : : : :`:┴-、
           |  |:/ |  .|:: :.:/: : : ;: : : : : :|:: : : : : : :ヘ ̄`
         j:| .|j |  |: :;/: : : ::|:: : : : : :|: : : : : 、:. :ヘ
         |::| |ー:|  |::i:j: : :i: ::|:: : : : : :|ヘ: : : : :|: : :ハ
        ,ノ: :| .|__,j /::|:|:-‐-:/|: : : ::;i:-j‐-:: : : :|:: : : |
       '´"γ´ `Y::. ::|{::/_|:/_ |: : :/ j:/__ ∨: : :|: : : |
         {┃┃ |:: .:|マ弐〒 j;/ オ弐テ ハ: :/:.: : :j
         { x   |:: :|、ト'ィ:;jl      ト'ィ:;j,' ハ:/:.:/ヘ/
           `ーr::-':: .:| `ー"      `ー" {::: .:/ー'´
           V\:: :|           ,.ィ::;|:/
              ヽ:|>ーァ‐-^-‐τ::/j;/´
              /‐-、`\,ィ ̄`}  ヘ、
              /⌒ヽ、\ \ニニj  /::}
              {:::::::::::::\\ ヽ,/ /:::.|
             |::::::::::::::::::\\   /i:::::|
             |::::::::::::|:::::::::|\ヽ/ |::::|

長門有希
「背筋が伸びていることも重要。

たまにだが、猫背になっている人もいる。
これは見栄えがイマイチ。

先天的な病気なら仕方ないが、そうでないなら直すほうがよい」



         _, -ー,=、ッ-、、.-‐、
       //´ ̄´  `  `   ヽ
      / /     ;ヘハ  l   ハ
     /  /    l |   | _l_ |   |
     /_,..┤   zビ''|   ´リ `l  リ
     { _ | | _,.l ''ー'   ___ l`r{
     ト、 ミ T´ | ===   ` ̄´|´ハ _
    ,' r-,、{ |  | xxx     xxx|l'`∨
   ,'/∨ `|  |、   ー'ー' _,. ィ'| _|
   /  ヽ、| | `ヽ' ニ '´ |  l.|,イ
 //  ヽハ  |   ,    |  | |
/ /__   l ヘ リ  /_ ┼┐ }-、', |
'´  ` -'/ ,人'   ム /、/  ト、ヽ.|
      ` Y ヽ、      ,.┤

朝倉涼子
「ただし、そらしすぎるとそれはそれで変なので要注意です。

骨盤に背骨と首の重みがかかるかんじになっていると良いですね」

693 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:23:16 ID:cc2..Tzs



4.7 体重管理



                                __,
                  __,..-:‐::───:‐-.、__,ノ:;/
               ,.イ´:;: : : : : : : : : : : : : : : : :<、
              /: : :.:/: : : /: : : : : : : : :|:: : : : : :`ヽ、
            /: : : :.:/: : :.:/: : :/: : : : : : |:.: : : :ハ: : : :\
            /: : : : : :/: ::、:/:: : ;イ:: : : : : : :|: :|: : : :|: : : :、::\
         ,ノ: : : : ::|: :.:|: : : :|\:/ |:: : : : : : :|: :|: :.;_:.:|: : : :ヘ ̄`
            ̄|: : : : |: : :|: : :/|:.:/`ー|: :.;: : : : :j斗:'´:.: :|: : : : ハ
              |: : : :.:|: : :{: :;マチ弐ヤ ∨|: : : :/_∨ヘ::.: :|:: : : : : }
          |: : ::l'´|: : :∨ V::tィ::}   ∨::/テ弐ア∨::l:: : : : : :|
           |/|: ::ゝ|:: : : :|⊂ゞ-"     ∨ん':;リ,' /∨、: :/\:|
           ∨|: :V::. : :|       ` `ーc" {::: : :∨   `
             ∨:.:\::.:|      /´ ̄|      }::: : :|
               `ヽ:/ヽ:|、   /___,j    ,人::.: :|
               / ,r===-.、-r-、-‐<_  \:|
              / /:::::::::::::::::::`ヽニニ7 //::ヽ、__
              \,/::::::ゝ、::::::::::::::::\///:::::::::´:::::::;}フ
              _,ノ::::::::::ノ:`ヽ::::::::::::::::\::::::::;/_:;/
              <´:::::::::::::/:::::::/ \::::::::::/`ー=っ
             ,ノ\::::::::::::::::/`ヽ、_V`ーヘ、_,っゝ'´
        /´`r'\. \::::;/    }><{/::::/

長門有希
「体重もよく管理したい。

やはり適正体重を保っている状態が一番見栄えが良い」




    /   /´    `´    `‐´  `ヽ、 \'"´         ヾ、
   /  / /  ,、   ,.、           \ ヽ   _,.-‐'
  /   '   /  l | ヽ,/  |    l  l     ハ ヽ-'"    __
. /     |  | ├''-、‐'-┤ |  |  |      l  l、  ,.-‐'´
 |    l   |   | |     | .|  .|  |     l ノ }´
 l |  |   .|  l| |   、 | ,ハ  イ  |     l , |
 l |  .|   |_L斗ヒ    `メ=kzュ、'L__ l     l / /
 `‐ハ__ヘ__'_´ _,ィ=ミ‐゙   /ノ,ィ=ミ、| /|    l | ' /`゙ー- 、.._
    | `゙'l 〃、,)、::ト    " r、ノ、::ト、l.L_  /lハ/       `゙ー、
  /|  ',ヘl い´ハ:l      l:::Y´):l }   ̄'| ノ  -==ニ二__
  `<´|   ',γマ廷リ       弋近:ソ'| /   .|ノ、__,.-‐フ´ /
    ン  l  l'、_ノ´ //// `(__`)/    .|    ,  /'  _,.'_,.-
  <_  l .{   //////   ./|   l |  /'ーヾ、-_'ニ'-'"
    `>',..-‐ゝ、    こ_ー.、    / |   | |/
    ´     `゙''¬ー-`´--‐フ  .|   | ゝ、
                r''"   l_  ヽ、  `ヽ_
              r''"`ヽ、_,.ィ'´`゙'¬-、ン'ー'´
              `¨¨¨¨`゙''"

朝倉涼子
「太り過ぎはどうしても見栄えが悪くなります。

たしょう太り気味、くらいならまだ平気ですが、
『肥満』と言われるレベルになると、
駄目ですね。
顔がむくみ、胴体がたるむのは避けられません。

汗をかきやすくなるため体臭管理にもマイナスです。

運動だけではなかなか減りませんので、
食事制限は避けて通れませんね……」

694 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:23:34 ID:cc2..Tzs



4.8 その他の要因



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「厳密に言うと外見ではないのだが、人からの評価を上げるポイントは
ほかにもある」


┌─────────────────────┐
│                              ..│
│・TPOにあわせた言葉づかいと態度       ......│
│                              ..│
│・自分の話も出来、また相手の話も聞けること    │
│                              ..│
└─────────────────────┘

695 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:24:55 ID:cc2..Tzs



)TPOにあわせた言葉づかいと態度



        l´  |  |   |      ___..___   _l´  | |.  |
        |  |  | __⊥-‐" ̄: : : : : : : : ̄`ヽ|   |.、|.  |
       ┼=ニ二´;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   |: :|  |
        |,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |`|  |、
       /: : : : ::/: : : : : : |: : : : : : : ::|: : : : : : ;|.  |. |  |:ヘ、
     /:.::/: : : :/ : : : : : : :|: : : : : : : : |: : :: |: ::|:|  | |  |: :トゝ
     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j
                  |::ヽ.゛|/´/,イ´::::::::::::::::::}

長門有希
「適切な言葉づかいができるかどうかは、
教養ある人物かどうかを判定するのに格好のもの。

そのため、相応しい場で、丁寧な言葉づかいができる人は、
それだけで一定の評価を得ることが出来る」



    l   ヽ  l  l     __」  .l      l  l
    ヽ  l  l _.」- ´ニニ l   l`ヽ、.  l  l
      ヽ  l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:l   llヽ;:;:;:;;l  l
      y.':;:;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:|;:;:;l   l ヽ;:;:l  l
     /;:;:/,;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;l;:;:l;:;:;:;l   l ヽ;:l  l
     ///;:;/;:;:∧;:l;:l;:;:;:;:;l;:;:lヽ;:;:ヽ  l  |  ノ\
      /;:;:l;:;:;/ l;:;l l;:;:;:;:∧;:l l;:;:;ヽ    く┌-ゝ
     /;:;:/l;:;:l ∨ ヽ:;/ リ  l;:;:l:;,ゝ    ヽ
      / l:;:;l ┯┯i ソ ┯┯、∨;l  ・  ・ l
      l l;:;l l;:;:少    l;:;:;少 ll      l
      \.l;:;l 弋:::ソ    弋:::::ソ l;\____ノ
        l;:;l             l;:;| \l
           l;::` - ___,   .イ l;:;ト、
         ∨   /l l   / /: |/ : :ヽ
             /: l l / /: : : ヽ: : ヽ
             l: :l ∨ ./: : : : :l: : : :.l

長門有希
「ここは適当にしていると痛い目を見る。

例えば、顧客に対して『どうぞお掛けになってお待ちください』と言うべきところ、
『どうぞ座って待ってください』と言おうものなら、
敬語もまともに使えない人間、と見なされる。

能力にまで疑問符をつけられると思っておくべき」

696 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:25:52 ID:cc2..Tzs


                      ____ _
                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/>              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \
            /: : : : : : : : :\::\\', ;〃/: : : : :: ::ヽ

長門有希
「また、態度も重要。謙虚かつ礼儀正しく振舞うべき。

自分を信頼し、また同じく相手にも
敬意を持つようにすれば、そのように振舞いやすいだろう。

言うまでもなく、人に横柄に接するのは論外。

一方、卑屈になるのもよくない」




/    l   l     | |
|  / .γL_  |     .|├──
|  |  l .「Tド、,|    l / L__
∨ | .| ,リ、ノ/   /_/ .|
 ゙ー'ゝ| ´ |ヾ T´ ̄   「ヽ┬─
.    l. .l゚l リ.|       l .l  |
     l  リ  |      .|ノ   |
   〈    |     |    |
    ヽ、ィ.__|     ハ    |
        |     l-‐∨  |
         |    /   ヽ   |

朝倉涼子
「ただし、言葉づかいと態度はTPOに合わせなければなりません。
                  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初対面での商談のような、礼儀正しい態度と敬語を用いた言葉遣いが必要とされる
シーンでは、それを用いるのは当然です。

が、仲間同士で話すのに、一人だけいつまでも真面目腐って敬語を使ったり、
馬鹿丁寧な態度を取るのはNGです。

服装と同じです」

697 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:26:26 ID:cc2..Tzs


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「尚、敬語や態度は、慣れていないなら人に見てもらったりビデオカメラを使って
自分でも確かめるなどしながら、練習する方がいいだろう。

ぶっつけ本番でやったら、舌が回らずに恥をかくこと請け合い。
ソースは>>1」

698 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:26:49 ID:cc2..Tzs



)自分の話も出来、また相手の話も聞けること



: : : : : : : : : : : :|: : ::|: : : :;|:.:. : : : : :/:: : : : : : : : : :ハ
: : : : : : : : : : :.:|ヽ: :|: : ::/|:: : : : : :/ヽ/: : :.: : : : : :|
: : : : : : : : : : : |:.: :\;:/ |: :: : : :/∠∨:.: : :|: : : ト、:|
: : : : : : : : : : ::|: :/'|::/\,|: :|: : /ィチヤ∧::.: :|: : : | `
: : :: ::|: : : : : : |:/zテ弐チ |:/|: :/'|f::j:} ハ::',:: :|:: : :j
: : :i::_|:: : : : : :|' {f´:::j:|  j:;/ V:;リ ハ:.: : :|: : :/
: : :{´ |: : : : : :| 、弋z::リ  ´   、 " {:: : : :l::/
: : :ヽ、|: : : : : |    ̄           }:: : :/´
: : : : :.:|: : : : ::|            ,.イ: : :/
\:.:|、:.∨: : : :|‐r- __ヘ_ ,.-‐<::::::|:: :/
  {`  ヽ、:.: :| \ゝ-‐'ノ    \:|::/

長門有希
「自分の話をすることができ、また相手の話にも耳を傾け、
話の内容に沿った応答ができることも重要。

自分からは何も言わない、あるいは、相手の話を聞かないような態度はNG」



      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「それはわかりますが、とくに話すことがないときはどうするのですかお?」

699 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:27:19 ID:cc2..Tzs


           |   |  |   |_,,.-‐───--..、j  | |.  |
         |   |,ィ|   |  _,,.-‐=====‐-`ヘ、|  |
            |  |::.:;|   |/:: ,: : : : : : : : : : : : : : :`:┴-、
           |  |:/ |  .|:: :.:/: : : ;: : : : : :|:: : : : : : :ヘ ̄`
         j:| .|j |  |: :;/: : : ::|:: : : : : :|: : : : : 、:. :ヘ
         |::| |ー:|  |::i:j: : :i: ::|:: : : : : :|ヘ: : : : :|: : :ハ
        ,ノ: :| .|__,j /::|:|:-‐-:/|: : : ::;i:-j‐-:: : : :|:: : : |
       '´"γ´ `Y::. ::|{::/_|:/_ |: : :/ j:/__ ∨: : :|: : : |
         {┃┃ |:: .:|マ弐〒 j;/ オ弐テ ハ: :/:.: : :j
         { x   |:: :|、ト'ィ:;jl      ト'ィ:;j,' ハ:/:.:/ヘ/
           `ーr::-':: .:| `ー"      `ー" {::: .:/ー'´
           V\:: :|           ,.ィ::;|:/
              ヽ:|>ーァ‐-^-‐τ::/j;/´
              /‐-、`\,ィ ̄`}  ヘ、
              /⌒ヽ、\ \ニニj  /::}
              {:::::::::::::\\ ヽ,/ /:::.|

長門有希
「そうならないように事前に話題を仕入れておく。

段取り八分。準備していなければ話すことがなくて困るのは当たり前」



┌─────────────────────────────────────┐
│                                                     ...│
│~ 準備の例 ~                                             .│
│                                                     ...│
│                                                     ...│
│・阪神ファンの人と話すなら、昨日の試合内容を抑えておく                   .│
│                                                     ...│
│・アクセに興味のある人と話すなら、その系統の雑誌を読むと同時に、用意しておく。   │
│ 話の流れで、一緒に見ることになるかもしれない。                       .│
│「この前可愛いアクセを雑誌で見つけてさー」                          ...│
│「え、どんなの?」                                           .│
│「あ、見る? 実は今その雑誌持ってるんだ」                          ...│
│と言う感じ。                                               .│
│                                                     ...│
└─────────────────────────────────────┘

700 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:27:47 ID:cc2..Tzs


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /
美筆やる夫
「なるほどですお。

しかし、あまり興味のない話をいちいち仕入れるのは面倒ですお」




                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}
      ヽ.:.:.{_,,/´~}~〉 ̄~´::::::i:::::::V | ,/ /:::::::i::::::::|
        ~~`ー`VV:::::::::::::::::::|:::::::|ヽ|,//|:::::::::::}::::::::|

長門有希
「それなら自分が興味を持てる話題の相手を選んで、
その人たちと主に付き合うようにするのも手。

食わず嫌いかもしれないので、大事な相手なら、
まずはその話題に手を出してみることをお勧めするが」

701 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:28:06 ID:cc2..Tzs


                      ____ _
                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/>              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \
            /: : : : : : : : :\::\\', ;〃/: : : : :: ::ヽ

長門有希
「なお、突発的に出会ったなどで準備が出来なかったとか、
付き合いが浅くて相手の好みがわからない、という場合、
世間話をしながら相手の好みを調べることになる。

うっかり地雷を踏んでしまわないよう話題に気を配りつつ、
自分の情報を開示しながら、相手にそれとなく質問していく感じになるだろう。

ただし、一方的な質問攻めにしてしまわないように注意。

あくまで自分の情報を開示しながら相手との共通点を探る感じで聞いていく」

702 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:28:36 ID:cc2..Tzs



4.9 外的要因の働き方



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「それから、外見の働き方をすこしだけ考えたい」



   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

長門有希
「私たちが他者と出会うとき、その印象は、
ファーストインプレッションで身なりを 5 秒 で観察され、
どのような人間かを ほ ぼ 確 定 される」


┌────────┐
│          ......│
│◆身なり     .....│
│          ......│
│・服装        │
│・髪型        │
│・体の姿勢    ....│
│・発声        │
│・表情(笑顔)  ......│
│・体型        │
│          ......│
└────────┘

703 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:29:05 ID:cc2..Tzs



        l´  |  |   |      ___..___   _l´  | |.  |
        |  |  | __⊥-‐" ̄: : : : : : : : ̄`ヽ|   |.、|.  |
       ┼=ニ二´;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   |: :|  |
        |,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |`|  |、
       /: : : : ::/: : : : : : |: : : : : : : ::|: : : : : : ;|.  |. |  |:ヘ、
     /:.::/: : : :/ : : : : : : :|: : : : : : : : |: : :: |: ::|:|  | |  |: :トゝ
     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j
                  |::ヽ.゛|/´/,イ´::::::::::::::::::}

長門有希
「つまり、ここで好印象を与えることが、
その後の良好な関係を築くために欠かせない」




       _,. _-_‐_‐-、
    ,.-<' ` 、  \ ヽ
   r'l  ' r、、 ヽ ヽ ヽ'_´ヘ
  /  l |`‐ヘ', ハ__ヽ ヘ ∧
. /  l l ヘ  サ´‐'´',´`<、、 \
/l  ', ',,ィヘ   ィ彡 ∨'ヽ' `ヽ ヽ、   _,、
| l ヽヽ∧ z彡      ∨ `ヽ、  `ニ`ニ´∠
 ` `゙`T ハ    _ ,.ィ','ヽ  Y´`' ‐-、    /
     } , ト‐‐ッ'´`ノl  ヽ'   `ヾ、ヽ,/
    /, ',l, / l  | /  ヽ     >
    l、l、_/トv'´ハ  `'´   ,.>、 /
     l / ´   ヘ    / ∨
     レ    l   {,.,.-r‐'〈_X |
      |,.--、ハヽ‐'゙'''l-7'´  `'

朝倉涼子
「人は普通初対面の相手を警戒しますから、
採点は辛めになります。

減点対象は見逃してもらえない、と考えるべきでしょう。
手抜きは厳禁です」

704 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:29:26 ID:cc2..Tzs


    l   ヽ  l  l     __」  .l      l  l
    ヽ  l  l _.」- ´ニニ l   l`ヽ、.  l  l
      ヽ  l/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:l   llヽ;:;:;:;;l  l
      y.':;:;_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:|;:;:;l   l ヽ;:;:l  l
     /;:;:/,;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;l;:;:l;:;:;:;l   l ヽ;:l  l
     ///;:;/;:;:∧;:l;:l;:;:;:;:;l;:;:lヽ;:;:ヽ  l  |  ノ\
      /;:;:l;:;:;/ l;:;l l;:;:;:;:∧;:l l;:;:;ヽ    く┌-ゝ
     /;:;:/l;:;:l ∨ ヽ:;/ リ  l;:;:l:;,ゝ    ヽ
      / l:;:;l ┯┯i ソ ┯┯、∨;l  ・  ・ l
      l l;:;l l;:;:少    l;:;:;少 ll      l
      \.l;:;l 弋:::ソ    弋:::::ソ l;\____ノ
        l;:;l             l;:;| \l
           l;::` - ___,   .イ l;:;ト、
         ∨   /l l   / /: |/ : :ヽ
             /: l l / /: : : ヽ: : ヽ
             l: :l ∨ ./: : : : :l: : : :.l
            /: : l || /: : : : : l: : : : l

長門有希
「さらにその後、会話や態度などによって人格を図るとともに、
次のような人生の背景を知ろうとされるだろう。

ここでどのような人生を送ってきたかが問われる」


┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│◆さらにその後の会話でどのような人生を送ってきたかが問われる  ....│
│                                          ......│
│・どんな人?                                   ....│
│・健康状態はいい?                                │
│・仕事は?                                    ....│
│・収入は?                                    ....│
│・どこに住んでいるのか?                            │
│・身につけている時計や乗っている車                    ....│
│・出身校                                      ..│
│・出身地                                      ..│
│・夢中になっているもの                            ......│
│・ボキャブラリー                                 ....│
│・持っているスキルは?                            .....│
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘

705 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:29:48 ID:cc2..Tzs
                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「出身校や出身地など変えようないものもあるが、
夢中になっているものやボキャブラリー、
仕事や住所は変更可能。

自分が親しくしたい人(たち)に好印象を与えられるよう、
うまく合わせられるとよい」



  /: : : : : : |: : : : : : : :/: :l: : : | |ヽ: : : : : : : : : : : |ヽ: : : : |: : : : : : : : : : : |: :|
  /: :/|: : : : :|: : : : : : /\: :l: : | | ヽ: : : : : : : :|: : l ヽ: :/|ヽ : : : : : : : : : |/
 /: :/ | : : : : l: : : : : :|  \l: :| |   ヽ: : : : : : |ヽ | /: : | ヽ: : : : : : : : : |
 | /  |: : : : : |: : : : : :|    \: :|  ヽ: : : : : :|  /  ヽ |  ヽ: : : : : : : |
    |: : : : : :l: : : : : l━━━━━  \: : : : |━━━━━━ヽ: : : : : |
    |: : : : : : ヽ: : : l | |二つ;:;:;:;:;:|   \  | | |二つ;:;:;:;:;:;:;:| ヽ: : : |
     l: : : : : : : ヽ: :| | |:.:.:P;:;:;:;l.:.:|      \| | |:.:.:.P;:;:;:;;l:.:.:| .l: :ヽ |
     l: : : : : : : : :ヽ| | |:.:.:l;:;:;:;:;|.:.:l         | |:.:.:.l;:;:;:;:;;|:.:.:! l: : : l
     ヽ:|ヽ : :l: : : :'. '.'. :.:ヽ;:;:ノo.:|        '.' :.:.ヽ;:;:ノo:.:,' l: : : l
      リ \|: : : : l.  ヾ、   ノ        ヾ、    ,ノ .l: : : :l
       l   l: : : : l ///` ¨´               ` /// l: : : :l
         乂  ヽ: : {                          l: : : :l
          ̄ ヽ: ヽ                         l: : : : 乂
            ヽ: :`:::.....___   ,-‐    _.......:::,'l: : : : :/  ̄ ̄
             ヽ: : : : | ヽl イ ̄ ̄ア ̄ ̄ ̄/   \,': : : :./
              ヽ: : | ,イ;:;:|  ├-、   /      ,': : :./
               ヽ |/ |;:;:;:|   l:.:.:.:ヽ /.   /,': :/,r\

長門有希
「そのためには、事前に相手を選ぶことがとても重要。

親しくなるための努力を、どのような人たちのために行うのかを
予め決めておく、と言っても良い」

706 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:30:22 ID:cc2..Tzs


    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「たいていの場合、他者と付きあったり、どこかのコミュニティへ所属したりするには、
それなりのリソースと努力を必要とします。

八方美人なんかやっていられません」


┌────────────────────────────────────┐
│                                                   .....│
│~ 例 ~                                              ....│
│                                                   .....│
│・テニスサークルの仲間との縁を保ちたいため、テニスを続ける             ....│
│・ある技術者コミュニティに参加し続けるため、当該分野の技術の勉強を継続する  ....│
│                                                   .....│
└────────────────────────────────────┘
(*自分に合わない調整をかけようとすると自分自身が持たないので注意! 
 無理をしても平気でいられるのは、短い間だけ)

707 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:31:30 ID:cc2..Tzs


                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/

長門有希
「こういった努力は、いったん始めたらその後もずっと
否応なく続けなければならないという点に注意。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
途中でやめたら、さながら水やりを止められた野菜のように、人との縁もしぼむ」




      |  / 、.| l  |      .|.|
        |  |  γ| |  .|   ,   |.| ̄ ̄`
.      l  l|  .| l_ .|   |   |  /.|___
      ゙ヽ'l、_ .|ソ≧==---''―' .L
         `|´    |     |.ハ┬─
            | === .|     l ノ.|
  r'''ヽ., __   /  xxx |      lr" |
γ´   ." __l  !、   u |     ハ   |
ゝ,    ミ´    ゙ `‐- |     ハ  .|
 ゝ=、__,.ノ        |     ./´.ヘ   |
.             |    ./  l \
             |    /   |  \

朝倉涼子
「合計すると少なからぬリソースが付き合いのために費やされます。
それに見合うお付き合いがあるべきです。

具体的には、自分より優れていてその行動を直接見るだけでも勉強になるような人や、
現実的な利益がある人、趣味が合う人などとのお付き合いを優先させると良いですね」



                                __,
                  __,..-:‐::───:‐-.、__,ノ:;/
               ,.イ´:;: : : : : : : : : : : : : : : : :<、
              /: : :.:/: : : /: : : : : : : : :|:: : : : : :`ヽ、
            /: : : :.:/: : :.:/: : :/: : : : : : |:.: : : :ハ: : : :\
            /: : : : : :/: ::、:/:: : ;イ:: : : : : : :|: :|: : : :|: : : :、::\
         ,ノ: : : : ::|: :.:|: : : :|\:/ |:: : : : : : :|: :|: :.;_:.:|: : : :ヘ ̄`
            ̄|: : : : |: : :|: : :/|:.:/`ー|: :.;: : : : :j斗:'´:.: :|: : : : ハ
              |: : : :.:|: : :{: :;マチ弐ヤ ∨|: : : :/_∨ヘ::.: :|:: : : : : }
          |: : ::l'´|: : :∨ V::tィ::}   ∨::/テ弐ア∨::l:: : : : : :|
           |/|: ::ゝ|:: : : :|⊂ゞ-"     ∨ん':;リ,' /∨、: :/\:|
           ∨|: :V::. : :|       ` `ーc" {::: : :∨   `
             ∨:.:\::.:|      /´ ̄|      }::: : :|
               `ヽ:/ヽ:|、   /___,j    ,人::.: :|
               / ,r===-.、-r-、-‐<_  \:|
              / /:::::::::::::::::::`ヽニニ7 //::ヽ、__

長門有希
「また、親しくしたい相手を決めたら、出来る限りその方針を堅持するのが望ましい。
コロコロ変えると負担が大きい。

逆に言うと、そうそう気楽に変えられるものではないので、相手選びは慎重に、
ということでもある」

708 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:33:48 ID:cc2..Tzs



参考 : 付き合う相手の評価



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/

長門有希
「人間関係は、自分と相手で作り出すもの。

出来る限り良い相手と付き合うのが望ましい。

そのために必要なのが相手の評価。

自分が見られる時と同じ点を観察するのが基本だが、
強いて言えば、特に次の点に気を配ると良いかもしれない」


┌────────────────────────────────┐
│                                              ..│
│・TPOにあった外見をしているか?                        .....│
│ ふさわしくない格好をしているようなら要注意。                  .│
│ たまたまアクシデントでそうなった、ということもあり得るが、          │
│ 例えば内面の表れなど別の問題の表出の可能性もある。           .│
│                                              ..│
│                                              ..│
│・表情はどうか?                                    .│
│ 口の端が下に下がっている等、不自然な表情をしているなら要注意。   ...│
│ 内心の表れである可能性がある。                          │
│                                              ..│
│ もっとも、同時になにか言いにくそうにしているなら、             .....│
│ 自分のズボンのファスナーが開いていないか、といった点を          .│
│ 疑ったほうがいい。                                   │
│                                              ..│

709 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:34:11 ID:cc2..Tzs
│                                              ..│
│・誰にでも礼儀正しく振舞うか?                            │
│ 特に利害関係のない相手を粗雑に扱うようなら要注意。           ...│
│ 傲慢・自己中といった人格的な問題を秘めているかもしれない。      ....│
│                                              ..│
│                                              ..│
│・言動に度を越した嫌悪や軽蔑が含まれないか?                 │
│ ある程度嫌悪や軽蔑の心を持つのは人の性だが、それが         .....│
│ 度を越しているようなら、やはり危険。                       .│
│                                              ..│
└────────────────────────────────┘


           __
        ,..::::´:::::::::::::: :`:ヽ、
      ,r´:::::::::::::::::::::::::: : : : :.
     /::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : :',
    了::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : l
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      lィ::::lヘ:へ::|::::::::::::::::::::::::::::::「
     \ト、(ヽ::::|:::::::::::::::::::::::::::rノ
        ヽ´::::|::::::::::::::::_;、::ル′
         ` ‐lイ::::::::::ヽ
              /⌒ヽ、::::ヽ
           |::::::::::::::`¨´!
           |::::::::::::::::::::::|
           |::::::::::::::::::::::|
            ヽ__;:---─ヘ
           ヽ::::::::;、::::l´

長門有希
「そうそう、言うまでもないことだが、
仮にイマイチ、と判定したとしても、礼儀正しく振舞うのは継続すること。

まちがっても、ここがイマイチであると感じました、などと『ご忠告申し上げ』
てはならない」

710 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:35:26 ID:cc2..Tzs



4.10 『話すのが苦手』な原因あれこれ



               ヽ、       ______
               \'::ー.‐'''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄``:.:.、
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ、.
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
             /:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
           /:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.!:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.:.:.l:.:.:ヽ:.:.:.:. ヘ:.:.:.:.:.:.:',
           |:.:.:.,'.:.:.:.:!.:.:!ヘ.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.i:.:.:.:l .:.:.:|:.:.:.:.:..!.:.:.:.:.:.:.i
           |:.:.iト.:.:.:.:.|:. ! ヽ.:.:.:.:!、:.:.:.:.:i、.:.l .:.:.|:.:.:.:.:..!.:.:.:.:.:.:.!
          i:.:ハ:ヽ.:.:.i.:.:|、_\.:.:! \:.:.:.ヘ:l :.:.|.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:/
          ∨ |.:.:\!ヘ|r--、 \i ニ\::!ヘ:|::!:.:.:.:./、:.:.:.:/
             |.:.∧ヘ 辻;;;::}   ´辻f;;;::j}7.:.:.:/  ):.:.ゝ
            !/  ', ゞ=" 、   ヾ='" !:.:.:/__ノ//
            ′  iゝ、  、__      ノ!:.:/.:/ ′
              ≡三≡三三7_,, </::::!/:.(
              __,r「レヘ,,,イ:::/____/:::::/7::::⌒ヽ
             { 、、))、入::!::├‐/::/:::∨:::::::::::::ヘ
             /}{,,<::/⌒Y⌒ヽ〃::::::://:::::::i:::iヽ、
             く::::::::/    (二二)ヾー-<:::::::::::::::!:::!__ゝ
               ヽ:::i:.:.:.:.:.:.:|;;;;;;;;;ξ}:::::::::::::::::::::/::::|

長門有希
「いちおう会話術と銘打っているので、『話すのが苦手』な
理由として何があり得るかもすこし考えたい。

会話は複雑な要因が絡む。

そのため、『話すのが苦手』と一言でいっても、その原因は様々、と考えられる」


┌────────────────────────────────────┐
│                                                   .....│
│~ 『話すのが苦手』の原因色々 ~                                .│
│                                                   .....│
│・話題の用意などの準備ができていない(準備不足)                      │
│・発声法の練習をしていないので相手が聞き取りにくい(技術的な要因)        .....│
│・自分が格好つけるために話そうとするので反発を買っている(目的の取り違え)   ....│
│・人の嫌がることをよくするので嫌われている(内面に問題あり)               .│
│・適当な格好をしているので相手にされない(外見に問題あり)               │
│・興味のない話題を無理に話そうとしていて無理がでている(興味の不一致)      ..│
│・嫌いな人と嫌々話そうとしている(相手選びの間違い、あるいは、自分が狭量)    ..│
│                                                   .....│
└────────────────────────────────────┘

711 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:35:50 ID:cc2..Tzs


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

美筆やる夫
「へえ、一概に『話すのが苦手』とまとめてるけど、原因はまったく別物なんですお」



   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

長門有希
「そう。だから『話すのが苦手』なのを改善したいとしても、
原因がなにかをよく考えてそれに合わせるべき。

なお、改善、という曖昧な目標は、そのままでは抽象度が高すぎて
実際の行動には移せないので、ブレークダウンして実体レベルに落とし込むとよい。

例えば、声が小さい、滑舌が悪い、ということなら、
『声が小さくて滑舌が悪いのを改善する』という目標を立てるのではなく、
『大きな声量を出す感覚や、滑舌の良い話し方の感覚を掴む』を目標とし、
その上で発声練習を行うのがいいだろう」

712 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:36:11 ID:cc2..Tzs



番外:外面にでる内面



           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´

長門有希
「自分では意識せずに行うことなので番外に置くが、
考えていることが良くも悪くも外面にでることがよくある」



      |  / 、.| l  |      .|.|
        |  |  γ| |  .|   ,   |.| ̄ ̄`
.      l  l|  .| l_ .|   |   |  /.|___
      ゙ヽ'l、_ .|ソ≧==---''―' .L
         `|´    |     |.ハ┬─
            | === .|     l ノ.|
  r'''ヽ., __   /  xxx |      lr" |
γ´   ." __l  !、   u |     ハ   |
ゝ,    ミ´    ゙ `‐- |     ハ  .|
 ゝ=、__,.ノ        |     ./´.ヘ   |
.             |    ./  l \
             |    /   |  \

朝倉涼子
「たとえば興味ですね。そのまま外見にでるようです。以前、>>1が仲間と話している時、
ある話題がでたとたんに『目が輝き始めたね』と指摘されたことがあります。
自分ではまったく気が付いていなかったのですけどね」



             _ -‐ ´    `丶_
            //      ヽ   \
            / /           |   l ハ
.            // / ∧ lヽ \    !   !  ハ
          /イ ! lL⊥_ヽ \⊥≦-l   l   lヾ
.        /ハ.l .lヽl_    \__ュ l  l/ / l
        ′ ゙lヽトrテ心   'チ::尤l /、/ __ ト
          //lハ.ヒ_:ノ     ヒ_:クl /゙ソ _、!`
                lハ       //´/l/
              l/ >- ` -:イ今/
              ∧l./\´  |_/`i
                  r┤V   \ | /   |
                V /    Y /  /
               |  |    /!    く_

長門有希
「よって、内面を磨くことが外見をよくすることにもつながる、と考えるべきだろう」

713 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:36:27 ID:cc2..Tzs




◆◇◆◇◆◇ 5.話し方 ◇◆◇◆◇◆



.

714 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:36:50 ID:cc2..Tzs

   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

長門有希
「では、以上を踏まえつつ、具体的な話し方として会話術を考えよう。

といっても、これまでの分も広義の会話術だったのだが」



          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /

美筆やる夫
「前座がものすごくボリュームありましたお」

715 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:37:14 ID:cc2..Tzs



.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |
     ', ! !     l  l^¨¨´  / |   /   ノ
.    ヽ| |     ヽ..ノ‐ォ┬一'  |  /   ,フ
      ーー ´,r'⌒', く.|_j      l/    ∠
     /、  ./     ',   ` ー‐ ´|     _ノ

長門有希
「会話は人と人とのやりとり。

『自分はどのような人間であるか』がまず問われるのは当然。

AIと文字の羅列でやり取りするのとはわけがちがう。

よい人格を磨き、外見を整える努力をし、相手の好意と信用を得てこそ、論証は成果を上げる。

その点を無視して小手先の話し方だけを身につけたところで、
小賢しい、と一蹴されるのがオチ」



    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「なお、この章では親しい相手や近しい相手との日常会話を想定します」

716 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:37:47 ID:cc2..Tzs



5.1 基本は『相手への好意と信用』の発露



           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /

長門有希
「実は、ここまでの話で日常会話の基本はほぼ終わっている。

というのは、日常会話の目的は、必要事項の連絡を除けば、
相手との関係を深めることにあり、
その基本は相手への好意と信用の発露だから」



             _ -‐ ´    `丶_
            //      ヽ   \
            / /           |   l ハ
.            // / ∧ lヽ \    !   !  ハ
          /イ ! lL⊥_ヽ \⊥≦-l   l   lヾ
.        /ハ.l .lヽl_    \__ュ l  l/ / l
        ′ ゙lヽトrテ心   'チ::尤l /、/ __ ト
          //lハ.ヒ_:ノ     ヒ_:クl /゙ソ _、!`
                lハ       //´/l/
              l/ >- ` -:イ今/
              ∧l./\´  |_/`i
                  r┤V   \ | /   |
                V /    Y /  /
               |  |    /!    く_

長門有希
「今回解説するテクニックは次のようなものになるのだが」


┌──────────────────────┐
│                                │
│)相手が大切にしている物事には敬意を払う   ...│
│)話しかけられたら返事をする             │
│)選択の余地を残した言い方をする          .│
│)クッションとなる言葉を用いる             .│
│)相手の興味をもつ話題を予め用意する     ....│
│)断る場合も礼儀正しく                 .│
│)物事は正確に言う                   .│
│                                │
└──────────────────────┘

717 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:38:43 ID:cc2..Tzs


           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´

長門有希
「これは結局、相手への好意と信用が大元となっている」


┌────────────────────────────┐
│                                         .│
│)相手が大切にしている物事には敬意を払う            ..│
│  誰でも大切にしている物事は評価されたら嬉しいし、        .│
│  逆にこれを貶されたり傷つけられたりしたら辛いもの。       .│
│  だから相手が大切にしている物事には敬意を払うのが、    ...│
│  相手への好意の表わし方となる。                   │
│                                         .│
│)話しかけられたら返事をする                      .│
│  話しかけられたのに無視されたら、                 ..│
│  『貴方と付き合う気はない』                      ..│
│  と言われているのではないかと不安に思う。            .│
│  本当にそう思っているのでないなら、                 .│
│  そのような無意味な不安をさせないべき。            ......│
│                                         .│
│)選択の余地を残した言い方をする                   │
│  人間、ある程度自分で決められることを好むもの。         .│
│  気持ちよく決めてもらうためにも、                  ..│
│  選択肢を残す。                             .│
│                                         .│
│)クッションとなる言葉を用いる                      │
│  「すみません、ちょっといいですか」などと              .│
│  一呼吸置いてからなら、相手は自分の都合にも          │
│  配慮してくれていると感じられて                    .│
│  気持ちよく話せる。                           .│
│                                         .│

718 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:38:58 ID:cc2..Tzs
│                                         .│
│)相手の興味をもつ話題を予め用意する              ...│
│  誰しも興味のある話をしたいもの。                 ...│
│  楽しく話せるために、興味の持てる話題を              │
│  用意する。                                 .│
│                                         .│
│                                         .│
│)断る場合も礼儀正しく                          │
│  どんな無茶な話であっても、断られれば                │
│  人は残念に思うもの。                          │
│  そんなところへ、さらに                        ....│
│  『こんな話を持ってくるなんて何を考えているんだ』         .│
│  などと追い打ちをかけたら相手はとても辛い思いをする。     │
│  礼儀正しくお断りして、相手へ配慮すべき。            ...│
│                                         .│
│                                         .│
│)物事は正確に言う                            │
│  相手が誤解して間違った判断をしてしまうことのないよう、   ....│
│  面倒でも物事はなるべく正確に言うべき。              .│
│                                         .│
└────────────────────────────┘

719 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:40:12 ID:cc2..Tzs

             / ̄ ̄ ̄`‐-、
            / /   ヽ   \
           ノ , '/  '  ヽ   、  ヽ
          〃  {八人  八ハ人ハ l .|
.         {ハ人{`レリ Vヽノリ | l  リ
           从 リ●   ● 从 |ノハリ   
            |ヘ⊃ __ ⊂⊃  | |/
.             レ/⌒l,、 _  ,イァレ
.             /  /::|三/:://  ヽ
             |  l ヾ∨:::/ ヒ::::彡,

長門有希
「どれも相手への好意と信用をブレークダウンしたものにすぎない」




       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

美筆やる夫
「みんな相手への好意や信頼を表現するための
動き方だってことですかお」




:,::::::::::::  /::::/::::::/::: /:::::::  !::::: |:::. |::.  |   i
|::::::::::  /:::/::::::/i:::::/ }:::::: ハ:::: ハ::: l::::  !:.  |
::::::::_!ム_∠__/;/  !:::: /  l:::/ !: /i::::: /!::::  |
::::::::: |/_ //`ヽ /:/ _,,ム'-‐lメ‐|:::: /: |:::::  !
::::::::: !,r=〒〒ミ==ヽ/'   ,,r'===ヾ-、!::/l::: ハ:::: !
::::::::. |《 i、ヒ''ィノ   ゝ-‐-《 !;;.q,ノ ´/レ:: |:: i .l:::::/
ヘ::::::. | \  ̄   ノ   ヘ_. ̄  /:ノ::: /!:::l !::/
ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /
:ハヽ:::l\      r_ァ    /!::::: / /
::::::,-一 ` 、       _, < |イ::::: /  '
:::/;;;;;;;;;;;ノ.  ` ‐r-‐<    'l::: /
`|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、;-、_;-´;;;;;;`i´  .',/
 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;へ;;};;;;;;`i;;;;;;;;;;;;;}\

長門有希
「そう。

もちろん、このようなテクニックは、
相手への嫌悪や不信を持った状態でも使うことはできる。

しかし、それは表面上を取り繕っただけのこと。

それで相手への好意と信用を持っている時と同じ効果を
得ようとしても、無理」




/    l   l     | |
|  / .γL_  |     .|├──
|  |  l .「Tド、,|    l / L__
∨ | .| ,リ、ノ/   /_/ .|
 ゙ー'ゝ| ´ |ヾ T´ ̄   「ヽ┬─
.    l. .l゚l リ.|       l .l  |
     l  リ  |      .|ノ   |
   〈    |     |    |
    ヽ、ィ.__|     ハ    |
        |     l-‐∨  |
         |    /   ヽ   |

朝倉涼子
「ちなみに、会話の最中に
『こういうときはどうすればいいのだろうか?』
と困った時には、『相手への好意と信用を表現する』
をブレークダウンすれば、けっこう乗りきれます。

これが『礼儀正しくて真面目な偉い俺様を表現する』(傲慢)とか
『相手が如何に俺より劣っているかを表現する』(劣等感の裏返し)
なんて悪心をブレークダウンすると、たいていコケますね」

720 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:40:58 ID:cc2..Tzs



5.2 相手が大切にしている物事には敬意を払う



              __
        /´ ̄    ̄`丶、
       /           \
.      / /            ` 、
     /  l           ヽ   i
.    //l l    ィイ/ヽ  ∧   l   l
    {イ l l  //‐- }/ ‐ヘ l l lノ
    {小イ   l/T弐ト   r=ヌⅥ lノ
     }从  l| ヒ::リ   ヒ::リ川V
        V l|ヽ、  , 、  イル刈
       ∧j\`¬ニT´ }`ヽ、
       {   \ ∨ /   }
.        ∧   /}Y^Y´ L.ノ

長門有希
「では各論に入ろう。

これは会話に限らないことだが、
相手が大切にしている物事には敬意を払うのが基本。

例えば、相手の趣味や信条、面子などがそれに当たる。

同調するか否かは別として、相手がそれを大事にしていることは認めるべき」




      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l

朝倉涼子
「まちがっても相手が大事にしている物事に攻撃してはいけません。

相手の趣味を『酷い趣味だね』、
信条を『意味ないでしょそれ』などと
貶すのは論外です。

皆の前で『なんだこの酷い仕事は!』などと
面子を叩き潰すのもNG。

同じ理由により、会話とはやや違いますが、相手が大事にしているコレクション
を勝手に捨てたりするのも駄目です。

間違いなく相手は嘆き、かつ激怒するでしょう」


┌───────────────────────────┐
│                                       .│
│~ 例 ~                                  │
│                                       .│
│夫の大事にしていたガレージキットを、邪魔だからと勝手に   ...│
│捨ててしまったところ、大げんかになってしまった。        ....│
│喧嘩が収まった後もしこりが残り続けた。               │
│                                       .│
└───────────────────────────┘

721 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:41:19 ID:cc2..Tzs


   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\

長門有希
「たとえ相手に非がある場合でも、相手へに気を使う必要はある。

間違いは当然注意すべきだが、それにしても配慮はあるべき。

例えば間違いの指摘を行う場合、

『これ、間違ってるだろ』(この馬鹿!、というメッセージ)などとやるのではなく、
『ここが合わないからもう一回確認してくれるかな』(君を信用して任せるんだ。頼むよというメッセージ)
という言い方をしたほうが相手は受け入れやすい」



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

美筆やる夫
「根底にあるのはどこまでも相手への好意と信頼ってことですかお」

722 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:41:44 ID:cc2..Tzs



           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \
        ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
    r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´
      ̄\ イ j :|fト  fハ/ノリ/
         7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ
       く/ /V>  __  イ∧ヽ/
         \{ { l::lVミVl::l / ∨
           Y\ヾ ∀ シ/ r'´
              |   ≧f}≦  |
           `ァー∨=∨‐く

長門有希
「そう。

そこを理解することがなぜこのような対応になるのかを理解する鍵。

相手への好意があるからこそ、
大事なものを壊して辛い目に合わせるのは気の毒だと思って、
出来る限り相手の大事なものを自分も大事にしようとする。

『面子を守る』のも、けっきょくはそれが相手の大事なことだから。

面子に限らず、相手の大事にしているものならなんでも――
たとえば、信条・コレクション・趣味・業績など――
攻撃をかけるのは御法度なのもそれが理由」

723 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:42:12 ID:cc2..Tzs



5.3 話しかけられたら返事をする



             __
       _,. --' ´  `ヽ、
      /           \
     /    , , l  、 、   ヽ
    /ィ'  l l | | l、 \ ヽ ヽ ヽ
.   ' | l. | N、 |ヽ| \_lゝ: l. |  |
    ヘ. ', lv-一   ´_`...VlV |」
     Yヽト 、t¬.   ´v,. | 1 レ'
      ヽ ヽ ー'    ̄ | /
       ヽN.、_  - _,.ィ ´″
           `,オr .コ
             トレ'´ ヽ
             |{ l、 |
      r'  ̄ ヽ  ||  |   |、

長門有希
「考え事をしていても、話しかけられたなら、必ずすぐに返事をするべき。

別の人に対して話しかけていたのを勘違いしていたとしても、ウッカリで済む。
それより、話しかけられたのを無視するほうがまずい。

忙しくてそれどころではなかったとしても、無視するのではなく、今は手が離せないことを伝える」



         _, -ー,=、ッ-、、.-‐、
       //´ ̄´  `  `   ヽ
      / /     ;ヘハ  l   ハ
     /  /    l |   | _l_ |   |
     /_,..┤   zビ''|   ´リ `l  リ
     { _ | | _,.l ''ー'   ___ l`r{
     ト、 ミ T´ | ===   ` ̄´|´ハ _
    ,' r-,、{ |  | xxx     xxx|l'`∨
   ,'/∨ `|  |、   ー'ー' _,. ィ'| _|
   /  ヽ、| | `ヽ' ニ '´ |  l.|,イ
 //  ヽハ  |   ,    |  | |
/ /__   l ヘ リ  /_ ┼┐ }-、', |

朝倉涼子
「ま、当たり前なのでいいでしょう」

724 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:42:34 ID:cc2..Tzs



5.4 選択の余地を残した言い方をする



           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}

長門有希
「繰り返しになるが、人間は自分で決めることを好む。

そのため、たとえ実質的に勧告するような場合でも、
一方的に押し付ける言い方をするのではなく、
選択の余地がある(かのような)言い方をするといい」


┌─────────────────┐
│                         .│
│~ 例 ~                    │
│                         .│
│                         .│
│○ 「この案はいかがでしょうか?」     .│
│                         .│
│× 「この案を裁可してください」     ....│
│                         .│
└─────────────────┘


    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「あるいは、本命のA案と、代替案のB案を用意して、選んでもらうのも良いですね」

725 :名無しのやる夫だお:2010/07/05(月) 23:42:53 ID:uln1KIMk
>>721
例が…涙目すぎる…

726 :名無しのやる夫だお:2010/07/05(月) 23:43:14 ID:uln1KIMk
>>720だった・・・

727 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:43:45 ID:cc2..Tzs



5.5 クッションとなる言葉を用いる



.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |
     ', ! !     l  l^¨¨´  / |   /   ノ

長門有希
「なにか頼みごとをする場合や、言いにくいことを言う場合は、
クッションとなる言葉を用いて
相手への配慮を示すとよい」


┌──────────────┐
│                   .....│
│~ 例 ~              ....│
│                   .....│
│                   .....│
│・ちょっと申し訳ないんですが    │
│・悪いのだけど          .....│
│など                 ...│
│                   .....│
└──────────────┘


          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「これをぬかしても本題は伝わりますが、
『貴方の都合など知ったことではない』という
メッセージとなりかねないので気を付けたほうがいいですね」

728 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:44:07 ID:cc2..Tzs



5.6 相手の興味をもつ話題を予め用意する



             _ -‐ ´    `丶_
            //      ヽ   \
            / /           |   l ハ
.            // / ∧ lヽ \    !   !  ハ
          /イ ! lL⊥_ヽ \⊥≦-l   l   lヾ
.        /ハ.l .lヽl_    \__ュ l  l/ / l
        ′ ゙lヽトrテ心   'チ::尤l /、/ __ ト
          //lハ.ヒ_:ノ     ヒ_:クl /゙ソ _、!`
                lハ       //´/l/
              l/ >- ` -:イ今/
              ∧l./\´  |_/`i
                  r┤V   \ | /   |
                V /    Y /  /

長門有希
「先にも出たが、相手の興味を持つ話題を事前に仕入れておくべき。

なんの用意もしないでいいほど日常生活が話題取得と直結している人は別だが、
普通はそうもいかない」


┌────────────────────────────────────────┐
│                                                           .│
│~ 例 ~                                                      │
│                                                           .│
│                                                           .│
│・ビジネスマン相手なら日経新聞や、エコノミスト・東洋経済・ダイヤモンドなどをチェックし、    │
│ 同業他社のサービス内容やプレスリリースなどもおさえる                      ...│
│                                                           .│
│・鉄な人相手なら鉄道ジャーナルや鉄道ファンなどをチェックし、現地でハァハァしてくる     ....│
│                                                           .│
└────────────────────────────────────────┘

729 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:44:30 ID:cc2..Tzs



5.7 断る場合も礼儀正しく



           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´

長門有希
「都合が合わないなどの理由で断る場合も、
礼儀正しくするべき。

『よくもこんな話を持ってきたな』
とばかり相手を責めたりするのは御法度」




    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川
朝倉涼子
「理由を説明するのも良いことです。

誰かを引き合いにだすのも、方便として時には必要でしょう」


┌──────────────────────────────┐
│                                          ......│
│~ 例 ~                                     .....│
│                                          ......│
│                                          ......│
│「すみません、そういう手続きは経理が通してくれないんですよー」     .│
│など                                        ....│
│                                          ......│
└──────────────────────────────┘

730 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:44:57 ID:cc2..Tzs



5.8 物事は正確に言う



.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |
     ', ! !     l  l^¨¨´  / |   /   ノ
.    ヽ| |     ヽ..ノ‐ォ┬一'  |  /   ,フ
      ーー ´,r'⌒', く.|_j      l/    ∠

長門有希
「日本では気心の知れた仲を示すのに、
『おい。はい。』で通じるのを自慢したりするが、
そうは言っても言葉のコミュニケーションは必要」



                 __      __
             ,  ´     `  ´   `'' 、
           /    /  /    ヽ 、 ヽ\ ヽ: 、
.          ,.:'/   / / /  / /! /  l ハ!  lヽ`ヽ
        .//f,'i  / /  /l / l  ハ / / /  |ヽ ゙ヽ',ト、
.      _∠‐ 7 /ヽ/ /‐/- .l / l / l  / /|i.トヽヽl./', l l `i、
         /;ィl;{ '/l/ l/  l/  l /   ! /  |."|//ハ   l | l、 `l__
         ////!,r  ̄`ヽ     ァ^¬ヘ.ヽ| | /|∧j!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、
.         /,' ,i i| l     l   l′    l. V::ヘ./ !、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イrl/ヽヘ',/ ヽ、  ノ     、    ノ /ノiイ.'/l::l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:_ ヘ ' '   ̄      ` ー ´ ////::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘN` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィリ/ツ、::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´     `ヽ、:ト、|

長門有希
「ところが言葉のコミュニケーションは誤解を招きやすいもの。

物事は正確に言うべき。

自分がまったく気がつかないうちに、意味もなく相手を傷つけてしまうことすらある」

731 :名無しのやる夫だお:2010/07/05(月) 23:45:03 ID:uln1KIMk
ハァハァできるレベルまで行かなきゃならんのかwww

732 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:45:31 ID:cc2..Tzs


┌───────────────────────────────┐
│                                            ....│
│~ 例 ~                                       ...│
│                                            ....│
│                                            ....│
│となりの椅子に座ろうとした友人に                       .....│
│「そこ、(汚れがついてるから)座っちゃ駄目」                  .│
│と省略して言ったところ、嫌われたものと誤解されてひと悶着が起こる   .│
│                                            ....│
└───────────────────────────────┘


          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「『相手ならわかってくれるだろう』と丸投げするのはNGです。

面倒でもちゃんとわかるように言うべきですね」

733 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:45:52 ID:cc2..Tzs



5.9 一番効果的なのは相手への好意と信用



           , " ̄ ̄ 丶、
          /        \
        ノ゙!  / , { / { / } ヽヽハ/^ーァ
    r='  \j |イ/⌒Vヽハ⌒lヽ} j} /´
      ̄\ イ j :|fト  fハ/ノリ/
         7レヘ { ゞ''  _ `‐' {/ベ
       く/ /V>  __  イ∧ヽ/
         \{ { l::lVミVl::l / ∨
           Y\ヾ ∀ シ/ r'´
              |   ≧f}≦  |

長門有希
「以上、色々述べたが、やはり一番効果的なのは相手への好意と信用。

相手にもそれが伝わっていることが条件だが、
多少のヘマも寛容に受け取ってもらえるもの」
~~~~~~
(*もちろん程度問題です)




    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「それに、好意と信用を持つことが、結局は相手に好かれる
話しかたにもつながります。

言葉の端々に自分が内心で考えていることが出るものですからね。

それは『自分は相手のことが好きだから何を言っても平気』
と言う意味ではないので、よく考えながら話さないといけないのは
もちろんですが」

734 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:47:50 ID:cc2..Tzs




◆◇◆◇◆◇ 6.説得 ◇◆◇◆◇◆



.

735 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:49:36 ID:cc2..Tzs

           ,.. --- ..
       ,..-.:. ̄.:..:..:.. : : : : `丶、
      /:..:..:. ..: : : : : : : : : : : : :\
    /:ヘ=、、:._: : : : __:ヽ:_: -^,.ト、
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´

長門有希
「ではさらに突っ込んで、今度は説得する術を考えよう。

ここでは主に商談のような真剣勝負を想定するため、
さらに細かいテクニックについて突っ込んで考えてゆく」




      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒::::\
 |        ̄      |
 \               /

美筆やる夫
「テクニック?

なんだか今までと毛色が違いますお」




          ,.-''"´ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
        / ,.ィ _,..r---r-、   \
      ./ /.イ´ | |  | .| `lヽ、 .ヘ
     lヽv ,.イ ⊥_  | |   | .| ,.斗、 ヽ ゙l,),.‐;
     ヤノv' | .j,..≧トッ  ,.ィ''ァ'、  | .〉l /
    |  ∨ 〉イrl゚ハ::l   l乍リバl,// ゙'.}
    ヘ  ヘィ'弋乞:ソ   弋_チ:ノ '.ハ  .∧
      〉  / l "´ _,....--、 `゙  l .ヘ l ヘ
     ∧/  |  ./     ヘ  |l  .Y ', ヘ
     / /  .人  |      | ノ |  ヘ ', ヘ
   / /    / ゝ.ゝ、.______,...イ<´ .|   ヘ ', ヘ
  / /l   /   / '----'-' ヘ  〉   ハ ', ヘ
 / /.〈   ∧  /  γ⌒ヽ  ', ∧   ノ ', ヘ
./ /  \ /  ∨    ゝ-‐'   ∨ l__,.イ   ', ヘ

朝倉涼子
「ええ、テクニックです。

実際問題、お金が絡むようなシビアな話で
人を説得するためには、テクニックも必要となります。

誠心誠意やるべきなのは当然ですが、おそらくいるライバルもまたそうである以上、
それだけで勝てると思うのは早計です。
小手先の技でもなんでも使って、鼻先だけでも先んじるべきです」

736 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:49:58 ID:cc2..Tzs



          ,, r一-- 、 ,,
        /´         ``ヽ、
      /'               \
     ,;'                  ヽ
.    ノ ,  i      /    ,,   / |ヽ ゙ヽ
    イ i  |   i ,'`メ //  /i  .ト ヽ ヽ
    レ| {   i   |//'´ `メ / / /|  } ト 1
     ',イ   i   r+テ=ミメイ   //'"|´/ / ハ|
      `、ヽ r'メ,  {。;;;;'ソ `   ' ,rz;,y'ノi〃イ .'
       `ハヾ ヘ   i'ー''-    /。シ゚ク /'"
         レ',`'';  i     , `'' / /
          ' i∧ト i,   -   ,イ{ ./
.          ,y}`ヽ |ゝ, _, r '´ リ |/
         ,ノ.:.:.ヽ `', {;;ヽ、.   |i
       ,;<、.:.:.:.:.:.:.`v'" ^,ヽミ、,
.      /,ニヾ`ヽ.:.:.:.:.:.`彡=ヾ}:||i、
..     //  ` `\\.:.:.:.ヘ  i|:||i丶
     ,' f     ヽ \\:.:.:i  i|.||i ',

長門有希
「使い方次第では詐術の類となるものも紹介する。

が、『相手を騙し討ちにすれば、関係悪化というツケが回ってくる』
ことは忘れないでほしい。

この項目を人間関係構築の項の後に回したのも、
『相手を詐術にひっかけて良いように操るのが会話術』などと
とんでもない誤解をされるのを防ぐため」



【研究室のモニタ】
┌───────────────────────────────┐
│                                            ....│
│            ヽ、__         ,、                     ...│
│             \: : :: ̄;:`ニ==:‐:-/: :`ー-::─::‐-.、_             ....│
│               >'´.: : : : : : : : : ::|: : : : : : : : : : : : :.`ヽ、          ....│
│             /... . . .: : : : :/: : ::/'|: : : : : : : . .....\: : : : :Yユ、___     ..│
│           /.... . . . . . . . :/: : :/| |: ::|、: . . . . . . . ..\:=‐::/ \   |      .│
│         /: : ::;' : : :/: : :;/: : ::/ l  |: :| ∨: : : : : : : : :∧:::∧   \.|      .│
│.         /: : : ::/: : ::/: : :/ |: : :/ |  |: :| ∨: : : : : :: : : :∧|     \    .│
│       /: : :l:.:/: : ::/: : :/ |: ::/  |  |: :|  ∨: : : :|::: : : :.∧     /   ......│
│.      /: :/|/: : ::/: : :/\.|::/  | |: :|    ∨ : ::|::: : : : :.∧    /:|     .│
│     |:.:/  l': : :::l: : :/ __|/、,,  |  |: :|    ∨: ::|:::.:. : : : : :|ヘ.__ノ:: :|   ......│
│      |:/   |: : : ::|:.:∧マ弐ォ、   ヽ.|:/_,.-‐'´∨::|∨: : :|::.: :|:;/:|:::::i: |   ......│
│     ´   |: :/|:::|/:::ハ`Vィ::i|`    ´ ,ォチ弐ニアヽ:|::∨: ::|\:|': ::|:::::|: |   ......│
│.          |:/ |: : :::::;ハ、V:;リ,      ´|_ノ::ハ /  j;/∨::|:;/:::.:.: l|:::::|: |    ..│
│           ´  |: : :::;'::::l ゛ ̄       |::ィ::ソ ,'   , τ,∨::::.: : :/:i:::::l:.:|    ..│
│            |: :::/::::::ヽ、   '      ̄ "   /`ーr':i::::: : : :/:::|::::::|::|     │
│             |: :::l::::::::i::/ヽ、   .-‐'ヽ    /   |:::|::::.: : /|::::|:::::::l::|   .....│
│              |: :::|: :::::|::|  ,,>‐r:; -r‐‐<´    /:/:: : :/ |:::|::::::::| |    .│
│.            |: :::|: :::::|/´ ̄´{:: :|'"   `|:: ,':  ̄ ̄/:/:: : :/   |::|:::::::::|:.|   ....│
│          |: :::|: ::::/、     ゛ :|    |:    /:/::: : :∧   |:|::::::::::l: |     │
│          |.: ::|: :/\\     |,-─-:|   .,/:/::: : :/ ハ  |:l:::::::::::|:.|   ...│
│          |: : |::/  :\\.  |    /  //:'´:: : :/   |  |j:::::::::.:|:.|   ...│
└───────────────────────────────┘

柊かがみ
「簡単な因果関係よ。騙したら憎まれる。裏切れば恨まれる。

その場は良くても後でツケが回りやすいわ」

737 :名無しのやる夫だお:2010/07/05(月) 23:50:09 ID:zWUoz6o.
追いついたー

明日インターンの選考に行く俺にとってはかなりいいタイミング




必要資料作ってないからスレ見終わったら徹夜になりそうだけどな

738 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:50:23 ID:cc2..Tzs


┌─────────────────────────────────────────────┐
│                                                                  │
│~裏切ったツケが回った例 ~                                              ....│
│                                                                  │
│                                                                  │
│・クリミア戦争におけるオーストリア                                           ......│
│                                                                  │
│ クリミア戦争の際、オーストリアはロシアの敗勢が明らかになってきたことを受け、               ..│
│ 友好的中立を破棄してロシアの敵に回った。                                     ..│
│ これによりオーストリアとロシアとの関係は急激に悪化。それまでのような協力関係はとれなくなった。    .│
│ これは第一次世界大戦の勃発と、その後のオーストリアの没落の一因になったと言われる。        ....│
│                                                                  │
└─────────────────────────────────────────────┘


./ |   |. |    ヤ.|     |/   |   |
|  .| .ヽ. | |    Ⅵ   / |    .|   |
|  |  ヽl |     ヘ,イ、ー.、-、 _  .|l  ./
|  .|,..../ ハト   "/|,_ノ_::::ハ ヾ゙T l、/ ヽ
`'7 ̄ヘ{ |"r、ハ     .|:::f. .ハ:::::l リ.|
./   ベ ヤl:ハ:l    ヤ弋_ノ o:l  |
|    |ヘ. マz'リ     ゝ=ニ::::ソ   ∨
|    ヘ l `´  ,..-‐-、      ∨
\   ヘl.   l´     ヽ     ,ィ゙ヽ
  \  、-ゝ、.__ \     ),、--'"-、| \
   <´ ̄   | ̄|、 ̄ ̄´ノ >  .ヽ  \
   `l >-、  .|  |   ̄ <´      ヘ
    ∨ > |   ̄ 。 ̄  >     ヘ
     <   |   ゚γ'ヽ゚ ,>'"    ヘ

朝倉涼子
「ただし、詐術の類も、使う使わないは別として、知っておくべきです。
知っていれば相手が使ってきたときに対処しやすいですからね。

『いかなる手段を使ってでも自分だけは勝つ!』
という気迫で来ている相手は、謀略も詐術も当然に使ってきます。

それを防ぐのは、好意と信頼ではなく警戒と知恵です」

739 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:50:59 ID:cc2..Tzs



6.1 ポイントは繰り返し伝える



              __
        /´ ̄    ̄`丶、
       /           \
.      / /            ` 、
     /  l           ヽ   i
.    //l l    ィイ/ヽ  ∧   l   l
    {イ l l  //‐- }/ ‐ヘ l l lノ
    {小イ   l/T弐ト   r=ヌⅥ lノ
     }从  l| ヒ::リ   ヒ::リ川V
        V l|ヽ、  , 、  イル刈
       ∧j\`¬ニT´ }`ヽ、
       {   \ ∨ /   }

長門有希
「必ず相手に抑えてほしいポイントは、繰り返し伝えるのが重要。

回数は最低3回。4回でも5回でも良いが、2回以下は駄目。

それでは印象が弱い。

後で読み返せる文書と違い、会話では重要ポイントが聞き流されてしまいやすい。

人間は、事実そのものではなくて、事実から受けた印象を認識していることに注意すべき」




      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'
        ',゙T'''''''T'7´

朝倉涼子
「『この前言ったじゃん』みたいなことが日常でもないでしょうか? 

はじめて聞く話の重要な点は、自分ではわかっていても、相手はわかっていません。

ある程度強調しないとどれが重要かわからないんですね」

740 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:51:18 ID:cc2..Tzs

                      ____ _
                       , . : :´: : : : :.: : : : : : : `<
                   ,. :': : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : :`ヽ
                  /: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : ` 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : : : : : \
.               /    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `
            ,': : . .   . . : : l :./: ´: : :/ : :! : :! : : : : .: .  ヽ
              i : :: : : : : : : : : ::.! / : :  ::,イ: : : ∧: :i:.! : ::l: : : : : : `、
.            ノ: : :: :.:.::::|: : : : : :.|/: :  :.//: :/ リ :l:.:.ノl.: : ,: :∧l
           ̄!: |: .:.:.:! :j: : : : : :.|: : :/―//   .ナ j: ノ:l.:.:.:.i: : l ll
           /l .:.: _l::::|: : .:: : :.|/ ,ィ=ミ    . .ィチ}:/.:.:|、:.:.:lゝl ノ
              Vl::::{ .  |:.:.: :: : :| / ,イノ:!      ハ7.:.:..:.|ヽ:.l .l'
               ノ:ヽ  |: :.:. : :.l〈 トz';7      {ソi.:.:.:.:! ...リ
               |/`-i ::. : :.|   ゝ‐'     ,   ,!.:.::,'
                ´  ヽ:;;. :::.!、      _ , . イ:.:.::/ 
                     ノ : ヽ:.:.! `' ーr-.::<_.:.:.:.!:./
               ,.へ`ヽ::::\!'r―-ヘ:::::::/>              /`ヽ:::\\:::::::':,   l:::://:::/ヽ
                 //: : : ` 、::\\::::',   !://:::/: : : \
            /: : : : : : : : :\::\\', ;〃/: : : : :: ::ヽ

長門有希
「ただし『同じことを二度言ってはならない』と信じている人もいる。

そう言う人に二度以上全く同じセリフを繰り返すと不機嫌になってしまう。

そのため、言い方をすこし変えるなどの工夫をしたほうがいいだろう」


┌───────────────────────┐
│                                  │
│主旨:このチョココロネは人気ですよ          ......│
│                                  │
│・このチョココロネは人気ですよ              ..│
│・このチョココロネは雑誌でも取り上げられました     .│
│・このチョココロネは近所でも評判です           │
│・私の友人も大喜びでした                  .│
│                                  │
└───────────────────────┘

741 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:51:36 ID:cc2..Tzs



6.2 反対意見を述べるときはそれとなく



                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}
      ヽ.:.:.{_,,/´~}~〉 ̄~´::::::i:::::::V | ,/ /:::::::i::::::::|
        ~~`ー`VV:::::::::::::::::::|:::::::|ヽ|,//|:::::::::::}::::::::|

長門有希
「反対意見を述べる場合は、なるべくそれとない言い方をするのが望ましい。

反対は相手の面子を潰すことに繋がりやすいので特に気を配るべき」




    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「たとえば質問の形を使って反対する方法があります」


┌─────────────────────────┐
│                                   .....│
│~ 例 ~                              ....│
│                                   .....│
│                                   .....│
│値段が高いぞ、と言いたい場合でも……             │
│                                   .....│
│○ 「相場より少々高いのではありませんか?」       ...│
│                                   .....│
│× 「値段が高すぎるぞ! ボッタクリだ、ボッタクリ!」    │
│                                   .....│
└─────────────────────────┘

742 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:52:03 ID:cc2..Tzs



       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

美筆やる夫
「あー、前者なら受け入れやすいですお。

でも後者だとカチンと来ますお。協力しようという気を失くしますお」



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「そういうこと。これが言い方と態度の差」

743 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:52:31 ID:cc2..Tzs


      |  / 、.| l  |      .|.|
        |  |  γ| |  .|   ,   |.| ̄ ̄`
.      l  l|  .| l_ .|   |   |  /.|___
      ゙ヽ'l、_ .|ソ≧==---''―' .L
         `|´    |     |.ハ┬─
            | === .|     l ノ.|
  r'''ヽ., __   /  xxx |      lr" |
γ´   ." __l  !、   u |     ハ   |
ゝ,    ミ´    ゙ `‐- |     ハ  .|
 ゝ=、__,.ノ        |     ./´.ヘ   |
.             |    ./  l \
             |    /   |  \

朝倉涼子
「というか後者は極端ですけどね。対応としては下の下です。

おそらく相手を怒らせて人間関係が悪化する上に、
粗野と見なされて評価も落ちるでしょう。

しかも反対する内容が勘違いだった場合には、
無能のレッテル貼りというおまけまで付いてしまいます」



           |   |  |   |_,,.-‐───--..、j  | |.  |
         |   |,ィ|   |  _,,.-‐=====‐-`ヘ、|  |
            |  |::.:;|   |/:: ,: : : : : : : : : : : : : : :`:┴-、
           |  |:/ |  .|:: :.:/: : : ;: : : : : :|:: : : : : : :ヘ ̄`
         j:| .|j |  |: :;/: : : ::|:: : : : : :|: : : : : 、:. :ヘ
         |::| |ー:|  |::i:j: : :i: ::|:: : : : : :|ヘ: : : : :|: : :ハ
        ,ノ: :| .|__,j /::|:|:-‐-:/|: : : ::;i:-j‐-:: : : :|:: : : |
       '´"γ´ `Y::. ::|{::/_|:/_ |: : :/ j:/__ ∨: : :|: : : |
         {┃┃ |:: .:|マ弐〒 j;/ オ弐テ ハ: :/:.: : :j
         { x   |:: :|、ト'ィ:;jl      ト'ィ:;j,' ハ:/:.:/ヘ/
           `ーr::-':: .:| `ー"      `ー" {::: .:/ー'´
           V\:: :|           ,.ィ::;|:/
              ヽ:|>ーァ‐-^-‐τ::/j;/´
              /‐-、`\,ィ ̄`}  ヘ、
              /⌒ヽ、\ \ニニj  /::}
              {:::::::::::::\\ ヽ,/ /:::.|

長門有希
「だが感情的になっているとこの手の暴言を吐きやすい。注意すべき。

ドカンと行く前に、集中して心随観を短い時間だけ行ったり、
ラベリングをしたりして、落ち着くのは良い方法」

744 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:52:52 ID:cc2..Tzs



6.3 話すときは体を前に傾ける



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「相手と話すときは体をやや前に傾けるのがよい。

積極性を示せる。

体が後ろに反りかえってしまうのはNG」



       ,..-、_‐',..-、 ̄_.._゙'¬-.、
     /  ,  ´  `´  ヽ-‐-.、`ヽ、
   / / /  / ∧ ,ィヘ       \ ヽ
  /  / /  /l /‐ヾ--| l   l    ヘ
.  |  l  |  ハ |    | |    |    | ',
  | l |  | ,.斗ヒ'|  ヽL_l.   |   l |
  | ハ |  | ,ィくヾ,    ''_,.≧‐.|   イリ`ヽ
  `' ゙-,ヽ_|〈イ::l ゙    '_ノハヽl'‐-、/レ'ミ
    |.  l マリ     l::{゚ハ::l ,〉    |_,
    l  l `´ 、   .込イソ |     |  |
    | .ヽ、   __  `´  |    |  .|
    〉  レ゙、-.、.'、_,)___,..、イ    |  .|
   / |  |  ヽ、 `´  ノ ハ| l   ||  l
   /  |  |   ヘ`゙'ー'" , |l|   | | |
.  / //〉、.|   ヽ   /  ハ  _lノ | |

柊かがみ
「『警戒してます』『貴方怖いです』と伝えてるも同然ですからね。

そのため、椅子にふんぞり返ったりするのもNGです。誤解を招きます。

前傾姿勢のときの感覚を、予め練習のときに掴んでおくといいでしょう」

745 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:53:15 ID:cc2..Tzs



6.4 相手の顔を見て話す



                   _ .. _
              ,...‐.:' .´. ,::':´.:::::``:丶、.
            /:::::::.....:::. .:::::::::::.::`:ヽ、::`ヽ、
              /:.:::::: : : : .:::: : :..:::.:.::::::::::.:::::ヽ::::::ヽ
            〃:/: : : : : ::::: : : ::::::::::::ヽ::::::::::::ヾ、:::ヽ
          /: :/: : : : :.: : :::::: ::..:::..:::::::::::::ヽ::::::、::::::::::::ヽ
.         / ../: : : : ::i:.:;:.:.::::::::::::.:::i:::::::、:::::ヽ:::::l::::::::::::::ヽ
       / . :l: : l..i: :.ハ :l .:.:ト::::、.:::::lヽ:::ヽ::::::';::::l::::::::::::::::ヽ
        / .: :.l::::::l:ヘ:::l ';l\l \、、:::l ヾヽヽ::';::l:::::::l:::::::ヽヽ
        // l.:.:l:.:.:.:゙|-゙+- ゙.._ ヽ  ヽヾ、 _.ゝ斗V":::::::l:::::::::::トミz、
.      // .,l:.:.l:.:.:.:.:l _...._ 、`     ´' __....._l:::::::::::l、:::::::/l  `
     /'l∧:;イf^!::: .:〈fr,::::::`r     ィf_,:::::::::トァ:::::f }:;、:/
      ' /^ l:ヽヘ:::::::l っ'.:.:.:l         っ':.:.:jj::::::::/.':/ ′
        ヾ、マ、::::::', ー一′      ー‐/'::::::/ヘ/
           `゙、:::::', _,..     '       /':::::/゙′
           _ ィゝ‐"_,ィ'′  ‐=‐   _ イ':::/\
       _   _ '"´ー.<ヾミ`Tハ 、_ , ‐7 V/l   ` 、
      ∧>'´    _` / `ヘミl、_      // ′     /:ゝ
   /:.::ヽ、    _,、`〈    `ト 、_   _´,ィ        /://\
   /.:.:..:::::::`‐ェ.'´',ヽ-ヘ    l- 、_ ̄_ -l       /:// /l
  /.:.:.:.::::::::::::::::f´::ヽヽ:ヽ    l`ヽ、_ -‐7     /:///::.:.: l
  /:、.:.:.::::::::::::/::l、::l:::ヽヽ::ヽ  l     l    /; '//:::::::.:.:.:.l

長門有希
「話すときは相手の顔を見て話すべき。

これは相手の表情を観察する意味でも、
相手への好意を示す意味でも重要。

ちゃんと顔を見て話してくれる相手は安心して話せるもの」




       _,.-‐' ´___ ̄ ̄ `゙ ''‐-、
    ,.‐-, '´ `ヽ/  `ヽ'`'ヽ、__  \
  /       ,、   `  ´ ヘ   ヽ
  /  /  / /` '-|  l  l     ',  .ハ
 /  l  l  l   |l  |  |  l    l   l
 |  |  | |   |l  | __ l  l   |_, -彡
 |  l  `l'‐ト、  ,リィヒT´_|   l   |_,/ }
 `‐r-゙-r-ィヾ、    ィヽハヽL_l__|   |  ,.<|
   | |   '{うハl     ら'::ハ' |  'Tヽ´/ .l|
   | ,|  | マ:リ    辷'ソ |   | l  l   l|
   | |.  l   '      u|   l イ   l   l|
   | |   ヽ、  -    __,l   | .|   l   |
   |  |   | `゙フ、'''"´  ,'   l、|   l  |
   |  |   l / , リ __,. -イ   ,' ヘ    l  |

朝倉涼子
「この点、まったく顔を見ようとしなかったり、
体の向きをずっと外側にそらし続けたりするのはNGです。

何事かと思います。

>>1は以前、両方揃った相手と食事をしたことがあるのですが、
会話がまったく楽しくありませんでした。

もちろんその相手を食事に誘うことは二度とありませんでした」

746 :名無しのやる夫だお:2010/07/05(月) 23:53:16 ID:zWUoz6o.
外見に関してのインプレッションは完全無視だなー。
めんどくせえ知ったことか以下略で。
ああめんどくせえ。

747 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:53:35 ID:cc2..Tzs

.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |
     ', ! !     l  l^¨¨´  / |   /   ノ
.    ヽ| |     ヽ..ノ‐ォ┬一'  |  /   ,フ
      ーー ´,r'⌒', く.|_j      l/    ∠

長門有希
「ちなみに顔のどの部分を見るべきかだが、
目はときどき見る程度にして、
普段は鼻のあたりを見て話すとよいだろう。

ただしガン見しているとそれはそれで何事かと思われるので、
ときどき書類に目を落とすなどして視線を外すのもよい工夫」

748 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:53:57 ID:cc2..Tzs



6.5 自分の話を上手く使う



         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′
         /;;;;ゝ;;;;∨;;;;;;;入

長門有希
「本題の説得の前に、雰囲気作りと、自己紹介やPRを兼ねて、
軽く自分の話をするのは良い手段。

真剣勝負は誰でも緊張するもの。

ウォーミングアップはあるべき」




    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「慣れない人との話し合いで緊張するのは
相手も同じなので、相手にリラックスしてもらう、という意味もあります。

あ、だからと言って、それに終始して
いつまでも本題に入らないのはNGですよー」

749 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:54:19 ID:cc2..Tzs



6.6 相手の返答を少しは待つ



                 __      __
             ,  ´     `  ´   `'' 、
           /    /  /    ヽ 、 ヽ\ ヽ: 、
.          ,.:'/   / / /  / /! /  l ハ!  lヽ`ヽ
        .//f,'i  / /  /l / l  ハ / / /  |ヽ ゙ヽ',ト、
.      _∠‐ 7 /ヽ/ /‐/- .l / l / l  / /|i.トヽヽl./', l l `i、
         /;ィl;{ '/l/ l/  l/  l /   ! /  |."|//ハ   l | l、 `l__
         ////!,r  ̄`ヽ     ァ^¬ヘ.ヽ| | /|∧j!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、
.         /,' ,i i| l     l   l′    l. V::ヘ./ !、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イrl/ヽヘ',/ ヽ、  ノ     、    ノ /ノiイ.'/l::l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:_ ヘ ' '   ̄      ` ー ´ ////::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘN` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィリ/ツ、::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´     `ヽ、:ト、|

長門有希
「頭の回転のいい人に多いのだが、相手の反応が少しでも遅いと、
返事はないものと見なして次の話に移りがち。

しかしこれは相手から考えて話す余地を奪うもので、
『話そうとしていたのに!』と不満を持たれるおそれがある。

せめて2、3拍くらいは待つ余裕が欲しい」




          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「ただし、困っているようなら助け船を出すのもいいです」

750 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:54:42 ID:cc2..Tzs



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「物の価値は対価の高さによって判定される面がある。

そのため、対価の高さを演出するべき。

実際はどうであろうと」




    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「例えば、みすぼらしい陶器も、

『これは100万円の茶器ですよ』

と言われれば、とたんにワビサビを感じ始めたりしますよね」

751 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:55:11 ID:cc2..Tzs



6.7 対価の高さを演出する



        |  |  | __⊥-‐" ̄: : : : : : : : ̄`ヽ|   |.、|.  |
       ┼=ニ二´;: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |   |: :|  |
        |,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|   |`|  |、
       /: : : : ::/: : : : : : |: : : : : : : ::|: : : : : : ;|.  |. |  |:ヘ、
     /:.::/: : : :/ : : : : : : :|: : : : : : : : |: : :: |: ::|:|  | |  |: :トゝ
     |::/|: : : :/: : : : i: : :/|: : : : : :λ::|: : : :|: :|::|  |.|  |:: :|
      |/ l: : : :|: : : : ::|: :/ |: :i:: : : :| |::jヽ、:::|_:|:::|  ト、 .|: : :|
        |: : :.:|: : : : ::|:/‐-、|:/|: : : :j_j;/-‐∨、|:::j`    ヽ::.:|
       |: : :.:|: : : : ::/〒云オ ∨::/〒云弐ア|: :|   ┃┃l、:|
      ヽ:i:.:ヽ、: : :ハ lト::t:j:|  ∨ |ト::t::j:;j,'|: ::|     x | `
      __人__:::ヽ、:|::} `ー‐'  ,    `ー‐'" |: :::{____,,ノ
       `Y´ヽ::|::|::::j xxx       xxx |: : :/:.: :/j/
        !  `ト:|:::ヽ、 _____rっ__,,.ィ|:: :/ヽ;/
           ヽ|:::::::::/リ |:::,、:;ィヽ  `ア`|:;/ヽ、
               ∨::/  V / {____/  '"_   \
             ∨   / ,{ |ニニ/ ,イ´二二ヽ〉
                 {:| | | ///_,r-─-.、j
                  |::ヽ.゛|/´/,イ´::::::::::::::::::}

長門有希
「もったいぶるのもこれの一種。

たとえば、予定を聞かれた場合も
『スケジュールを調整できるか確認して、後ほどご連絡致します』
と返答をあえて保留するのは良い手。

この点、『あ、自分いつでもヒマなんでオッケーですよ』
などと答えるのはNG。

軽く見られる」




/    l   l     | |
|  / .γL_  |     .|├──
|  |  l .「Tド、,|    l / L__
∨ | .| ,リ、ノ/   /_/ .|
 ゙ー'ゝ| ´ |ヾ T´ ̄   「ヽ┬─
.    l. .l゚l リ.|       l .l  |
     l  リ  |      .|ノ   |
   〈    |     |    |
    ヽ、ィ.__|     ハ    |
        |     l-‐∨  |
         |    /   ヽ   |
朝倉涼子
「やり過ぎると『まーたもったいぶりやがって』と思われちゃいますから、
ほどほどにすべきですけどね」

752 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:56:09 ID:cc2..Tzs



6.8 一貫性の法則



                 _,..-‐::─:.─::─-:.、_
               ,.イ´: : : : : : : : : : : : : : : : `:ー-.、__
               /: : : ;: : : : : ; : : : : : : i:. : : : : : : : : :`ヽ、
              /: : : : :/: : : : :/: : : : : : : |: : : :.、: : : : ::ヘ ̄`
           /: : : : : j: : : : :/: : : : : : : : |、: : : :i: : :.、:: :∧
           j: : : : : : |: : :-‐|‐-::/:i : : : :|-‐‐-:l: : : :l: : : :ハ
            |: : : : : : l:: : : :/|:: :/|::|: : : :/ ∨:.:/: : : :j:: : : : :|
              |: :; : : : : :V: :/__|::/ j;ノ: : :/ ___j::/∨:: :/:.: : : : :|
          j;/|: : : ::|:: :∨テ弐オ´j:.;/ 〒弐テj:/::.: :/\::|
            |: ::("|: : :| {:k:ィ:;j ´     |:kィ:;j,'ハ::: : :/   `
               |: : ::`|: : :| `ー-"     、 `ー'" {:::|:;/  j^l
              ∨: :.:∨ :|              j:::l"  r' _ヘ、
             ヽ、::::∧:|ヽ、 ___/⌒)___,.ィ::::/   {__ヽ_,,〉
              ∨ ヽ::_,::-‐'´{' ̄ヽ〉ー-V∨   /::: ̄::}
                 r'ヽ、   |'ニニ}  / /::ヽ、,,ノ:::::::::::/
                  /:::\\   |゛ ̄| / /:::::::::::::::::::::::;/
                   {:::::::::::\\ |   | / /:::::/:::::::::::::/

長門有希
「人間は、一度決定したことに固執する傾向がある。

この傾向を利用し、最初に決定しやすい事項を持ってきて、
そのあとでおまけや本命を追加で決定させる手がある」




【研究室のモニタ】
┌───────────────────────────┐
│                                       .│
│                          __        ___,    ....│
│                __,.:-‐:─:‐:‐/:.:|:-:‐:‐==ニ:´:: : ::/    ....│
│            /´: : : : : : : : : : :;: :|:: :、: : : : : : : :`<_      │
│               /. . .../.. . . .,'. . . /l: :|\::ヽ、. . . . ..:、:_:_:\     .│
│            ,r‐'-、:::/': : : : ::/:: : :/ |: :|  |\::、::: : : : :.\ ̄`     │
│        / ̄∨   |:/: : : : : ::l:: :、/  |: |  |  |;:|、::: : : :.、: :\     │
│       \ ;|   ,/::;': : : : :/|: :/\ |::|  |/|::|∨::: : :.∧ ̄`     │
│          j/:}-‐ /::/: : : : :/_j:;/_.、 ` |::|  |,.__j/__∨::: : : ハ      .│
│       / :|  /'7: : : : :/'マテ弐ォ、 j/  ,ィ弐マア,∧:::. : : :|    .....│
│       \_j__|:|: : : ::/::| l |:::Ч     |:::Ч !ハ::i:\:: : :|      .│
│        |::::|: :::∨: ::|ヘ:| ゛、Vzリ       Vzリ,''ハ:::|:i:: :\:|      .│
│        |: ::|: : :::\:|、_`   ̄        ̄ lノ:::|:|:: : :i:|      │
│        |: :::ゝ、: : : : :::lヽ、""  、__、__,  ",.ィ'::::;ノl:|:: : :|:|      │
│        |: : :|:| \: : ::∧__,>‐;r -r::‐ュ<ノ:::/ |:|:: : :|:|      │
│        |: : :|:|  ∨: ::∧ \'´   ` |   `ヽ、 ||:: : :|:|    ......│
│        |: : ::||   /∨: ::∧  \─‐‐|    //\|!:: : :|:|    ......│
└───────────────────────────┘

柊かがみ
「フット・イン・ザ・ドア話法がこれの具体的な手段よね。

YES誘導話法も近いかしら」

753 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:56:33 ID:cc2..Tzs



6.9 相手の興味を引く&物事は見方次第



  /: : : : : : |: : : : : : : :/: :l: : : | |ヽ: : : : : : : : : : : |ヽ: : : : |: : : : : : : : : : : |: :|
  /: :/|: : : : :|: : : : : : /\: :l: : | | ヽ: : : : : : : :|: : l ヽ: :/|ヽ : : : : : : : : : |/
 /: :/ | : : : : l: : : : : :|  \l: :| |   ヽ: : : : : : |ヽ | /: : | ヽ: : : : : : : : : |
 | /  |: : : : : |: : : : : :|    \: :|  ヽ: : : : : :|  /  ヽ |  ヽ: : : : : : : |
    |: : : : : :l: : : : : l━━━━━  \: : : : |━━━━━━ヽ: : : : : |
    |: : : : : : ヽ: : : l | |二つ;:;:;:;:;:|   \  | | |二つ;:;:;:;:;:;:;:| ヽ: : : |
     l: : : : : : : ヽ: :| | |:.:.:P;:;:;:;l.:.:|      \| | |:.:.:.P;:;:;:;;l:.:.:| .l: :ヽ |
     l: : : : : : : : :ヽ| | |:.:.:l;:;:;:;:;|.:.:l         | |:.:.:.l;:;:;:;:;;|:.:.:! l: : : l
     ヽ:|ヽ : :l: : : :'. '.'. :.:ヽ;:;:ノo.:|        '.' :.:.ヽ;:;:ノo:.:,' l: : : l
      リ \|: : : : l.  ヾ、   ノ        ヾ、    ,ノ .l: : : :l
       l   l: : : : l ///` ¨´               ` /// l: : : :l
         乂  ヽ: : {                          l: : : :l
          ̄ ヽ: ヽ                         l: : : : 乂
            ヽ: :`:::.....___   ,-‐    _.......:::,'l: : : : :/  ̄ ̄
             ヽ: : : : | ヽl イ ̄ ̄ア ̄ ̄ ̄/   \,': : : :./
              ヽ: : | ,イ;:;:|  ├-、   /      ,': : :./
               ヽ |/ |;:;:;:|   l:.:.:.:ヽ /.   /,': :/,r\

長門有希
「人間、とにかく自分の興味のないことは、どれだけ説明を受けても馬耳東風。

そのため、話の内容は相手の興味をうまく引けるよう、相手に繋げるべき」



                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}
      ヽ.:.:.{_,,/´~}~〉 ̄~´::::::i:::::::V | ,/ /:::::::i::::::::|
        ~~`ー`VV:::::::::::::::::::|:::::::|ヽ|,//|:::::::::::}::::::::|
              ̄ ̄ ̄゛|:::::::|/∧ヽ. |::::::::::|::::::::|

長門有希
「たとえば同じように車を売る場合でも、
彼女が欲しいと思っている人と、
買い物に使いたい人に売るのでは、
同じ車でも内容が変わって当然。

前者なら女性受けがいい車として紹介すべきであるし、
後者ならたくさん積めて取り回しが効く車として紹介すべき」

754 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:56:59 ID:cc2..Tzs


          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |

朝倉涼子
「主観的世界においては、
『物事は見方次第で変わる』
ものです。

同じ物事でも紹介の仕方が多々あっていいわけですね」



      / /   /   /  / /  /!   /  l   !  l  、 丶    丶 ヽ
   _∠‐ 7  /   /  / /  / l  /!  ハ  l  ハ l  l   丶ヽ\!
     /   /!   '  / /  / l / l  ハ  / /  l l、 l    〉、l ′
      /   / l    ′/ /‐‐/- .l / l /  l / /-‐-l Lヽ !   ハl
.    / _ / /l   ' /l/l /  l/  l /   ! /   |ハ Y !  | ′
   // / / !  l / リ l /___    ′   ´   __」/_ l l l  ヘ
    '   /イ  ',  l'   fr"チ卞ミヽ        ,rチ千卞>y j ! 、 _\
     // !  ハ  ヘ  l.バrj::::.::ト         lr,:::::.::j /,/  l 、\ `
_     /´ l / Y^、 ', ハ ゙ぃ_シ        ヒ_.ソ /}  lヽl\. \
        !/  ト ヘ ',  ハ        ,        /イヘ. ! `  \. ヽ
        ′ l/ヽ_ヘ. ',  ヘ               / /  ', l      \ヽ
            ' ,´ }、ヽヽ丶       rヽ      イV    ',l        ``
           l   い,、\ヽ> _       , イ、/     '!
          l  l ′\Nヽヽ`コ ー-‐ ' ´ {`>'-――‐ ¬ 丁卞ー-、
          l  j  __ヽ‐'´_rノ       Y        | | |   \
         _ _」、 ヽ´      /´  ___   |        | | |     `丶‐- 、
      ,r‐-'´`´  ;  ゙!      |  /   `‐-l         | | |    /     \
     j  、  i´    V _, -‐亠、´ / ̄`‐-|         l l l    l
     rr'   ヽ  ヽ   ´  _, イ ´ / ̄丶 」         l l l    l
    ハ  '、 ヽ、_冫  _ イ´  l_/       |         / / /      l     \

長門有希
「ただし、見方の違いは、それでも真実であるべき。
こじつけや屁理屈とはそこが違う。

白色の車を発注されておきながら黒色の車を納入し、
屁理屈をこねて言い訳するような真似をしてはいけない」

755 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:57:18 ID:cc2..Tzs



6.10 切迫感を感じさせる



   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

長門有希
「時間を区切ったり、あるいはリスクを感じさせたりして、
相手に切迫感を感じさせるのは良い手段。

慌てた人間は良く動く。それもしばしば性急に」




    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川

朝倉涼子
「面と向かっての説得とは少々違いますが、
身近なものとしてはスーパーのタイムセール、
限定販売などがよい例ですね。

今すぐ動かないと損だ! 

……と思わせられればしめたものです」

756 :名無しのやる夫だお:2010/07/05(月) 23:57:50 ID:zWUoz6o.
>>6.7
これやるなぁ。
敢えて嘘つくって選択肢がどうもなー。

757 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:57:51 ID:cc2..Tzs



6.11 負い目を背負わせる



                      _____
                __,.-‐'": ̄: : : : : : ̄:.:`:ヽ、
              ,.イ´: : : : : :; : : : : : : : : : : : : : : :\
            /: : : : : : : :/:: : : : : : : : : 、:: : : :: : : : ヘ
           /: : ::/: : : : : :|: : : : : : : : : : : |:: : :: : : : : : :ヘ
         //: : : :j: : : : :; : |: : : : : : : : : : : |:: : :|:: : : : : : :ハ
            /: : : :.:|: : :-┼;-∨: : : : :、-─-:|: : :|: : :|::. : : : :|
           j: : : : :.:{: : :;/_|/__ ∨: :::|、|_\: : :|:.: :|: : :|,:.: : : : :|
         |:.:/|: :|: ::ヽ:.:{テ弐オ \::| テ弐マV: : :|:.: :|: : : : :ト:|
        __|/__|: :|: : : :|`|f‐':i::|   ` |f‐':i::} |:ヽ:|:.: :|ヽ:: : :|`
      ,ィ´:.:.:;ィ^:^.:^::`ヽ:| V:z:;リ      Vz::;リ,' |::.: : : :j,ノ:: :;N
      {:::λ::{;;;;{^^};;j;;;;〉}  ̄  '      ̄´ j:: : : :/:.: : :/
      |ニU|::|─ ー{:.::|:.j、      __      /:: :;/:.: :/
      |:.:(|:.:|__-__,j:.::|: :|::`:ー:‐:-:ァr--┬τ7:;/7:.;/
       |:|:.::|:.:| `ー' }|:ノ|∨`´ヽ;ィ´ {-‐-.j:~`ー--、'"
        |:|.:.:.|;;;{、ヽ /,イ::|    /:∨. |  /    /:ハ
        |j:.:.::|__ヽY,ノ:i:.:| _,ノ:::::::V |  /  /::::::::::}
      ヽ.:.:.{_,,/´~}~〉 ̄~´::::::i:::::::V | ,/ /:::::::i::::::::|
        ~~`ー`VV:::::::::::::::::::|:::::::|ヽ|,//|:::::::::::}::::::::|
              ̄ ̄ ̄゛|:::::::|/∧ヽ. |::::::::::|::::::::|

長門有希
「人間、負い目を感じるのは嫌なもの。

そこであえて負い目を背負わせることで、
借りを返させる、という手がある」

758 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:58:40 ID:cc2..Tzs



【研究室のモニタ】
┌───────────────────────────┐
│                                       .│
│           、_____       _                 │
│            `ヽ、: : : : ̄:`ー:-.、/:.:\____             │
│              _>: : : : : : : : :|: :: : : : : : : :`ヽ、,r:‐-、      │
│            ,ィ´: :; ': :/: : : : : :|: :i:: : : :: : 、:: : : :\::: :l     .│
│           /: ::/:/ : : :.;'::i: : ;|:.:|::: : : :|:: : ヽ::. : : :ハ:::|     │
│         /: : ;ィ::/: : : : ::/: :|:.:/ |::|V: : : :|::: : : \::: : :}::|      │
│           /://'/: : : : : :;-i‐-:l/| |::| ∨:-‐i-:: : : :.ヘ::: :|::|    ...│
│        '"   /: : : : ::;'::::/|: ::/| |::| ∨: :|i:: : :ヘ: :∧/:i:|     .│
│              /: : : : ::/:::/__|:/_ | |::|  _ヽ::|V:::.: :ハ::: :|:.:|:|     .│
│           {: : : : ::/;::/マ弐ォ、| ヽ| ,ィ弐ア∨:: : :|ヽ:|: |::|    ..│
│          ∨: : ;〃:;ハ` V:;リ       |ィ:;リ ,' ハ:: : :|::: : :|: |   .....│
│            ヽ://'´ヽ.} ゛-‐    ,  ‐-" /ノ::\:|:::i: :|:.:|    .│
│                 ヽ、   ヽ._,ノ  ,.ィ::i::::::: : : : |:.:|: :|     .│
│                    ` ー┬-r‐ '" |:::|::::: : : : :|λ:.:|     .│
│                 ,r'ヽ ̄j  {; ̄ヽ、|::::|:::: : : : :|:| ヽ|    .│
│              ,ィ´ ̄`ヽ、\__,/ ,ノ ̄`ヽ、:: : :||      .│
│              /  ,'   `ー--‐'"´   i  }:: : :|!      .│
│              {   :i     '"      l:  ゛\:|     ......│
│              |   :|:...    ..::..     ...::|::  /、       │
│              |_::;|゛     ゛     ":lヽイ   \     │
└───────────────────────────┘

柊かがみ
「やる夫が以前こなた相手に使った試食品もその一種よね。

もっとも、こなたはあの時、
『試食品を食べたら買わなきゃ悪いかなって気になる』と予め見抜いてたけどさ」
            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

759 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:59:03 ID:cc2..Tzs



6.12 論点をずらした策略



         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー-   -- <イリ
         (ヘ:::::\i=//:::::/)
          {;;\::::::!n/:::::/;/
         ト、;;\;;ii;;/;;;/′

長門有希
「正当な論理を使ったのでは却下される結論を、
ズレた論点を用いることで誤魔化し、
受け入れさせる手もないではない。

あまりお勧めはしないが」



  ,     __  、     、
 〈 ,-‐'"´ ̄     ̄`゙ヽ、     ヽ
  Y  _,....====.、..__   バ-=r‐ 〉
  kr'T「トl、,_|  |リ_,.斗 |`,'. ',、ヾ ノ
  | | lγ''ヾ  γ''ヽ._| l  | `l' .l
  ゙Trl 弋..ノ  弋__ノ├゙、_ノニ} l
   | リ ""      ""|   リ´|ト'`ヽ
   | ゝ.、,、 --{    |   | |l   l
   |  ∧スフ¬¬'''ス,| l |l |l、__,.ノ
   | l |  `l|/´ヽ./ | | |l  |
   | |.|  '´ ,..、  l  .| リ_lイ|  |
    ̄l`゙l  ゝ'   |  '´|  l|  |

朝倉涼子
「例えばECサイトのリニューアルを顧客に迫るのに、

『知人のデザイナーたちにアンケートをとってみたら、
デザインに古さを感じるという回答が4割以上になりました。
そろそろリニューアルすべきではないでしょうか』

とやるような感じですね。

ECサイトに必要なのは利益であって、デザイナー受けではないのですから、
これは前提そのものがおかしいです。

本来なら、利益に繋がると主張するための前提を持ってくるのが筋です」

760 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/05(月) 23:59:24 ID:cc2..Tzs


【研究室のモニタ】
┌─────────────────────────┐
│                                   .....│
│                   _,                  .│
│          ノi __,.:-:‐::‐/::|:‐::‐:─-:.、___        .....│
│         (_,,ノ:´: : : : : : : :.:|::: : : : : : :、:.: :<`ヽ       │
│      r.:‐::-ィ'´: :,': : : : : : :i .: :|:::. : :、::: : : :.、:.: :`ヽ、       .│
│      V:::/::::|: :/:. : : ;: : :/|: : :||ヽ、:: :i::、::: : :\::、:: :\、   ....│
│      ∨::::::|:/:,': ::_/__;/ |: : :l'|  |;__|_::ヘ:::. : : :ヘ: ̄::トゝ   ...│
│      /:::::::;/:;/:: :/|:.:/` |: ::リ | '´|:: :l、:: ハ:::: : : :ハ::;/     ..│
│      /::::∠;ィ': : :/_j;/__、.j: ;/ !,__j::;/_ヽ::.:|::: : :i:: :|'      .│
│       ̄|: ::.:|:.: :;イマ弐オ、ノ'´  'チ弐マ7ハ:::|::.: : ト、:|     .....│
│       |: :.:|: :;ハ 、Vィ::;j      トィ:;リ,.'ハ::∨:::.: :l `       │
│       |:i:::|:/ゝ_、" ̄     、   ̄"' {ノ:i:∨::|;リ       ....│
│        |::| :::|: :::::{ヘ、"  r-っ  ",.ィ::: :|:::∨::|        ..│
│        |::|:.:λ: ::ゝ、 ` ー-;r:-r_‐'"  |:: :|::: :i:.:|        ..│
│        |::|: i::`ヽ:::.:`ヽ‐'´{   }`ー-、|:: :|::: :|: :|         │
│       |::!::|:.:::::/`ヽ::..:) |' ̄゛|   ,}:::リ::.:.:|: :|         │
│       |::.::| :::ノ"\}::/   |   ,l  ,ノ::;/ハ::::|: :|         │
│       |.: :|: ::|   j/:、  ヽ,/ ∠:;ノ/ }:::|: :|        ..│
└─────────────────────────┘

柊かがみ
「ただし、これはもろに詐術よ。

相手に気付かれて『能力が低いか、あるいは不誠実』と見なされる
リスクがあるわ。だからあまり使うべきではないわね。

使われるシーンも見るけど、そういうときも大事な相手にかけるのではなくて、
現在無関係の相手を駄目もとでひっかけるのに使われてることが多いわ。

たまに誰彼かまわず使う人もいるみたいだけど」

761 : ◆GI8xWOz4Ko:2010/07/06(火) 00:01:23 ID:/fE0IAzI



6.13 好意的解釈の利用



.        __      ___
        |ヽ >‐:::´:::::::::::::::::::::::`::-..、
        |. ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、__ヽ---ュ
      /::::::/:::::::::/:::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::ヽ ,.∠ /
    _,._'´_/:::/::::::/::::/::::::/::::!:::::::'::::::'.::::::::',  ;.∧
     /::::::/::::::/:::::;|::::::∧:::|';::::::|::::::!:::::::::l '/::::i
      |:::::::!::::_/」_::ハ::::! ';::! ';::::|';::::!:::::::::| /:::::::!
      |::::/|:::/  ';:l. ';::|  ヾ¨ヾ:|`';:|:::::::::j::::::::::::',
      |:::l. l:::| z=t=ミ、 ヾ   ,.z:=t、.'|::::::::;'::::::::::トヘ
     ヽl. Ⅳ',  |:::::」     |:::::」 |::::::/::::::;l:::l
.       /:|:::l 弋tソ    弋tソ |::::/:/l:/ V
        '´ l:::ト、        '''    |::/:/ ′
         ヾ! lン 、_ -__  ィ/:/|/
.    r'ヘ., ‐ 、. _   ,r‐/__ /ヽハ/ シ
.    |', ', / ヽ /| | ./  ./゙i       ,、
.    | \}' 彡 ´ |.| | / /   |     / ‘.
.    | .| |´    ⊥.| l//__  |    /  |
     ', ! !     l  l^¨¨´  / |   /   ノ
.    ヽ| |     ヽ..ノ‐ォ┬一'  |  /   ,フ

長門有希
「結論を相手に考えさせたうえで、勝手に納得させるのも良い。
人間、自分が出した結論は無条件で正しいと思いこみやすいもの。

この場合、説明をあえて端折ることになる」



         _, -ー,=、ッ-、、.-‐、
       //´ ̄´  `  `   ヽ
      / /     ;ヘハ  l   ハ
     /  /    l |   | _l_ |   |
     /_,..┤   zビ''|   ´リ `l  リ
     { _ | | _,.l ''ー'   ___ l`r{
     ト、 ミ T´ | ===   ` ̄´|´ハ _
    ,' r-,、{ |  | xxx     xxx|l'`∨
   ,'/∨ `|  |、   ー'