やる夫で学ぶ日露戦争

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。
Otto von Bismarck




                  .


                ま
                こ
                と
                に
                小
                さ
                な
                国
                が


                    .



                    .


                開
                化
                期
                を
                迎
                え
                よ
                う
                と
                し
                て
                い
                る


                 .

`ヽ                           /   /   |      .    ‐   !  .l    | .|  .l
  .-,                           ,r    |    ."   、  ,′    .l   .,!  l   .′,! .!
    \                      i'     .! .!      ヽ"      !   `  /    iヽ,!  ヽ.
. 、‐   .丶                       / .,,  、  .ゝ│   i   | 、    │ .  │   .| ...l,   ヽ..
: !.|  .'i  `'''-、,                   /  .||  !    ゛  ._..l、  ! ,!       .冫  !    .「  ゙l  ./
: !}  ゙'i    . \               /  .|‘ /      ./  .ヽ. │.! .; ゙、         ! .;     │ ‘
. ゛   |    j  `'.'-、              │    ./             ∪ .}  l .、      !     ,,ヽ, 、,
     l !    !     l   ,........;;;;;;;;;;;;;;;;. l    ." ,  .l     .l    ‘ !   .ヽ .く   .、 .iヽ   /   ゙'‐
ヽ、    l   _]  .,  ...l;;;;;;..;;;;;;;;;;;   ;;;;;;|   -、 l  !'"     .l、    `、, ._,i -'''"゙'-..,.ゝ .l ヽ、  "    __.
 ., \   ′   ゛  │  .`''i,;;;;;;;  ... .;;;;;;;;;;|    .'(,  . \      .,゙)i、.,_ 三三三.!三三三''./ ー三三~.lー‐'゙'!´.゙冫
 .! , `-、         !.!┐  l  ;;;;; ;;;;;;;;;;; l、 '、.\,,ニ三三`r'三三三三三.\三ゝi三三|三`‐三三ヽ三三三三
  ! ゙  . `'-..,,,,,、    .!、  .l;; ;;;;;;;;;;;;;;;.  ..;;;;;`' -/三三ミミミミ゛ -、三三 ヽ三三l   | 、 .!        ││
           \    !  ヽ;;;;;;;;;;;;;;.;: .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..;;;;;;ミミ ,,,,`‐ ,!  .! .゙  .!  .l. ! l    .,    | .|  .r
      l             |   !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; !  .′ l    ./.゙  │   ,!  .j   .| /
、            、     l丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__,./   ./ .!    . /        ,i′ /    / .、
│  .、            l    !          .;:;;;;;;;;;,_-―ー'''`゙、_,i′  .″/   ./|   ./   ノ゛   ゛   /  ,! .i
. l i   ヽ        ゙l、   、ヽ            /二二ーーー--ニニ二¬―-----T ....,,゙            "  ,i′"
 ! l   \       "゛   ! .ヽ''''"´゙~''''゙゙゙゙^ ! .、! .ヽ           ,i'''".!   '.ー―--二'''―-- ....,,_ ゛
       `           ゝ .|       l .i│_゙ ___へぐヽ .,ノ      .' .、,  `゙'''ー ,,,_    ゙̄''~
      ___、-、, ._,._            l  ./__∥__ュ,, -―冖'!ー'"         `''‐. ,,
    ,/゛    廴 :'''“ー.  ̄ ゙̄"'''――ー'''" ̄ ̄                     、      . \   : 'ー 、_
─r‐‐"''^!                      _   ._,,.. -              /            \   .`゙'~
 /    l                    ,,, -.'''"    ./            │     `、       \
  `- -‐'"                ,/      ._...イ′      r'" ̄'ッ'  .i゙    l,   ヽ,     \
                      ,,-゙,.     /  "          ̄ ̄  / .′  .!    l       \
                      //    /                   l      !     l
                ,.-  /./                            ′     !     ヽ
            /                        ,,-- 、                 !      l 、

その小さな国の人びとは、自主独立という坂を、一朶の白い雲のみを見つめて登って行った。

_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_l二二二ln_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
:.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | || | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
森森森森森森森森п森::::::....∧Ali;'i゙i゙l'i,::;...;;.;;ii:i;;:ili、_,i斤il]il] ,,,,,__i;;ii:i;;ir=ュ;;;;;;;;,,,,,,............n.
ヮ,'l㌍l、l゚i: :.lA゙ill#「ll!l;l㌶ni|』┌==┬─ii┐.,,'#ll,』 |.lll,,т㍑i゙i゙lェli;'ュョョョ゙ill#‐「ll!l;li+;;ii: ;rヘ∧ /  彡
田┐工ユE∧ヰA┌─≡─!杢卦士⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエニ斤彳∟ /    <
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森森森_トロロロi|::rーilil==┬≡┐| ̄|─r‐┬||irr-、v冖 /     <
、_|il]il]_三rー| ̄ ̄|─r‐┬|iΠп/____/|  |、__\| ̄冂ПーГ┬┬ヱ /`       ゥ
/三三三| ̄≡≡ ̄|/二三   〉====Π/  ゙.ヘ_===_\_ |FF|ニ|i ̄ ̄i|  /       フ
/二二 /∧ ̄∧\ 「 ̄ ̄ ̄/「 ̄ ̄二二|j  ゙、_三__|  i|三三三三. /     ミミ/
__,,.‐',. ‐'i| 田|「| | 田,. イ___/´|    |  il   |\ __] Πпr―  /      ミミ/
ェェェ=‐´ 田|/二ニ,ハ_,.-_‐=_二l  |__|  '|___|   |l二  ,.._   _,/      ミミ/
≡≡===> ,. - ‐''´‐ '' "´i i i i i i i| /             \    f゙   "''"        ミミ./
ニ―-┐γ´  r''´i i| i| i_l⊥l,.-‐''´       ::'' i ''::     '"ー゚ 、ヽ          ∠....
_,,... -┤ゝ、_゙丶i,''"´        \  .:'  :i:  ':.  /      ノ            <
  r┐:|-‐''´/|_ `ー-ァ―ァ、 _   |圭圭圭圭圭|     /              〈^
」 .i__| :|_,,/n |  / / / ||       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /                〈
    :| | / ヽ|/∧’/ / i||    /             /        /        >'
-‐  /|| ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄ /i |       ノ/        >'
  /川||_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥ /    ト    ,. '゙ ゝノ! 〉 ヽゝ,.>''゙
/川 /                       /     |ヾヽ '゙
                           / / / ,,. ィ
そして、その坂を登った後で、彼らが見たものは・・・




第一話「開戦経緯編その1~黒船から日清戦争まで」
第二話「開戦経緯編その2~日露接触から義和団事件まで」 
第三話「開戦経緯編その3~その、前夜まで」 

第四話「軍隊組織・兵器解説編」
第五話「戦争編その1 日露開戦」
第六話「戦争編その2 旅順港閉塞」

第七話「戦争編その3 鴨緑江渡河と遼東半島上陸」
第八話「戦争編その4 進軍と惨劇と」
第九話「戦争編その5 黄海海戦」

第十話「戦争編その6 屍山血河-旅順総攻撃-」
第十一話「番外編 参謀と兵站システム・諸外国の対応について」
第十二話「戦争編その7 遼陽会戦」

第十三話「戦争編その8 肉弾-旅順-」
第十四話「戦争編その9 銃後と世界」 
第十五話「戦争編その10 沙河会戦」 

第十六話「戦争編その11 白襷-旅順-」 
第十七話「戦争編その12 爾霊山-旅順-」 
第十八話「戦争編その13 艦隊東航」 

第十九話「戦争編その14 沙河対陣」
第二十話「戦争編その15 黒溝台」
第二十一話「戦争編その16 露都震撼~血の日曜日~」 

第二十二話「戦争編その17 関ヶ原~奉天会戦(前)~」
第二十三話「戦争編その18 血戦~奉天会戦(後)~」  
第二十四話「戦争編その19 波濤万里」 

第二十五話「戦争編その20 敵艦見ユ~日本海海戦(前)~」
第二十六話「戦争編その21 此一戦~日本海海戦(中)~」 
第二十七話「戦争編その22 栄光~日本海海戦(後)~」

第二十八話 「戦争編その23 世界策動~ポーツマス(前)~」
第二十九話「戦争編その24 講和談判~ポーツマス(中)~」
外伝 大山さん純愛伝説

第三十話「戦争編その25 帝都戒厳~ポーツマス(後)~」
外伝「東郷さんの料理教室」
外伝「小村波乱万丈伝」
最終話 やる夫で学ぶ日露戦争


 
関連記事





人気ブログランキングへ



19117 :名無しさん@2ch:2010/12/19(日) 22:40:07 ID:-

やる夫で学ぶ日露戦争まとめんのかよ・・・
今のところ23話まであるぞ
まとめサイトからコピってくればいいだけだが
[ 2010/12/19 22:40 ] /-[ 編集 ]
19118 :名無しさん@2ch:2010/12/19(日) 23:27:47 ID:-

紹介文だけ書いてリンクにしたらどうでしょうか?
[ 2010/12/19 23:27 ] /-[ 編集 ]
19127 :名無しさん@2ch:2010/12/20(月) 09:03:57 ID:-

閔妃は、高宗の配下の人間、つまり朝鮮人に殺害されたはず。
間違った情報を流布するのはマズイんでないか?
[ 2010/12/20 09:03 ] /-[ 編集 ]
19134 :名無しさん@2ch:2010/12/20(月) 15:17:31 ID:-

NHKのように、意図的に間違った情報を入れて
印象操作してるのでは?
[ 2010/12/20 15:17 ] /-[ 編集 ]
19162 :名無しさん@2ch:2010/12/20(月) 23:19:40 ID:-

伊藤博文も若いころはハジけてたんだなw
[ 2010/12/20 23:19 ] /-[ 編集 ]
19170 :名無しさん@2ch:2010/12/21(火) 00:17:15 ID:YjTMmlic

携帯からだと容量オーバー…(´・ω・`)
フルブラウザは使いたくないしなぁ…
[ 2010/12/21 00:17 ] /YjTMmlic[ 編集 ]
19380 :名無しさん@2ch:2010/12/25(土) 01:59:37 ID:-

なげえよ。
[ 2010/12/25 01:59 ] /-[ 編集 ]
44261 :自力でまとめたんならけっこう執念深いな:2011/08/27(土) 02:23:02 ID:I4t1ZHtI

これは量が多すぎ

他とかぶってるならリンクはっちまえー

もっと楽しろよ

[ 2011/08/27 02:23 ] /I4t1ZHtI[ 編集 ]
44308 :名無しさん@2ch:2011/08/27(土) 11:25:54 ID:-

英霊さんたちはここまでして守ってくれたんだよ。日本をこのままでいいんですか、という問いかけでしょ。

朝鮮も、日本がここまでの犠牲を払って守られたのに、今のざまはなに? というのもあるでしょ。
[ 2011/08/27 11:25 ] /-[ 編集 ]
44328 :名無しさん@2ch:2011/08/27(土) 13:57:58 ID:-

いいじゃないか、今の日本の置かれてる立場が分かる重要な話なんだし。以前から2ちゃんなどに来てる人なら知ってる内容でも、初めて来た人には目新しい話ばかりだろ。何度もやって遣り過ぎることはない。
[ 2011/08/27 13:57 ] /-[ 編集 ]
44620 :名無しさん@2ch:2011/08/28(日) 17:27:04 ID:I4t1ZHtI

論点ずらし乙

日本人なら1~8の文意をよく読め
内容ではなく手法に文句を言ってるんだ
夏休みが終わる前に、頭が朝鮮人化してないか考えろ
[ 2011/08/28 17:27 ] /I4t1ZHtI[ 編集 ]
44917 :名無しさん@2ch:2011/08/30(火) 05:49:43 ID:-

読んだ…
戦闘シーンとかけっこう飛ばし飛ばししたけど全部読んだ…疲れた

外交とはすなわち戦争だってことがよくわかったお…。

>英霊さんたちはここまでして守ってくれたんだよ。日本をこのままでいいんですか、という問いかけでしょ。
>朝鮮も、日本がここまでの犠牲を払って守られたのに、今のざまはなに? というのもあるでしょ。

こんな生易しい内容じゃなかったぞー。
過去の歴史でありながら今現在の日本の問題をすごく的確に指摘されてる。
[ 2011/08/30 05:49 ] /-[ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2nnlove.blog114.fc2.com/tb.php/3624-492fc7ac


スポンサーリンク